求人情報には大部分の場合は月の収入の記載に目が行きますよね。

求人情報には大部分の場合はたいていの株式会社では月にもらえるお金の記載に目が行きますよね。

  • 求人についての広告には、大部分の場合はまともな企業では月収が記載されているはずです。この月収を確認する時には、しっかり確認する事が大事です。その値だけで納得しないようにしましょう。何故かというとひょっとすると、月収の額の内訳で「毎月20時間の残業」を前提に計算されている可能性もあります。何が問題かというと残業代を入れて好条件であるかのように見せ、人材を募集しているケースも考えられるのです。さらに基本給プラス歩合給で、歩合をかなり多く見積もって月収として見せている会社もあります。だから、こういった応募者を増やそうとする会社にはスルーしておくのが無難といえます。
  • 後悔しない転職するとを目指すのなら、計画的な情報を収集することをしておきましょう。

  • 満足できる転職を希望しているのなら、最初に行動をするようにしましょう。そうしようと思うのならこの頃はどんなに小さな会社の意地でかHPに会社のことを書いている会社がほとんどですので、ネットを利用して自分が気になる点を調べておくとまたその企業のわからないことなどをチェックしておくと転職の助けになってくれます。それと公式サイトに加え、転職サイトなどを上手く利用することも効率的ではありますが、しかし、インターネットだけで判断するのは早計です。転職の候補にしている企業を自身でチェックしてみることも大切です。
  • 人生ではじめて転職をするなら、注意しなければいけないの…

  • 人生ではじめて転職を行うなら、忘れてはいけないのは現職を辞めたい理由を明確化しておくことだといえるでしょう。その理由が根本問題なので、必ずやっておくべきでしょう。そして現在の問題を解消できそうな企業を選択しましょう。卒業してからの転職活動は、新卒の就職活動とは性質が大きく異なり、今の仕事を行いながら転職活動を行っていく必要があるため、時間と体力が必要不可欠です。だからこそ理由を明確にせず転職活動をしてしまうと、途中で行き詰まってしまうおそれがあります。何としても転職したい、現状に変化を加えたいという強烈な気持ちがなければ、転職活動をスタートするのはしないほうが良いでしょう。
  • 時間に融通が効くはずの派遣社員というものは、契約期間を迎えた…

  • 比較的時間に融通が効くはずの派遣社員であっても、契約期間を迎えたら自分の好きなタイミングで辞められるものではないと実際に転職活動を通じて理解しました。新婚した後、生活に慣れたらできればすぐに子育てに取り組みたかったので、妊娠するまでの間のために数年ほど今までの仕事をしたいと思い、就職しました。派遣社員であったために、正社員より月収は少なかったですが、仕方なく時間的な融通が得られるのでガマンしました。ですが、いざ入社してみたら、一緒に働いている人たちはほとんどが派遣社員として10年や20年ちかくも続けて勤務していたのです。なので派遣社員であったとしても、すぐに辞められるワケではないと、これが今の悩みになっています。
  • 将来転職活動をするという時は、気になった求人(もしくは業種)…

  • これから転職活動をするのなら、良いと思う求人(OR 職種)を見つけたら、きちんと「〇〇業、ブラック、デメリット」でネットで検索しておきましょう。求人票や転職エージェントでは、業界に関するマイナス点は知らせてもらえません。もしも、ブラック案件が蔓延している業界なら、ネット検索を活用することで一発で現実を知ることができます。そのような実態を理解しないまま、入社すると、直後に落胆してしまう可能性もあります。だいたいその求人が出ていた理由が「仕事内容がキツイから人がすぐに辞めてしまう」といったケースが多くを占めるため、気になる案件・業種については、下調べをしてから応募することを心がけましょう。
  • 看護婦と呼ばれていた看護師といえば、やはり女性比率がとても・・

