退職・転職のコラム記事

退職・転職のコラム記事

転職のための面接を受けにとある会社に行ったときのことです。

転職時の面接に赴いたときのことですその日に限って会社で会議室が空きがないとのことで会社外部で面接官との待ち合わせをして採用面接を行い、その場で解散、面接を行った方も会社に帰らず自宅に直帰されるとのことでしたが、ビックリしたのは自宅の最寄駅が一緒だったのです。
退職・転職のコラム記事

ついこの間、転職をやっとしたばかりというのに、何ヶ月もたっていないの・・

ついこの間、転職をやっとしたばかりであるにもかかわらず、わずかしかたっていないのに辞めてしまう選択してしまう人がなんとなく多いものです。それはたぶん仕事環境を見つけたというのに、「自分の想像していた職場とだいぶ違っていた」「職場の雰囲気が受け入れられず・・」ということが原因で別の仕事を探すのだとか。
退職・転職のコラム記事

転職活動の最後の問題として、「今勤務している会社をいかにして辞めるか」という問題があります。

転職活動をする上での最後の難問として、現在勤めている企業からの退職があります。転職先の会社が決定したとしても、今いる会社が退職を慰留してくる可能性があります。そのような場合は、絶対に退職する、という強固な信念を持つことが重要といえます。たとえ引き留められ、一時的に残ったとしても、一度辞めたいと思った会社には、最終的には愛着もなくなってきます。
退職・転職のコラム記事

これはシフト制のある仕事についての話なのですが、毎週、特定の曜日…

「シフト制」のある仕事についての話なのですが、決まった曜日に働ける人を募集する求人を頻繁に目にしますが、もし、応募しようと考えているなら休む方法の詳細やシフトの提出方法については確認しておいたほうが良いです。私は以前産休で抜ける人の代わりにと正社員としての仕事をはじめたのですが、私のシフトが「土曜、日曜」固定となるシフトだったのですが、新入社員の私以外は、誰一人現場にいませんでした。
退職・転職のコラム記事

失業したときにもらえる失業保険は、失業しているあいだが給付条件となりますが…

失業によって得られる失業保険は、失業しているあいだ、給付条件になりますが、延々と給付されるわけではありません。失業時までに勤務していた期間に応じて変動し、3ヶ月、あるいは1年と決められるのですが、なんと知らないで永久にもらえるものと勘違いして仕事をすれば失業保険をもらえなくなるから損だと考えて遊び続けている人もいますが、給付期間があと1か月しか残ってないと気づいてから焦りながら就業先を探しても好条件の仕事を探すのは難しいです。
退職・転職のコラム記事

転職時は、いろんな経路で情報を収集することが多いと思います・・

転職活動を行う際、いろんな経路で情報を得ることが多いと思いますが、転職についての口コミサイトはとても役に立ちます。以前、会社の損失となりかねない口コミが掲載されたからということで、運営サイトを相手に損害賠償請求を起こしたケースもありました。会社の都合で退社させられた元社員の報復でそういった内容が投稿された、と見るのが一般的ではあるものの、違った角度から見ると、書き込みの内容が嘘であれば、書かれた会社側が何ら気にする必要もないはずです。
退職・転職のコラム記事

転職をする場合用意する必要がある履歴書や職務経歴書については・・

再就職の時に用意しないといけない履歴書などにおいてですが、大体、手書きではなく、パソコンを用いて作成するのが一般的です。日本では履歴書や職務経歴書はパソコンではなく自筆で作成するのが当然だと思われるようですが、それは新卒に関する就活やアルバイトやパートに関してであって、実は、転職をする時については履歴書は必ずパソコンで書いたものは駄目とはっきり言うことはできないのです。
退職・転職のコラム記事

もし転職される場合は、転職前に資格を取るとステップアップします。

もしも転職を予定しているのなら、資格を取得することで有利に事が運びます。また、現在の仕事をしているあいだに資格を取得するのがベストです。転職活動に有効に使えるので、転職先を探すのが容易になります。ですので、在職中であり、かつ転職活動前の段階が資格取得においての良いといえます。
退職・転職のコラム記事

転職することで仕事先を一新するということは、自分に…

再就職することで職場を新しく換えるということは、自身に見合った理想に近い場所に就職したいものです。職種を変えることで、あなたに適した仕事に有りつけることも可能です。が、実際に行動するともなると、転職先にふさわしい能力がないと、転職自体がままなりません。言い方をかえると、自分自身が価値ある人材になれば、「天職」に近い転職に巡り会える、ということなのです。
退職・転職のコラム記事

万一転業を思い立ったのなら、会社の人間にはひそかにその意思を知られないよう・・

一度、現職からの転職を決断したのであれば、あくまで周りの人にはこっそりとその気持ちを伝えずに活動していき、現職中は可能な限り社内の人間に知られないようにいつもどおり仕事をするのがとても無難です。この状態を維持していれば、最悪条件にあう働き先がすんなり見付けることができなくても、転職予定を保留しながら、今の職を続けることも何も問題ありません。