これまでの私は、「転職サイト」を使うより、いつも「ハローワーク」で探していました。

以前の私は、職探しをする場合は「転職サイト」より、いつも「ハローワーク」で探していました。

  • これまで私は、転職サイトを利用するよりも、「ハローワーク」を使っていました。というのもCMで有名な大手の転職サイトは、特性上、都心部の求人情報ばかり掲載されているからです。これまでの転職活動をする時は、「ハローワーク」しか利用していません。大手転職サイトに掲載されている求人より多少知名度は低くなってしまいますが、古くから地域に密着した企業も多くあり、安心できます。また、「ハローワークは地味なイメージがある」と誤解している人が多いかもしれません。でも、良い求人もありますので転職を考えている人は参考までにハローワークへ1度は行ってみるのも良いと思います。「転職サイト」を利用した時みたいな大量のお知らせやメールが送られてくることもありません。
  • 転職する際に行われる面接でつける腕時計については、ビジネスの場らしからぬ派手なタイ・・

  • 再就職時の面接を受けるときにする腕時計の事ですが、ビジネスの場らしからぬ目立つような時計はつけないほうが安全です。目立つ腕時計とは見るからに高価なものだったり、真逆でチープな腕時計に見られてしまうとか、そのような真反対の目立つ、ということで理解しておきましょう。転職の面接の際に付けるべき腕時計というのはネクタイやスーツのとらえかたと同様に、面接にふさわしい無難なものをチョイスするほうが確実だと言えます。ですが、年齢にあったものというのもとても大切なことで、新卒時に準備したものよりはほんの少しでも高級感のある腕時計にした方が良いと断言できます。
  • 再就職をする際にチェックする求人内容は一般的なものとし・・

  • 職を変えようとしようとしている時にチェックすることになる募集要項は、参考程度に、アバウトに書かれていることもあり得ます。なので、記載内容が100%正確なことだとは簡単に信じないほうが良いでしょう。そのなかでも報酬においては平均的な値なのか?最低保証の金額であるのか?最高値なのか?というような判断ができないケースが多く、独断でとらえてしまうと、今後、そのことを悔いることもあり得ます。そんな訳で、悔しい思いをしなくて済むように、仕事の情報というのは、参考程度に考えて、そういったようなたいへん重要なことは直接確認した方がベストです。
  • 将来に目を向け、たのしい気持ちでいながら再就職と向き合っていけ・・

  • 将来に目を向け、たのしい気持ちでいながら再就職に向けての転職活動と向き合うことで、メンタルへの負担を抑えられるので、結果として転職先が見つかるまでの間に堕落しないで済みます。おまけにメンタルが健やかな状態のままであれば、すぐ、転職先も見つかるはずです。一番ベストな形は、やはり、スムーズな隙間のない時間で新しい職場に飛び込むことです。今ある仕事をしながら、転職活動することが良いと思います。しかも、休職期間をなくすことで、仕事を辞めたあとすぐに、働けます。そのようにしておけば、働いていない空白の期間がなく、履歴書にもキズがつかなくて済みます。要するに、転職の時に不利になることがないということです。将来的な展望を踏まえつつ、転職活動を考えてみてください。
  • 転職先を探すにあたって、言うまでもなく仕事のやりがいアップと…

  • 転職先を探す際、言うまでもなくやりがいを考慮することも重要だけど給料アップも大きなポイントなので「年収サイト」というところに登録をしてあらかじめ調査をしています。全く一緒の会社で加えて同じ職種、社歴であるにも関わらず人によって無視できないほどの幅があることも多くあって、ぶっちゃけ面接の際質問したことがあります。面接をした人も一緒のサイトをよく見ていたようで「その高収入で書いているのは、書いた側もある程度は予測がついているんですけどね、多分良いように見せようとしてるんですよ。低い方で心づもりしといてください」とのことでした。
  • 政治によって状況が変化しつつある転職事情ですが、内閣総理大臣である安倍総理による現政権によって・・

  • 近頃の転職事情については、政治による変化の兆しが出始めています。内閣総理大臣である安倍総理が舵取りを行う現政権下では、「アベノミクス」「三本の矢」など、経済に関係する政策が次々と打ち出されています。日銀による金融政策と相まって、財界や企業間では今までとは違う変化が増えつつあります。そのこともあって企業サイドでも今度は若者世代の減少と、現役世代の大量退職による「人員不足」がクローズアップされています。ちなみに、「外国人労働者」の割合を今以上に高めていくと現内閣は宣言しています。外国人労働者が増えることによって、転職問題についても大きく幅が広がりそうです。こうした社会的変化のなかで国内の雇用状況や転職状況も大きく変わっていくはずです。
  • 転職のための面接では注意しておくべきポイントがあります。

