数ヶ月ほどまえに、転職したばかりであるにもかかわらず、…

このあいだ転職をやっとしたばかりだというのに、少ししか仕事もしてない…

  • ほんの3ヶ月まえに、転職したばかりであるにも関わらず、すぐに退職を決意してしまう人が意外にも多いものです。何故かと思うと私の思うところは新たな気持で新しい仕事環境に飛び込んだものの、「期待していた職場とけっこう違っていた」「ルールにどうしても慣れなかった」という感じで退職を決意するのだとか。可能ならばこのような、転職先選びでの失敗をしないためには、初歩として、事前の情報集めを徹底しておく必要があります。手を抜くことなく行うべきなのです。通勤にかかる時間、昇給システム、など多角的に前もって調べておくことで疑問点を早めに解消しておくのが正解です。
  • 再就職の面接などにおいて担当者が名刺を差し出してきたら…

  • 再就職の時の面接などの際に名刺を手渡してきた場合、こちら側も名刺を相手に差し出す方が良いのか?差し出さなくてよいのか?と対応の仕方に悩んだ際は、基本的には渡す必要のないもの、と考えておいてください。面接というものは仕事の内ではなくて、採用活動内のことなのです。ですからほとんどの場合は名刺をやりとりする時間とは異なります。さらに、あなたは会社の人間として出向いているのではなく、あなた個人の問題でこの場にいるわけです。という訳で、相手から名刺を渡されたとしても、こちらとしては受け取るだけでよくて、相手に渡す義務は少しもないと推測できます。
  • 現在のあなたの職場や業務について少なからず何かしらの不満点があるはずです。

  • 今の職場・仕事内容について少なからず何かしらの不満があるはずです。「自分のスキルや能力を正確に評価されていない」さらに、「年収のアップも、将来的な昇進も期待できない」と言う不服を漏らす人もいます。気持ちは理解できます。しかし、上記のような不満を持っている人のなかには自らの持っている実力を実際よりも過剰評価していることが少なくありません。もしも、過大評価していることに気が付いていない人が転職活動をすると、「この求人では、自分を活かせない」と転職がうまくいかないので生活費にしわ寄せが来るおそれもあります。のせ生活自体に支障をきたす可能性があります。そういうわけで転職活動で成果をだすためには、あなた自身のスキルや能力を厳しい目で客観的に評価してみてください。
  • 転職の面接でいるビジネススーツのカラーは、新卒の方が就活の・・

  • 転職時の面接で着るスーツの色は、新卒の学生が就職活動の時に着用する色味が良いとされています。言い換えると、紺系や黒系といった感じのようなダークな色、ということになります。それが、転職の場面においても、着ていくスーツの色に関してはこういったような暗い感じの落ち着いたカラーが大多数を占めていて、他の色を着用している方は少ないです。その他の色で言えば、ごくたまにグレーの人がわずかにいるくらいで、ほぼ黒や紺色のビジネススーツが圧倒的に多いので、面接を行う人事から見ても黒や紺色であるほうが当たり前のように感じます。ですから、見た目の印象という観点ではそのようにする方が好ましいわけです。
  • もしも転職を考えているなら、あらかじめ資格を取得することで選択肢が増えます。

  • 転職したいと考えているなら、転職する前に資格を取得することでステップアップできます。とくに、職場に籍をおいているあいだに、資格を取ると転職時にあたって幅が広がるので、転職先を探すのが容易になります。そんなわけで、資格取得するなら、在職中であり、かつ転職活動前の段階が一番良いタイミングといえます。もしあなたが転職を目指しているなら、就きたいと考えている仕事に役立つ資格を取ると、今の会社を辞めたあとも前向きに次に進めるはずです。それに、資格取得によって転職活動では資格が味方をしてくれるので転職先の面接の時には面接担当者に「即戦力」と好意的に捉えられ、以前より待遇が良くなる可能性が高くなります。
  • 20代に転職を2度経験して、現在はいくつか資格を取得するため…

