再就職によって勤め先を一新するということは、自分自身に合う…

再就職して職場を新しく換えるということは、自分に見合…

転職で勤め先を新しく替えるということは、自身に合う居心地の良い場所を選びたいものです。勤務先、職場を変えると、うってつけの仕事に出会う可能性もあります。ですが、デメリットもあって、相応の努力が求められます。他の言い方をすると、自身が価値ある人材になれれば、「天職」に巡り会える可能性がある、ということです。今のご時世では、職業選択の自由が社会的にも認知されているので、天職の道を選んだとしても偏見を持たれる不安もありません。事実、終身雇用がなくなりつつある現代は「即戦力になる人材が欲しい」と希望する企業も増えているため、この好機をうまく利用してみるのも良いでしょう。

初挑戦となる業界などに転職したいと思っている場合に・・

これまで経験したことがない業種などに転職するときには、自分が前の会社で育んできた能力や経験が生きるという内容のアピールが必要になります。経験をしたことのない業界の場合、その分その業界で経験してきた人たちよりも実際のところ、不利になりますけど、自らの持っている能力がそこでも生かすことができるということを伝えれば、戦える場合も十分にあります。ですから、経験が全くない業界に挑む場合は、その分野と今まで自分が経験してきた職務内容とのつながりをできる限り発見しましょう。

就職活動において、だれもが気にするのが年収です。

就職活動は、年収抜きに考えることはできません。面接時には、ほとんどのケースで現在の年収と転職後の希望年収について質問されます。現実にもらっている年収よりも多めに申告し年収をUPさせようとしても、無駄でしょう。なぜなら、「源泉徴収票」が必要なため、一時的に信じさせたとしても、あとで「源泉徴収票」が必要になるため、必ずウソがバレてしまうのです。ときにはトラブルを引き起こすこともあるので、現在の年収を正直に申告し、それに見合う希望年収額を設定しておくのが無難です。例をあげると、現在の年収が400万円の方が、転職して500万円となる可能性はまず無理です。今の年収が430万円だとすると、希望は400~450万円であると転職先に伝えておくのが得策です。明白なウソは、転職活動の妨げになるばかりでなく、入社後のトラブルとなり、入社できたのを直後に退職しなくてはいけなくなることもあるので、気をつけましょう。

将来、着実に考えなくてもできる仕事は機械化が発展してい…

私たちの社会的環境において、この先今以上に短絡的な労働は機械化に置き換わってそれによって必要な人員は少なからず削減させられてしまいます。なぜなら、シンプルな労働という観点では人間よりも機械を稼働させたほうが比べられないほど強いからです。数量をカウントしたり、同じ手順をずっと反復したりすることは機械には何の苦もありません。当たり前のことながら人間とは違って不満を言わないし、肉体的な疲れもないし、ずるもしない、正確に作業してくれますし、均一化できる強みもあります。おまけに人と違って報酬が発生しないのも大きな違いといえます。なので、生身の人間を使う意味が無いことが明白で、機械にシフトされるもの無理もありません。

転職活動と現在の仕事の同時進行を行っている人が多いです。

転職活動と現在の仕事の同時進行を行っている人は少なくありません。でも、仕事をしながら求人案件を探しながら応募したり、面接に臨むのは精神面だけでなく肉体面もかなり骨の折れる作業といえます。転職活動をしているあいだ、現在の会社の同僚や上司にその動きを悟られないようにする必要があります。とりあえず応募するという方針の人もいますが、仮に、書類選考が通ってしまい、いざ面接というときに辞退すると厄介な事態となるかもしれません。エージェントを通している場合はそのエージェントからの信用を失いますし、他方自身でダイレクトに応募した場合も応募した企業からしつこく電話やメールがあることもあります。いずれにせよ自身の貴重な時間をムダにしてしまうおそれもあるので、行く気のない案件は、はじめから応募しないのが賢明です。転職活動は新卒の就活とは全く異なる、と意識を持つことが大切です。

