転職によって仕事先を一新するということは、自分自身に・・

転職することで職場を一新するということは、自身に合・・

  • 転職で仕事先を一新するということは、自分自身に見合う職業を選びたいものです。自分の天職に就くことができるかもしれません。ですが、現実に行動する際は、即戦力となりうる能力が必須となります。逆をいうと、あなたの力量次第で、天職に就くことができる、ということなのです。近年は、「職業選択の自由」が一般敵に広く認識されているので、職場や業種を変えたとしても偏見を持たれて、居心地の悪い思いをすることもありません。事実、終身雇用がなくなりつつある昨今、「役に立つ人材が欲しい」と希望する企業も増加していますので、このチャンスを有効に使ってみてください。

  • 今まで経験したことのない分野とかに転業したいと考えているときに…

  • 未経験である分野などに転身したいと考えているときには、以前の仕事で、自分が身についた力やこれまでの経験値が生かせるという訴えがいるようになります。その業界に勤務したことがない人は未経験の分その業界で働いたことがある人よりも事実、不利な状態になりますけど、自らの持っている力がそのジャンルでも十分に生きるということをうまく伝えれば、戦うことができるケースもあります。そのような訳で、未経験である業種に挑むときには、その業界と自分が今までやってきた職務との関係を可能な限り発見しましょう。

  • 就職活動において、必ず問題になるのが年収です。

  • 就職活動を年収抜きに考えることは不可能です。面接の際、必ず現在の年収と転職後の希望年収について聞かれます。このとき本当にもらっている年収よりも多めに申告し、転職先で多くの収入を得ようとしても、無駄な努力でしょう。結局は源泉徴収を提出しなければいけないので、もし一度は信じてもらえたとしても、あとで「源泉徴収票」が必要になるため、最終的にはウソがバレてしまうのです。運が悪ければトラブルに発展することもあるので、現在の会社での年収を正確に伝え、それに見合った希望年収を設定することです。年収400万の人が転職してすぐ500万円の条件を提示してもらえるかといえばよほどのことがない限りありません。もし、今、430万円の年収であるのなら、希望年収額は、400~450万円と転職先に伝えておくのが良いでしょう。明白なウソは、転職活動の妨げになるばかりでなく、入社後のトラブルとなって、入社できたのをその後、退職しなくてはいけなくなるおそれもあるため、誠実な態度を心がけておきましょう。

  • 私たちの社会的環境において、この先みるみるうちに短絡的な労働・・

  • 将来、私たちの社会的環境において今以上に思考を必要としない仕事は機械化が発展していき当然のことながら労働人口はどうしても縮小させられてしまいます。その理由は、簡単な労働という観点ではヒトよりも機械を稼働させたほうが数段に強いからです。数を数えたり同じ動きを繰り返すことは機械にとっては問題ありません。当たり前のことながら人間とは違って愚痴は言わないし、ペースが変わることもなく不正をすることもないし、正確な作業ですし、均一だし、さらに、給与が発生しないのも違いですね。というわけで、生身の人間を使う意味がまったくなさすぎます。機械化されるのは自然といえます。

  • 転職活動と今の仕事の同時進行を行う人が多いです。

  • 転職活動を現職と同時に行う人が多いです。とはいっても、仕事を行いながら求人情報を調べて応募したり、面接に臨む、というのは負担が大きいといえるでしょう。転職活動中は、現在の会社の同僚や上司にバレないように振る舞う必要があります。このようなとき、「とりあえず応募しておこう」という人がいるのですが、仮に、書類選考を通過し、いざ面接というときに辞退すると今後の転職活動に支障をきたすおそれがあります。転職エージェントを介して応募していた場合は、エージェントに悪い印象を与えてしまいますし、自分で直接、応募した場合でも、相手企業から電話やメールでの連絡がしつこく来ることになります。どちらにしても自分の大切な時間をドブに捨てることとなるため、行く気がない案件は、最初から応募しないことをオススメします。転職活動は新卒の就活とは全く異なるものであると認識しなければいけません。

