退職・転職のコラム記事

退職・転職のコラム記事

転職活動をするという時は、気になる求人(もしくは職種・・

今後転職活動をするのなら、気になった求人(もしくは業種)があれば、きちんと「〇〇業(気になる職業)、ブラック」とインターネットで検索したほうがいいです。求人票や転職エージェントでは、まずその業界のマイナス面について知ることはできません。もしも、ブラック案件が蔓延している業界なら、インターネット検索で瞬時に多くの事例に触れられるはずです。
退職・転職のコラム記事

あなたが転職を視野に入れた場合、「Uターン」「Jターン」「Iターン」に・・

あなたが再就職を視野に入れたとき、「Uターン」「Jターン」「Iターン」において都市部から地方に引っ越したうえで転職したいと考えている人が、近年増えています。今のネット社会では転職サイトを使えば、地方での求人情報もタッチできます。ですが、郊外や地方での求人については、都市部のそれよりも内容が薄く、数も少ないので、それがマイナスといえます。
退職・転職のコラム記事

現実に失業保険の給付を振り込んでもらうためには、仕事を見つけようとしていることが必要なのです。

きちんと失業保険を給付してもらうためには、仕事を見つけようとしていることの証明が必要になりますが、とはいっても、「会社を辞めたことだし、しばらくは働かずにゆっくりと過ごしたい」と思うのが本音だと思います。なので、真面目に就職活動しているように見せる方法があるので紹介しましょう。
退職・転職のコラム記事

転職について考えた場合、その職場の自分の給与ばかりを気にする人は・・

転職というものをする場合、転職先での自身の給料を過剰に気にする人がどうも少数派でもないでしょう。とうぜんたいていの人は仕事というのは自分の生活を成り立たせるために行うものです。ですから生活費を給与として得るべく励むでしょう。ですから自分の仕事に対する評価という面もありますからとうぜん大切なものとして扱うのは至極当然です。
退職・転職のコラム記事

転職活動においては、履歴書と職務経歴書を準備することが必須になってきます。

転職活動を行う場合、履歴書と職務経歴書を準備することが必要不可欠といえるでしょう。会社の多くは履歴書と職務経歴書に記載されている内容を見て面接するかどうかを判断するため、ともかくこの2枚をきちんと作成してください。ただ記入するだけでなく、記載内容が充実していることも大切です。
退職・転職のコラム記事

就職活動時に気を付けるすべき求人の募集内容は、そんなにきつくなさそうな仕事なのに給料がよ・・

就職のため職探しをする際に気を付けたほうがよい求人は、そこまできつくなさそうな仕事なのに給料がよく、拘束時間が長いというものです。このような募集では、記載されている給料に『みなし残業代』を含んで計算していることがたいへん多いのです。みなし残業代というのは、『みなし』と呼ばれるもので30時間、45時間というように(時間は例えです)求人の記載内容に時間が併記されているものです。
退職・転職のコラム記事

もしも転職することが、今の会社の人たちがあなたの退職を知・・

転職することを、今働いている会社の同僚たちがあなたが会社を去ろうとしているのを知ると、、雰囲気が悪くなる可能性があります。あなたの置かれている環境によっては、意地悪される可能性もあります。また、残業時間を意図的に増やされることもあるので、軽率に「転職します」と周囲に伝えるのはお勧めしません。
退職・転職のコラム記事

転職の採用面接を受けにある会社に赴いたときのことです…

転職時の採用面接に転職希望の会社へ行ったときのことです。たまたまその会社の会議室や応接室が空いていないというわけで社外で面接官と待ち合わせて採用面接をし、その場で解散し、面接をした方も会社に帰らず自宅に直帰されるとのことでしたが、奇遇にも自宅最寄駅が私と同じ。
退職・転職のコラム記事

ついこの間、転職をやっとしたばかりだというのに、わずかしかたっていないの・・

ほんの3ヶ月まえに、転職したばかりであるにも関わらず、少ししか仕事もしてないのに辞めてしまうことを決断する人がとても多かったりします。何故そうなるのかと考えてみると私見ですがリフレッシュな気持ちで自分自身に合った仕事を手に入れたものの、「期待していたものとだいぶかけ離れていた」「職場が受け入れられなかった」という理由で退職してしまうことが珍しくないといいます。
退職・転職のコラム記事

転職活動において最後にクリアしなければいけない難問として…

転職活動をする際の最後に残る厄介な難問として、今の仕事を辞めることがあります。転職先を決めたとしても、現在働いている会社があなたを放出したくないとして引き留めるというのもよくあることです。もしそうなってしまったら、絶対に退職する、という強い意思を保つことが必要でしょう。