退職・転職のコラム記事

退職・転職のコラム記事

再就職しようとする場合絶対に書かなければいけない履歴書や職務経歴書についてです・・

再就職しようとする時に絶対に用意しないといけない履歴書などに関しては、ほとんどはパソコンで作成するというのが主流となっています。我が国においては履歴書はパソコンではなく手書きで書くというのが普通だと思われていることもよくありますが、それは新卒の人たちの就職活動やアルバイトの時に準備する履歴書であって、実際のところ、転職の場合は履歴書や職務経歴書は必ずパソコンで書いたものは駄目と言い切ることはできないのです。
退職・転職のコラム記事

もしも将来、転職をするつもりなら、前もって「資格」を取得しておいたほうが有利になります。

もしも転職を考えているのなら、あらかじめ「資格」取得は考えておいて損はありません。とくに、仕事をしているあいだに資格取得しておくのがベストです。転職時でそれを生かせるので、転職先を探すのが楽になります。こういった理由から、在職中であり、なおかつ転職活動前の段階で資格取得をするのがもっともおすすめのタイミングです。
退職・転職のコラム記事

転職によって勤め先を一新するということは、自身に見合った…

転職することで勤め先を新しく替えるということは、自分自身に見合う自分の希望に近い転職先を見つけ出したほうが好ましいということです。職場を変えれば適職にありつくことができるかもしれません。ただ、プラスの面だけではなく、相応の努力やスキルを持っていないと、転職自体がままなりません。
退職・転職のコラム記事

もしもあなたが、転職の決意したなら、あくまで周囲に内密…

万一転身を決めたのなら、まったく会社の人にはその意思を伝えずに、首尾よく転職活動を進めていき、転身先が決定していないのなら、あくまで周りの人間に知られないようにいつもと同じように仕事をするのが妥当です。現職中、その状態をキープしていれば、最悪いい転職先がすんなり見付けることができなくても、転職の予定を持ち越しながら、現在の職をそのまま続けても容易にできます。
退職・転職のコラム記事

転職サイトや転職エージェントを用いて、転職活動を行うことは常識になりつつあります。

転職サイトおよび転職エージェントを用いて、転職活動すること自体、一般化してきました。しかし、転職先を見つけるチャンスをもっと増やしたいのであれば、同時に転職フェアを利用するのがいいでしょう。転職フェアの特徴は、複数の企業が同時に集まることから、参加することによって気になる企業の情報に直接触れることができますし、そして、フェアに参加している企業スタッフから、企業の雰囲気を肌で感じることができます。
退職・転職のコラム記事

以前は、「転職サイト」に頼るより主に「ハローワーク」を利用していました。

今までの私は、求人情報は「転職サイト」を使うより、いつも「ハローワーク」で探していました。どうしてかというと、有名どころの「転職サイト」は、どうしても都心部を中心にした求人しか見当たらないからです。であったため、求人情報をチェックする時は、「ハローワーク」のみ使っていました。
退職・転職のコラム記事

求人についての情報では、ほとんどの場合、たいていの株式会社では…

求人情報には月にもらえるお金等が記載されています。ただしこの月収の項目を確認する時には、深く確認する事が大切です。額の多い少ないだけ見てわかってしまわないほうが無難です。もしかすると、月収の金額の内訳に月20時間残業の場合が含まれているかもしれません。つまり残業代を入れて良い案件に見せて、人材を募集している所があるからです。
退職・転職のコラム記事

近頃、ネット上では、「就職斡旋エージェント」をはじめ・・

近頃、インターネット上では、「就職斡旋エージェント」をはじめ、ヘッドハンティングの専門会社も増えてきました。あなたに特許を出した経験があるなら、電話が掛かってくる可能性が高くなるといいます。彼らは、特許申請を行った人に加えて、研究開発で論文を発表した実績のある人や、マスコミで紹介された人など、「功績」ある人に狙いを定めて、電話やメールを用いて接触し、ヘッドハンティング用のネタにしています。
退職・転職のコラム記事

転職活動を現職と同時進行させる人が多いです。

転職活動を現職と並立して進行させる人は少なくありません。ただ、忙しく仕事をしながら求人情報をチェックしながら、その応募手続きをしたり、面接を受けるのは精神的だけでなく肉体的にも非常につらいものがあります。さらに転職活動時は、現在の会社の同僚や上司にバレないように振る舞う必要があります。
退職・転職のコラム記事

新卒採用で入社した会社を退職し一歩踏み出して転職すると決めました。

新卒で入社した会社を辞めて、一歩踏み出して転職を決意しました。実際に行動する前は、しばらくの間悩んだように思います。ですが、社会人となったあと数年経てから仕事を辞め、沢山の人が転職を経験していることを転職活動をしていく中で知り、無意識のうちに悩みは消えていきました。