  • 転職のための面接では注意しておくべきポイントがあります。人事から「転職の理由は何ですか?」といった形で、訊かれるのは確実です。そのとき、どういった事情があろうとも、前の仕事場での「労働環境」「人づきあい」に関しての愚痴を絡めた内容は、できるだけ話さないほうがいいでしょう。もしも、そのような内容をうかつに喋ってしまうと、採用条件としてはマイナスになるので、チャンスを台無しにしてしまいかねません。ですから面接では「前向き」な人物であると印象づけるのが大事です。あくまで「新しい職場では自身の能力を十分に発揮し、さらにアップして自分および会社の戦力になるように努力します」、といったような未来形での話ぶりが大切です。
  • 再就職にあたってそれなりの準備は必要不可欠です。

  • 転職をスムーズに行いたい場合、相応の準備は不可欠です。準備といってもたくさんあるのですが、その中でも目に映る「服装」は、重要だと感じてしまいます。ですが、今の面接については、私服がOKな会社があるので、スーツでなくては、と考えて面接に赴く必要がない場合もあります。会社の創立して間もない企業などは、柔軟性に富んだところが多く、私服で面接を受けたほうが、相手からの印象が良くなります。正装でないので、ざっくばらんに話をしやすいのもメリットといえます。また、私服であれば面接中、ファッションで、相手との話が広がる可能性もありますから、面接担当者と打ち解けあえるチャンスがつくれます。ということから、今後、転職する際は、企業の創業年数で決めることが、(ベンチャー系などの)面接時にはスーツは着ずに私服で勝負してみるのも悪くないかもしれません。
  • 就職活動をする際に注意が必要な求人の募集内容は、そこまできつくなさそうな仕事内容なのにも関わらず給料が高く、…

  • 転職するため仕事探しをする際に特に注意したほうがよい求人の募集内容は、そんなにきつくなさそうな仕事なのに給料が高めで、拘束される時間が長めのものです。こういった案件の場合、記載されている給料に『みなし残業代』を入れて告知している場合がたいへん多いのです。みなし残業代は、『みなし』ともいわれ、30時間や45時間という風に(時間は例えです)求人の記載内容に時間の併記があるはずです。毎月これくらいの残業が発生するため、前もって給料形態に残業代を入れておく、といった仕組みになります。(注意・合法です)例えば『みなし残業代20時間込』と書いてあれば「書かれた時間分の残業代を入れた場合は、この給料がもらえます」という求人になります。しかし、悪質な求人では、告知しておくべき『みなし』をわざと記載していないことも少なくないので気をつけましょう。
  • 昔務めていた会社ですぐにきれる上司に悩まされて、・・

  • 新卒で採用された会社で嫌な感じの上司に悩まされて、我慢することができなくなってその会社は辞め、同業者の他の企業へ職を変えました。新しい会社では気分よく働くことができてきわめて満足のいく毎日でしたが、月日の経過とともに会社の売り上げが少なくなりある会社に経営統合されることになったのです。奇遇にもその経営統合した先の会社が驚くことに転職前に働いていた会社で、加えて大変嫌いだった上司が再度私の上司になるそうです。どれほど縁があるのでしょうか。当たり前のことですが新規の転職活動を始めています。
  • 転職の際の面接は、零細企業クラスの場合おおよそは人事担当者ですが、…

  • 再就職時の採用面接では、規模の小さい企業だったら大体が人事担当者になりますが、その他にも具体的には、ともに仕事をしていく担当者、つまり課長や部長などの管理職クラスが面接することも決して少なくありません。その中でも事務系や営業系に再就職する場合は資格を介した見極めが難しいので、堂々と自分を売り込んでいくことがとても大事です。面接担当者たちから「この人はハッキリ主張できるし、それに戦力になりそうだ」と思わせ、自分という人間を覚えていてもらうことが大事です。
  • より安定した生活基盤を求めて正規社員を狙っている・・

