転職で勤め先を一新するということは、自分自身に見合う…

転職によって仕事先を新しく替えるということは、自分に見合っ…

  • 転職で仕事先を一新するということは、自分に合う勤め先に転職したいものです。勤務先、職場を変えると、あなたに向いている仕事に有りつけることも可能です。ただ、良い面ばかりでなく雇用側が必要とする能力が必要です。逆説的に表現すると、あなた自身が価値ある人材であれば、「天職」に出会える可能性も高くなる、ということです。近年は、「職業選択の自由」が一般的に認められていて、仕事場を変えても何の困難も生じないでしょう。終身雇用制度が崩壊に向かいつつある今現在、「優秀な人材が欲しい」と感じている企業もますます増えているので、このチャンスを活かしましょう。
  • 全くの初挑戦の業種などに職を移そうとするときには、以前の職…

  • 全く経験のない分野などに転職を行う際は、自分の以前の仕事で培ってきた腕前や経験が生きるといった内容のアピールがいるようになります。未経験の人はその分そのジャンルで今まで働いてきた人たちよりも正直、不利になりますけど、自分が保持している能力がその業界においても生かすことができるということをしっかりと伝えることができれば、勝負になるケースは十分に考えられるのです。ですので、未経験である業界にチャレンジする場合は、その分野と前の職場でやっていた職務との関係を可能な限り探しましょう。
  • 就職活動において、ポイントになるのが年収です。

  • 就職活動において、必ず問題になるのが年収です。面接の際、現職の年収、そして今後の希望年収額について質問を受けることになるでしょう。ここで本当の年収を上回る額をもらっていると偽り、多額の年収を獲得しようと試みても、無駄でしょう。というのは、結局は源泉徴収を提出することになるので、たとえ一度は信じ込ませたとしても、その証拠となる「源泉徴収票」を提出しなくてはいけないので、必ずウソがバレてしまうためです。ヘタをするとトラブルに発展するおそれもあるので、現在の会社での年収を正直に申告し、それに見合う希望年収を設定するのが一番良いです。なお、年収400万の人が転職して500万円となる可能性は極めて小さいです。仮に、現在の年収が430万円であれば、400~450万と伝え、希望は450万で設定する程度を考えておくのが正しいです。悪質とも思えるウソの申告は、転職活動を苦境に追いやるどころか、一時的に入社できたとしても、すぐに退職せざるを得なくなるかもしれません。
  • これから、私たちの社会的環境においてみるみるうちに簡単な作業…

  • この先、私たちの労働環境において、みるみるうちに思考を必要としない仕事は機械で済まされるようになりその結果、人員は減少していきます。その理由は、シンプルな作業という観点では人の手を借りるよりも機械のほうが数段に分があるからです。例えば、数をカウントするとか、同じ動作を繰り返すのは機械なら何も不自由もありません。当たり前のことながら人と違って不満を言わないし、肉体的な疲れもないし、ズルもしないし、何より正確ですし、均一化できるメリットもあります。さらには人と違って、給料が発生しないのも大きな違いといえます。わざわざ生身の人間を使う意味がまったく無いことが明白で、機械に移行していくのも自然の結果といえます。
  • 転職活動と現在の仕事の同時進行を行っている人は少なくありません。

  • 転職活動と現職の同時進行を行っている人は少なくありません。しかし、仕事を行いつつ求人案件をチェックしながら応募したり、面接に臨むのは精神面も肉体面も非常につらいものがあります。転職活動中は、今の仕事の同僚や上司にその動きを悟られないようにしなくてはなりません。「とりあえず応募しておこう」という方法を選ぶ人がいるのですが、仮に、書類選考をクリアし、面接の段になって辞退すれば今後の転職活動に支障をきたすおそれがあります。転職エージェントを介して応募していた場合は、そのエージェントに対しての印象が悪くなりますし、それとは異なり自分で直接応募した場合も相手企業からしつこく電話やメールがあることもあります。どちらにしても自分の貴重な時間を浪費することになりかねないので、行く気のない案件は、最初から応募しないのが正解です。転職活動は新卒の就活とは全く異なる、と意識を持つことが大切です。
  • 求人サイトをチェックする時、「オフィス系の仕事をしたい」と思う人ほ・・

