これまでは職探しをするときは「転職サイト」ではなく…

今までは、「転職サイト」ではなく、「ハローワーク」に通っていました。

  • 今までの私は、職探しは「転職サイト」ではなく、「ハローワーク」を優先していました。その理由は、大抵の転職サイトは、どうしても都心の企業の求人がほとんどだからです。そのために、転職するときには「ハローワーク」しか利用していません。やっぱり、大手転職サイトに掲載されている求人より企業数や、給料などの条件は若干見劣りするのですが、古くから地域密着なので、都心部以外での転職をするときには重宝します。しかし、「どんな求人があるかわからない」と思われている人が少なくはないでしょう。思いもよらず、良い求人情報もしっかり掲載されていたりするので、この先退職後の就職活動が不安な方は、参考までにハローワークへ行って相談してみてください。「転職サイト」を利用した時みたいなこれでもかというくらいの電話やメールもありません。

  • 転職する際に行われる面接のときにつける腕時計の事ですが、…

  • 転職する時に行われる面接につけていく腕時計についてですが、目を惹くような時計は避けたほうが良いです。この目立つという意味は明らかに高価なものだったり、といったことだけではありません。逆に安っぽいものに見られてしまうとか、そういう真逆で目立つのだと認識しておきましょう。再就職の面接の際の腕時計はスーツやネクタイと一緒の考え方で、面接に適切なものを身に付けるほうが賢明です。しかしながら、年齢に見合った腕時計であるということも重要で、新卒の就活の頃に着けていたものよりは少しでも値段が高いものにした方が年齢に見合っているとはっきりといえます。

  • 仕事を探しているときに目を光らせることになる募集事項・・

  • 転職を考えている時に目を光らせることになる募集事項に関しては、おおまかなものとして書いてある可能性があります。ですから、そこに記載されている内容はすべて正確なことだとは信頼しない方が最適でしょう。中でもとりわけ給料面においては、社員を平均した額なのか?最低限なのか?最高の給料であるのか?という判断ができる人は少なく、独断で決め込んでしまうと、後々そのことを悔いる可能性も少なくはないのです。なので、嫌な思いをすることになる前に、求人内容に関しては、基準だと思って、そういったたいへん大切な事は直接聞くのが好ましいです。

  • 将来に目を向け、楽しんで再就職に向けての転職活動をすることができたら…

  • 将来に目を向け、たのしい気持ちでいながら再就職をすることができれば、メンタルに重荷を感じることもないので、転職期間に堕落はしないですみます。精神的な箇所が健全な状態のままであれば、直ぐに転職が出来るでしょう。そうする為には、スムーズな隙間のない時間で新しい職場に飛び込むことが重要です。今の仕事を継続しつつ、次の仕事を見つけるのが理想的です。おまけに、ブランクをつくらなければ直ぐに働けるので、経済的な心配もありません。そうしておけば、働いていない空白の期間がなく、将来に響くこともありません。要するに、再就職の際にマイナスの要因がなくなるということです。今後のことを考えつつ、うまく転職活動を進めてみましょう。

  • 転職なら、仕事におけるやりがいのアップと一緒に収入が増えること…

  • 転職先を選ぶ際、当然仕事のやりがいのアップと一緒に年収が増えることも大切なことなので「年収サイト」というサイトに登録して事前に調査をしています。全く一緒の会社でしかも全く同じ職種、社歴であるにも関わらず人によって無視できないほどの幅があることも少なくなく、ぶっちゃけて言えば面接の際質問をしたことがあります。面接をした人も一緒のサイトを見ていたようで「ああ、高収入で書かれているのは、書いた人物について誰だろうとある程度見通しがついているんですけどね、多分見栄ををはっているのでしょう。低い方の収入で心の準備をしておいてください」とのことでした。

  • 転職を取り囲む状況ですが、政治による変化が出始めています。

  • 政治により状況が変化しつつある転職を取り囲む状況について、安倍総理が主導する現内閣によって、「アベノミクス」や「三本の矢」などの経済政策が続々打ち出されています。内閣が打ち出した新たな経済政策共々日銀の金融政策とあいまって、財界や民間企業間ではあたらしい明るい動向が著しく現れてきています。その変化を受け、企業のあいだでも今度は労働人口の減少による「人員不足」がとても大きな社会問題となっています。ちなみに、「外国人労働者」の総数を高めていくであると現政権は宣言しています。外国人労働者が増えることによって、国内の雇用や転職問題も大きく幅が広がりそうです。こういった政治の流れによって、国内の雇用や転職といった状況にも、大きな影響が出てくるのは確実でしょう。

