新卒で入社した会社に別れを告げ、一歩踏み出して転職することにしました。

新卒採用で入った会社に別れを告げて、転職することについて…

新卒で入社した会社に別れを告げ、転職を決断しました。実際にやめる前後は、毎日不安で悩みました。でも、社会に出て数年経てば転職をして沢山の人が転職を経験していることを私自身が転職したことで学び、無意識のうちに将来への不安が消えました。1度、転職をすると徐々に気持ちが楽になった気がして、「自分の好きなこと」を見つけ出すのが日々が明るくなりました。やはり「仕事をコロコロ変えるなんてとんでもない」という転職を好ましく思わない意見もありますが、それが正しいとは限らないと感じました。私のケースでは転職を決断してよかったと心の底から思っています。

転職活動を考えている人で、次の仕事を始めるまでにまだ時間があるのなら…

今から転職予定がある人で、次の仕事を始めるまでにある程度時間が掛かりそうなら忘れずに失業手当をもらうことをおススメします。失業手当は勤めている企業側が「雇用保険」を払ってくれている場合は、誰しも失業手当を受け取れます。詳細の手続きについては、「ハローワーク」で行います。もしも自己都合で会社を辞める形になったなら、失業手当を受け取るまでに3ヶ月の待機期間があるのですが、場合よっては企業の都合の退職、残業時間の内容次第でただちに受け取ることが出来たりもします。ちなみに、もらえる「失業手当」の額は、仕事を辞めた月の給料がもとになって手当の額を算出されるため、「閑散期」「繁忙期」が存在する業種であれば、理想的なのは「繁忙期」のあとに辞めるのが失業手当を受け取る上ではお勧めです。

クールビズの格好をして再就職の面接にチャレンジする場合…

クールビズの格好で再就職の面接を受けに行くときには、ジャケットはさすがに着ていかなくて良いと間違いなく分かるわけです。ですが、ネクタイは着用して面接を受けたほうが印象的に良いイメージを与えるのでお勧めです。ネクタイの着用はなくても良いとしている企業もある場合もあるにはありますが、ネクタイについては例えクールビズであっても必ず着用しければならないと考えているところがいくらか存在するわけです。という訳で、例えクールビズと言われていたとしてもネクタイを着用してから面接に行った方が印象が良くなるということを知っておいてほしいです。

新しい仕事に就きたいと考えているのなら、「年間報酬」を高望みしないほうが無難です。

仕事を始めてすぐは「年間報酬」の高望みはしないほうが良いでしょう。特に、一年目の段階では大体試用期間が入っていることも可能性は少なくありません。自らのケースでは、どうにかして手にした仕事なのに、期待に反して以前の会社での年収とあんまり同額でした。おまけに、仕事はキツく、とても責任のある立場で1年目は、ひどく骨が折れました。そのような経験をしてみると、初年度は、仕事を学ぶ期間と割り切り、出来る限り転職前に貯蓄しておき、仕事に没頭した方が良いと思います。

転職をする場合、その職場の年収について気にしすぎる人が…

転職というものをする場合、転職先での給料ばかりに気を取られる人がわりと多くいます。もちろん多くの人はですから生活費を給料として稼ぐべく精を出しているのはずです。したがって年収の額は自分の社会的な価値を知る値という側面もあるから、大切なことは至極当然です。しかしながら、必要である以上にもらっている年収額にとらわれすぎてしまう生き方というのもさみしい気がするでしょう。それより年収に反映されない仕事であっても精神的な充足感を得られることは少なくないからです。

数年前は求人誌に雇用主が必要とする人材の「性別」ま…

かつては求人誌では、募集要項の中に「性別」が、明確に書かれていました。ですが今現在では、「男女雇用機会均等法」が成立したことによって、男女差別が採用時にしてはいけないルールが決まり、募集要項のなかに「性別」が無記載となりました。しかし求人募集をしている会社は、本来はどちらが希望と言う想いがあってもおかしくはありません。ですから、実際は男手を必要とする案件に募集に女性がやってきたり、その反対に女性が必要な案件なのに、男性が来てしまい、というようなトラブルに遭遇するケースもちらほら。もし、「女性が活躍する職場です」といった内容なら、希望しているのは女性だと読むのがべきです。

