もしも再就職の前に、今の会社の人たちがあなたの退職を知・・

もし転職することを、今働いている会社の人たちがあなたが会社を去ろうとしているのを知ると、…

  • もしも再就職の前に、現在の会社の人たちがあなたが会社を去ろうとしているのを知ると、、その状況が悪くなる可能性があります。あなたの置かれている環境によっては、問題はないこともありますが、意地悪、やっかみに悩まされるかもしれません。酷い場合には、残業時間を意図的に増やされるキケンもあるので、むやみに「転職します」と口にするのはお勧めしません。上記のような状態を回避するため、仕事をしている現場では、真面目に誠実に振る舞いましょう。そうしておけば、良い状態を最後まで保ちつつ、心置きなく会社を去ることができます。また、何の問題もなく円満退職できれば、転職後も、相談ができる機会も出来ます。業種などに関係なく、どこの企業も人との縁は重要なので、辞める時のトラブルだけは起こさないようにしたいものです。

  • 転職を、派遣社員」で考えている人にぜひ注意してほしい…

  • これから転職する場合、正社員ではなく派遣社員という勤務形態を考えている方に覚えてほしいことがいくつかあります。まず派遣社員というと、お茶出し、電話対応などの雑務、雑用等をといった業務を考えてしまった方が少なくないとは思います。最初は私自身もそのように思っていました。今、勤めている企業に入るまでは「派遣社員」の募集を見て応募したときには「業務は電話対応になります」と直接説明を受けました。ところが、いざ業務に掛かると、なんと「電話対応」とともに、退職した正社員の業務の穴埋め役となるよう、やってくれと言われました。とくに特別な知識もなく、はじめの説明とはかなり違っていたので全くわからないような内容でしたので、今はただひたすら契約期間が終わるのを待つだけです。

  • 生まれて初めて失業保険を受ける際に、「期間内は自動的に受け取れる」と考える人が…

  • 生まれて初めて失業保険の給付を受けるときに、じっとしていれば給付されると考えている人がかなりいますが、それは正しくありません。実は、受け取るためには、条件として求職活動を行っていることが必要で、さらには、毎月1回、ハローワークに通う必要もあります。1ヶ月間隔でハローワーク職員と面談をして、きちんと仕事を探していることを理解してもらえれば次の月の給付が行われるという仕組みです。その真逆に、本気で仕事を探そうとしていないとみなされたり、毎月のスタッフとの面談に顔を出さない場合は、問答無用で給付が一時停止となったり、場合によってはその後の給付資格も消失するおそれがあるのでそれを防ぐために気をつけておきましょう。

  • 派遣社員として働いています。派遣法や労働契約法の関連で…

  • 派遣社員として勤務しています。派遣法や労働契約法のおかげで残念なことに長期間勤務していた企業での勤務が終わります。いっしょに働いている派遣の仲間の中には派遣の就業先で正規社員の条件をつかみ取った方もいるのですが採用された理由としては正直に言うと仕事の腕がよいというよりは派遣先の上司の扱いが上手な人でそれで採用されたとしか思えません。仕事のスキルよりもおじさん転がしの能力の方が大切なのだろうと選考に漏れた他の派遣の仲間と職場でいつも不満をたれています。

  • 転職を行う場合、いろんな経路で情報を収集することが多いと思います…

  • 転職を行うにあたっては、様々な方法で情報を集めるのが通常だと思いますが、転職についての口コミサイトは利用しなければもったいないです。少し前に、会社に不都合な内容の口コミが掲載されたという理由から、運営サイトを相手に損害賠償請求を起こしたケースもありました。会社の都合で退社した元社員の腹いせとしてそういった内容が投稿された、と見るのが一般的ではあるものの、違った視点から見れば、ウソの書き込みであれば会社としては気にしなくてもいいはずです。あるいは、現実は『クロ』で「真実が知られてしまっては困るから、はやく炎上をしずめよう」と考えている可能性もあります。口コミサイトも囃し立てることでアクセス数が増えるメリットもあるので黙認している側面もあるのですが、よくない内容の口コミが目立つのは、その分、入社してから不利益になる覚悟をする必要があるとみなしていいでしょう。何より、善良企業の場合トラブルなんて発生しません。

