転職活動における最後に残る厄介な問題として、今の仕事を辞めることがあげられます。

転職活動をする上での最後にクリアしなければいけない問題として…

  • 転職活動を行う上での最後にクリアしなければいけない問題として、現在の会社の退職があげられます。転職先の会社から採用の内定をゲットしても、現在勤務している企業があなたを引き留めることも少なくありません。そうなってしまった場合、どうあっても退職する、という強固な気持ちを維持することが大切といえます。引き留められ、一時的に残ったとしても、一度辞めたい、と思った会社は長続きしないでしょう。退職を成功させるには、まずは会社の規定に目を通し、退職に必要な日数を超過する年月以降の退職日設定と、退職届をつくっておきましょう。そして、決定権のある上司と直接話し、「退職については、いかなる交渉にも応じる気はありません」と(毅然とした態度で)伝えましょう。「円満退社」で去ることも転職活動において大切な要素となってきます。
  • 長きにわたって接客業でお勤めしてきましたが、加齢のせいか…

  • 長い間接客業で働いていたのですが、年齢的に立ち続ける必要のある仕事は体力的に耐えられないため、オフィスワークへ仕事を変えることを頭に入れて活動しました。事務の経験がなければ少々厳しく、そこで接客業での経験を役立てることができる受付兼医療事務をしようと思い資格も獲得して個人医院に転職しました。周りはベテランのパートさんばかりで人間関係もややこしい。夜間のシフトばっかりさせられ、接客業をしていた頃よりも家に帰る時間が遅くなってしまいましたが、今はキャリア形成の時だと思って仕事に励みます。
  • 「就職エージェント」大手には、豊富な案件を取り扱ってい・・

  • 就職エージェントの大手に限って、多くの案件を扱っているというメリットがありますが、同時に競合する転職希望者も多くいます。それがために応募希望の会社があっても、担当スタッフのほうで「転職するのがむずかしい」と判断すると応募してもらえないこともよくありますし、会社から見て自分よりも評価の高い人がいれば、その人を優先して送り込む傾向があります。要するに大手転職エージェントの運営元は、サイトに掲載していない案件をデータ宝庫として扱っており応募することが難しいので、中小レベルのエージェントに対し、希望する会社や案件について相談し、応募できないか相談すると自分のために行動してくれることもあるので、試してみるのも良いと思います。
  • 現在では、株式・不動産投資の不労所得、または個人経営 といった形で生きる方法も人気です。

  • 現在は、株式・不動産投資などの不労所得で生計を立てたり、個人事業や起業といった形で生きる方法も人気です。そういった移り変わりに伴い、「雇用されて働くこと以外の道はキケンだ」といった従来の常識も変わってきています。高度経済成長を遂げていた頃に関しては、将来が不安定な株式投資、個人事業といった稼ぎ方よりも雇用されて働くほうが将来が安定していました。そのため人が生きていくうえでもっとも正しい道として一般の人々に認知されてはいました。しかし、そんな成長期は過ぎ去り、現在のような時代は「成熟期」などと表現します。将来的にはコンピューターの進化につれて、機械化や自動化が加速し、仕事で、人の力を不要とする社会になる、とも言われています。
  • 再就職で職場を一新するということは、自分に合う自分の理想に近い、今よりもずっと心地良い場…

  • 転職によって勤め先を新しく替えるということは、自分自身に適する再就職先に就職したいものです。勤務先、職場を変えると、自分に適した仕事に有りつけるかもしれません。とはいえ、実際に行動するともなると、雇用側が必要とするスキルを持っていないと、願いを叶えられないでしょう。逆説的に表現すると、自身が価値ある人材になれれば、「天職」にありつく、というだけの話です。今は、「職業選択の自由」が社会通念上として認められているので、転職を選択しても偏見を持たれる不安もありません。終身雇用制度が崩壊に向かいつつある現代は「優秀な人材が欲しい」と願う企業も増加していますので、今の良い時期に転職を考えてみるのもアリだと思います。
  • 初挑戦となる業界などに転職をしようとするときには、自分が前の職場…

