これはシフトの仕事に関する話です。

シフトの仕事についてです。毎週、同じ曜日に勤務できる人を募集する求…

  • これはシフトのある仕事についてです。毎週、同じ曜日に働ける人を募集している求人をけっこう目にするのですが、もしも応募しようと思っているなら休む手順やシフトの提出方法については面接の際にたずねておいた方が良いです。私は過去、産休で休む人の代わりに正社員として入ったのですが、私のシフトが「土日」固定となるシフトだったのですが、新入社員の私以外は、誰一人現場にいませんでした。産休に入った前任の方が「土曜、日曜」に必ず出る人だったので、私自身もそういった形で扱われたしまいました。ですから「土日」に冠婚葬祭が入ったりした場合、シフト変更の必要があり同じ部署の先輩方に「代わりに出勤していただけませんか?」と私からお願いしなくてはいけませんでした。立場は同じなのに、土日を私ひとりに任せっきりって、一体・・・。冷静に考えると、本当によく我慢したなと思います。

  • 日本には昔から”石の上にも3年”という格言があります。

  • 日本には古来より”石の上にも3年”という生きていくうえで戒めとなるべき言葉があります。現在、「終身雇用制度」もなくなりつつある現在、定年退職までを勤め上げるという感覚は薄れ、「転職」が決して珍しいものでもなく、身近な出来事となっています。そうではあるものの、「転職」が当たり前になったからといっても、簡単に転職を選択してしまうのは考え物です。実際に再就職しようと考えるなら、適した時期を捉える必要があります。ますはじめに、今やっている職場、仕事の内容について、嫌な点を箇条書きにして最低でも5項目、多くて10項目は紙に書き出ししてみましょう。こうすることによって、将来の転職活動に役立ちます。そして、おおまかな進路が見いだせたら、決断を早めにし、今より良い仕事を手に入れるべくトライしていることも大切です。

  • 転職をするにあたってははじめに、ハローワークの求人票や求人雑誌を閲覧したりし…

  • 転職する場合は、あらかじめ、ハローワークの求人票や求人雑誌、あるいはネット上の求人情報を閲覧したりして関心のある会社を調査するとは思います。しかしながら、当該会社がサイトや求人票に情報を出す際は、コンサルタントが主導していることが少なくありません。コンサルタントは、会社の利益にならない情報を隠す達人です。仮に公開したとしても遠回しな表現に徹します。そういった類のそのような会社の「社長インタビュー」または「社員情報」などは、額面通りに捉えるのではなく、半信半疑で受け止めておいた方が良いでしょう。仮に鵜呑みにして入社した場合、こんなはずではなかったと後悔することになりかねません。なお、会社側はいかにそのように素直な人間を入社させ、その後は文句をつけて、辞めさせないように考えています。いわゆるブラック企業に多い例です。

  • 転職した際には、高い確率で以前の会社の仕事のほとんどの出来事は美化されます。

  • 仕事を変えた場合には、高確率で前職の大方は美化された記憶となります。実を言えば現在の会社に合意できないから、そういった思いをクリアするためにやっと転職したはずにも関わらず、しばらくして過去を振り返ると、どういうわけか「前の職場のほうがマシだった」と思ってくるのです。無理はなく、前の職場では業務をこなすことに慣れていて普通にやるべき業務も消化できていたのも一番のというのもあります。実際は「どうして退職したのか」と心底後悔するほど、以前の会社の方が報酬も自分に合っていたケースも考えられます。

  • 万一あなたが、現職からの転職を決断したのであれば、あく・・

  • 一度、転業の決意したのなら、徹底して周りにはひそかにその気持ちを言わないように、首尾よく活動を進めていき、転身先が決定していないのなら、あくまでも会社内の人に気づかれないように普通に業務をこなすのがもっともいいです。働いている間、この状態を維持していれば、万が一希望に知った転職先を見付けることができなくても、転身の予定を見送りながら現在の職をそれまで通りに続けても簡単にできます。そうではなくて、ついつい口にしてしまったら社内の人は、それを受けた応対をし始めます。それに周囲に「辞めるつもりです」と一言でもいえば、周囲からは「あの人はもうじき退職する」と広まります。そのようなシチュエーションになってから、転職の気持ちが消えて、「やっぱり退職しないことにしました」と手のひらを返しても、同僚たちは、「一度は退職しようとした人」とあなたを見るので、仕事中ずっと、身の置き所がない思いををするリスクが高いです。