  • 転職のための面接では注意しておくべきポイントがあります。

  • 転職の際、面接は避けて通れませんが、面接の際に面接官から「転職理由を聞かせて頂けますか?」という風に、かなり高確率で質問されます。こういった場合、どれだけ正しい意見だと思っても、前の仕事場での労働環境や人間関係に関しての愚痴を絡めた回答などは、意識して口にするのは避けましょう。なぜなら、仮にそういった不満を回答すると、せっかくのチャンスを水の泡にしてしまいかねません。面接では「ポジティブ」な人物であると印象づけるのが大事です。とりあえず「新しい職場で、自身のキャリアをしっかり生かし、会社にも充分に貢献していこうと思います。」といった未来に目を向ける形が良い結果につながるのです。

  • 転職にあたって相応の準備は必須です。

  • 再就職をスムーズに行いたい場合、然るべき準備はやらなくてはいけません。そのなかでも、「服装」を注意している人は多いでしょう。でも、ここ数年の、企業面接については私服がOKなところも多いので、きっちりビジネススーツを着て面接に向かわなくてもいいでしょう。会社の設立して間もない会社などは、お堅いルールもないことが多く、私服で面接をした方が、印象が良くなります。また、正装ではないので、フランクに会話がしやすくなります。さらに私服であれば、時には面接時に洋服の事で話題が広がることがありますから、うまくいけば担当者と仲良くなれる期待ができます。というワケで、これから転職は企業の「創立した年」をチェックしてみて、(ベンチャー系企業の)面接の際は正装はせずに私服で勝負してみるのも悪くないかもしれません。

  • 転職活動するときに特に注意が必要な募集内容は、そんなにきつくなさそうな仕事なのにも関わらず給料が高めで…

  • 転職するため仕事探しをする際に気を付けて欲しい求人内容は、そこまできつそうな仕事内容ではないのに給料がよく、拘束される時間が長いというものです。このような案件は、給料に『みなし残業代』を入れて告知している場合がたいへん多いです。みなし残業代とは、『みなし』とも言い、30時間とか45時間という風に(時間は例えです)求人の内容に時間が併記してあります。これは、毎月これくらいの残業が発生するため、前もって給料に残業代を組み込むというシステムです。(合法です)例えば求人に『みなし残業代45時間込』というのは、「記載時間分の残業代を入れると、この給料がもらえます」というワケです。ただし、悪質な求人情報ではこの『みなし』を記載していないこともザラですので充分に注意を払っておきましょう。

  • 就職した会社でパワーハラスメントを行う上司に神経を削ら・・

  • 在職していた会社で意地の悪い上司に心をすり減らし、その結果我慢することができなくなりその会社は辞め、同業者の他の企業に乗り換えました。転職先の会社では上との関係も良好で仕事ができて満足した毎日でしたが、だんだんと会社の売上が落ち込んで、最後にはとある会社に経営統合されることとなりました。偶然にも経営統合したのはなんと前に勤務していた会社で、おまけにとても嫌いだった上司がもう一度私の上司となることに。まったく困ったことになりましたが、どれだけ縁があるのでしょうか。当然新たな転職先を探す活動を開始しています。

  • 再就職の際に必ず受けることになる面接では、零細企業クラスの場・・

  • 再就職のときに行われる面接というのは、零細企業であれば大体、そこの会社の「人事」担当者が面接官ですが、場合によっては、別の人が担当することになります。実際にこれから仕事を一緒にしていく管理職、かいつまんで言えば部長や課長クラスが面接場にいあわせることも決して少なくありません。中でも営業職や事務職などの部署に転職するのなら、資格による人の良し悪しを判断しづらいですから、堂々と自身をアピールしていくことがとても大事です。面接担当者から「この人は、堂々と自己アピールしてるし、それに良い結果を出してくれそう」と思わせ、印象付けることがとても大事になります。

