転職活動をする際の最後の難関として、「現在勤務している企業をいかにして辞めるか」という問題があります。

転職活動における最後に残る難関として、「現在勤めている企業をいかにして辞めるか」ということがあげられます。

転職活動における最後の難問として、「現在勤務している会社をいかにして辞めるか」という問題があります。転職先から採用の内定をもらえても、今いる会社があなたを放出したくないとして慰留しに掛かるかもしれません。もしそうなってしまったら、困難に負けずに退職する、という強固な意思を保つことが求められます。たとえ引き留められ、一時的に残ったとしても、一時辞めたいと思った会社は、結局は関係が終わることになります。スムーズに退職するためには、会社の規定をチェックしておき、退職までに必要となる日数を超過する年月以降の退職日設定と退職届を記入しておきましょう。そのあとで、決定権を持つ上司と面と向かって話し合い、退職を撤回する考えはありませんと、堂々と伝えます。円満退社という形をとることも転職活動の大事なポイントです。

長年接客業で働いていたのですが、加齢が原因か立ち続けるお仕事…

長く接客関係で働き続けてきましたが、年のせいか立って行わなければいけない仕事は体力的にしんどくて、座って仕事ができるオフィスワークへの転職を志して動き始めました。事務未経験だとわりと難しくて、そうであれば接客の経験も活かせる受付兼医療事務になりたいと思い資格を取得して個人クリニックに転職することができました。周りはベテランの先輩パートさんだらけで人間関係も難しい。夜間のシフトばかりさせられて、接客業をしていた時より帰宅時間が遅くなってしまったのですが、とにかく今はキャリアを形成しなければいけないと思って仕事を続けます。

「就職エージェント」大手の場合、潤沢な案件を扱ってい…

転職エージェントは大手に限って、多くの案件を抱えているという魅力があるといえますが、それと同時に転職を希望するライバルもたくさんいる可能性が高いです。それがために気になる企業を探し出したとしても、転職エージェントの担当スタッフが「転職できる見込みがない」と判断すると応募してもらえないこともよくありますし、企業から見てあなたよりも有能なライバルがいると、そのライバルを優先することも考えられます。このように大手エージェント運営元は、サイト未掲載の案件をデータ宝庫として扱っており応募することが難しいので、中小クラスのエージェントに対し、希望する会社や案件について相談し、応募できませんか?と問い合わせてみると転職希望者の利益を考えて働いてくれることもあるので、そのように活用するのも一つの手でしょう。

今の時代は株・不動産投資などといった不労所得のほか、…

近年では、株や不動産投資等の不労所得のほか、独立や起業を目指す人も増えています。そのような変化もあるせいか、「雇用されて働く道こそが正義」といった常識も過去のものとなりつつあります。高度経済成長期には自営業者よりも組織の一員であるほうがはるかに安定性がありました。人生の花形として、またそれが自然のことのように世の中に認識されてはいました。しかし、そのような時代は過ぎ去り、現代は「成熟期」という風にも呼ばれます。機械化、自動化が進んで社会においては人の労力を必要としなくなると言われています。

再就職で仕事先を一新するということは、自分に合う理想に近い…

転職することで仕事先を一新するということは、自分自身に見合う自分の希望に近い転職先を見つけ出したほうが好ましいということです。職種を変えることで、適した仕事に出会えるかもしれません。しかしながら、実際に行動する場合は、相応の努力が必要不可欠です。言い方をかえると、あなたの才能次第で、天職に就くことができる可能性も広がる、ということです。昨今は、「職業選択の自由」が社会的に普通に認知されているので、転職を決断しても偏見を持たれるなどの危険も殆どありません。この様な情勢下では、現在は「優秀な人材が欲しい」と思っている企業も増加していますので、今の良い時期に乗じて転職されるのも良いかもしれません。

全くの未経験の業界などに職を変えようとするときには・・

全く経験したことがない業界などに転身を考えるときには、以前の職で、自分が身についたスキルや今までの経験値が生かせるという内容のアピールが必要です。初めての業界の場合、経験していない分そのジャンルで勤務したことがある方よりも事実、不利になりますけど、自分自身が保持している能力がそのジャンルでも十分に生きるということをうまく話せれば、勝負になることも考えられます。そんな訳で、経験が全然ない分野に挑戦する場合は、その分野と前の職場でやっていた職務との関係性を可能な限り見付けましょう。