  • 求人に関係する情報を見る際、「オフィス系の仕事をしたい」と考えている人ほ…

  • 求人をチェックする際、例えば、「オフィス系の仕事をしたい」と思っている人ほど製造業はチェックしない人がいますが、そうした人のほとんどは「製造業は現場で製造する仕事しかない」と間違って理解しているケースもあります。現に、製造業であっても、総務・経理と言った 人材 や購買、営業管理といった「オフィス系」の職も結構な数あります。ただ、製造業の職場自体、オフィス街のような環境とは違うので仕事帰りに買い物を楽しめる環境で働きたいと考えている人には、そこがデメリットに感じられるかもしれません。そうだとしても、自身のこだわりを捨てることで良い仕事や出会いが得られる可能性もあるので、ぜひ視野に入れてみてください。

  • 新たな職場にてこれまでに身に付けた実力を存分に発揮できれ…

  • 新しく就いた職場でこれまでの能力を活かせられれば、即戦力として周囲から高く評価されて、直ぐ職場にも馴染めるし、また会社側も即戦力となる人材は常に欲しがるので、雇い主側が判断しても即戦力となる転職は難なく採用されるでしょう。更に過去の仕事内容と同じ仕事なら転職は楽になります。しかし、それなりに実力があるといっても大手の事務仕事や、公務員(国家・地方ともに)はいつの時代も、相当な難関を突破しないと就職自体が難しくなります。

  • 転職活動を成功させたい場合、希望している企業そのものより…

  • 転職活動といえば、企業とのやりとりよりも人事や採用担当の面接官との勝負が大半といえます。採用担当の面接官に良い印象を与えるために、先ずはあまり意識せずに焦らずに対応しましょう。例を挙げると女性とお見合いをするような意識で向かうと良いかもしれません。また面接係員は第一にあなたの内面的な部分を評価されるので誤解を招くような言動や見た目は気をつけてゼッタイに避けましょう。そして良識ある社会人らしく綺麗に整った服装を意識してください。魅力ある人として面接官に認めてもらえれば、かならず自ずと良い結果を出せるはずです。

  • きちんと失業保険の給付を振り込んでもらうためには、職を見つけようとしていることが条件になります。

  • 失業保険の給付は、職探しをしているという証明が必要となります。でも、「今まで一生懸命働いてきたので、しばらくはゆっくりと過ごしたい」のが本音だと思います。というワケで、本気で次の仕事を探しているように見せかける方法があるので紹介します。月に一度ハローワークに行って担当職員と面談するのは必要ですが、「求人票」を確認することを最低限しておきましょう。真剣に探す気力がないときは、閲覧だけしてハローワークスタッフとの面談にて、「資格を生かせる仕事や、希望する求人が残念ながら確認できませんでした」と告げて次の機会を探すという方法もあります。

  • 転職する際、失業保険受け取るための手続きをしなければいけません・・

  • 転職に先立ち今働いている会社を辞める時に失業保険に関する手続きをしなければいけませんが、もしもあなたの側から退職届を出して会社を辞める、いわゆる「依願退職」の場合には即座に失業保険が給付されるわけではなく手続きを行い、失業したことが認められてから3か月経たないともらえない。よく勘違いして会社を辞めた次の日から3か月経てば給付されると信じている人がいますが、実際に勘違いしてしまった人が、本当はもらえるはずだと思い込んでその結果ハローワークの保険担当者と大声でやりあっているのを見たことがあります。例外として、退職者の都合ではなくリストラなどをはじめとした「会社都合」での解雇のときは、失業認定を受けてからすぐさま失業保険をもらえます。

  • 数日前転職活動の一環として人材バンクへ登録をしに行きました。

  • 転職の準備をしようと人材会社へ登録に向かいました。そのときカウンセリングの時に現れた担当の人が見た感じ入社間もない新入社員のようで、私が伝えたいことの半分も彼は理解できていない模様。さらに悪いことに「キャリアデザインを変えた方がいいですね」とか「もっと自分の強みと弱みを明確化することが必要です」とか、わかったふうに偉そうにのたまうので大変嫌な気分になりました。カウンセリング担当者はいくらか仕事を経験している人にしてほしいものです。