看護師の違う職業に転職に至る原因は、その人それぞれです。

看護師でありながら転職する原因はその人によって違うはずです。どういう理由が多いかというと看護師でありながらの転職には「職場の人間関係にウンザリしている」「結婚してから家庭環境の変化によって出産・子育てさらに家族の介護など、身近な家庭環境の変化によって今までと同じようには働き方ができなくなった」「収入に大きな不満を感じている」というような問題があり決して他人ごとではないはずです。環境を変えたい気持ちは分かりますが、それでも「どうして自分は転職しなくてはいけないのか?」と、今一度沈着冷静に客観視してみることも重要です。「本当に転職を叶えたら、状況が上向くのか?」と再考してから決断してみましょう。

転職先を探している間は、「趣味」に没頭することに加…

転職先を探している期間中は、趣味に没頭したり、体力を損なわない生活をしておくと良いです。新たなスタートを切ったとき趣味に興じていたおかげで無意識の間に集中する力が高まっているのです。そしてまた、体力を補っている事で、一緒に働く人たちと比べると疲れない身体になっている、と自ずと認識することができます。そんなわけで、興味のあるなこと趣味に時間を充てることと、体力を維持させるように努力をしておいて損はありません。この先、その職場にてあなたと共通の趣味の人と出会えれば、すぐに仲良くなれます。ですから、興味のあることに積極的にトライしてみるのも転職期間中の自由な時間の利用方法としてはおすすめです。

転職活動の最後の難問として、「現在勤めている企業をいかにして辞めるか」という問題があります。

転職活動を行う上での最後の難問として、「今勤務している企業をいかにして辞めるか」ということがあげられます。転職先の会社を見つけても、現在勤務中の企業が退職を慰留するというのも起こりがちなことです。そのような場合は、困難に負けずに退職する、という強固な気持ちを保つことが重要といえます。仮に引き留められ、一時的に残ったとしても、一度辞めたいと思った会社には、やがて愛着もなくなってきます。会社の規定を良く調べ、退職までに必要となる日数を超過する年月以降の退職日設定と退職届を作成しておきましょう。その後、決定権を持っている上司と直接話をし、「退職に関する交渉は、一切拒否します」と正直に伝えます。「円満退社」で去ることも就職活動において大事なポイントになってきます。

ずっと接客関係でお勤めしてきましたが、歳をとるにつれて…

長期間接客関係で務めていたのですが、歳をとるにつれ立ったままで行なわなければいけない仕事は体力的にしんどくて、座り仕事であるオフィスワークへお仕事を変えることを視野に入れて動きました。事務の経験がない場合少々難しく、接客業の経験も活かすことができる受付兼医療事務をやろうと考え資格も合格し個人のクリニックに転職することができました。周囲は超ベテランである先輩パートさんばかりで人間関係においても難しい。夜間のシフトばかり押し付けられて、接客業で働いていた時より帰宅する時間も遅いのですが、まずはキャリアの形成時期だと受け入れて頑張ります。

転職エージェントは大手に限って、多数の案件を扱ってい…

大規模な転職エージェントに限って、多くの案件を持っているという魅力がありますが、反面、転職希望登録者も多くいます。それゆえ気になる企業を見つけたとしても、あなたの担当者が不可能だと判断すると応募してもらえない場合もあります。さらに、企業から見て自分よりも評価の高い人がいると、そのライバルを優先して売り込もうとするのです。大手転職エージェントの運営元は、サイトに未掲載の案件のデータを宝庫として扱いそこそこ難しいので、発想を変更して中小規模のエージェントたちに対し、応募したい企業や案件について相談し、応募できませんか?と相談すると転職希望者の利益を考えて動いてくれることもあるので、そういった活用の仕方も良いでしょう。