  • 20代前半で転職を2回した為、今現在は資格を取るべく派遣社員として働いています。常勤での勤務ではないため、どうしても給料が以前よりも少なくなりました。しかしその分、以前より心と時間に大きな余裕が出来ています。たまに、学生時にいくつか資格を取得し、仕事できたらムダがなかったのにな、とは思います。やはり、資格を活かして働いている方と話すととても羨ましいと感じます。昔の私は、成功している人と自分との違いに劣等感を感じる日もありました。しかし現在は、結婚して生活自体がかなり変わり、以前よりもその中で将来の目標も定まったのでしあわせな生活を送れるようになりました。
  • 再就職をしようと考えていても何もかもが順調に運ぶという保証はありません。

  • 仮に再就職をしようと考えていても何もかもが都合よく運ぶというわけではありません。どうせするなら、そのうちに転職しようと思っているなら若い間になるべく早く変えたほうが良いでしょう。普通は、20代のうちは結果が出やすいですが、残念なことに、30代後半~40代に突入すると転職自体が相当に厳しいといえます。もしも、要職を担当している場合、転職する意思が芽生えたとしても、現在の仕事を続けるということを結論として選ぶ答えの中に入れておくべきです。つまり、退職後に転職活動を開始するよりも、今の会社を辞めないままの方向で堅実な未来を模索しておいた方が後悔することもありません。
  • 在職期間にあるときは、可能ならば、同僚にバレないよう…

  • 就労であるのなら、状況が許す限り、同僚にバレないように(自身の例ですが)雇用中に転身する意思表示だけを活動初期に周りの人に仄めかしたことがあります。しかし、その後求人情報を必死にあれこれ見ていったものの、思いとは裏腹に転職先や転職するタイミングすら無計画なまま進めていたので、あっという間に時間だけが経過してしまいました。挙句の果てには一方、社内では仕事の引き継ぎや手続き、私自身の退職予定日などが段々と確定していき、さいごは「退職予定日に合わせてとりあえず転職(できる)先を決める」という、お粗末な状況下で会社を辞める形になりました。実際には内定をもらったその会社を蹴り、失業期間を経たのち、次の就業先を探すことになりました。
  • 現代はネット上では、「就職斡旋エージェント」以外にも…

  • 現代、インターネットの就職斡旋エージェントの中でヘッドハンティングの請負ををビジネスとする会社をよく見かけるようになりました。「特許」を出すと、連絡が来やすくなります。ヘッドハンティングを行う会社は、特許を出願した人に加えて、「研究開発論文」を発表した人や、マスコミで紹介されている人など、「業績」を残した人に狙いをつけ、電話やメールで近寄ってきて、ヘッドハンティングのネタにしようと腐心しています。会社に在籍中に、ヘッドハンティングらしい話をされたなら、そうなったキッカケを思い出してみましょう。まれにヘッドハンディングだと思わせて、登録料を要求しようとする会社もあるらしいですが、その手の業者は例外なく詐欺ですから相手しないのが無難です。報酬を支払わなければいけないのは登録している会社で、転職希望者がお金を出すことはまずありません。
  • 再就職では、比較的重視されるのがまぎれもなく「面接」です。

  • 再就職では、とても重要視されるのがまぎれもなく「面接」です。普通、面接では応募者に対して、転職を決めた経緯などいろいろと聞かれることになりますが、そして、面接を終えるあたりで転職希望者から面接担当の人に逆質問に切り替わるのが普通です。面接官から、「弊社で働くことについて何か疑問に感じることはありませんか?」と尋ねてくれるわけです。と尋ねられた時に緊張状態で、どう答えればよいかわからなくなることもありますよね。こんな場面に備えて、面接の前には面接担当者からの質問に対する、質問の内容を準備しておくと良いかもしれません。実際に働く前の段階で、しっかり考えておけばいくつも疑問点は見つかるはずです。ぜひ、やってみてください。
  • このところ私は派遣会社に登録して仕事をしています。

  • このところ私は派遣会社を通じて働いています。ウェブサイトを見ていてなにげなく気になる仕事を発見し問い合わせをしてみると「その仕事はすでに別の方の採用が内定しています」と断られ一時的にウェブサイト内から仕事の情報がなくなるのですが、その翌日に閲覧すればもう一度情報が掲載されています。ということは結局私ではダメだということですよね。そうであれば最初から変に隠さないくらいにはっきりと言ってくれればありがたいのですが、それを行うのは困難なのでしょう。あるいは客寄せのための存在しない仕事を載せているのでしょうか?
  • 退職と転職を繰り返さないための対策は、とてもシンプルです。