  • 転職活動をしている際に、面接のときに必ず聞かれることとして志望動機と転職理由の2つがあげられます。

  • 転職活動をしている際に、面接で絶対に尋ねられるのは志望動機と転職理由の2つです。志望動機については、隠さずに話しても問題ありませんが、転職理由についてありのままに話すのは問題です。例をあげれば報酬に対する不満、人間関係に対する不満など、あまり良い内容ではありません。自分が不利益を被ると予想できることを馬鹿正直に話す人は極めて稀だと思いますが、採用担当者はそういった点に関心を持ちやすいので、慎重にあなたへ「探り」を入れてきます。これに対して現職の不満を相手へ伝えないようにするには、現職の仕事内容以外を話さないことに尽きます。さらに、この会社に入ってこんなことを実現したい、「5年先はこういったことをしているだろう」、その希望が叶うのは御社しかありません、と志望動機にすり替えてしまうのです。

  • 転職をしようとするときに、まずは今働いているところを辞めて…

  • 新しい仕事を探すのに、まず今の会社を辞職してから転職しようと考える方もいますが、先に辞職してから転職活動を開始しようと考えている人はボーナスをもらえる日について確かめておきましょう。ボーナスが支給される企業はいっぱいあるわけですが、ボーナスがもらえる会社であれば、ボーナスをゲットできる日がもう少しのときには、それから退職するという方法も賢明な方法です。ボーナスだとそこそこたくさん入るので、もらい損ねたら損ということも分かりますから、辞職を考えたらボーナスの時期を最初に調べておいた方が賢明な方法です。

  • 友人の紹介で転職する先を探すこともあるでしょう。

  • 知っている人による紹介で転職の先を探す人もいるでしょう。とはいっても転職の先の労働環境、また労働時間などの大切な部分を友人からの口コミをあんまり信じすぎてしまうのは、あまり良くはありません。どうしてもそういう口コミ情報というものは客観性に乏しいからです。つまり紹介者にとって、今よりずっとベターな職場に映っても、自分自身にとってはまったくそう思えない場合かもしれません。またその逆も然りです。なので、職場環境をはじめ、気になる点は口コミだけで判断せず、自分の目でしっかり確認しておきましょう。

  • 新卒で入社した会社を去り、勇気を出して転職しました。

  • 新卒採用で入社した会社を辞め、一歩踏み出して転職すると決めました。会社を辞める前は、長い間悩んでしまいました。でも、社会人になって数年後には仕事を辞めて、中途採用として働いている人が大半であると私自身が転職したことで知り、いつの間にか不安が消えて、安心しました。なにより転職を経験すると何か、気持ちが前向きになっていき、「本当に自分のしたいこと」を見付けるのが楽しくなっていきました。いまだに「最低でも5年働いた方が良い」といったような転職に対するマイナスイメージもありますが、それが正しいとは限らないと思いました。私の人生においては転職してみるも大事だと思っています。

  • 今から転職予定がある人で、次までの仕事にまだ期間がある…

  • 転職活動をしていく人で、次までの仕事にまだ期間がある方は忘れずに失業手当をもらうことをおススメします。あなたが働いている企業側がしっかり「雇用保険」を払っていた場合は、手続きをすれば誰でも失業手当を手にできます。手続きについては、「ハローワーク」で行う必要があります。しかし自己都合で会社を辞める形になったなら、失業手当を受け取るまでに3ヶ月掛かりますが、現在の会社都合の退職、または残業時間次第ですぐに貰える可能性もあります。このときの、失業手当の金額は会社で最後となる勤務月の直近の給料を基準にして手当の額を計算するのでもし、「閑散期」「繁忙期」が存在する業種の方は、なるべく「繁忙期」のあとに辞めるのが失業手当的にはお得です。