就職活動において、カギになるのは年収です。

就職活動において、年収は絶対に無視できません。面接において、現職の年収、そして今後の希望年収額について質問を受けることになるでしょう。現実の年収を多く偽って、多額の年収を獲得しようと試みても、無駄でしょう。「源泉徴収票」が必要となり、仮に一時的に信じてもらえたとしても、そのあとで「源泉徴収票」の提出を求められるので、結局はウソはバレてしまうからです。ときにはトラブルを引き起こすこともあるので、現在の会社での年収を正確に申告し、それに釣り合う希望年収額を設定するのがもっとも無難といえます。なお、今の年収が300万円の方が転職して500万円となる可能性はよほどのことがない限りありません。年収が400万なのであれば、希望年収額は400~450万円と相手に伝えておくのが正しいです。ウソの申告は転職活動後のトラブルだけでは済まないこともあり、一時的に採用されたとしても、すぐに退職せざるを得なくなる状況も考えられます。

これから、私たちの労働環境において徐々に思考を必要としない作業…

これから、私たちの社会的環境においてより一層単純作業は機械化が発展していき明らかにそういう仕事をする労働力は削減されます。なぜなら思考を必要としない労働は人間が作業するよりも機械を稼働させたほうが数段に作業量をこなせるからです。例えば、数量をカウントしたり、同一の動きを延々と繰り返すことは、機械では当然何も不自由もありません。当たり前のことながら人間とは違って愚痴も言わない、疲れもしない、不正をすることもないし、正確な作業をしてくれますし、均一にこなせます。おまけに給与を渡す必要もありません。このような観点から労働力として生身の人間を使う意味が到底なさすぎます。ですから機械に移行していくのも無理もありません。

転職活動を現在の仕事と並行している人は少なくありません。

転職活動と現在の仕事の同時進行を行っている人が多いです。しかし、仕事を続けつつ求人情報を調べながら応募したり、面接を受けるのは精神的だけでなく肉体的にも負担が大きいといえるでしょう。転職活動を行っている間は、今の会社の同僚や上司にバレないように振る舞わなければいけません。「とりあえず応募しておこう」という選択肢もありますが、仮に、書類選考をクリアし、面接に呼ばれてから辞退すると面倒な事になるかもしれません。転職エージェントを使って応募していた場合は、そのエージェントからの信用を失いますし、自身でダイレクトに応募した場合も相手企業からしつこく電話やメールがあることもあります。自分の貴重な時間を浪費することになりかねないので、行く気のない案件は、はじめから応募しないのが賢明です。転職活動は新卒の就活とは全く違うものであると覚えておきましょう。

求人に関する情報を見る場合、例えば、「オフィス系の仕事をしたい」と思う人ほ…

求人情報を見る際、例えば、「デスクワークがしたい」と思う人ほど、はなから製造業を見逃してしまっています。そういったことをしている人は、「製造業での募集は、現場の製造マンだけ募集している」と勘違いしていたりします。現に、製造業での求人でも、現場に出る製造の仕事だけでなく、人事・総務・経理と言ったスタッフや購買、営業管理のような「事務系」に分類される仕事がとても多いです。しかし、製造業は往々にしてオフィス街からやや離れたエリアにかまえていることが多いです。そのため、そういった部分がイヤと感じる人もいるでしょう。だとしても、自らのこだわりを捨てることによって思いがけないチャンスにつながる可能性があるかもしれないのです。

新しく就いた仕事で自身の過去の資格やキャリアを活かせられれば…

あたらしい職場で今までに培われてきた実力を活かすことができれば、即戦力として周囲から一目置かれすぐに職場で存在感を得られるでしょう。いい人を求人している会社側もそのような能力がある人材は常に必要なので、雇い主側が判断しても即戦力となる転職はそんなに難易度は高くありません。更に過去の職場と似た環境の職種なら転職自体はすんなりいくはずです。但し、まずまずの実力があるといっても一流企業の事務仕事や、公務員などは、時代背景に左右されることなくかなりの競争率となるのは間違いないでしょう。

