転職先を選ぶとき、言うまでもなくやりがいのある仕事をすることも大事だ・・

転職先を探すにあたって、言うまでもなくやりがいのある仕事をすることも重要だけど…

転職先を考えるにあたって、やりがいのある仕事をすることも大事だけどさらに手取りのアップも大切なことなので「年収比較サイト」というところに登録してあらかじめ調べています。全く同一の会社でその上全く同じ職種、社歴であるにも関わらず人によってずいぶんと幅があることも多数あって、ぶっちゃけて言えば面接の時質問したことがあります。面接官も一緒のサイトを見たことがあるようで「その高収入で書いているのは、書いた人も誰だろうとだいたい予測はついているんですけどね、おろらく格好をつけているのでしょう。低い方で心の準備をしておいてください」とのことでした。

政治により変わりつつある転職を取り囲む状況について、…

政治により変化の出始めている転職を取り囲む状況について、現在の安倍政権下では「アベノミクス」「三本の矢」といった形で新たな経済に関係する政策が打ち出されています。内閣が打ち出した経済政策が日銀による「金融政策」と相まって、財界や民間企業間でも次の世代の社会的な変化が増えつつあります。そのこともあり企業のあいだでも労働人口の減少による「人員不足」が深刻な社会問題になっています。ちなみに「外国人の労働者」の総数を現状よりも増加させていく、前提と現内閣は宣言しています。雇用や転職問題についてもかなり幅が広がりそうです。このような社会的変化によって日本国内の雇用や転職事情にも、大きな影響が出てくるのは間違いありません。

転職時の面接では、少々うそを交えたほうが良いこともあります。

転職する場合は面接を受けることがほとんどです。面接担当から「転職理由は?」という風に、質問されるのはほぼ間違いありません。そのとき、どんな理由があっても、前の職場の人づきあいや労働環境に関しての愚痴を絡めた内容は、極力避けましょう。というのも、そのような不満を口にすると、採用の条件としては厳しく、転職のチャンスを棒に振ってしまいかねません。そのため面接時は、「ポジティブ」な内容に徹底することが必要です。あくまで「新しい職場で、自分のキャリアを十分生かし、戦力として必要不可欠な人材になる所存です」のようなアピールの仕方が良い結果につながるのです。

転職にあたってそれなりに準備をしなくてはなりません。

転職活動では、然るべき準備は必要です。準備といってもたくさんあるのですが、そのなかでも、目に見える「服装」は誰もが気を遣う部分ではないでしょうか。ですが、昨今の、面接では、私服がOKな企業があるので、スーツで決めて面接に臨まなくても良いでしょう。とくに会社の創設して間もない企業などは、フレクシブルな考えをしていることが多く、スーツでいかないほうが印象が良くなります。また、ざっくばらんに話をしやすいのもメリットといえます。さらに私服であれば、面接中、洋服について、話もしやすいですから、うまくいけば面接担当者へのアピールにもなります。転職活動は会社の「設立した年」で選択し、(ベンチャー系などの)面接の際は正装はせずに私服で勝負するのも良いかもしれません。

転職するため職探しをする場合に気を付けるすべき求人情報は、…

就職のため仕事探しをする場合に気を付けるすべき求人の募集内容は、そんなにきつくなさそうな仕事なのにも関わらず給料が高く、拘束時間が長いというものです。このような募集内容では、給料に『みなし残業代』を含んで算出している場合がとても多いです。みなし残業代というのは、『みなし』と呼ばれるもので30時間、45時間という感じで求人の内容に時間の併記があるはずです。毎月この程度の残業が想定されるので、前もって給料に残業代を含んでおくという仕組みになります。(違法ではありません)『みなし残業代50時間込』と表記されていれば、「書かれた時間分の残業代を入れれば、この給料がもらえます」という求人になります。でも、悪質なブラック系の求人ではこの『みなし』をわざと記載していない場合もありますのでよく気を付けてください。

在職していた会社で嫌で反りが合わない上司に悩みを抱・・

就業していた会社で嫌な上司に嫌な目に合わされ、耐えきれずにその会社は辞め、同業者の他の企業に職を変えました。新しい会社では人間関係で悩むこともなく本当に満足の毎日でしたが、徐々に業績が悪化して、とある会社に経営統合されることとなったのです。偶然にも経営統合したのは驚くなかれ前勤務していた会社で、それどころか大嫌いだった上司が再び私の上司になることに。いったいこれはどれだけ縁があるのでしょう。当然新たな転職先を探す活動を始める予定です。