  • 未経験の業界などに転身するときには、自分が前の会社で培ってきた腕前や今までの経験を発揮することができるといった内容の訴えが必要になります。その業種で経験をしたことがないという人はそれだけその分野で今まで働いてきた人たちよりも不利な状態になりますけど、自分自身の持っている能力がその業界でも十分に生かすことができるということを相手に言えば、戦える場合も多くあります。それゆえに、経験のない分野に挑戦する際には、その分野と今まで自分が経験してきた職務との関連をできる限り発見しましょう。
  • 就職活動において、年収はかなり大切な要素です。

  • 就職活動において、年収は絶対に無視できません。面接の時、大部分の会社で現在の年収と転職後の希望年収について聞かれます。実際の年収を多く偽って、転職先で多くの収入を得ようと試みても、無駄な努力でしょう。なぜなら、最終的には源泉徴収を提出することになるので、仮に一時的に信じ込ませたとしても、そのあとで「源泉徴収票」の提出を求められるので、最終的にはウソがバレてしまうのです。トラブルに発展する可能性もあるので、現在の年収を正直に申告し、それに釣り合った希望年収額を設定するのがもっとも無難といえます。例をあげると、年収400万の人が転職して500万円となる可能性は普通はありません。現在の年収が430万円としたら、400~450万と伝え、希望は450万で設定する程度を考えておくべきです。悪質とも思えるウソの申告は、転職活動を苦境に追いやるどころか、せっかく入社した会社を退職に追いやられる事態になることもあるので、気をつけましょう。
  • 私たちの労働環境は、これから短絡的な作業は機械で対処されるようになり…

  • 将来的に、労働力という観点においてぐっと簡単な仕事は機械化が進歩していき当然の結果として稼働人口は削減されます。なぜなら短絡的な仕事という観点では機械で進めたほうが比べられないほど利便性にすぐれているからです。数をカウントしたり、同一の作業を延々と繰り返すことは、機械にとっては何も不自由もありません。当たり前のことながら人と違って言い訳もしないし、疲れもしない、適当にすることもないし、正確にこなしてくれますし、均一化できるメリットもあります。付け加えて、報酬が発生しないのも大きな違いといえます。こういったことから、人間を使う意味がまったく無いことが明白で、機械化されるのは自然といえます。
  • 現在の仕事と並行しつつ、転職活動をする人はかなり多くいます。

  • 転職活動を現職と同時に行う人は少なくありません。忙しく仕事を続けながら求人を見つけて応募したり、面接に行くのは精神面だけでなく肉体面も大変です。転職活動中は、今の会社の同僚や上司に気づかれないように気を遣う必要があります。このようなとき、「とりあえず応募しておこう」という人がいるのですが、仮に、そのまま書類選考が通り、面接前にキャンセルすれば今後の転職活動がうまくいかなくなるおそれがあります。転職エージェントを介して応募していた場合は、そのエージェントからの心象が悪くなりますし、それとは異なり自身で直接、応募した場合も相手の会社から電話・メールで繰り返ししつこく連絡が入ってしまいます。いずれにせよ自身の貴重な時間をムダにしてしまうおそれもあるので、行くつもりのない企業は、最初から応募しないのが正解です。転職活動は新卒の就活とは全く異なるものであると覚えておきましょう。
  • 求人に係る情報をチェックする際、デスクワークがしたいから…

  • 求人サイトを見るとき、例えば、「デスクワークがしたい」と思う人ほど、はなから製造業をチェックしていなかったりします。そんな人のほとんどは「製造業は製造マンの求人だけだ」と早合点していることが少なくありません。事実、製造業であっても、現場作業者だけでなく、経理、人事、総務などのスタッフ募集をはじめ、購買、営業管理といった「オフィス系」に分類される職もかなりの数あります。ですが、製造業の勤務場所はビジネス街から離れているので仕事帰りに買い物を楽しめる環境で働きたいと考えている人には、そこがマイナスに感じられるかもしれません。しかし、自身のこだわりを捨てることで良い仕事や出会いが得られる可能性もあるので、ぜひ選択肢に加えてみてください。
  • 転職した会社でこれまでに培ってきた能力を活かせられれば…

