退職・転職のコラム記事

退職・転職のコラム記事

近頃はウェブ上では、「就職斡旋エージェント」をはじめ、…

近頃はウェブ上では、「就職斡旋エージェント」だけでなく、ヘッドハンティングの専門会社もたくさんあります。特許を出願したことのある人は、コンタクトを受ける可能性が高くなります。彼らは、特許権を獲得した人に限らず、研究開発で論文を出した実績のある人や、「テレビや雑誌」で特集された人など、何かしらの「功績」を残したと思しき人を対象に、電話やメールでコンタクトを取り、ヘッドハンティングのネタにしようと画策しています。
退職・転職のコラム記事

転職活動と今の仕事の同時進行を行う人が多いです。

転職活動を現在の仕事と同時に行う人が多いです。忙しく仕事を行いながら求人の応募に走ったり、面接に臨むのは精神面だけでなく肉体面も消耗が激しいといえるでしょう。また、転職活動時は、現在の職場の同僚や上司に隠さなければいけません。とりあえず応募するという方針の人もいますが、仮に、そうした場合に書類選考が通りいざ面接というときに辞退すれば面倒な事になるかもしれません。
退職・転職のコラム記事

新卒採用で入社した会社を辞め、一歩踏み出して転職をしました。

新卒採用で入社しましたが、悩んだ結果、転職すると決意しました。会社を退職する前は、1人で悩み、辛い気持ちでした。でも、社会人となって数年あとに仕事を辞め、沢山の人が転職を経験していることを転職活動中に理解し、無意識のうちに気持ちは楽になりました。また転職を経験したことにより徐々に前向きに物事を考えるようになって、「本当に自分のしたいこと」を探すのが前向きに過ごせるようになりました。
退職・転職のコラム記事

『なるべく早く転職をしたい』とおもっている方、その意志が抑えられないくらい強いものであるなら…

『今すぐ転職したい!』と思っている人で自身の意志が抑えられないくらい強いものであるなら、辞職したいという旨を即、上司に伝えておきましょう。ここでは曖昧な表現をすると上司に高確率で言いくるめられるので要注意です。実際に私も、上司へ転職についての相談をしたのですが、スンナリと受理されずになんと半年以上にわたり辞められませんでした。
退職・転職のコラム記事

転職先を選ぶにあたって、むろん仕事のやりがいアップも大切だけ・・

転職をするにあたって、仕事におけるやりがいのアップと一緒にそれにとどまらず賃金が上がることも大切なので「年収サイト」に登録をしてあらかじめ調査をしています。同じ会社で同一の職種、社歴であるにも関わらず人によって無視できないほどの幅があることも多くあって、ぶっちゃけて言うと面接を受けた時に質問したことがあります。
退職・転職のコラム記事

あなたが転職活動中に、気になる求人(あるいは職種)があった…

将来的に転職活動をするのなら、良いと思う求人(あるいは職種)を見つけた際には100%「〇〇業(気になる業界)、ブラック」でネットで検索したほうがいいです。求人票や担当してくれる転職エージェントから入ってくる言葉からは、その業界に関するマイナス面について教えてもらえない、と思っておくべきです。
退職・転職のコラム記事

もしあなたが再就職を考える場合に「Uターン」「Jターン」といった具合に、…

もしもあなたが転職をする場合、「Uターン」「Iターン」のように、都市部から地方に移って転職したいと考えている方が、ここ最近増加しています。今のネット社会では転職サイトを用いれば、郊外や地方の求人もいつでもアクセスできます。しかし、地方や郊外での求人については、都心のような選択肢は期待できないのが正直なところといえます。
退職・転職のコラム記事

現実に失業保険の給付を受けるためには、仕事を見つけようとしているという証明が必要となります。

きちんと失業保険を給付してもらうためには、客観的な意味で、職探しをしている姿勢を見せる必要があります。しかし、現実的には「会社を辞めたことだし、とりあえずは働かずにゆっくりと過ごしたい」と思う人も少なくないでしょう。そこで、心から就職活動しているように、見せる方法があるので紹介します。
退職・転職のコラム記事

転職する場合、その職場の自分の給与について気にする…

転職する場合、転職したあとの自分の給与について気にする人がそこそこいるようです。大部分の人は仕事というのは収入を得るため、自分の生活を成り立たせるために行うものです。だから生活費を給与として得るべく励んでいるはずです。したがって年収は自身の社会的な価値を知る値という側面もありますから、大切なものであることは否定できません。
退職・転職のコラム記事

転職活動の際には「履歴書」「職務経歴書」が必要となります。

転職活動を行う場合、履歴書と職務経歴書を準備することが必須といえるでしょう。ほとんどの会社は履歴書と職務経歴書に記載されていることを元に面接するかどうかを決めるため、ともかくこの2枚の書類の作成が大事といえるでしょう。単に文字を書くだけにとどまらず、内容の充実を図ることも重要です。