  • 求人に関する情報を見る場合、例えば、デスクワークがしたいからと、製造業をチェックしていなかったりしますが、そうした人のほとんどは「製造業は、現場で製造する仕事だけしか募集してない」と間違って解釈しているケースもあります。現に、製造業での求人でも、現場に出る製造の仕事だけでなく、経理、総務、人事といった人材募集に加え、資材、購買、営業管理のような「事務系」に類する仕事もかなりの数あります。しかしながら、製造業にはありがちですが、オフィス街と同じ環境ではないので仕事帰りに買い物を楽しめる環境で働きたいと考えている人には、その点がデメリットに映る人もいるかもしれません。そうだとしても、自らのこだわりを捨ててみることで仕事の選択肢を広げ、将来をより良いものにしていく助けになるはずです。
  • 新たな職場にて今までの能力を存分に発揮できれば、即戦力として見なさ・・

  • 転職した会社で自身のこれまでの能力を最大限に活用できれば、即戦力として迎えられ、じきに職場にも馴染めるようになるでしょう。また雇い主も即戦力となる人材は常に欲しがるので、雇用側が判断しても即戦力となる転職はとんとん拍子に事が運ぶでしょう。しかも、かつての業務内容と似ている仕事内容なら転職はとても楽になるでしょう。かと言って、ある程度の能力があるといっても一流企業の事務系の業務や、公務員といったジャンルは、今も昔も相当な難関を勝ち抜く必要があるので楽観視は禁物です。
  • 転職活動で重要なことは希望する企業とのやりとりというよ・・

  • 転職は、最初の第一歩は希望する企業相手というよりも人事や採用担当の面接官とのやり取りが重要といえます。採用担当の面接係員に良い印象を与えるために、はじめに普段通りを意識して焦らず、平常心でいるように心がけましょう。例を挙げるとお見合いをする、といった気持ちでいる望むと緊張がとけるかもしれません。面接ではもっとも最初にあなたの中身を判断されるので余計な誤解を招くような態度や身なりは気をつけてゼッタイに避けましょう。また良識ある社会人らしく整った服装を意識してください。あなたらしさを表現できるといいでしょう。企業にとって魅力的な人材と思ってもらえれば、かならず自ずと良い結果を出せるはずです。
  • 失業保険の給付について、職を見つけようとしていることが条件になります。

  • 失業保険の給付については、仕事を見つけようとしていることが必要なのです。そうだとしても、実際は「会社から解放されたし、とりあえずは働かずにゆっくりと過ごしたい」と思うのが現実でしょう。というワケで、しっかり働き先を探しているように見せかける方法があるので紹介します。月に一度ハローワークに行って担当スタッフと面談するのは必須ですが、そこで、「求人票」を確認することを最低限行わなければいけません。心の中では探す気持ちがないときは、「求人票」を軽く見て、面談の際に、「納得できる条件の仕事や資格を生かせる仕事や、希望する求人が残念なことに無かった」と言って、次の機会に賭けましょう。
  • 転職を行うにあたり、今務めている会社を辞める時に失業保険の給付を受ける手続きをしなければいけないが・・

  • 転職を目前にしているなら、失業保険の給付を受ける手続きをしなければいけないが、自分が望んで退職届を書いて会社を辞める、いわゆる自己都合退職のときはすぐさま失業保険が出るのではなく手続きが終わった後で失業したことが確認されてから3か月経ってやっともらえるのです。よく勘違いして会社を辞めた翌日から3か月経過すればもらえると勘違いしている人がいますが、この規則を間違って理解している人が、ハローワークのスタッフの方が間違っていると主張してその結果ハローワークの保険担当者とトラブルになっているのを見たことがあります。ですが、社員側の都合ではなくリストラのような、「会社都合」での解雇のケースでは、失業認定されてからすぐに失業保険をもらえます。
  • 昨日新しい仕事を見つけるために人材紹介会社へと登録に向かいました。

  • この前仕事を探すために人材紹介会社へと登録に出向きました。私のカウンセリングのために現れた担当の方が見たところ新入社員らしくて、、私の話の3分の1もその社員は理解していないように見えました。それでいて「キャリアデザインを作り直した方がいいですね」とか「もっと自分の強みと弱みをはっきりさせておく必要があります」とか、知ったかぶりに横柄に言い散らかすので非常に不快でした。カウンセリングをする人はそこそこ仕事の経験がある方にするべきだと思います。
  • 女性の転職に際して、現在と数年前では少し変化があるようです。

