退職・転職のコラム記事

退職・転職のコラム記事

『今すぐ転職したい!』と考えていて、自身の意志が固いならば…

『今すぐ転職をしたい!』という願望があって、自分の意志が本当に強いものであるなら、速やかに上司に伝えるべきです。なぜかというと、このときに相談といった形で話を持ちかけると、場合によって高確率で言いくるめられるので要注意です。実際にわたしが転職をすると話した時には退職を引き伸ばされてしまい、結局、退職までに半年ほど掛かってしまいました。
退職・転職のコラム記事

転職をするならば、やりがいを考慮することも重要だけ・・

転職なら、やりがいを考慮することも大事だけどさらに給料アップも大事なポイントになるので「年収サイト」というところに登録して事前に研究しています。同じ会社で加えて同一の職種、社歴なのに人によってすごく違いがある場合も多くて、ぶっちゃけて言えば面接の時質問したことがあります。
退職・転職のコラム記事

転職活動をしているなら、気になる求人(もしくは職種…

転職活動をするという時は、気になる求人(もしくは職種)があったら、必ず「〇〇業(気になる業種)、ブラック」でネットで調べておきましょう。求人票や転職サイトの担当者の言葉からはまずその業界のマイナス部分について教えてはもらえません。ネットで調べればネット検索を活用することで一発でヒットします。
退職・転職のコラム記事

再就職をする場合、「Uターン」「Iターン」において大都会から地方に移住しつつ、転職した…

仮にあなたが再就職しようと考えた場合、「Uターン」「Jターン」「Iターン」といった具合に、都市部から地方に引っ越したうえで転職したいと考える人も多いです。昔と違って求人情報サイトを見れば、国内のあらゆる場所の求人も閲覧できるようになっています。ただ残念なことに、地方や郊外での求人はどうしても大都市よりも少ないので、その点がマイナスといえます。
退職・転職のコラム記事

実際に失業保険を給付してもらうためには、仕事を探していることが条件になります。

失業保険の給付については、職を探していることを理解してもらわなければいけません。けれども、現実的には「久しぶりに仕事から解放されたし、少しの間でものんびりと過ごしたい」というのが本音でしょう。というワケで、心から就業先を探しているように見せることができるので教えておきます。
退職・転職のコラム記事

転職というものをする場合、転職先での給料を気にしすぎる…

転職を考えるとき、転職先となる職場における年収について気にしすぎる人がけっこう多くいるでしょう。とうぜん大多数は仕事というのは収入を得るため、自分の生活を成り立たせるために行うものです。だから生活費を給与としてもらうために仕事をしているのはずです。とうぜん年収がいくらかは自分がどれほど評価してもらえているか、という側面もありますから、当然大切なものであることは無理もありません。
退職・転職のコラム記事

転職活動を行うにあたっては、「履歴書」「職務経歴書」が必需品です。

転職活動を行う際には、履歴書と職務経歴書が必要不可欠となります。会社のほぼすべては履歴書及び職務経歴書に書かれている内容によって面接するかどうかを決めるため、ともかくこの2枚の書類の作成が大事といえるでしょう。単に穴を埋めるだけでなく、記載内容の魅力化を図ることも重要です。
退職・転職のコラム記事

就職するため仕事探しをするときに特に注意が必要な求人は…

就職活動する際に注意が必要な募集内容は、そこまできつそうな仕事ではないのに給料が高く、拘束される時間が長めであるというものです。こういった募集内容では、記載されている給料に『みなし残業代』を含んでいることがよくあります。みなし残業代は、『みなし』ともいわれ、例えばですが、30時間とか45時間という風に求人の記載内容に時間の併記がされています。
退職・転職のコラム記事

もしも転職することを、今の会社の人たちがあなたが会社を去ろうとしているのを知ると、、…

転職することを、現在の職場の同僚たちがあなたの転職を知ると職場の雰囲気が悪くなる可能性があります。今までの周囲との関係によっては、これまで通りに行くこともありますが、やっかまれたり意地悪されることもあるかもしれません。ひどいケースでは、残業時間を意図的に増やされることもあるので、むやみに「転職します」と周囲に伝えるのはお勧めしません。
退職・転職のコラム記事

転職のための採用面接を受けに転職希望の会社へ向かいました。

転職時の面接にとある会社に伺いました。その日に限ってその会社の会議室が空きがないというわけで外の場所で面接担当者と待ち合わせて面接を行い、当該会場で解散し、面接をした方もそのまま自宅直帰されるとのことだったわけですが、ところが自宅最寄駅が私と同じ。それで電車内においても面接担当者と一緒に会話をしながら帰宅することになって、すっかり緊張が解け面接より話が弾んで、それが良かったからなのか運良く採用を勝ちとることができました。