退職・転職のコラム記事

退職・転職のコラム記事

転職エージェントや転職サイトなどを利用して、転職活動を行うことは常識になりつつあります。

転職サイトや転職エージェントを活用し、転職活動することは今では当たり前のことです。とはいえ、転職についてよりよい結果を得たいのであれば、並行して転職フェアも併用されることをお勧めします。転職フェアでは、複数の企業が同時に集まることから、参加したのなら企業の情報に直接触れることができますし、その上、その場で説明してくれるスタッフから、企業特有の個性を感じられるでしょう。
退職・転職のコラム記事

これまでの私は、「転職サイト」を使うより、いつも「ハローワーク」で探していました。

以前は、「転職サイト」で職を探すより、「ハローワーク」で探していました。その理由は、大抵の転職サイトは、特性上、都心の求人情報だけだからです。このため、求人を探す際は、「ハローワーク」に頼ってばかりでした。やっぱり、求人募集をしている企業の知名度や給料は劣りますが、古くから地域に密着した企業も多くあり、探しやすい魅力があります。
退職・転職のコラム記事

求人情報には大部分の場合は月の収入の記載に目が行きますよね。

求人についての情報を見てみると、大部分の場合はたいていの企業では月の収入が明記されています。この月収の部分を確認する時には、しっかり確認する事が必要です。額の多い少ないだけ見て納得しないほうが無難です。実は場合によっては、月収の金額の内訳で「毎月15時間分の残業」を前提に計算されている可能性もあります。
退職・転職のコラム記事

近頃、ネット上では、「就職斡旋エージェント」のほかに・・

現代、ウェブ上では、「就職斡旋エージェント」以外にも、ヘッドハンティング会社も増加しています。あなたに特許を取った経験があるなら、そのような会社から電話が掛かってきやすいといます。ヘッドハンティングを行う会社は、特許申請を行った人だけでなく、「研究開発論文」を世に出した人、マスコミによって注目を浴びた人など、「功績」を残した人物を対象に、電話やメールを用いて接触し、ヘッドハンティングのネタにしようと画策しています。
退職・転職のコラム記事

転職活動を現在の仕事と並行している人が多いです。

転職活動を今の仕事と同時に行う人が多いです。でも、働きつつ求人を見て、応募の手続きをしたり、面接に行くのは精神面も肉体面も大変です。転職活動を行っている間は、今の仕事の同僚・上司たちにもバレないように振る舞わなくてはなりません。このようなとき、「とりあえず応募しておこう」という人がいるのですが、仮に、書類選考が通ってしまい、面接前にキャンセルすると面倒な事になるかもしれません。
退職・転職のコラム記事

新卒採用で入った会社に別れを告げて、一歩踏み出して転職することにしました。

新卒で入社した会社を去り、勇気を出して転職しました。はじめは1人で転職できるか不安になりました。しかし、社会人となったあと数年経てから仕事を辞め、多くの人が中途採用で働いていることを転職活動を通して気付き、自然と漠然とした不安が消え、ほっとしました。なにより転職をしたことでふしぎなことに肩の荷が下りる気持ちを実感し、「本当に自分のしたいこと」を優先できることに楽しくなっていきました。
退職・転職のコラム記事

『なるべく早く転職をしたい!』という願望があって、未来の進む道もハッキリしているのなら、…

『今すぐ転職したい!』と思っていて、自身の意志が抑えられないくらい強いものであるなら、辞めたいという旨を速やかに上司に伝えるべきです。ただし、ここでは曖昧な表現をすると場合によって必ず言いくるめられます。また、実際にわたしが転職をすると話した時にはスンナリと受理されずに最終的に、退職までに半年ちかく掛かりました。
退職・転職のコラム記事

転職先を選ぶとき、言うまでもなくやりがいのある仕事をすることも大事だ・・

転職をするなら、むろんやりがいを考慮することも重要だけどそれだけでなく賃金が上がることも大切なことなので「年収サイト」というところに登録をしてあらかじめ調査をしています。全く一緒の会社でそして全く一緒の職種、社歴であるにも関わらず人によって広く違いがあることも複数あって、ぶっちゃけて言うと面接時に質問したことがあります。
退職・転職のコラム記事

転職活動をするという時は、気になる求人(もしくは職種・・

今後転職活動をするのなら、気になった求人(もしくは業種)があれば、きちんと「〇〇業(気になる職業)、ブラック」とインターネットで検索したほうがいいです。求人票や転職エージェントでは、まずその業界のマイナス面について知ることはできません。もしも、ブラック案件が蔓延している業界なら、インターネット検索で瞬時に多くの事例に触れられるはずです。
退職・転職のコラム記事

あなたが転職を視野に入れた場合、「Uターン」「Jターン」「Iターン」に・・

あなたが再就職を視野に入れたとき、「Uターン」「Jターン」「Iターン」において都市部から地方に引っ越したうえで転職したいと考えている人が、近年増えています。今のネット社会では転職サイトを使えば、地方での求人情報もタッチできます。ですが、郊外や地方での求人については、都市部のそれよりも内容が薄く、数も少ないので、それがマイナスといえます。