  • その昔は看護婦と呼んでいた看護師という仕事は、女性の多い職です。ご存知のように気力や体力へのひどく消耗しやすい過酷な現場が少なくありません。それ故に、人間関係の問題や、結婚や出産といった仕事と私生活との両立が取りづらい仕事ともいえます。実際に、上記のような問題に行き詰まり、職場を替える人がとても多いといいます。過酷な環境ということもあり、看護師は、国内のどのエリアでも人材不足に変わらず継続しています。ずっと、医療業界は、看護師を欲する「売り手市場」であるため、それが転職希望が後を絶たない状態に拍車を掛けています。
  • 職を変える際の面接についてですがクールビズでも大丈夫です・・

  • 再就職の時に行われる面接時の身なりはクールビズで来てくださいとと言われることがあります。ですが、クールビズで赴くのは悪いのでは?と疑う人もいます。そのような考えを感じている人に伝えたいのは、クールビズでも良いとされている面接の際は伝えられていることを実行したほうが正しいです。色々考えすぎてしまい、真夏であるのも関わらずスーツをびしっと着る格好をすると相手に不自然な印象を持たれてしまうので、会社側からクールビズで来てくださいと事前に聞かされたのならクールビズでも大丈夫というわけです。
  • 新しい会社に入りたいと転職をする活動をしている中のときの場・・

  • もっと良い企業につきたいと転職をする活動をしているときの場合は「ちょっとでも早く内定をものにしたい」と思ってしまうものです。とはいえその気持ちが強くて吉報が得たいあまり、自分の能力を必要以上に大きく見せたり、あるいは逆に自分を過小評価につながるマネは可能な限りしないでください。そうではなくて、焦る気持ちをぐっと抑えて、冷静に客観視しつつ、自分に最適の職場を見つけることに集中しましょう。それまでの自分の経歴を生かしつつ、そして、自分のキャリアアップが期待できる場所を賢く見極めていきましょう。
  • もし転職することを、今勤めている会社の人たちがあなたの退職を知る…

  • もし転職前、今働いている会社の人たちがあなたの転職を知ってしまうと、職場の状況が一変するおそれがあります。今までの周囲との関係によっては、意地悪されるおそれもあります。時には、残業時間を意図的に増やされてしまうこともあるので、軽々しく「転職します」と周囲に伝えるのは考えものです。なので、上記のトラブルを避けるためにも、現在の職場では、真面目を装いましょう。充分に警戒しておけば、良い空気をギリギリまで残したまま、会社を去れます。しかも、円満退職で終えられたなら、退職後であっても、困った際には相談できるような良好な関係性を持っておくことができます。業界や規模に関係なく、どこの会社も、人とのつながりはとても大切なので、退職前のトラブルは、できるだけ控えましょう。
  • 転職する場合、「派遣社員」を選択予定の方にチェックしてもらいた…

  • 転職の際、「派遣社員」を選択しようと思っている人にチェックしていただきたいポイントが何点かあります。一般的に派遣に関しては、「データ入力」「電話対応」「お茶出し」のような仕事内容をぼんやりと思い浮かべる人が多いとは思います。実は私自身もまさにそう思っていました。今の職場に入るまでは「派遣社員」の募集に応募した際にも、「メインの業務は電話対応になります」と面接で説明を受けてもいたので安心しきっていました。しかしいざ業務に掛かると、なんと退職した正社員さんの穴埋め業務を要求されました。いつも毎回振り回されますし、求人表だけでは、全くわからないような内容でしたので、今はただ「契約期間が早く終わらないかな・・・」と願うばかりです。
  • 生涯初の失業保険をもらうときに、ただ給付されるのを待っていればいいと思っている…

  • 生涯初の失業保険を受ける場合、「期間内は何もしなくても自動的にもらえる」と考える人がとても多いですが、それは間違いです。実際には、失業保険の給付を希望通りに受け取るためには、職探しを続けている必要があり、その上で、月に一度はハローワークに行く必要があります。月ごとにスタッフに就職活動の状況を報告して職探しに真剣に取り組んでいると判断されれば翌月の給付を受け取ることができるというシステムです。また、真剣に就職活動に取り組んでいないという心証を与えたり、月に一度のスタッフとの面談を欠席したときは、決まりとして給付を一時的に止められたり、ケースによっては以降の給与資格をなくしかねないので、そうならないために十分気を付けましょう。
  • 派遣として働いています。派遣法とか労働契約法のからみで…