  • 今から転職をするに当たっては、直近の業務や業務で感じている不満…

  • そのうち転職活動を予定しているのなら、直近の職場や仕事の何が気に入らないのかを明確化する事が必要です。当然できていると思うと、意外とそうでないのです。もともと気に入らないことが限界に達しているから転職しようと思っているはずです。でも「きちんと現状の仕事や業務の客観的にみた問題なことを書き出す」ことを大半の人はやっていません。不満点解消なら、他の条件が現状より悪化する事をどこまで許容するかも考えましょう。自身の問題を見える化しておくと、転職における後悔を減らせます。そのあとに、転職を叶えたあと、「現在の仕事よりもマイナスになりそうなこと」を明確にイメージしてみましょう。転職がスムーズに叶えられたとしても、現状の問題が全て解消されるとは限りません。しかし、デメリットを受け入れる気持ちの整理があれば、転職後のモチベーションの低下を防ぐことが容易になるはずです。

  • 今励んでいる転職活動の際に「自分は経験としてこのような価値のある・・

  • 今励んでいる転職する活動の際に「これまでずっとこういう職場の仕事を長く続けてきました」「今までに手にした技術は、、、です」と過去の成功体験などを強調してアピールしようと考える人は頻繁に目にします。ただし、転職希望する再スタートを狙う企業で「こういったことに挑戦したい」「私が経験したような内容の事なら貢献したい」と未来の姿を通して自分自身をアピールを狙ったほうが効果的である場合は、意外と多いものなのです。この点に注意しつつ、転職活動をがんばってみましょう。

  • 仕事のせいで心的にかなり厳しくなり、職場を変えなくてはいけない状況になったのなら、…

  • 仕事をするにあたり、心的にとても苦しくなってしまい、転職せざるを得ない状況に追い込まれたのなら、職場の人と相談していくより身内と相談しながら退職するか決めるといいでしょう。働くということは自分の事でもあります。が、しかし同時に身内の問題でもあるのです。どれだけ高い給料をもらっていたとしても、メンタル面がダメージを負ってしまうまで仕事をすることは良いとは思えません。今の時代は経済的なことよりも、働く当人が働きやすいことを優先する生き方も徐々に認められつつあります。ですから、身内や、自身の心身を大切にしていきましょう。

  • 今まで私は、「転職サイト」に頼るよりいつも「ハローワーク」に相談していました。

  • これまでの私は、新たな仕事を探す時は主に「ハローワーク」が中心でした。どうしてかというと、大手の転職サイトはいつも都会を中心にした求人情報ばかり掲載してあるからです。このため、新しい職場を探す際は、「ハローワーク」ばかり使用していました。やはり、人気の転職サイトに掲載されている求人よりどうしても給料や労働条件で差がありますが、地域に根ざした企業もあり、自分に適した職が探しやすくなります。しかし、ハローワークというと、なんだか地味な感じがするというイメージがある人も多いとは思います。思いのほか、理想的な求人を発見できるかもしれないので、数年以内に転職について不安がある方は、参考までにハローワークへ行って相談するもの良いかもしれません。「転職サイト」のような大量の電話・メールに悩まされる心配もありません。

  • 転職する時に行われる面接でつける腕時計の事ですが、ビジネスの場らしからぬ目を惹くよう…

  • 再就職時の面接で使う腕時計の事ですが、明らかに目を惹く時計はしないほうが最善といえます。目立つ腕時計を詳しく言えば高価なものとか、といったことだけではないのです。それとは真逆でチープな腕時計に見られてしまうとか、そういう意味であって真反対の目立つ、と考えておきましょう。転職の面接のときにつけていく腕時計についてもポジション的にはスーツやネクタイのようにとらえて、面接にふさわしいものを着用して行った方が良い印象を与えてくれます。ただ、自分の歳にあっているということも肝心であって、新卒時にしていたものよりは多少でも高級感のあるものにした方が間違いないとはっきりといえます。