今では、株・不動産投資といった、不労所得を得たり、個人事業や起業で頑張っている人も増えています。

昨今では、株・不動産投資などの不労所得で生活資金を得たり、個人経営 や起業といった形で生きる方法も人気です。そういった世の中の背景もあり、雇用されて働くことが世の習いといった従来の常識も変わってきています。高度経済成長を遂げている際には、どう転ぶかわからない自営業で生きるよりも雇用されて働くほうが賢明でした。そのため人が生きていくうえでもっとも正しい道として世の中に認知されていた。そんな時代は終わり、いまの社会は「成熟期」などと言い表されています。コンピューターの進化とともに、将来的には自動化・機械化が顕著になり、仕事で、人の力を不要とする時代が到来する、とも言われています。

転職することで職場を一新するということは、自分に合…

再就職によって仕事先を新しく替えるということは、自分自身に合う自分の理想に近い場所を探したいものです。職種を変えることで、自分でも驚くほどの適職にありつくことができるかもしれません。しかしながら、現実に行動に移すとなると、雇用側が必要とするスキルを持っていないと、願いを叶えられないでしょう。逆説的に表現すると、あなたの技量次第で「天職」にありつくチャンスがある、ということです。現在の社会では「職業選択の自由」が一般敵に広く受け入れられているので、転職を決断したとしてもトラブルも生じないでしょう。組織と人との関係が軽薄になりつつある現代は「使える人材が欲しい」が願っている企業もどんどん増加していますので、今の良い時期を有効に使ってみてください。

今まで経験したことのない業界とかに転身を考えるときには・・

全く経験したことがない業界などに転職をしようとするときには、前の業界で身についたスキルや経験したことが生かせるという自己アピールが必要になります。その分野の未経験者は経験していない分だけその業種で経験してきた人たちよりも事実、足りない部分はありますが、自らの持っている能力がそこで十分に生かすことができるということをしっかりと相手に話すことができれば、戦うことができることも出てきます。そのような訳で、経験が全くない分野にチャレンジする場合は、その業種と自分がこれまでやってきた職務とのかかわりを可能な限り探し出してみましょう。

就職活動において、年収はとても重要なポイントです。

就職活動において、年収は極めて重要なポイントです。面接の時、ほとんどのケースで現在の年収と転職後の希望年収について聞かれます。このとき本当にもらっている年収よりも多めに申告し、転職先での年収を増やそうと画策するのは辞めておきましょう。最終的には源泉徴収を提出しなければいけないので、もし一時的に信じ込ませたとしても、そのあとで「源泉徴収票」の提出を求められるので、必ずウソはバレてしまうからです。トラブルに発展する可能性もあるので、現職での年収を正確に申告し、それに釣り合った希望年収額を設定するのが賢い選択となります。年収300万の人が転職してすぐ500万円の条件を提示してもらえるかといえばないものと考えておくべきです。今、430万円の年収であるのなら、希望額は400~450万円であると伝えておくべきでしょう。完全なウソは、転職活動でのトラブルだけでなく、入社後のトラブルとなって、せっかく入社した会社を退職に追い込まれる恐れもあるので、気をつけましょう。

私たちの社会的環境において、これから着実に思考を必要としない仕事…

この先、ぐっと思考を必要としない仕事は機械化によって結果として、そういう仕事をする労働人口はどうしても縮小させられてしまいます。というのは、単純労働という観点では人間が作業するよりも機械を稼働させたほうが圧倒的に能力が高いからです。数をカウントしたり、同じ作業を延々と反復したりすることは機械にとっては何の苦もありません。当たり前のことながら人間とは違って言い訳もしないし、ペースが変わることもなく不正行為をすることもないし、正確だし均一化できるのも魅力です。おまけに人と違って「人件費」を渡す必要もありません。このような観点から労働力として人を使う理由が到底なさすぎます。ですから機械化されるのは無理もありません。