  • 安定した人生を送りたいと正規の社員として働こうと考えている人・・

  • 安定した暮らしを希望して正社員を目指す人は多数だと思います。だが、かなり頑張っても、中々正規雇用が叶わないこともあるでしょう。非正社員の求人が目につくのに正規雇用の求人情報以外を見ないで時間を空費している人が多いといいます。万が一あなたが、中々転職希望先が正社員を必要としていないのなら、非正社員に応募する事も考えた方が良いでしょう。正社員を募集していない企業であっても、働き手の活躍の度合いによって2,3年で正規雇用への転換ができることもあるからです。ですので面接時にこういった可能性を訊いておくようにすれば将来設計が立ちやすいはずです。

  • 失業した人が受け取れる失業保険は、失業状態でなければもらえませんが、…

  • 失業したときに受け取ることができる失業保険は、失業しているあいだ、給付条件になりますが、給付される期間が決まっています。それまで勤務してきた期間によって変動し、3ヶ月、あるいは1年と決められるのですが、こういった現実を知らない人が一定数います。失業中である限り給付されると思い込んで失業保険がもらえるからと遊び続けている人もいますが、保険はあと1ヶ月だけ、という段階で気づいてから急いで職を探しても好条件のところを見つけるのは難しいです。転職先の面接官もアホウではないので、失業中に遊び惚けていなかったのかといった部分はそこそこわかるはずです。もしかすると、面接官から失業中何をしていたのか根掘り葉掘り聞かれます。返答に窮したり、すぐバレるような嘘をついてしまうと、採用は極めて困難になります。

  • 転職サイトは知名度の高いサイトの方が掲載される会社も多いため、…

  • 「転職サイト」は、大手が運営しているものほど掲載される求人情報がたくさんあるため、感じがよさそうな2つか3つの会社を、サイトに登録して、希望する勤務地や収入に対してチェックを入れて、加えて条件に合う案件が自動的にメールで送られるように設定しておくと楽に情報を集めることができます。ですが、最初に限っては登録するのにけっこう手間がかかるので、サイトに登録する前に、「履歴書」「職務経歴書」をきちんと準備しておき、それらをテキストファイル化し、コピー&ペーストしながら登録を進めていくと便利です。登録する初日は、時間が少し掛かりますし、案件の検索や、その後の応募も大変に感じるかもしれません。が、次回以降は、は新着の求人情報のみチェックすれば大丈夫なので、最初の準備を抜かりなく行うことを心がけてください。

  • 自分の大好きな分野の仕事に就きたいと思っている方は要注意です。

  • 自分自身の好きなことを仕事にしたいと思っている方は注意した方が良いです。これは、私が体験したことなるのですが、私の場合、もともと食べることが本当に大好きでそれが理由で、過去には、レストランで働いてもいました。そのレストランでの業務内容は、その飲食店で担当していた業務は、シンプルな盛り付け作業やホール業務でした。この業務内容については、嫌とかいったこともなく楽しんで仕事ができていました。ですが、職場の人間関係にすごく悩まされました。ということが原因で、仕事をやめることになったのですが、そのせいで、大好きだった食べること、そしてそのレストランで扱われていた食べ物も苦手になってしまい、よく似た飲食店にはしばらく経った今も行けません。当時の店の匂いを思い出すだけで辛くなります。仕事に就いた当初、好きだったものをキライになるなんて今でも信じられません。自分の得意なことや好きなことを仕事にしたいと思い、実現させることは悪いことではありません。しかし、「好き」のレベルはどの程度のものなのか、じっくり問いただした上で行動するべきです。

  • 転職先を探している間は、無意識のうちに時間に余裕があるため・・

  • 転職の間は、どうしても、時間に余裕がある分、ダラケタ生活になってしまいます。・・であったとしても、そうした過ごし方を常習化させるのは危険です。言うまでもなく、気の緩んだ、だれた生活を習慣化してしまうと、「精神的」も不健全な状態になるからです。ですから、いつの間にか働く意欲を失い、お金が回らなくなって困る状況にも・・・。こうして、悪いサイクルにはまり転職先がきちんと見つけられなくなります。転職先を決められないのは、お金を一番に考えるからです。給料を最優先事項に考えざるを得なくなるとキャリアアップのために転職を決意していたとしても思い通りの仕事ができるかわかりません。そんなわけで、お金に縛られない生活を続けるためにも、だれた生活は、しないように気を引き締めましょう。