実際に失業保険を給付してもらうためには、仕事を探していることが条件になります。

失業保険の給付について、仕事を探していることの証明が必要になります・・

  • 失業保険の給付に関して、求職活動をしていることを理解してもらわなければいけません。としても、「今まで一生懸命働いてきたので、しばらくはのんびりと過ごしたい」というのが本音でしょう。ですので、心から就職活動しているとハローワークのスタッフに思わせる方法があるので紹介します。毎月のハローワークスタッフとの面談は言うまでもなく必要ですが、そこで、「求人票」を閲覧することを必ず行ってください。真剣に探す気持ちが出ないときは、「求人票」をチェックするだけで、ハローワーク職員との面談にて、「納得できる条件の仕事や続けられそうな仕事が意に反して見当たりませんでした」と相手に言い、次の機会を狙いましょう。
  • 転職するにあたり、現在勤めている会社を辞める時に「失業保険」給付手続きをしておく必要がありますが…

  • 転職に先立って失業保険についての手続きをしなければいけませんが、あなたの都合で退職願を提出して退社する、いわゆる自己都合退職の場合は、すぐさま失業保険が給付されるわけではなく手続きが終わった後で失業したことが認定されてから3ヶ月経ないともらえないのです。よく勘違いして退社した日の翌日から3か月経過すれば給付されると思い込んでいる人がいますが、この規則を知らない人が、ハローワークの職員の方が間違っていると思い込んでその結果ハローワークの保険担当者とトラブルになっているのを見たことがあります。例外として、自己都合ではなくリストラみたいな「会社都合」での解雇に遭遇したケースでは、失業が認定されればすぐさま失業保険を受け取ることができます。
  • この前転職先を探すために人材紹介会社へ登録に出向きました。

  • 昨日転職のために人材紹介会社へと登録に行きました。そのときカウンセリングに出てきた担当者の雰囲気がどうも若い社員のようで、こちら側が説明している話の3分の1も彼は理解ができていない感じ。それにもかかわらず「キャリアデザインがまだまだですね」とか「もっと自分の強みと弱みを理解しておくことが必要でしょう」等、ベテラン社員のように偉そうに言い散らかすのでとてもイラつきました。カウンセリングをする人はそこそこ仕事の経験がある人にしてほしいものです。
  • 女性の転職は、今と一昔前では少し違ってきている点があります。

  • 女性が再就職する際、現在とセクハラが問題視される前では若干、状況が変わりつつあります。前は面接の場で、結婚の予定や結婚後の予定についてごく一般的なこととして女性たちに質問していたのですが、最近の動向としては、そういったデリケートな内容はセクハラに該当するかもしれないので質問をしない企業、が当たり前になりつつあります。世間に名の知れた大企業の場合は、この手の質問を露骨に避けるようになっています。ですが、会社側は、はい・いいえ、といった形ではなく、その人の考え、結婚した後は退職するのか、育休の取得が必要なのかどうかなどを知っておきたいとは思っている事でしょう。自らの価値観を伝えるためにも、自己ピーアールや志望動機と混ぜながら話すことで相手方にもしっかり伝わり、安心してもらえると考えられます。ということで、たとえ、質問されてない箇所についても、こちら側から気を遣って答えておくのが良いです。
  • このあいだ転職をやっとしたというのに、何ヶ月もたっていない…

  • このあいだ転職をやっとしたばかりであるにも関わらず、すぐに辞めてしまう決意してしまう人が意外と多かったりします。何故かと思うとたぶん良い職場を見つけたものの、「考えていた職場環境とけっこうかけ離れていた」「職場の雰囲気に馴染めない」というワケで別の仕事を探すのだとか。可能ならばこのような、転職における失敗を未然に防ぐためには、まずは情報収集を徹底しておく必要があります。手を抜くことなく行うべきなのです。職場内の環境、具体的な業務内容、給与体系、などあれこれ前もって調べておくことで転職後に後悔するリスクは大きく減らせるはずです。
  • 再就職における面接などに関して名刺を渡された時、こちら側も名刺を相手…