求人に関係する情報を見るとき、例えば、「デスクワークがしたい」と思う人ほど…

求人に関する情報をチェックする際、例えば、「デスクワークがしたい」と思う人ほど、はなから製造業を見ようとしないものですが、そのような人のほとんどは「製造業って、現場で製造する仕事しか募集しない」と勘違いしているケースもあります。製造業の求人でも、製造マンだけでなく経理、総務、人事などの人材募集をはじめ、資材、購買、営業管理といった「事務系」に準ずる仕事もたくさん存在します。とはいえ、製造業がある場所はオフィス街などのおしゃれな雰囲気とはかけ離れた場所にあることが多いですから仕事帰りに買い物を楽しめる環境で働きたいと考えている人には、その点がデメリットに感じる人もいるかもしれません。そうした事には自らのこだわりを捨ててみることで仕事の選択肢を広げ、将来をより良いものにしていく助けになるはずです。

新しい環境下でこれまでに培われてきた資格やキャリアを活かせられれ・・

新たな職場であなたの過去のキャリアやスキルを生かすことができたら即戦力として周囲から評価されて、割と早く仕事場にも馴染めるはずです。人を雇おうとしている会社サイドしても、即戦力となる人材は常に欲しがるので、タイミングさえ良ければ、難なく採用されるでしょう。それに加えてかつての仕事と同じなら転職はかなり楽になるでしょう。ですが、即戦力な基準を満たしていても、大手企業の事務仕事や、公務員系の募集は、今も昔も中々の競争率を勝ち抜く必要があるので楽観視は禁物です。

転職のための活動は希望する企業相手というよりも具体的には「担当面接官」と・・

転職活動で重要なことは希望する企業相手というよりも採用担当の面接官とのやり取りが大事といえます。希望する企業の面接で良い印象を与えるために、ゼッタイに面接が始まる前に冷静に、焦る気持ちににならないように、たとえば出来れば素敵な女性とお見合いのような気分でいる望むと問題はありません。更に大事なことは面接に進むと先ずあなたの内面的な素質をチェックしてもらうので悪い評価になるような言動は気をつけてぜったいに控えましょう。常識的な社会人らしいきちんと整った服装を意識してください。ある意味のオーラを感じさせることが大事になります。魅力的な人物と感じてもらうことができたら、かならず自ずと良い結果を出せるはずです。

失業保険の給付は、職を探していることの証明が必要になりますが…

失業保険を毎月、給付してもらうには、客観的な意味で、職を探している姿勢を見せる必要があります。そうだとしても、現実は「会社を辞めたことだし、しばらくはゆっくりと過ごしたい」と思うのが現実だと思います。心から求職活動をしているように、見せる方法があるので紹介します。月に一度ハローワークに行って担当職員と面談するのは必須ですが、その場で「求人票」を確認することを最低限しておきましょう。本音では探したくないときは、求人票を真剣に閲覧している芝居をして、ハローワーク職員との面談にて、「納得できる条件の仕事ややっていけそうに思える仕事が残念なことに見つけられませんでした」と言って、次の機会を狙っておけば大丈夫です。

転職を予定しているのなら失業保険についての手続きをしなければいけませんが・・

転職する際、今務めている会社を退社する時に失業保険に関する手続きをしなければいけませんが、もしも自分の意思で退職届を出して会社を辞める、いわゆる自己都合退職の場合は、失業保険をすぐに受け取れません。手続きが終わった後で失業したことが認定されてから3ヶ月間を経ないと受け取ることが出来ないのです。よく間違って会社を辞めた翌日から3か月経てば給付されると信じている人がいますが、この規則を誤って理解している人が、ハローワーク側にミスがあると思い込んでそれが原因となりハローワークの担当者と口論になっているのを見たことがあります。念のため、自己都合ではなくリストラなど会社側の都合による退職のときには、失業が認定されれば直ちに失業保険を受け取ることができます。