再就職をする時に受ける面接では、規模の小さい企業であれ・・

再就職の際に行われる面接というのは、小企業であれば、大抵は「人事」が面接担当ですが、場合によっては違うこともあります。例を挙げるとしたら、これからともに仕事をする責任者、かいつまんで言えば部長や課長などの管理職クラスが面接する可能性も考えられます。中でも事務系や営業系などのジャンルでは、資格などで見極めが難しいですから、自信を持ち自分自身をアピールしていくことが必要であり大事なことです。担当者から「この候補者はしっかり主張するし、戦力になりそうだ」と思わせ、記憶に残すことが大切です。

より安定した人生を送ろうと「正社員」を目指す人は相当数いるのが現実です。

安定した生活基盤を手にするべく正規の社員として働くことを意識している人が結構多いと思います。けれども、即戦力として働けるように資格を取得するなどして頑張っていても、正社員として雇用されることが難しいこともあるでしょう。準社員の求人募集は充実しているのに、正社員の求人募集に執着しすぎて、時間だけが過ぎていく、といった人が最近は多いようです。なかなか、中々正社員として雇ってもらうのが厳しい場面に遭遇したのなら、非正社員の募集にも目を通してみましょう。会社によっては、実力次第で、数年で正社員への転身ができる可能性もあるからです。ですので面接の最後に正社員として働ける可能性の有無をヒアリングするようにしておけば人生設計が立ちやすいはずです。

失業した際にもらえる失業保険は、失業していることがもらうための必要条件ですが、…

失業した人がもらえる失業保険は、失業していることがもらうための必要条件ですが、給付される期間が定められています。離職時までに働いていた期間に応じて違い、90日とか120日とかが決まるのですが、驚くことにこういった現実を知らない人が一定数います。失業中である限りもらえると勘違いして失業保険で食べていけばいいと考えて遊び続けている人もいますが、保険はあと1ヶ月だけ、という段階で気づいてから急いで転職活動を始めても良い結果にならないのは言うまでもありません。面接に応じる担当者も無能ではないので、失業中に遊び惚けていなかったのかといったことくらいは大よその想像が付く。運が悪ければ、面接の際に失業中の求職活動についてことごとく聞かれることもあります。きちんと返答できなかったり、すぐにバレる嘘をついてしまえば、受かりません。

転職サイトは大規模なサイトの方が案件が多いため、興味を引く2つか3つの会社…

転職サイトは大手のサイトであるほど掲載数も豊富なため、関心のある2つか3つの会社を、ともかく転職サイトに登録し、勤務地・年収などの条件にあらかじめを入れておき、加えて条件に合った求人情報が自動的にメールで送られるように設定しておくと容易に転職情報を集めることが可能です。しかし、初めに限っては登録に苦労するのでサイトに登録する前に、「履歴書」「職務経歴書」をきちんと準備しておき、それらをテキストファイル化し、コピー&ペーストしながら登録を進めていくと便利です。登録をする第一回目は多少時間がかかることから、案件の検索や、その後の応募も大変に感じるかもしれません。が、次回以降は新規案件のみチェックするだけでよいので、最初の準備に手を抜かないことを心がけてください。

自分の趣味に通じることや好きな分野の仕事に就きたいという風に思っている人は注意です。

自分の趣味に通じることや好きなことを仕事にしたいと考えている方は注意が必要です。これは、私の体験に基づいたことなのですが、私の場合、もともと食べることが大好きでそれが理由で、過去には、飲食の世界で仕事をしていた時期があります。その飲食店での仕事内容は、そのお店で任されていた業務内容は、盛り付けやホール業務です。この業務内容に関しては、不満もなく楽しんで働いていたのですが、職場の人間関係ですごく嫌になってしまいました。そのことが引き金となり、職場を離れたのですが、その影響で、あんなに大好きだった食べることやそのレストランで扱われていた食べ物も苦手になり、同ジャンルの店には避けるようになりました。当時の店の匂いを思い出すのも苦手です。仕事に就いた頃は、好きだったものを嫌いになるなんて、自分でも驚いています。大好きなことを仕事にしたいと願い、それを実現させることは本当に素敵なことですが、ですが、あなたの「好き」は、どのくらいすごいのか、もう一度自分自身に問いただした上で行動するべきです。

