転職というものをする場合、転職先での給料を気にしすぎる…

転職というものをしようと考えたとき、転職後の給与について気にしすぎる人…

  • 転職を考えるとき、その職場の給料について気にしすぎる人がわりと多いです。とうぜん誰もが仕事というのは自分の生活を成り立たせるために行うものです。だから生活費を給与としてもらうために働いているでしょう。だから年収の額は自身がどのくらい評価してもらえるか、という見方もできるから、とうぜん大切なものであることは当然なのですが、しかしながら、ひどく年収に異常にこだわりすぎる生き方というのも寂しいものです。年収がさほど期待できない仕事であったとしてもやりがいを感じられることがあるからです。
  • 何年か前までの求人情報に募集条件の中に「性別」まで…

  • 数年前は求人誌に募集要項の中に「性別」について、明記されていました。ところが今現在では、1985年に制定された男女雇用機会均等法によって雇用する際、男女差別があってはいけないルールが決まり、応募条件に「性別」を明記できなくなりました。しかし働き手を募集する雇い主としては、性別に関係なく平等に雇用の機会を与えてくれるとは限らないのです。なので、実際は男性が必要な企業に女性が応募してきたり、その反対に女性が欲しいのに、男性が応募してくる、といった問題は誰にでも起こる可能性があります。たとえば、「女性が活躍している職場です」とアピールしている場合、雇い主となる企業側が「女性」を必要としてる、と考えたほうが良いでしょう。
  • 看護師でありながら他の職に転職を決断する原因は、その人によりけりです。

  • 看護師という職の人の転職を決断する原因は、その人によりけりです。転職には「職場の中に関わりたくない人がいる」「結婚することで家庭環境の変化によって出産それと子育て加えて家族の介護など、いろいろな仕事環境の変化など、今までのような働き方ができなくなった」「現在の給与とキャリアとのバランスに不満を感じている」など、さまざまな理由が考えられますね。環境を変えたい気持ちは分かりますが、実際に転職される前に「どうして自分は転職しなくてはいけないのか?」と、改めて静かに現状を見つめ直すことも大切なことです。「本当に転職して状況が良くなるのか?」と再考してみる必要は大いにあるものです。そのうえで決断すれば間違いが減らせます。
  • 転職期間中は、自分の好きなことに時間を使うほか、体力づくりを意識しておくと…

  • 転職先を探している間は、自分の趣味に時間を使ったり、体力を損なわない生活が良いでしょう。勤め口が見つかり、仕事を再開したときに、趣味に没頭していたおかげでいつの間にか集中力がアップします。また体力アップしているために、その場の社員たちと比べると疲れない体になっているということを認識することができます。というわけで、退職したら興味のあるなこと趣味に時間を充てることと、体力をアップさせる努力をするのが何より良い事なのです。将来、その職場にて同様の趣味の方とめぐりあうことができれば、会話も弾むので、これまでしてこなかったことに挑戦してみるのも転職期間中の時間の有効活用となります。
  • 転職活動の最後の難問として、現在勤めている企業からの退職があげられます。

  • 転職活動をする際の最後の難問として、今の仕事を辞めることがあります。転職先が決まっても、今いる企業があなたを慰留しようと説得してくる可能性もあります。そういったケースでは、困難に負けずに退職する、という強固な意思を維持することが大事でしょう。もしも会社に残るように説得されて、残ったとしても一時辞めたいと思った会社には、結局は長居はできないはずです。会社の規定を良く調べ、退職までに必要となる日数を超過する年月以降で退職日を決め、退職届をきちんと作成しましょう。そのあとに、決定権のある上司と直接話し、「退職についての交渉は、すべてお断りします」とはっきり伝えます。円満退社になるよう心掛けるのも転職活動において大事な要素となってきます。
  • 長年にわたって接客業で働いていたのですが、加齢とともに…