  • 女性の再就職に際して、一昔前と今現在とは多少の変化があるようです。

  • 女性が再就職する時、今と一昔前では多少の違いがあるようです。前までは面接の場で会社側から、結婚と出産についての考え方などのことに関して、ごく普通に女性に質問していました。でも、近年では、こういったデリケートな内容は、「セクハラ」に該当しかねないために、聞かない企業が増えています。そして、名の知れた大企業の場合は、露骨に避けるようになっています。でも、会社側としては、YES・NO、だけでなく、その女性の人生観、結婚した後は退職するのか、出産後の具体的な対応を知っておきたいと思うはずです。あなたの人生設計を知っておいてもらうためにも、自己PRや志望した動機と一緒に表現することで、面接担当官にも認識してもらえ、また、疑問も解消できると思うわけです。というワケで、たとえ、聞かれてない箇所についても、こちら側から気遣いながら答えておくとよいでしょう。

  • 少し前に転職をやっとしたというのに、早期に辞めてしまう決意してしまう・・

  • ほんの2,3ヶ月まえに、転職をやっとしたばかりであるにも関わらず、少ししか仕事もしてないのに辞めてしまうことを決断する人が思いの外多いものです。何故かと思うと私の思うところをいうと新しい職場を手に入れたはずなのに「期待していた職場とおかしいと思うほどギャップがあって幻滅した」「雰囲気が馴染めない」という理由で去っていくのじゃあないかと思います。こういった転職における失敗を未然に防ぐためには、やはり、事前の情報収集を徹底しなくてはなりません。職場内の環境、通勤にかかる時間、昇給システム、など調べておくことで疑問点を早めに解消しておくのが正解です。

  • 再就職での面接などの時に名刺を手渡されとしたら、こちらも名刺を相手・・

  • 転職の時の面接などの際に名刺を差し出してきたら、あなたも名刺を相手に渡すべきか?と悩んだ場合は、おおむね差し出さないもの、と頭に入れておいてください。転職のための面接とは仕事内ではなくて、職を得るための採用活動の一部なので、大体は名刺を交換する場とは異なります。加えて、会社の者としてではなく、個人の問題でそこにいるわけです。それゆえに、もしも相手側から名刺を渡されても、こちら側は名刺をもらうだけで大丈夫で、相手に渡す義務は少しもないと思います。

  • 現在の勤め先・仕事内容についてほとんどの人は、何かしらの不満を感じているでしょう。

  • 今現在の自身の職場や業務内容に対して、何かしらの不満点があるはずです。「自身のスキルや仕事での能力をきちんと評価してくれない」よって、「年収は平行線だし、昇格も出来ない」といった不満が多数を占めます。しかしながら、気持ちは理解できます。しかし、その手の悩みを持っている人の一部には、自分の実力を「過大評価」してはいないか、再確認しておく必要があります。そういった人が転職活動をした場合、「自分が活躍できるチャンスがこの企業や職種にはない」と休職期間が伸びるおそれがあるので、要注意です。という事態を招く可能性があります。再就職を円滑に行うためにも、あなた自身のキャパシティを把握することが大切です。

  • 転職時の面接でいるビジネススーツの色合いは、新卒の就職活動…

  • 転職の面接で着用するビジネススーツの色合いについては、新卒の就活の際にに着る色が無難です。つまり、黒系や紺系といったようなダークな色味、ということになります。それは再就職のケースでも、着用していくスーツのカラーはこういう暗めの色がほとんどで、黒色や紺色以外の色の転職者はあまり見かけることはありません。他のカラーで言えば、ごくたまにグレー系を着用している方が若干いるくらいです。だいたいは紺系や黒系のスーツを着用している方が大多数を占めているので、人事から見ても黒や紺色であるほうが普通に見えてしまいますから、第一印象という点ではぜひおすすめします。