  • 女性が再就職するに当たって、一昔前と今現在とは少なからず、違いがあります。前までは面接の場で、結婚の予定や出産予定などに関して、一般的なこととして質問されることが多くありました。ですが、現在の流れとしては、結婚や出産などについては、セクハラに該当するとして質問を避ける会社が増えています。そして、名の知れた大企業の場合は、タブーとして神経質になっているといいます。でも、会社側は、はい・いいえ、で返答するのではなく、その女性の人生観、結婚した後も働きたい、出産後の具体的な対応を当然、把握しておきたいとは思っている事でしょう。あなたの考えを知ってもらうためにも、志望動機や自己ピーアールとともに話すことで企業側のモヤモヤも解消できると思います。なので、たとえ、質問されていないことでも、先にあなたの側から気遣って話をしておくのが良いでしょう。
  • 2,3ヶ月まえに、転職したというのに、数ヶ月しかたっていないの・・

  • ほんの3ヶ月まえに、転職したばかりであるにも関わらず、慣れもしないあいだに退職を決断する人が思いの外多いものです。それは私見ですがリフレッシュな気持ちで良い仕事で勤務を始めてみたものの、「自分自身の考えていた職場環境と大きく違っていた」「納得行かない慣習があってウンザリしている」ということがワケで別の仕事を探すことが珍しくないといいます。できればこのような、転職に関しての失敗を避けるためにはとにかく前もっての情報収集を徹底しておく必要があります。手を抜くことなく行うべきなのです。職場内の環境、職場内のルール、通勤に掛かる時間、など多角的にチェックしておくことで疑問点を早めに解消しておくのが正解です。
  • 再就職の時の面接などの際に名刺を手渡されとしたら、こちらも名刺を相…

  • 再就職における面接などに関して名刺を手渡してきた場合、自分も同様に名刺を渡した方が良いのか?渡さないほうが良いのか?と対応の仕方に悩んだ場合は、ほとんどは渡すことはないと思っておきましょう。転職のための面接においては仕事内ではなくて、職を得るための採用活動の一環なので、普通に考えれば名刺を交換する時ではないのです。加えて、あなたは立場上会社の人として出向いているのではなく、あなた個人の問題でそこにいるわけです。それゆえ、相手側から名刺を差し出されても、こちらは、ただもらうだけで大丈夫で、面接担当者に相手にあげる必要性はまったくないと考えます。
  • 現在の自分の仕事や勤め先に関して、多くの人は、何かしらの不満を感じているでしょう。

  • 現在のあなたの職場や業務の中身について少なからず何かしらの不満点があるはずです。「自分の持っているスキル・能力が正当に評価されていない」さらに、「報酬は上がらないし、レベルアップも出来ない」と言う不満を漏らす人もいます。気持ちは理解できます。しかし、そういった不満を持っている人の中には本人が自分自身の本来の才能を実際よりも「過大評価」していることもあるのです。仮に、過大評価していることに気が付いていない人が転職活動をした場合、自分に合った企業や職種がないと、転職活動がうまくいかないことになりかねません。可能性があるので、注意しなくてはいけません。そういうわけで転職活動を円滑に行うためにも、実際の自分のキャパシティを多少厳しい目で自己分析してみてください。
  • 転職の面接で着用するスーツの色味については、新卒の就活の…

  • 転職時の面接で着用するビジネススーツの色味については、新卒の就活に身に付ける色合いが一般的です。ということは、黒系や紺系の暗い感じの色、ということになります。それが、再就職の場面においても、着用していくビジネススーツの色味は新卒の就活の時のようなダークカラーが多数派になっており、他の色のビジネススーツの人はあまり見かけることはありません。あえて言えば、グレーを着ている方がわずかにいるほどです。全体的な割合をみても紺系や黒系がほとんどを占めているのです。ですから、面接を行う採用担当の人も黒や紺色のスーツの方が普通のように感じてしまいますから、第一印象という観点ではおすすめです。