  • 退職と転職を繰り返す日々を止めるための対策は、とてもシンプルです。スキルを向上させることもそうですが、メンタル面を鍛えると、そう簡単に転職を繰り返すことがなくなります。ネット社会の今ではメンタル面を強くするための自己啓発系の情報は満載になっています。さらには、転職以外の行動によっても、精神面を鍛えることができます。それは、ズバリ海外への旅行です。海外は、文化も言語も、日本とは大きく違うため、どの瞬間も勉強になります。なので、帰国してからも心境の変化が生じるはずです。帰国すると、「自分の見せている世界はこんなに小さいのか」と気づき、「世間の小ささ」というものをしみじみと実感することができます。その気持ちのまま、面接に向かうと、これまでの面接とは違って自信に満ち溢れた態度を示すことができます。ですが、退職して間もない頃はメンタルが弱くなりがちなので、これからのために休みも必要です。
  • 仮にあなたが転職をするとき、「Uターン」「Iターン」にお…

  • あなたが再就職を考えたとき、「Uターン」「Jターン」のように、大都会から地方へと移り住んだうえで再就職してみたいと思っている方も少なくありません。近年は転職サイトを使用することで国内全エリアの求人募集も簡単にアクセスできます。残念ながら地方や郊外での求人はどうしても選択肢が限られてくるのが正直なところです。ですので、求人サイトだけを頼りにし過ぎてしまうのは考え物です。求人情報サイトだけでなく、「地方自治体・商工会議所」の情報サイトなども確認しておかれることをお勧めします。「地方自治体・商工会議所」といった役所などが定期的に開催している就業サポートの有無も見ておくと、良い出会いが期待できます。
  • 今あるスキルを有効活用しながら、転職活動する際は、再就職し易い業…

  • 今ある自分のスキルを武器に就職活動する際は、比較的、再就職しやすい業界と比較的、転職が難しいジャンルがある事を理解しておきましょう。転職の難易度が低めの業界では、たえず人手不足に陥ってる医療や介護系のジャンルが代表的といえます。医療や介護では、看護師、介護士は「資格」を必要で、ハードルが高めの業種ともいえます。ですが、現在「医療・介護」の仕事をしていてワケあって、異業種に転職したいと思っているなら、簡単に選択しないほうが無難です。「医療」「介護」ではない業界は、人材の流動性がそれほどありません。そのため、容易に考えないことが重要です。転職をされるのであれば、他の業種では「医療」「介護」の仕事探しよりも厳しいものとなることを気をつけておきましょう。
  • 近時は、いわゆるブラック企業が大きな問題となり、労働条件違反の取り締まりが強くなったり…

  • 近時は、ブラック企業がメディアで注目されたりして、労働条件関係の取り締まりが厳しくなったり、社名の公表がなされるなど厳罰化の動きが活発になっていますが、まだまだ物足りない状況です。だから、面接で見破る必要が出てきます。まずは求人票に書かれている労働条件に目を通し、それらの項目を順番に遠慮せずに質問しましょう。相手が「ブラック企業」な場合、求人票の記載が嘘の場合、返答に詰まったり、「その場では答えられない」みたいな逃げるような姿勢になることが多くあります。「給与」「休日」「残業」の箇所については、詳細について聞くと、渋い顔をする場合が多いです。それでもめげずに尋ねていくと、ブラック企業によくある威圧的な態度や、ふてくされた態度を見せるので、その瞬間に相手のウソを確信できます。この手の会社は、約束を履行してもらえないばかりか、入社後もふてぶてしい態度を繰り返される可能性が高いので、変だと思ったら、入社はキャンセルするのが無難でしょう。
  • 多くの場合一流企業は「定期採用」がメインなので、転職で入りたい人にはかなり厳しい条件といえます。

  • 大きな会社は「定期採用」がメインなので、転職で入る事は簡単ではありません。そして、都心以外だと転職の機会はとても厳しくなるでしょう。けれども製造業の会社の場合、都市部でない地方の工業団地近辺に製造工場を置いているはずです。そういう地方の工場の場合、事業分野の拡大にあわせて「中途採用」を併せて行っているので、そのチャンスに転職を検討してみるのも有りです。そのためには、地方の工場に転職したい場合、希望する会社の情報を事前に仕入れておきましょう。公式サイトをチェックし、人員募集の予定がないか忘れずに確認してみましょう。