退職・転職のコラム記事

退職・転職のコラム記事

転職する場合、その職場の自分の給与について気にする…

転職する場合、転職したあとの自分の給与について気にする人がそこそこいるようです。大部分の人は仕事というのは収入を得るため、自分の生活を成り立たせるために行うものです。だから生活費を給与として得るべく励んでいるはずです。したがって年収は自身の社会的な価値を知る値という側面もありますから、大切なものであることは否定できません。
退職・転職のコラム記事

転職活動の際には「履歴書」「職務経歴書」が必要となります。

転職活動を行う場合、履歴書と職務経歴書を準備することが必須といえるでしょう。ほとんどの会社は履歴書と職務経歴書に記載されていることを元に面接するかどうかを決めるため、ともかくこの2枚の書類の作成が大事といえるでしょう。単に文字を書くだけにとどまらず、内容の充実を図ることも重要です。
退職・転職のコラム記事

転職のため職探しをするときに気を付けて欲しい求人は、…

就職するため職探しをする場合に特に注意したほうがよい求人内容は、そこまできつくなさそうな仕事内容なのにも関わらず給料がよく、拘束時間が長いものです。このような求人の場合、給料に『みなし残業代』を含んで計算しているケースがたいへん多いです。みなし残業代というのは、『みなし』と呼ばれるもので例えばですが、30時間・45時間というように求人の記載内容に時間が併記してあります。
退職・転職のコラム記事

もしも転職することを、今働いている会社の同僚たちがあなたの転職を知ると…

もし転職することを、現在の職場の同僚たちがあなたの転職を知ると職場の空気が一変することがあります。今までの周囲との関係によっては、妬みなどから意地悪されることもあります。ひどいケースでは、残業時間をわざと増やされてしまうことも考えられるので、軽率に転職のことを周囲に言うのは注意が必要です。
退職・転職のコラム記事

転職時の採用面接に転職希望の会社へ赴きました。

転職における面接にある会社に行ったときのことです。その日に限って会社内の面接をする部屋が空きがないとのことで会社外で採用担当の人と待ち合わせて採用面接をして、その場所で解散、面接官もそのまま自宅直帰されるとのことでしたが、ビックリしたのは自宅からの最寄駅が一緒。
退職・転職のコラム記事

ついこの間、転職したばかりだというのに、慣れもしないあいだ…

2,3ヶ月まえに、転職したばかりであるにもかかわらず、早期に退職を選択してしまう人がとても多かったりします。何故かと考えてみると私の考えでは気持ちも新たに、新しい会社を手に入れたはずなのに「自分自身の期待していたものとおかしいと思うほど違っていた」「独自のルールに慣れなかった」ということが原因で別の仕事を探すのだとか。
退職・転職のコラム記事

転職活動における最後に残る難関として、今勤務している企業からの退職があげられます。

転職活動をする際の最後の難問として、現在の会社の退職があげられます。転職先の会社から採用の内定をゲットしても、今いる会社があなたを放出したくないとして慰留してくる可能性があります。そのようなケースでは、「何を言われようとも絶対に退職する」という強固な信念を保つことが重要といえます。
退職・転職のコラム記事

これはシフトの業務についてです。

シフトの仕事に関する話です。一定の曜日に勤務できる人を募集している求人をよく見ますが、もしも応募しようと思っているならシフトの出し方や休み方について、確認しておいたほうが良いです。それはなぜかというと、私は過去に、出産のため抜けた人の助っ人として、正社員として仕事に就いたのですが、私のシフトが土日が固定シフトだったのですが、新人の私以外、他の社員はいない状態という職場でした。
退職・転職のコラム記事

失業者がもらえる失業保険は、失業していることが給付の必要条件ですが…

失業時の助けになる「失業保険」は、給付されるためには失業中であることが必要ですが、ずっと給付されるわけではありません。それまで勤務してきた期間によって違い、3か月とか1年とかが決まるのだが、このような現実を全く知らない人が一定数いらっしゃいます。失業を続ける限りもらえると思い込んで失業保険で生活すればいいと考えて求職活動をしない人もいますが、後々あと1か月しかもらえないと分かってから焦りながら職探しを始めても条件のよいところを見つけるのは至難の業です。
退職・転職のコラム記事

転職活動をするとき、様々な方法で情報を得ることが多いと思いますが…

転職活動を開始するにあたって、いろんな経路で情報を得ることが多いと思いますが、転職に関する口コミサイトはとても役に立ちます。過去に、会社に不利益となる悪い口コミが書かれたという理由から、損害賠償を、その掲載会社に請求したケースがありましたが、会社の都合で退社させられた元社員の復讐でそういった口コミが投稿されたという見方が一般的ですが、別の見方をすれば、口コミの内容が嘘であれば、書かれた会社側が気にする必要もないはずです。