  • 転職を考えている際に閲覧することになる求人情報に関して…

  • 仕事を変えようと考えている時に目を光らせることになる募集要項に関しては、一般的なものとして書かれている確率があります。ですから、書かれていることは必ずしも正確であるとは簡単に信じないほうがよろしいでしょう。とりわけ報酬に関しては平均の値なのか?最低保証の金額であるのか?最高値なのか?というようなジャッジができないことが多く、自分の判断で理解したつもりでいると、今後、悔いが残ることになりかねません。なので、そうならないためにも、募集事項の情報というのは、おおまかなものだと思って、そのような重要なことは会社の方に直接連絡を取ってみた方が好ましいでしょう。

  • たのしい気持ちでいながら転職と向き合っていけば、精神的に重荷を感じることもないので・・

  • 将来に目を向け、楽しく転職活動と向き合っていけば、精神的な負担も軽減されるので、転職先が見つかるまでの間に堕落はしないですみます。そのうえ精神的な部分が健やかであれば、すぐに転職先も見つけられるはずです。もっとも良いのは、休職期間を作らずに新しい職場に飛び込むことが大切です。今の会社を退職せずに次の勤め先を見つけるのがベストだと思います。さらに、隙間をつくらなければ退職後もすぐに働けます。このようにしておくと、働いていない期間はできませんから、将来に響くこともありません。要するに、再就職の際に不利になることがないということです。今後を踏まえて、転職活動を進めていきましょう。

  • 転職先を探すとき、やりがいのある仕事をすることも重要だけ…

  • 転職ならば、仕事のやりがいアップと共に加えて収入が上がることも大きなポイントですから「年収比較サイト」に登録して事前に調べています。全く一緒の会社でしかも全く同じ職種、社歴であるのにすごく人によって違いがある場合も多くて、ぶっちゃけて言えば面接の際質問したことがあります。面接をした人も同じサイトを見たことがあるようで「ああ、高収入で書かれているのは、書いた者も誰だかある程度予想できるのですが、おそらく格好をつけてるんですよ。低い方の給料だと覚悟しておいてください」とのことでした。

  • 政治による影響がでつつある転職を取り囲む状況についてです…

  • 政治により変わりつつある転職を取り囲む状況について、現在の安倍内閣では「アベノミクス」「三本の矢」といった新たに経済政策を打ち出し、内閣が打ち出した新たな経済政策に連れ立って日銀の金融政策と、たがいに作用しあって、財界・企業ともに今までとは違う変化が増加傾向にあります。その変化が加わり、企業サイドでも若い世代の減少と現役世代の大量退職による人手不足が社会では大きな問題となっています。将来、「外国人の労働者」の割合を増加させ人材確保に務めていく前提と現内閣は宣言しています。外国人労働者の増加に伴い、国内の雇用や転職問題も大きく幅が広がりそうです。このような社会情勢の変化のなかで、国内の雇用状況や転職状況も大きな影響が出てくるのは確実でしょう。

  • 転職時の面接の際に担当者から「転職理由は?」と質問されるはずです。

  • 転職時の面接で面接官から「転職の理由は何ですか?」と質問されるはずです。この場合、どんな理由があっても、前の職場の人間関係や労働環境に関しての愚痴ともとれる返しは、意識して控えましょう。仮にそういった不満を回答すると、せっかくのチャンスを逃してしまうことになりかねません。そのため面接では「ポジティブ」な人物であると印象づけるのが重要で、たとえば「新しい職場では自身のキャリアをしっかり生かし、戦力として必要不可欠な人材になる所存です」といったような未来形での話ぶりが良い結果につながるのです。

  • 転職を進めるには、それなりの準備が必要です。

  • 再就職をスムーズに行いたい場合、然るべき準備は必要です。そのなかでも、目に見える「服装」は気になる人が多くいます。しかし、今の採用面接については形式ばらない服装がOKな会社があるので、ガッチリとスーツで決めて面接に臨まなくても良い場合があります。会社の設立間もない企業などは、お堅い規則もないことが多く、私服の方が良いイメージを持ってもらえます。さらに、ざっくばらんに会話がしやすい、というメリットもあります。また、私服を見せるたことで面接時に、服装の話題に発展しやすいです。ですから、担当者と打ち解けあえるチャンスがつくれます。というワケで、転職する際は、企業の創立した年で決めることが、(ベンチャー系企業相手の)面接の際はスーツは着ずに私服で勝負してみるのも悪くないかもしれません。