  • 長い間接客業で勤務してきましたが、年齢を重ねると共に立って行わなければいけない仕事は体力的につらいため、座って仕事ができるオフィスワークへ転職することを目指して動き始めました。事務の経験がない場合少々難しく、接客の経験も活かせる受付兼医療事務になろうと資格も取って個人のクリニックに転職しました。周りはベテランのパートさんだらけで人間関係に関しても難しい。夜間のシフトばかり押し付けられ、接客業時代よりも帰る時間が遅くなったのですが、とりあえずはキャリアを形成する時だと考えて仕事を続けます。
  • 「就職エージェント」大手の場合、いろんな案件を取り扱ってい…

  • 大手転職エージェントに限って、たくさんの案件を扱っているという魅力があるといえますが、その反面、転職を希望するライバルも多くいる可能性が高いです。そのせいかあなたが気になる企業を見つけたとしても、そのエージェント担当者が望みがないと判断すると応募してもらえない可能性もありますし、企業から見てあなたより高く評価される人がいると、そのライバルを優先したりもするのです。要するに大手エージェントでは、サイト未掲載の案件をデータ宝庫として扱い大変難しいので、考えを変えて中小レベルのエージェントに対し、会社や案件を伝えてみて、応募できないか問い合わせてみると転職希望者のために働きかけてくれることもあるので、そのような感じで利用してみるのも良いと思います。
  • 今のご時世では、株式・不動産投資の不労所得、ある…

  • 現在は、株式・不動産投資の不労所得、もしくは独立・起業といった生き方も社会的に人気を集めています。そのような移り変わりもあり、「起業することは不安定だしキケン」といった従来の見解も変わってきています。高度経済成長を遂げている最中には、不安の残る自営業という生き方よりも雇用されて働いているほうが堅実でした。人生の花形として、またそれが至極当然のことのように、一般の人々に認識されてはいました。そんな社会全体が安定成長する時代は終わり、いまの社会は「成熟期」という名が呼ばれます。コンピューターの進化とともに、今後は、自動化・機械化がさらに進み仕事においても人が不要な社会になる、といいます。
  • 転職によって勤め先を新しく替えるということは、自身に見合った…

  • 再就職して仕事先を一新するということは、自分に見合った居心地の良い場所を探したいものです。職場を変えれば自分にもってこいの仕事に、就くことができるかもしれません。ただ、現実に行動に移すとなると、転職先にふさわしい能力がないと、転職自体が難しいです。違う言い方をすると、あなたのスキル次第で「天職」に出会える、ということなのです。ここ最近は、「職業選択の自由」が一般敵に広く認められていて、転職を決断しても偏見を持たれて、肩身が狭い思いをすることもありません。事実、終身雇用が崩壊に向かいつつある昨今、「価値ある人材が欲しい」と思っている企業もどんどん増加していますので、このチャンスに転職を考えてみるのもアリだと思います。
  • 全く経験したことのない分野とかに転身する際には、自分が前の会…

  • 経験したことがない分野などに転業したいと考えている場合には、前の仕事で、自分が身についたスキルや今までの経験を発揮することができるという自己アピールがいるようになります。初めての分野の場合、経験のない分だけその分野で経験してきた人たちよりも正直、不利な状態になりますけど、自らが保持しているスキルがそのジャンルでも生かせるということをうまく相手に伝えることができれば、戦えるケースも十分に考えられるのです。そのような訳で、経験したことがない業種に挑戦するときには、その業界と自分がこれまでやってきた職務内容とのつながりを考えましょう。
  • 転職活動をしていると、「年収」に関しての話題は必ず出ます。

  • 就職活動において、だれもが気にするのが年収です。面接では、大部分の会社で現在の年収と転職後の希望年収について質問されます。現実にもらっている年収よりも多めに申告し多額の年収を獲得しようと試みても、無駄な努力でしょう。なぜかといえば、結局は源泉徴収を提出することになるので、たとえ一度は信じさせたとしても、そのあとで「源泉徴収票」の提出を求められるので、必ずウソはバレてしまうからです。ときにはトラブルを引き起こすこともあるので、現職年収は正確に伝え、それに見合う希望年収額を設定しておくのが無難です。なお、現在の年収が300万円の方が転職して500万円となる可能性はまずあり得ません。もし、現在が430万円の年収であれば、希望年収額は400~450万円と相手に伝えておくとよいでしょう。あからさまな嘘は、転職活動でのトラブルばかりでなく、入社後のトラブルとなって、一時的に転職先に合格をもらったとしても、直後に退職しなくてはいけなくなるおそれもあるため、誠実な態度を心がけておきましょう。
  • 私たちの社会的環境において、将来的に着々と思考を必要としない労働は…