先日転職活動の一環として人材紹介会社へと登録に出向きました。

先日転職のために人材紹介会社へ登録に出向きました。そのとき登録するときのカウンセリングをするために出てきた担当の人が見たところ仕事に慣れていない社員のようで、私が説明したことの5割ほども理解できてないようでした。それでいて「キャリアデザインを考え直す必要があります」とか「もっと強みと弱みを知っておくことが大切です」等、上から目線で横柄にしゃべるのでとても嫌な気持ちになりました。カウンセラーはそこそこ能力のある方に、するべきです。

女性の転職に際して、数年前と今現在とは少し状況に違いがあったりします。

女性の再就職に関しては、一昔前と今現在とは若干の違いがあったりします。以前は面接の場で、結婚観や出産予定についてごく普通に質問していたのですが、近年では、その手のデリケートな内容は、セクハラに該当するかもしれないので聞かない会社が一般化しつつあります。そして、とりわけ大きな会社ほど、タブーとして露骨に避けるようになっています。ただ実際、会社側としては、YES・NO、といった形ではなく、その女性の価値観、結婚したあとどうするか、出産後は仕事にすぐに復帰するつもりかなどを当然、知っておきたいと思っているものです。あなたの価値観を伝えるためにも、志望の動機や自己ピーアールと並行して伝えることで、面接官にもしっかり伝わり、安心してもらえると思うのです。そういうわけで、たとえ、質問されていないことでも、あなたの方から気を遣って話をしておくのが良いでしょう。

2ヶ月まえに、転職をやっとしたばかりなのに、すぐに辞めてしまう決意してしまう・・

2ヶ月まえに、転職したばかりというのに、少ししか仕事もしてないのに辞めてしまうことを決断する人がけっこうよく見受けられます。それは私の思うところをいうと自分自身に合った仕事環境を手に入れたはずなのに「自分自身の期待していたものと堪えられほど違っていた」「納得行かないのでウンザリしている」ということで退職してしまうことが多いようです。可能ならばこのような、転職における失敗を未然に防ぐためには、まずは前もっての情報収集を徹底するほかありません。徹底して行うべきなのです。業務におけるルール、昇給システム、など多角的に前もって調べておくことで転職後に後悔するリスクは大きく減らせるはずです。

転職の時の面接などの際に名刺を差し出してきた場合、あなたも相手の方に名…

再就職の時の面接などの際に名刺を渡された場合、自分も同様に名刺を渡すべきかどうかと対応の仕方に悩んだら、たいがいは渡す必要はないと思っておきましょう。転職のための面接とは仕事の一部ではなく、職に就くための採用活動の一環なので、ほとんどは名刺をやりとりする場ではありません。それに加えて、あなたは立場上会社の者としてその場にいるのではなく、個人のことでそこにいるわけです。そのため、もし相手から名刺を差し出されても、あなた自身は、ただ受け取るだけで大丈夫で、担当者に相手に渡す責任は少しもないと思われます。

現在の職場や業務内容について不服に感じていることの中…

今の自身の職場や業務内容について不満の中に、「自身のスキルや能力を真摯に評価してもらえない」あるいは、「報酬は平行線だし、将来的なレベルアップも期待できない」といった不満が多いように感じられます。ですが、そんな人の中には、自身の持っている技量を過剰評価していることが少なくありません。もしも、そのような過大評価しがちな人が転職活動をすると、自分に合った企業や職種がないと、転職の空白期間が長くなると言う事に陥りがちです。経済的に生活困難に陥る可能性もあります。転職で良い結果を出すためにも、自分のキャパシティを客観視することが大切です。

転職時の面接で着るビジネススーツの色においては、新卒の学生が就職活動の時…

転職の面接で必要となるビジネススーツの色は、新卒の人たちが就職活動の際にに身に付けるカラーがベストです。言い換えると、紺系や黒系といった感じのようなダークなカラーになります。それは転職であっても、着用していくスーツの色はこういったようなダークカラーがほとんどで、黒や紺以外の色の人は少数です。その他の色で言えば、ごくたまにグレー系が少しいるほどです。ほぼ黒や紺色とかのスーツがほとんどなのです。ですから、面接を行う人事担当の方からも黒や紺色であるほうが違和感なく見えますから、第一印象という観点ではおすすめしたいのです。