退職・転職のコラム記事

退職・転職のコラム記事

転職活動を開始する際、様々な手段で情報を集めることが多いと思います・・

転職するときは、色々情報収集されるとは思いますが、転職についての口コミサイトは本当に有益です。一時期、悪い口コミをサイトに載せられたということで、サイト運営者に対して損害賠償請求をした事例がありました。会社の都合で退社させられた元社員の報復でそういった内容が投稿された、と見るのが一般的ではあるものの、別の視点から見ると、ウソの書き込みだったなら、会社としては気にする必要はないはずです。
退職・転職のコラム記事

再就職しようとする時に書く必要がある履歴書や職務経歴書においてです…

転職をしようとする際に書かないといけない履歴書や職務経歴書などに関してですが、大方はパソコンを活用して作成するのが通常です。現代の日本では履歴書や職務経歴書はパソコンを使わずペンを使って作成するのが当たり前だと思われることも多いですが、それは新卒の人たちの就職活動やアルバイトの際に用意する履歴書であって、転職については100%パソコンで書いたものは駄目とは言えないのです。
退職・転職のコラム記事

もしも転職をするなら転職前に「資格」を取得しておいたほうが有利になります。

近い将来、転職するのなら、資格を取るとステップアップします。また、現在の仕事をしているあいだに資格を取得しておけば、転職活動の際に有利に働くので転職先の候補が増えるのです。ですので、資格取得は、在職中であり、なおかつ転職活動前の段階が最適です。あなたが将来を考え、このあとに役立つ資格をとっておくと、会社を辞めた後も前向きに次に進めるはずです。
退職・転職のコラム記事

転職で勤め先を一新するということは、自分自身に見合う…

転職して仕事先を一新するということは、自身に合う再就職先を選びたいものです。勤務先、職場を変えると、あなたに向いている仕事に出会うかもしれません。とはいえ、マイナスの面も持ち合わせていて、転職先にふさわしい能力が求められます。違う言い方をすると、あなたの人材的な価値が上がるほど、天職に恵まれるチャンスも広がる、ということです。
退職・転職のコラム記事

万一あなたが、転業を意思を固めたのなら、あくまで周囲の人間に…

仮に、転業の意思を固めたのなら、完全に周囲にそれが広まらないようにうまく転職活動していき、現職にいるあいだは、できるだけ周りの人に悟られないよう普段どおりに業務をこなしていくのがいいです。その点を自覚しておくと、転職先探しが難航したとしても、転身時期を遅らせながら、今の職を残っても何も問題ありません。
退職・転職のコラム記事

転職サイトおよび転職エージェントを活用して、転職活動される人は今では普通になってきました。

転職サイトあるいは転職エージェントを活用して、転職活動する人は年々増えています。しかし、条件のよい転職先を確実に見つけたいなら、加えて転職フェアも利用してみてはいかがでしょう?転職フェアは、多くの企業が一堂に会するイベントです。一度足を運べば複数の企業の情報に触れることができ、その上、その場にいるスタッフ(説明員)から、それぞれの企業の雰囲気を感じられるはずです。
退職・転職のコラム記事

これまでは職探しをするときは「転職サイト」ではなく…

今まで私は、新しい職場を探すときは「ハローワーク」で仕事を探していました。理由は、CMで有名な大手の転職サイトは、特性上、都心部にある企業の求人しかないからです。であったので、転職するときには「ハローワーク」しか利用していません。求人募集をしている企業や給料といった条件は見劣りしますが、昔から地域密着タイプなのでピンポイントで見えるのはありがたいです。
退職・転職のコラム記事

求人関連の情報では、とうぜんまともな会社では月の給与等が記載されています。

求人についての情報誌やサイトを見てみると、大部分の場合は月にもらえるお金が明記されています。だけれどもこの月収を頭に入れる時には、しっかり確認する事が必要です。数字だけ見て判断しないほうが無難です。そのわけは案件によっては、月収の金額のなかに「毎月30時間分の残業」が含まれているおそれもあります。
退職・転職のコラム記事

今日はウェブ上では、「就職斡旋エージェント」以外に…

近年、ネット上では、「就職斡旋エージェント」や、ビジネスの一環としてヘッドハンティングの請負を行う会社も増加しています。「特許」を出した経験のある人は、ヘッドハンティングされやすくなります。彼らは、特許権を獲得した人に限らず、研究開発で論文を出した経験がある人や、雑誌で紹介されている人など、何らかの業績を残したと思われる人を対象に、電話やメールで勧誘をして、ヘッドハンティングのネタにしようと考えています。
退職・転職のコラム記事

転職活動を現職と同時進行させる人は少なくありません。

転職活動を現在の仕事と並立して進行させる人が多いです。仕事をしつつ求人を探し応募したり、面接に臨むのは心身ともに負担が大きいです。さらに転職活動時は、今の仕事の同僚や上司にその動きを悟られないようにしなくてはなりません。このようなとき、「とりあえず応募しておこう」という人がいるのですが、もしも、書類選考をクリアし、面接に呼ばれたあとに「辞退」を選択したとしたら、今後の転職活動がうまくいかなくなるおそれがあります。