転職するための期間中は、知らず知らずのうちに時間が有り余っている分、…

転職するための期間中は、つい緊張感のない、だれた生活になってしまいます。けれども、そんな風な生活を習慣にしてしまうのはかなりキケンです。不思議なもので、だらだらと過ごす生活を習慣化してしまうと、肉体的にだけでなく、「心」も不健全な状態になるからです。時間がたてばたつほど、働く気力も失い、お金が回らなくなって困る事態となりかねません。そんな状況になってしまうと、仕事も生活も悪いほうに進んでしまい、次の勤め先を見付けることが難しくなってしまいます。再就職先をハッキリ決められないのは、もらえるお金を第一に考えるからです。給料を一番に考えざるを得ない状況ではやりたかった仕事を求めて転職しようと思っていたとしても結果はあまりいいものとは言えません。そのため、お金に縛られない生活を始める為にだれた生活は、しないように常に意識を持ちましょう。

転職サイトあるいは転職エージェントを利用して、転職活動をする人はますます増えています。

転職エージェントや転職サイトなどを活用して、転職活動を行う人はますます増えています。とはいっても、より転職の可能性を高めたいなら、その上に転職フェアに参加してみるのはいかがでしょうか?多くの企業が一堂に会し、参加した際は複数の企業に関する情報に触れることができ、その上、その場で説明しているスタッフさんから、その企業の社風がある程度わかります。これから、転職フェアに参加しようと思うなら、面接を受けに行くのだと思って自身を売り込む気持ちで行きましょう。その結果としてフェア中に、自分の能力や長所を企業が評価すれば、そのあとの面接等に進む時にかなり有利になると期待できます。

自らが求職中のころたいへん多くの人材紹介会社に登録していました。

自らが転職を考えていた時期にいくつかの人材紹介会社に登録していのだが、その時に感じたこと、それは転職アドバイザーの質に関しても驚くほど多種多様でそのほとんどは物足りなく感じるアドバイザーばっかりでした。こっちは人生の大事な事なのにもっと熱心に向き合ってほしいという欲が募って、そのことが契機となって自分がキャリアカウンセラーの道を目標にすることになりました。資格取得には支出が増えましたし資格取得のための勉強においてもとてもきつかったのですが、求職者から頼みとされるように頑張っています。

ある古物商の人員募集にて、書類選考をクリアしたため…

とある古物商の求人にて、書類選考に受かったので、相手方から、面接日時を教えてもらいました。にもかかわらず、面接日当日、指定された場所へ行ってみると、なぜなのか相手が面接準備を全くしていませんでした。所長らしき人が面接担当をしてくれましたが、始終たいへんにだらしのない態度で迎えられ、ひとまず面接は終わりました。ですが、2週間後と言われた結果の連絡がまったくもらえず、気になったので、私のほうから問い合わせると、「郵送で本日送付してあります」とのこと。心待ちにしていたのですが、しかし、これも未着でそこでもう一度電話をしたところ、どういうことなのか、「今回は見送らせてもらいました」とその直後、電話を切られてしまったのです。呆れ返ってしまいましたが、率直に、採用されなくて良かったと感じています。

転身を近いうちにするつもりなら、頻繁にたくさんの企業の…

転職を視野に入れているなら労を惜しまずに多くの会社の採用情報の詳細を普段からチェックすることが、転職した後の見る目にかなり役立ちます。今の職場になにか納得のいかない部分があるケースでは、いざ転職活動をはじめたとき、どこの会社もいいように見えてしまいます。そんな状態に陥ると、どの企業を選択するべきか、迷ってしまうのでどんな会社でも飛びついてしまいます。ヘタをすると、あっという間に退職しなくてはならなくなるので、前もって会社を見る目を養っておくべきなのです。方法としては、企業の雇用に関する情報だけ見る以外に、その転職したい会社の「取引先」を見るのがオススメです。透明性ある会社は、取引先を公開していますし、反対にそうではない企業は、宣伝ばかりなのでよく見ておきましょう。そのうえ、企業によっては、個人でのグループに入っている会社があるので、グループの名前を調べて内容を把握しておくのも良いと思います。