転職活動を始めるとき、様々な手段で情報を集めることが多いと思います・・

転職を始める際、さまざまな方向から情報収集されるとは思います…

  • 転職活動を開始する際、様々な経路で情報を収集するのが通常だと思いますが、転職についての口コミサイトは本当に有益です。少し前に、会社の損失となりかねない口コミが掲載されたからという理由で、サイト運営会社を相手に損害賠償請求を起こしたケースがありました。辞めさせられた社員の報復によってそのような口コミが投稿されているとみるのが一般的ですが、異なる視点から見れば、ウソばかりの投稿だったなら、会社としては気にしなくていいようにも思えます。あるいは、現実は『クロ』で「このままではいけないと考え、はやく火消しをしよう」と考えているのかもしれません。「口コミサイト」も炎上することでアクセス数が増えたり、サイトが注目されるチャンスになるので黙認していますが、悪い内容の口コミがかなり多いということは、その分トラブルに遭遇する心配をしなければいけないと思っていいでしょう。人もそうですが、本当に善良な会社であればトラブルは起こりませんから。

  • 転職活動を予定しているのなら、直近の仕事・業務の何に不満を感じているのかを…

  • 転職しようと思うのなら、今いる職場や仕事で感じている不満点を明確化する事が必要です。これは当然できていると思われますが、意外とそうでもないのです。不満な点が限界に達しているから転職しようと思っているはずです。でも「ちゃんと現状の職場の客観的に考えた不満なことを列挙する」ことを多くの人はやっていません。不満点が明確化できれば、その不満が解消されるなら、他の条件が悪化する事を許容するかも考えましょう。自分の悩みをきちんと可視化しておくと、転職選びでの失敗を防げます。その次に仮に転職した場合、「どういった事がマイナスになるだろうか」をしっかり想像してみましょう。なぜなら、転職すれば現在抱えている悩みが全て解消されるとは限らないからです。ですが、デメリットとメリットのバランスをあらかじめ理解しておけば転職の失敗は防ぐことができるでしょう。

  • いい転職をしようと転職活動で「私は今まで、こういう職…

  • がんばっている転職する活動中に、「私は振り返るとこのような内容の仕事を長く続けました」「今までにこういった経験を得られました」と過去の自分自身の成功体験やセールスポイントをがっしりアピールしようと考える人はとても多いです。ですが、転職先の新しい企業で「可能ならこういった仕事をしたい」「こういったことであれば積極的に貢献したい」と将来的なビジョンを話して自分をアピールしていくほうがはるかに効果的だったりします。この点を覚えておくと、転職活動が楽になります。

  • 職場環境のせいで精神的にまいってしまい職場を変えなくてはいけない状況になったのなら…

  • 職場環境が原因で回復が難しいほど精神的にまいってしまい転職を考えざるを得ない状況になったのなら、そんな時は、職場の人と相談する以上に家族などの近しい存在の人と相談し、退職するか判断した方が良いです。なぜそうしたほうが良いかというと、仕事をするのは当事者である自分ですが、同時に身内の問題でもあるのです。毎月、どんなに高い給料をもらっていたとしても、メンタル面がダメージを負うほど仕事を続けることは良いとは言えません。現在では、仕事のしやすさを優先していく生き方も徐々に増えつつあります。ですから、あなた自身の家族や、自身の心と体を大切にしていきましょう。

  • 前は求人情報は「転職サイト」よりも、「ハローワーク」で仕事を探していました。

  • かつての私は、新たな仕事を探す時は主に「ハローワーク」が中心でした。どうしてかというと、大手「転職サイト」は、どうしても都心部にある企業の求人しかないからです。そのために、求人情報をリサーチする際は、「ハローワーク」に頼ってばかりでした。やっぱり、求人募集をしているどうしても知名度は低くなりますが、地域密着型なため、自分に適した職が探しやすくなります。ですが、「ハローワークってなんだか古臭いイメージがある」と感じている人がかなり多いと思います。求めていた労働環境の求人があるかもしれないので、もし転職しようと思うのなら、参考までにハローワークへ足を運んでみてください。大手転職サイトのようにたくさんの電話・メールが頻繁に送られてくる心配もありません。