転職とは、希望している企業そのものより、どちらかと言えば面接係員との…

転職活動で重要なことは企業とのやりとりよりもどちらかというと「担当面接官」とのやり取りが重要です。面接で成果を出すためにも、はじめにあまり意識せずに焦る気持ちを抑え、平常心を意識しましょう。例えれば素敵な女性とお見合いするかのような姿勢でいる向かうと良いでしょう。更に大事なことは面接がはじまると先ずあなた自身の人間性や人柄を判断されるので悪い印象を与える態度は気をつけて控えましょう。なおかつ常識的な社会人らしく転職活動にピッタリな服装(T・P・O)を意識してみてください。あなたらしさを表現できるといいでしょう。面接官に企業に適した人材と認識されれば、かならず自然と良い結果も出やすくなるでしょう。

実際に失業保険の給付を振り込んでもらうためには、客観的な意味で、仕事を探している姿勢を見せる必要があります。

失業保険の給付は、「就職活動」しているという証明が必要となります。とはいっても、「ハードワークから解放されたし、少しの間でも働かずにゆっくりしたい」というのが現実でしょう。ということで、本気で仕事探しをしているように見せる方法があるので紹介しましょう。月に一度ハローワークに行くのは必要ですが、求人票を見ることは少なくともしておきましょう。まじめに探したくないときは、「求人票」をチェックするだけで、ハローワークスタッフとの面談で、「労働条件のいい仕事や続けられそうな仕事が意に反して見当たりませんでした」と言って、次の機会を探すというやり方もあります。

転職のために現在勤務している会社を退社する時に失業保険受け取るための手続きをしなければいけません…

転職する際、今働いている会社を退社する時に失業保険受け取るための手続きをしなければいけませんが、もし自分の希望により退職願を書いて退職する、いわゆる自己都合退職の際にはすぐさま失業保険が出るのではなく手続きを行い、失業したことが認められてから3か月経ってやっともらえるのです。よく勘違いして退職日の翌日から3か月経てば給付されると勘違いしている人がいますが、実際にそのような誤解をしてしまった人が、本当はもらえるはずだと思い込んでその結果ハローワークの保険担当者と喧嘩をしているのを見たことがあります。なお、退職者の都合ではなくリストラのような、「会社都合」での解雇のときは、失業が認定されればすぐ失業保険が給付となります。

数日前新しい仕事先を見つけようと人材紹介会社へと登録に足を運びました。

数日前転職の準備をしようと人材会社に登録に向かいました。そこで登録カウンセリングに出てきた担当の人の雰囲気がどうも経験の少ない社員のようで、私が説明したことの5割ほどもその社員はわかっていない感じでした。そのうえ「キャリアデザインが緩いですね」とか「きちんと強みと弱みを明確化するべきです」とか、知ったかぶりに横柄にしゃべるからとてもイライラしました。カウンセラーはある程度仕事を経験している方にしてほしいと感じます。

女性の再就職に際して、数年前と現在と少なからず、変化があるといいます。

女性の再就職については、セクハラが社会的に問題になる前と今日とでは少なからず、違ってきている点があります。前は面接の際に会社側から、結婚の予定や結婚後の仕事などに関して、一般的なこととして女性たちへ質問していました。ですが、今の社会では、こういったデリケートな内容は、「セクハラ」に該当しかねないために、質問しない会社の方が増加傾向にあります。また、特に大企業の場合は、タブーとして神経質になっているといいます。が実際、会社側は、YES・NO、の2択でなく、その女性の価値観、結婚した後は退職するのか、「出産後はすぐに復帰するのか」などを知っておきたいと思っています。あなたの将来設計を知ってもらうためにも、自己ピーアールや志望動機とともに言い表すことで、相手側にもしっかり伝わり、安心できると考えられます。ということで、たとえ、質問されていない箇所もあなたの方から配慮し、話していくことを考えてみてください。