  • 新しく就いた勤め先であなたの過去のキャリアが生かせれば、即戦力として周囲から迎えられ、早々に仕事場での信頼を勝ち得ることができるはずです。いい人を求人している会社としても、そういった人材は常に欲しがるものですから、雇い主側が判断しても即戦力となる転職はとんとん拍子に事が運ぶでしょう。加えて以前の業務内容と似た仕事内容なら確率は十分にあります。ですが、ある程度の実力があるといっても一流企業の事務系の仕事や、公務員系は時代や景気に左右されることなく相当な競争率だと覚悟しておきましょう。
  • スムーズに転職したい時は、企業とのやりとりよりもある意味、「担当面接官」との…

  • 転職活動で重要なことは企業そのものよりも、どっちかというと「担当面接官」とのやり取りが大事といってもいいでしょう。其のためには、先ずは肩の力を抜いて焦らず、平常心でいるように心がけましょう。例えればお見合いをする意識で向かうと問題はありません。更に大事なことは面接官に対しては第一にあなたの雰囲気や人間性を評価されるので悪い評価になるような行動は注意しゼッタイにやめましょう。そして品性の有る雰囲気やT・P・Oなどに応じて整った服装を意識してください。あなたの個性を表現できるといいでしょう。面接官に健康的で魅力がある人物と認識されれば、きっと転職活動はかなり楽になります。
  • 現実に失業保険の給付を受けるためには、職探しをしていることを理解してもらわなければいけません。

  • 失業保険の給付に関して、職を探していることを理解してもらわなければいけません。しかし、現実は「ハードワークから解放されたし、しばらくは自由に過ごしたい」と思う人が多いはずです。というワケで、真面目に働き先を探している風に見せる方法があるので以下に紹介します。毎月、「ハローワーク」に行くのは当然になりますが、そこで、求人票を見ることは少なくともしておきましょう。まじめに探す気が無い時には、求人票を真剣に見ている芝居をして、面談の際に、「続けられそうな仕事が残念なことに見つけられませんでした」と相手に報告し、次の機会まで待つという方法もあります。
  • 転職に先立ち今働いている会社を退社する時に失業保険の給付を受ける手続きをしなければいけないが・・

  • 転職を目前にしているなら、今働いている会社を退社する時に「失業保険」給付手続きをしておく必要がありますが、仮に自分の意思で退職願を出して退社する、いわゆる依願退職の場合は、失業保険はすぐには出ず手続きしたのち、失業したことがきちんと認められてから、3ヶ月経ないと実際に受け取ることができないのです。よく勘違いして退社した日の翌日から3か月経てば給付されると思い込んでいる人がいますが、実際に勘違いしてしまった人が、ハローワークの職員の方が間違っていると思い込んでそれが原因となりハローワークのスタッフとトラブルを起こしているのを見たことがあります。なお、リストラみたいな「会社都合」での解雇に遭遇した場合は、失業認定されてすぐに失業保険を受け取ることができます。
  • 一昨日転職先を見つけるために人材紹介会社へ登録に出向きました。

  • 先日転職先を見つけるために人材紹介会社へ登録に行きました。そのとき登録するときのカウンセリングをするために現れた担当の人がどうも若い社員のようで、こちらが説明している話の5割も彼は理解ができていない感じ。そのくせ「キャリアデザインを考え直す必要があります」とか「もっと自分の強みを知るべきです」とか、一人前のことを横柄に話すので非常に不快な気分になりました。カウンセラーはそれなりにはカウンセリングの経験がある社員にしてほしいと思います。
  • 女性の転職に際して、今現在とセクハラが問題視される前・・

  • 女性の転職については、数年前と現在とでは若干、違いがあります。過去には面接のなかで、結婚の予定や出産後の考え方などに関して、普通に質問されることがほとんどでした。でも、今現在の流れとしては、そのようなデリケートな内容は、セクハラに該当する恐れがあるとして、質問を避ける企業が増えています。そしてまた、特に大企業の場合は、この手の質問を全面的に避ける傾向にあります。が実際、企業側としては、YES・NO、の2択ではなく、その人の生き方結婚後も働きたい、出産後の細かい予定を知っておきたいと思っているはずです。自分自身の将来設計を知ってもらうためにも、自己PRや志望した動機と混ぜながら話すことで相手側にも考えが伝わり、また、疑問も解消できると考えられます。ということで、聞かれていない部分も、あなたが先んじて気遣いながら話をしてみると良いでしょう。