  • 転職時の面接で着用する腕時計に関しては、目を惹く腕時計の着用は避けたほう…

  • 再就職する時に行われる面接で使う腕時計についてですが、明らかに目立つタイプのものはつけて行かない方が安全といえます。この場合の、目立つ意味はブランドの腕時計とか、といったことだけではないのです。それとは逆にチープなものに見られてしまうとか、そのような目立つという意味であって正反対の意味で目を惹く、と捉えておいてください。再就職の面接のときに着用する腕時計に関してもポジションとしてはスーツやネクタイと同じようにとらえ面接にふさわしい平凡なものを選ぶのが確実です。とはいえ、年齢にあった腕時計であるということもとても肝心であって、新卒の頃に面接時に準備した腕時計よりはほんの少しでも値段が高いものにした方が良いと断言できます。

  • 職を変えようとしようとしている時に閲覧する募集事項に関しては・・

  • 仕事を探している際に注意を向ける募集内容については目安として、アバウトに書かれている確率があります。なので、書いてある内容は必ずしも正しいとは思うのはやめておいたほうが最適でしょう。そのなかでも給与面においては、平均の金額なのか?それとも最低限の金額なのか?最も高く見込んだ給料であるのか?といった判断ができない人も多く、自分判断で解釈してしまうと、今後、後悔することになる可能性もあります。なので、悔いることのないように、募集要項に書かれていることはうのみにせずに、そういったようなとても大事な事は会社の方に直に問い合わせるのがベストでしょう。

  • 楽しく転職をすることができたら、メンタルへの重荷を抑えられるので…

  • 将来に目を向け、たのしい気持ちでいながら転職活動と向き合うことで、精神的な負担を抑えられるので、転職活動の間の堕落も回避できます。しかも精神的な箇所が問題がなければ、すぐに転職先も見つけられるはずです。一番のおすすめは、休職期間をつくらず新しい勤め先を見付けることが重要です。今の会社に勤務しながら、次の仕事を見つけるのが良いと思います。さらに、ブランクをなくせば今の仕事を辞めたあと、すぐに働けます。このようにしておくと、仕事をしていない期間はできませんから、履歴への影響も回避できます。要するに、転職の際にマイナスの要因がなくなるということです。先のことを考えながら、うまく転職活動を考えていきましょう。

  • 転職を行うなら、もちろんやりがいを考慮することも重要だ・・

  • 転職ならば、むろん仕事におけるやりがいアップと一緒にさらに収入のアップも大きなポイントなので「年収サイト」に登録してあらかじめ研究をしています。同じ会社でそして全く同じ職種、社歴であるのに人によって広い違いがあることも多くあり、正直に言えば面接時に質問したことがあります。面接をした人も一緒のサイトを見ていたようで「ああ、高い年収で書かれているのは、書いた人間も誰だろうとだいたい見通しはついているんですけどね、多分見栄をはってるんですよ。低い方の給料だと考えておいてください」とのことでした。

  • 昨今の転職事情は、政治による影響が出つつあります。

  • 政治によって状況が変化しつつある転職事情ですが、今の安倍政権では、アベノミクスや三本の矢で新たな経済政策を次々に打ち出し、内閣が打ち出した新たな経済政策ともに日銀による「金融政策」と相まって、財界・民間企業側からも次世代の明るい動向が著しく現れてきています。そういった変化を受け、民間企業の側でも労働人口減による「人員不足」がかなり深刻化しています。将来、「外国人労働者」の比率を現状以上に高めていくと安倍政権は宣言しています。国内の雇用や転職問題も大きく幅が広がりそうです。こうした社会的変化によって国内の雇用や転職といった状況にも、大きな影響を及ぼす事になるでしょう。

  • 転職時の面接の時に面接担当者から「転職の理由は何ですか…

  • 転職時の面接は、正直に答えれば良いというものではありません。人事から「転職理由をお聞かせください」と訊かれると思います。その際、どんなにあなたが正しくとも、「労働環境」「人づきあい」についての愚痴やトラブルを絡めた返事は、絶対に口にするのは避けましょう。というのも、こういった話をしてしまうと、採用条件としてはマイナスになるので、チャンスを台無しにしてしまいます。そのため面接では「前向き」な人物であると印象づけるのが大事です。あくまで「新しい職場で、自分のキャリアを十分生かし、さらにアップして自分および会社の戦力になるように努力します」、のように将来を見据えた受け答えが良い成果につながります。