  • より安定した人生を求めて「正社員」として働こうと考えている人は多いのが現実だと思います。けれど、いくら頑張っても中々正規雇用が難しいこともあります。非正規雇用者の求人情報は充実しているのに、正規雇用の求人情報以外には目も通さず悶々とした日々を過ごしている人は意外と多いようです。しかし、中々正社員として望む職場や仕事に転職できない場合には、契約社員の募集も見てみましょう。契約社員を募集している企業であっても、働きぶりによって2,3年で契約社員から正社員へのキャリアアップができる可能性もあるからです。ですので採用面接の際に、「正社員登用」のチャンスがどのくらいあるかを尋ねておくと将来設計も組みやすくなります。
  • 失業した際に給付される失業保険は、失業中でない人はもらえませんが・・

  • 失業した人が受け取れる失業保険は、失業中でなければもらえませんが、給付期間が失業している限り延々と続くわけではありません。それまで勤務してきた期間によって異なり、3か月とか1年とかが決まるのだが、世の中にはこのような現実を全く知らない人が一定数いらっしゃいます。失業中である限りもらえると勘違いして失業保険で生活すればいいと考えて求職活動をしない人もいますが、給付期間があと1か月しか残ってないと気づいてから焦りながら転職活動を始めても条件のよいところを探すのは難しいです。転職を希望している会社の面接官も無能ではないので、「いつ頃失業し、どの程度経過し、何をやっていたのか」位はそこそこわかるはずです。もしかすると、面接の時に失業中の求職活動についてことごとく聞かれます。しどろもどろになると採用は極めて困難になります。
  • 転職サイトはよく知られたサイトであるほど掲載される案件の数が多いた・・

  • 転職サイトは大手サイトの方が案件が多いため、関心のある2~3社を、まずはウェブサイトに登録しておいて、希望する勤務地や年収について条件を設定しておき、次に条件に合った案件が掲載されたら自動的に通知されるように設定しておくと転職活動がラクになります。しかし、初回は登録するのに少しばかり時間がかかるので、サイトに登録する前に、「履歴書」「職務経歴書」を忘れずに準備しておき、さらにそれらをテキストファイル化して、コピー&ペーストする形で登録しておくと手間が減って便利です。登録をする初回時は少し時間がかかりますし、案件の検索や、その後の応募も大変な作業になりますが、その後は新規案件のみ確認するだけでよいので、後のことを考えれば、初めの準備に手を抜かないことを心がけるのが得策です。
  • 趣味に通じることや好きなジャンルの仕事に就きたいという風に考えている方は注意が必要です。

  • 大好きな分野の仕事に就きたいという風に考えている人は注意が必要です。これは、私が体験したことなのですが、私は、食べることが好きでそれが高じて飲食の世界で働いていた期間があります。そのレストランでの業務内容は、その飲食店で任されていた業務は、盛り付け作業やホール業務です。この仕事内容に関しては、嫌なこともありませんでしたし楽しんで仕事ができていました。ですが、人間関係のいざこざで嫌になってしまいました。そのことが引き金になって、仕事をやめることになったのですが、同時に、あんなに大好きだった食べること、そしてその飲食店でメニューとして提供していた食べ物さえも嫌いになってしまい、よく似た飲食店はしばらく経った現在も行けません。当時の店の匂いを思い出すだけで気分が悪くなります。仕事を始めた当初、好きだったものを嫌いになるなんて、自分でも驚いています。自分の趣味に通じることや大好きな分野の仕事に就きたいと思い、実現できるのは素敵だとは思います。しかし、「好き」はどのレベルのものなのか、真面目に自分に尋ねる必要がありそうです。
  • 転職期間中は、無意識のうちに時間がある分、だれた生活になりやすいですよね。

  • 転職を決めるあいだは、無意識のうちに時間に余裕があるため、気が緩んでしまい、だれた生活になりやすいですよね。が、そのような生活はできるだけ避けたほうが良いです。人間というのは、だらだらと過ごす生活が当たり前になると、肉体的にだけでなく、「心」にも悪影響が出やすいためです。なので、いつの間にか仕事をしようとする気力がわかず、生活ができなくなり困ってしまうかもしれません。そうして、負のサイクルができてしまい、次の仕事をうまく見つけられなくなります。転職先を決められなくなるのは、お金を一番に考えてしてしまうからです。お金を一番に考えざるを得ない状況では仕事内容を重視して転職を決意していたとしても結果はあまりいいものとは言えません。ですので、お金に縛られない生活を続けるためにも、だらけきった生活は、(転職活動中には)不必要です。