  • クールビズをして再就職の面接を受けに行く際には、いくらなんでジャケットまで…

  • クールビズスタイルで転職の面接を受けに行くときには、ジャケットに関しては着込まなくても大丈夫だとはっきりとわかるのですが、ネクタイにおいては着用していったほうが間違いありません。タイに関してもなくてもOKだとする会社も存在することはあると思いますが、ネクタイに関してはクールビズが推奨されていても必ずしなければならないとする会社がある程度存在します。そのような訳で、例えクールビズが指定されていてもネクタイにおいては必ず着用から行った方が悪い印象を与えることがないということをお知らせしておきます。

  • 転職した場所では、年収に関して高望みはしないほうが無難です。

  • 新しい仕事についてすぐは「年間報酬」の高望みはしないほうが良いでしょう。中でも、転職した年度は、研修期間が含まれているというのが多くあります。私自身の事例では、なんとか手にした職なのに、予想とは裏腹に前の職場での稼ぎと見たところ同じ額で変わりませんでした。それにプラスして、仕事内容はとてもキツく、とても責任も重大だったために、初年度を越すのもとても苦労しました。そうした実体験から初年度はいわば勉強の年と割り切って、状況が許す限りやれるだけ転職以前の段階でお金をためておくことに尽きると思います。

  • 転職というものをする場合、転職先での給料ばかりに気を取られる・・

  • 転職について考えた場合、転職したあとの自身の給与を過剰に気にする人がけっこう多いものです。大多数は仕事というのは収入を得るため、行うものです。ですから生活費を手に入れるために仕事に打ち込んでいるのでしょう。とうぜん自身の評価という側面もありますから、大切なことは否定できません。ですが、必要である以上に年収というものにとらわれすぎてしまう生き方というのも寂しい気がします。よく見れば年収にあまり反映されない仕事であっても精神的な充足感を得られることは大いにあるものだからです。

  • 以前は求人誌では、雇用側の希望する「性別」がもれなく記載されていました。

  • 昔の求人情報には、雇用側が必要とする「性別」について、きちんと書かれていました。しかしながら今では、男女雇用機会均等法が施行され、採用時、男女の差別をあってはならない事となり、募集要項のなかに「性別」が記載されなくなりました。そのような変化があったのですが、働き手を募集する雇い主としては、性別に関係なく雇用するかといえば、そんなことはありません。そんなわけで、本当は男性が必要なのに、女性が応募してきたり、逆に女手が欲しいのに、男性が来てしまったり、といったトラブルも他人事ではありません。仮に、「女性が活躍できる仕事場です」と紹介されている求人募集の場合は、雇い主となる企業側が「女性」を必要としてる、と考えると良いです。

  • 看護師という職の人のほかの仕事に転職を決断する原因は…

  • 看護師という仕事の人のそれ以外の職業に転職を決断する原因は、人によって違うはずです。どういう理由が多いかというと「職場の中に相性の悪い上司や同僚がいて困っている」「結婚してからライフスタイルの変化によって出産それから子育てそのうえに親の介護など、いろいろな変化によって今までと同じような今の仕事を続けられなくなっている」「今の収入に大きな不満がある」など多種多様の理由があり決して他人ごとではないはずです。でも、それでも「どうして、転職しないとダメなのか?」と、ゆっくり沈着冷静にそして客観的に見つめ直すことも重要です。それは本当に転職するに値する妥当なものであるのかどうか、再考し、決断すれば間違いが減らせます。

  • 転職期間中には、自身の趣味に没頭したり、体力を損なわない様にす・・

  • 転職先を探している期間中は、自分の好きなことに時間を費やしたり、体力の向上を意識した生活習慣を取り入れると良いでしょう。勤務先が見つかり、仕事を再始動したときに、趣味に集中していたことで知らない間に集中する力が身に付きます。さらに体力を補っている事で、他の社員さんよりも疲れない体になっているということを自覚します。というわけで、退職して転社先が決まるまでは自分の好きなことに力を入れることと、体力を落とさないようにすることをするのが何より良い事なのです。その後、職場にて同様の趣味の人とめぐりあうことができれば、会話も弾みます。ですから、趣味をとことんまで極めることも転職期間中の自由な時間の利用方法としてはおすすめです。