  • 私たちの労働環境は、今後単純な仕事は機械で済まされるようになりその結果、人手は減らされてしまいます。なぜなら短絡的な作業という観点では人の手を借りるよりも機械のほうが比べられないほど強いからです。数量をカウントしたり、同じ手順を延々と反復したりすることは機械には何も不自由もありません。人と違って愚痴を言わず、疲れることもないし、ずるもしない、正確にこなしてくれますし、均一化できるメリットもあります。おまけに人と違って給与も発生しません。こういったことから、人を使う理由が到底なさすぎます。機械に置き代わるのも必然といえるでしょう。
  • 転職活動を現職と同時に行っている人は少なくありません。

  • 転職活動を現職と同時進行させる人が多いです。けれども、仕事を行いながら求人を求めて奔走したり、面接を受けるのは精神的にも肉体的にも結構きついと思います。また、転職活動時は、現在の職場の同僚や上司に隠さなければいけません。先のことを考えずに応募するという行動をとる人もいますが、仮に、書類選考をパスし、面接の段になって辞退すると厄介な事態となるかもしれません。エージェントを使っていた場合は、エージェントに悪い印象を持たれてしまいますし、他方自身で直接、応募した場合も応募した企業からしつこく電話やメールがあることもあります。いずれにせよ自分の貴重な時間をドブに捨てることになりかねないので、行く気のない案件は、最初から応募もしないのが無難です。転職活動は新卒の就活とは全く異なるものであると意識しておくと、賢い判断ができるはずです。
  • 求人関連の情報を見るとき、「事務系の仕事をしたい」と考えている人・・

  • 求人誌をチェックする折、例えば、「事務系の仕事をしたい」という人は、製造業をスルーしてしまっていますが、そういった人は、「製造業での求人募集は、現場の製造マンだけ募集している」と勘違いしていることが少なくありません。製造業での求人であっても製造マンだけでなく総務・経理と言った従業員や資材、購買、営業管理などの「オフィス系」に属する仕事がかなり存在します。しかし、製造業にはありがちですが、オフィス街からやや離れたエリアにかまえていることが多いので仕事帰りに買い物を楽しめる環境で働きたいと考えている人には、その点がデメリットに感じる人もいるかもしれません。だとしても、自身のこだわりを捨ててみることで仕事の選択肢を広げ、将来をより良いものにしていく助けになるはずです。
  • 新たな仕事でこれまでに培われてきた資格やキャリアを活かすことができれ・・

  • 新たな勤め先で自身のこれまでのスキルが生かせれば、即戦力として周囲から高く評価されて、割と早く職場にも馴染めるはずです。また会社サイドしても、即戦力となる人材は常に必要なので、企業側が判断しても即戦力となる転職は円滑に事が進むでしょう。加えてこれまでの業務内容と似ているなら転職すること自体すんなり行くはずです。でも、それなりに実力があるといっても大手企業の事務仕事や、公務員の募集については、時代背景に左右されることなくかなりの難関となるのは間違いないでしょう。
  • 最短で転職したい場合は企業とのやりとりというよりどちらかと言えば面接係員と…

  • スムーズに転職したい時は、希望している企業そのものよりも、どっちかというと「担当面接官」とのやり取りが肝心です。面接で成果を出すためにも、まずは面接の時間になる前に焦る気持ちを抑えて平常心を強く意識しましょう。例えれば素敵な女性とのお見合いのようなつもりでいる望むと良いでしょう。とくに面接を通じて最も初めに自分の人間性をくまなく見られるので悪い評価になるような態度は気をつけてゼッタイにやめましょう。社会人らしく転職活動にピッタリな服装(T・P・O)を意識してみてください。あなたらしさを表現できるといいでしょう。面接官に健康的で魅力がある人物と認識されれば、転職活動での良い結果が出しやすくなるはずです。