  • 派遣として就業しています。派遣法や労働契約法のおかげで残念ですが長期間務めていた就業先での仕事があと数か月で終わります。仲間の派遣社員の中には派遣先の企業から正規社員としての契約をつかんだ人もいるのですが抜擢された理由としてははっきり言って仕事の腕がよいというよりは派遣先上司へのあしらい方が上手な方でそのおかげで採用されたみたいです。業務上のスキルよりもおじさん転がしの能力が重要なのかなーと抜擢されなかった別の派遣のメンバーと派遣先の職場で不満をたれる毎日です。
  • 転職活動をする際、いろんな経路で情報を集めるのが通常だと思いますが…

  • 転職するときは、いろいろな方面から情報収集されるかと思いますが、転職系の口コミサイトは本当に役に立ちます。過去に、会社の損失となりかねない口コミが掲載されたからという理由で、サイト運営会社を相手に損害賠償請求を起こした事例がありました。会社の都合で退社した元社員の報復でその手の口コミが投稿されていると見るのが一般的ですが、解釈を変えると、ウソの書き込みなら、書かれた会社側が気にする必要もないはずです。あるいは、実際は『クロ』で「このままではマズイと考え、はやく火消しをしよう」と考えている可能性もあります。「口コミサイト」も炎上するネタが出来ることでアクセス数がアップするなどのメリットがあるので黙認していたりしますが、悪い口コミが多いと言う事はそれだけトラブルに遭遇する覚悟をする必要があると考えるべきでしょう。何より、善良な会社には煙なんて立ちません。
  • そろそろ転職活動しようと思うのなら、直近の仕事での納得いかない部分、不満に思う部分を…

  • そのうちでも転職することをするのなら、今の業務での不満に思う部分をリストアップしてみましょう。これは当然できていると思われますが、意外とできてないです。そもそも不満な点があるから転職したい、と考えるのは分かります。でも「よく考えて現在の業務の客観的に考えた不満を列挙する」ことを大半の人はやっていません。不満点が明確化できれば、その不満が解消されるなら、他の条件が現状より悪化する事をどこまで許容するかも考えましょう。自身の不満を客観的に見える状態にしておくと転職選びに失敗するリスクは減らせます。それを終えたあと、転職を叶えたあと、「今より何が不便になるか」を想像してみましょう。転職したとしても、転職をしたらすべてが今よりも良くなるとは限らないからです。ですが、メリット・デメリットをあらかじめ洗い出すことで転職してからのモチベーションの低下は高確率で防げますから、失敗しないのは可能なはずです。
  • やっている転職する活動中に、「振り返るとこういった仕事をがんばってきました」…

  • 転職する活動中に、「自分はかつて、こういった内容の仕事に従事してきました」「仕事の中でこういった経験を手に入れました」とそれまでの自分自身の経歴を十分にアピールしなくちゃと考える人はよく目にします。ですが、転職先のその会社で「させてもらえるのならばこのようなことをしてみたい」「私が言ったような内容の仕事ならできれば貢献したい」と将来的なビジョンを話して自分自身をアピールする方が過去を語るよりも聞き手からの反応は良いものになります。この点を覚えておくと、転職活動が楽になります。
  • 仕事をするにあたって回復が難しいほど心的なダメージが蓄積され、…

  • 働く中で心的に自分が苦しくなって転職せざるを得ない状況となったなら、そのときは、相談するのは会社でなく家族などの近しい存在の人に話を聞いてもらい退職するかどうか判断した方が良いです。なぜそうしたほうが良いかというと、仕事をするのはあなた自身のためでもあります。が、しかし同時に家族の問題でもあります。どんなに高い給料を得たからといって、精神的ダメージを負ってしまうまで我慢しながら無理して働くのは良い状態とは言えません。今の社会では、金銭的な豊かさよりも、働く本人が働きやすいことを優先する生き方も徐々に認められつつあります。ですから、あなたの家族とあなたの心と体をいたわりましょう。