  • 再就職の面接などにおいて面接担当者に名刺を差し出された場合、こちらとしても名刺を相手側に渡すべきか?渡さないべきか?と対応の仕方に悩んだときは、おおむね渡さなくても良いと理解しておくと良いですね。面接は仕事の延長上のことではなくて、就職活動内のことになるので、ほとんどの場合は名刺をやりとりする場ではないのです。それに、あなたは会社の人間としてではなく、あなたの問題でこの場にいるわけです。という事で、もしも相手から名刺を差し出されても、こちらに関してはもらうだけで大丈夫で、相手の方に渡すことは少しもないと判断できます。
  • 現在の職場や仕事内容に対して、大半の人は、少なからず何かしらの不満を感じているでしょう。

  • 現在の自らの仕事や業務に関して、ほとんどの人は不満を感じていると思います。「自身のスキルや能力を適正に評価されていない」それゆえに「給与は変わらないし、レベルアップも出来ない」といった点が多くを占めるでしょう。けれど、そのような悩みが強すぎる人の場合、本人が自分自身の持っている力量を実際よりも過剰評価していることが多かったりします。万が一、自分を過大評価していることに気が付いていない人が転職活動をした場合、「自分が活躍できる求人なんてない」と転職するまでに長い時間がかかることになりかねません。のせ生活自体に支障をきたす可能性があります。そういうわけで転職活動で成果をだすためには、自分のスキルや能力を多少厳しい目で自己分析してみてください。
  • 転職の面接で必要なスーツの色については、新卒の方が就活の時…

  • 転職時の面接で着用するビジネススーツの色は、新卒の就活の際にに準じた色が基本です。要するに、黒や紺といった感じのようなダークな色になるわけです。それは転職の場面においても、着用していくビジネススーツの色味はこういった落ち着いた色が多数で、黒や紺以外の色の人はあまり見かけることはありません。他のカラーで言えば、ごくたまにグレーを着ている人がいるくらいです。大方は紺色や黒色のスーツ派がほとんどを占めているので、面接を行う採用担当の人も黒や紺色であるほうが違和感なく見えますから、身だしなみ、という点においてはおすすめということになります。
  • 転職を考えているなら、転職前に「資格」の取得をしておいた方が良いかもしれません。

  • もし将来、転職をするつもりなら、あらかじめ考えておいて損をしないのが資格の取得です。とくに、仕事をしているあいだに資格を取るのがおすすめです。転職の際に有効に使えるので、新しい仕事を探すのも楽になります。ですので、在職期間中での資格取得がもっともおすすめのタイミングです。もしあなたが再就職を考えているなら、社会的に強みになるような資格を取得しておくと、退職後も後悔なく次に進めます。さらには、資格取得後は転職活動では資格が味方をしてくれるので面接の際「即戦力」と認められ、それまでより待遇も良くなる可能性があります。
  • 私は20代の時点で転職を2回し、現在、資格を手に入れたい・・

  • 私は20代で転職を2度行い、そして今、資格を手に入れたいので「派遣社員」として働いています。フルタイムでの勤務ではないため、毎月の収入は安いのですが、ですがその分、前よりも心と時間に大きな余裕が生まれ、満足しています。学生時にもっと資格を取得し、仕事をできる人はとても少ないです。また、資格を活かして働いている方に会うとなんだか羨ましく思ってしまいます。自分に自信がなく、他人と比べてしまい、悩んでしまう日もありました。今では結婚を契機に生活環境も大きく変化し、前よりもやりたい仕事や稼ぐべき給料も変わり、しあわせな生活を送れるようになりました。
  • 再就職を考える場合、全てがうまくゆくというわけではありません。

  • 再就職を考えたとしても、理想通りの成果があがるというわけではありません。可能であれば、いつか転職するつもりなら年齢が若いうちに変えたほうが良いでしょう。大半の場合、20代のうちは良い成果があがりやすいですが、残念なことに、30代後半~40代になってしまうと転職というのはとても厳しくなります。管理職など、要職を担当している場合、転職の意識が強くなっていても現在の会社にとどまることも選択項目に入れておくべきです。退職してから転職活動するよりも、今の仕事は続けながら慎重に未来を構築していったほうが良い、ということです。
  • 雇用中には、出来るだけ周りの人にバレないよう(ちなみに私のと・・