  • 再就職をスムーズに行いたい場合、それなりの準備はやらなくてはいけません。

  • 転職活動では、然るべき準備は必要不可欠です。一言で準備といってもたくさんありますが、その中でも「服装」を気になっている人も多いと思います。ですが、昨今の、採用面接については形式ばらない服装がOKな企業があるので、スーツを着込んで面接に行く必要はありません。会社の創設したての新規の会社などは、厳しいマニュアルも作られてないことが多く、がちがちの服装で行くよりも相手先に良い印象をあたえます。また、正装ではないので、堅いイメージを与えないのでフランクに話をしやすい、というメリットもあります。また、私服を見せるたことで面接の際に、ファッションについて、盛り上がる可能性もあるので、もしかしたら担当者へのアピールにもなります。面接にトライするなら「創立した年」で選択し、(ベンチャー系の)面接の際はスーツは着ずに私服で勝負するのも良いかもしれません。

  • 就職するため仕事探しをする場合に特に注意したほうがよい募集内容は、…

  • 転職するため職探しをする際に注意すべき求人の募集内容は、そこまできつそうな仕事ではないのにも関わらず給料が高く、拘束時間が長めのものです。このような案件の場合、給料に『みなし残業代』を入れて告知している場合が少なくありません。みなし残業代は、『みなし』と呼ばれるもので例えばですが、30時間・45時間といった形で求人の内容に時間が併記されているものです。これは、毎月これだけの残業が発生する可能性があるので、最初から給料形態に残業代を組み込んでおく、といったシステムです。(この仕組みは合法です)例えば求人に『みなし残業代50時間込』と書いてあれば「書かれた時間分の残業代を入れた場合は、これだけの給料です」という話になります。でも、悪質な求人にはこの『みなし』という言葉自体が場合もあるので、注意をしておきましょう。

  • 勤務していた会社で性格が合わない上司に悩みを持ち、我慢することができなくなり退職…

  • 勤務していた会社で嫌な上司に心をすり減らし、耐えきれずに退職し、同業である別の会社に転職をしました。新しい会社では上との関係も良好で働くことができて充実した毎日でしたが、だんだんと業績が落ち込み、経営統合されました。その統合した会社がなんと以前いた会社で、加えて反りが合わない上司がもう一度私の上司になることになりました。まったく困ったことになりましたが、どれほどご縁があるのでしょうか。当たり前ですが再度の転職活動を始めています。

  • 転職の際に行われる面接というのは、中堅企業クラスの場・・

  • 転職の際の面接では、小規模業者クラスの場合おおよそは人事担当者ですが、状況によっては、人事以外が担当するかもしれません。具体的には、共に仕事をする管理職、平たく言えば管理職クラスである課長や部長が面接を担当することも珍しいことではありません。中でも営業職や事務職などの部署に転職する場合は、資格などという具体的なイメージがないので、しっかり自分という人物を売り込んでいくことが必要であり大事なことです。面接官の誰からも「この候補者はハッキリ主張できるし、頼りになりそうだ」と思わせ、印象付けることが大事になります。

  • より安定した生活基盤を希望して「正社員」になろうとしている人・・

  • より安定した暮らしを願い正社員として働くことを念頭に置いている人が相当数いるのが現実です。ところが、即戦力として働けるように資格を取得するなどしていくら頑張っても正社員としての転職活動そのものが実現しないこともあります。契約社員の求人を見たとしても、正規雇用の求人情報以外には目も通さずもやもやした日々を過ごしている人は結構多いようです。仮に、正社員としての転職が難しいのなら、準社員に応募することも視野に入れてみてください。会社のなかには、会社に貢献する度合いが高ければ、数年で非正規雇用から正規雇用への転身を図れるようにしている所があるからです。ですので面接の最後に「正社員登用」のチャンスの有無をヒアリングしておくと将来設計が立ちやすいはずです。