退職・転職のコラム記事

退職・転職のコラム記事

これまで私は、求人情報は「転職サイト」ではなく、いつも「ハローワーク」を利用していました。

以前の私は、新しい職場を探すときは私はハローワーク派でした。なぜなら、大手の転職サイトはやはり都会や大手の求人がほとんどだからです。そのために、求人情報を調べる時は、いつも「ハローワーク」を使っていました。もちろん、大手転職サイトに掲載されている求人より多少企業の知名度や給料は劣りますが、地域に根ざした情報が探しやすい魅力があります。
退職・転職のコラム記事

求人関連の広告には、大部分の場合は大部分の企業では月の給料が明記されています。

求人関連の情報を見てみると、まともな会社では月収の記載に目が行きますよね。だけれどもこの箇所を調べれる際は、注意して確認する事が大切です。数値だけで納得しないほうが良いです。というのは場合によっては、月収の額の中身が「毎月15時間分の残業」が含まれているおそれもあります。
退職・転職のコラム記事

最近はネット上では、「就職斡旋エージェント」をはじめ、…

近年はネット上では、「就職斡旋エージェント」をはじめ、ヘッドハンティングを専門に行う会社も増えてきました。特許出願の経験がある人は、連絡を受ける可能性が高くなります。ヘッドハンティングを行う会社は、特許出願を行った人に加えて、「研究開発論文」を世に出した人、「雑誌・テレビ」などで話題になった人など何かしらの「功績」を残したと思しき人に狙いを定めて、電話やメールを使ってコンタクトを取り、ヘッドハンティングのネタにしています。
退職・転職のコラム記事

転職活動を現職と並行している人は少なくありません。

今の仕事と転職活動を並行する人は多いです。ですが、仕事を続けながら求人を調べながら、その応募手続きをしたり、面接に臨むのは精神も肉体もハードといえるでしょう。転職活動中は、現職の同僚や上司にもバレないようにしなければなりません。そういった状況で「とりあえず応募しておこう」と考える人がいるのですが、もしも、書類選考を通過し、面接に呼ばれたあとに「辞退」を選択したとしたら、今後の転職がうまくいかなくなるおそれがあります。
退職・転職のコラム記事

新卒採用で入社した会社を退職し転職することになりました。

新卒で入社した会社を去り、転職した経験があります。実際にやめる前後は、しばらくの間不安な気持ちになりました。社会に出て数年経てば転職をして多くの人が中途採用で働いていることを自身の転職活動中に思い知らされ、いつの間にか将来の不安がなくなりました。1回でも転職をすると自然と肩の荷が下りたような感覚になり、「自分のやりたいこと」を考えるのが毎日が見違えるように変化しました。
退職・転職のコラム記事

『転職をしたい!』と思っていて、自分の意志が本当に強いものであるなら…

『今すぐ転職したい!』と思っている人で自身の意志が強いのであれば、辞職したいという旨をすぐに上司にそのことを伝えるべきです。しかし、ここでは曖昧な表現をすると場合によって言いくるめられる可能性が高いので気をつけましょう。また、実際に私自身も上司に転職の相談をしたところ、退職するタイミングを伸ばされてしまい、およそ半年、予定が伸びてしまいました。
退職・転職のコラム記事

転職先を探す際、当然仕事のやりがいのアップと共に年収が上がること・・

転職を行うならば、言うまでもなく仕事のやりがいアップと一緒にそれだけでなく給料が増えることも重要なことなので「年収比較サイト」というところに登録して事前に研究をしています。同じ会社で加えて全く同一の職種、社歴なのにずいぶん人によって違いがある場合も多く、正直に言えば面接の時質問をしたことがあります。
退職・転職のコラム記事

これから転職活動をするのなら、良いと思う求人(あるいは業・・

将来転職活動をするという時は、気になった求人(または業種)を見付けるたびにしっかり「〇〇業(気になる業種)、ブラック」でネットで調べておきましょう。求人票やあなたを担当してくれる転職エージェントの情報では、その業界に関するマイナス面などはアドバイスはないものと思っていてください。
退職・転職のコラム記事

あなたが転職をする場合、「Uターン」「Iターン」といった形…

仮にあなたが転職を視野に入れた場合、「Uターン」「Jターン」「Iターン」において都市部から地方へと移住したうえで転職してみたいと考える人が増加しています。昔と違って転職サイトの地域指定をするだけで、地方・郊外での求人情報にも手軽にアクセスできます。ただ、郊外や地方での求人の場合、大都市では当たり前に見るような条件や待遇のある企業が少ないので、それがマイナスといえます。
退職・転職のコラム記事

失業者がもらえる失業保険は、失業している間もらえる…

失業者がもらえる失業保険は、失業状態でない人はもらえませんが、もらえる期間が決まっています。失業時までに勤務していた期間に応じて変動し、90とか120日とか決定されるのですが、世の中にはこういった現実を知らない人が一定数います。失業を続ける限りもらえると勘違いして「失業保険を受け取れるあいだは遊んでいよう」という人がいますが、給付の残りが1ヶ月という段階でようやく気づいてから急に職探しを始めても条件のよい仕事を見つけるのは困難です。