  • 雇用期間にあるときは、できたら、社内の人間に悟られないよう、(私の例ですが)雇用中に転身したいという意図のみを早い段階で社内で仄めかしたことがあります。とはいうものの、その顎、転職サイトを必死にあれこれ見ていったものの、予想に反して働く先もタイミングも無鉄砲に煮詰まっていないままズルズル時間を空費する結果に。そして一方の会社のほうは、仕事の引き継ぎや手続き、自身の退職日などが続々と確定していき、その結果、「退職予定日に合う形で、就職先を見付ける」といった、本末転倒な事態になってしまいました。ですが結局、理想とする結果が実らず、失業期間を経たあと、次の就業先を探す流れになりました。
  • 近頃はネット上では、「就職斡旋エージェント」だけでなく…

  • 近頃、ネット上では、「就職斡旋エージェント」のほかに、ビジネスの一環としてヘッドハンティングの請負を行う会社をよく見かけるようになりました。もしもあなたが特許権を取得したことがあるなら、ヘッドハンティングされることが期待できます。ヘッドハンティングを行う会社は、特許出願を行った人だけでなく、研究開発で論文を書いた実績のある人や、テレビ・雑誌などの「マスコミ」に出演した人など、何らかのインパクトがあった人に狙いを定めて、電話やメールを使ってコンタクトを取り、ヘッドハンティングのネタにしようと腐心しています。もしもあなたが、ヘッドハンティングと思しきことを言われたなら、心当たりを考えてみてください。まれにヘッドハンティングと称して、登録料を要求してくる業者もあるらしいですが、その手の輩はむろん嘘であるので相手しないのが賢明です。報酬は登録している会社が払うので転職希望者がお金を支払う必要はありません。
  • 転職活動では、とても重要視されるのが間違いなく「面接」になります。

  • 転職する際、かなり重要視されるのが「面接」なのは間違いありません。ふつうの面接の際は応募者に対して、転職を決めた経緯や退職理由などいろいろな質問が飛んできますが、そしてほぼ100%、面接官の質問攻めが終わったら転職希望をする人からの不安や疑問に思うことを質問できるチャンスがあります。面接官から、「なにか弊社についての疑問や質問などはありますか・・?」と尋ねてくれるわけです。と尋ねられた時に答えを用意しておらず、戸惑う可能性もありまよすね。そんなときのために、面接の前には面接官からの問いに対する、答えをいくつか考えておきましょう。実際に仕事を始める前の段階であっても、疑問や不安に思うことはいくつもあるはずです。ぜひ、やってみてください。
  • このところ私は派遣で働いています。

  • 今、私は派遣会社に入っています。サイトの中でふと興味を引かれる仕事を見つけ出して応募しようとしたところ「その仕事はすでに別の人でお話が進んでいます」と断られてしまい一時的にサイト上からも仕事の情報を閲覧できなくなるのですが、次の日には元に戻っています。それって結局私だとダメだっていう意味ですよね。そういうことであれば初めからカドが立たないようにはっきりと言ってほしいのですが、それを行うのは困難なのでしょう。はたまたもしかしてダミーの仕事なのでしょうか?
  • 転職を繰り返さないための対策は、とてもシンプルです。

  • 転社を繰り返す日々を止めるための対策は、シンプルです。スキルアップもそうですが、メンタル部分のスキルを磨くと、転職を繰り返さなくなります。今ではネットを用いてメンタル面を鍛えるための自己啓発系の情報は容易に知ることができます。そして、転職とは全然違う行動によっても、メンタル面を鍛えることが可能です。何かと言うとズバリ「海外旅行」です。外国は、文化も生活習慣も違うことばかりなので、大きな刺激を得られます。なので、精神的な成長を遂げるにはピッタリの策といえます。帰国すると、自分のこれまでの視野の狭さに驚き、「世間の小ささ」というものをしみじみと実感することができます。その気持ちのまま面接に行けば、これまでの面接とは違って自信にあふれた態度でアピールもできるはずです。ただし、退職後しばらくの間は精神面がもろくなっている人も多いのでその後のために休業期間も必要です。