転職活動をするという時は、気になる求人(もしくは職種・・

将来転職活動をされるなら、良いと思う求人(職種)を見つけたら…

  • これから先、転職活動をするのなら、気になった求人(業種)を見るたびにきちんと「〇〇業(気になる業種)、ブラック」でネット検索を掛けてみましょう。求人票や転職サイトの担当者から入ってくる言葉からは、その業界に関するマイナスとなる面は、知ることができないのが普通です。もしも、ブラック案件が蔓延している業界なら、ネット検索を活用することで本来の姿を理解できるでしょう。そのような検索をしないまま、会社に入ると、直後に後悔してしまうかもしれません。だいたいその求人が出されていた理由が「仕事内容がキツイから入っても続かない」といったケースが多くを占めるため、気になった業種について、注意したほうが良いでしょう。
  • 昔は看護婦と呼んでいた看護師というのはどうしてか女性の割合がとても…

  • 以前は看護婦ですが看護師というのは働く者として歴史的にも女性比率がすごく大きい職です。しかも、気力や体力への大きく消耗が激しい傾向にあります。とうぜんのように職場の環境での対人関係が上手くいかなかったり、自身の結婚や出産の後に仕事と私生活との両立がかなり取りづらい仕事といえます。実際、上記のような問題に行き詰まり、職場を変える人が多い現実があります。人が固定化しづらい環境であるために、看護師は、国内のどのエリアでも人材不足になっています。というワケで、各病院は、看護師を必要とする「売り手市場」な状態で、さらに転職に拍車を掛ける要因になっているのでしょう。
  • 再就職の際の面接についてですがクールビズで来てくださいと…

  • 再就職の際の面接についてですがクールビズでもOKとと書いてある場合もあるようです。しかし、なかには、クールビズの格好は実際は印象が悪いのではないか?と懸念する人もいます。そういう悩みを懐に感じている人たちに言っておきたいことが、クールビズでも大丈夫だと言われている面接なのであれば、書かれている内容を実行したほうが確かです。迷うことによって、汗がだらだら出る季節にスーツを着込んでいくと不自然に思われます。ですから、会社側からクールビズでお越しくださいと事前に聞かされたのならクールビズのスタイルで行く方がいいですよ。
  • いい企業につきたいと転職をする活動をしているとき、「できるだけ早…

  • もっと良い職場がいいと転職活動をしているときの場合は「少しでも早く内定(採用通知)がほしい」と思ってしまうはずです。ただ、内定が欲しいあまり、自分の能力を必要以上に大きく見せたり、あるいはその逆で安売りするようなことは、可能な限り避けるべきです。そうではなくて、焦ってしまう気持ちをぐっと抑えて、冷静かつ客観的にあなたに適した職場を探すことに集中しましょう。これまでのキャリアを活かせるように、そして、今後のキャリアアップが図れる職場を賢く選択してみましょう。
  • 転職する前には、今働いている会社の人たちがあなたの転職を知ってしまう…

  • 再就職の前に、今の職場の同僚たちが、そのことを知ってしまうと、職場の空気が大きく変わるおそれがあります。場合によっては、問題はないこともありますが、やっかまれたり意地悪されることもあるかもしれません。また、残業時間を増やされるキケンもあるので、軽率に転職のことを周囲に言うのは考えものです。そのようなトラブルを回避するため、現在の職場では、真面目に誠実に振る舞いましょう。充分に警戒しておけば、良い関係をギリギリまで残したまま、気持ちよく会社を退職できるはずです。しかも、円満退職できれば、転職後、あなたが困ったときに相談できる機会にも恵まれるでしょう。業種や規模に関係なく、どこの企業も人との縁は重要なので、退職前のトラブルは、できるだけ回避してください。
  • 転職を、正社員ではなく「派遣社員」を選択しようと思っている人・・

  • 転職する場合、派遣社員」で考えている人に覚えていただきたいポイントが複数あります。まず派遣という言葉を聞くと、「データ入力」「電話対応」「お茶出し」のような業務をぼんやりとイメージされる人が多いかと思います。最初は私自身もかつてはそう思っていました。現在の職場に入社するまでは「派遣社員」の求人に応募したとき、「電話対応が主な業務」と直接説明を受けてもいたので安心しきっていました。しかし、いざ入社してみると、「電話対応」にプラスして、退職した正社員の穴埋め役を任されてしまいました。いつも毎回、あれこれ要求されますし、面接のときの説明と大きな食い違いがあるので全くわからないような内容でしたので、とにかく、「一刻もはやく契約終了日が来てほしい」と願うばかりです。
  • 生涯初の失業保険を受ける際に、じっとしていれば受け取れると思っている・・

  • 生まれて初めて失業保険を受けるケースでは、「何もしなくても自動的にもらえる」と考えている人がとても多いですが、それは正しくありません。実は、希望通りに受け取り続けるためには、求職活動を行わなければならず、その上、月に一回以上はハローワークに行かなければいけません。月ごとに職員と就職活動の状況やきちんと活動をしているかを勘案して、きちんと就職活動をしていることを理解してもらえれば翌月の保険給付が行われるシステムです。その反対に、本気で仕事を探そうとしていないと判断されたり、月に一度の職員との面談に参加しないときは、有無を言わさずに給付が一時停止となったり、ケースによってはその後の給付資格も消失するおそれがあるのでそうならないために十分気を付けましょう。
  • 派遣として働いています。派遣法とか労働契約法のからみ…

  • 派遣というかたちで働いています。派遣法や労働契約法のせいで不本意にも長くお世話になった就業先での仕事を辞めなければいけません。同じ派遣の人の中には、派遣の勤務先から直接雇用の地位をつかみ取った方もいるのですが採用された理由としては正直仕事の能力とは関係なく派遣先の上司の扱い方がうまくてお引き立てがあった模様。業務上の能力よりもおじさんに媚びる能力の方が肝心なんだねーと抜擢されなかった他の派遣の同僚と毎日愚痴を言ってます。
  • 転職する場合は、いろんな方法で情報を集めるのが通常だと思います・・

  • 転職活動を開始する際、いろんな手段で情報を得ることが多いと思いますが、転職系の「口コミサイト」はかなり利用価値があり、オススメです。過去に、会社の損失につながる悪い口コミが掲載されたということで、サイト運営会社を相手に損害賠償請求を起こした事例がありました。会社の都合で退社させられた元社員の腹いせによってその手の口コミが投稿された、と見るのが一般的ですが、見方を変えると、ウソの書き込みだったのなら、書かれた会社側が気にする必要もないはずです。または、実際には『クロ』で「マズイと考え火消ししなくては!」としていると考えることも出来ます。「口コミサイト」も囃し立てることでアクセス数がアップするなどのメリットがあるので黙認していたりしますが、悪い内容の口コミがかなり多いということは、その分入社してからトラブルに遭遇する覚悟をしなければいけないと見て良いでしょう。何より、いい会社には煙すら立ちませんから。
  • 明日からでも転職活動を考えているのなら、今の職場の何に対して不満を感じているの・・

  • 転職をするのなら、現状の業務の何に不満を感じているのかをハッキリとさせておきましょう。できていて当然と思われますが、意外とそうでもないのです。元々不満にガマンできないから転職しようと思われているはずです。しかし「よく考えて職場・業務の客観的にみた満足できない点を挙げる」ことが出来る人は意外なほど少ないのです。不満点解消なら、他の条件が現状より悪化する事をどこまで許容するかも考えましょう。自身の不満を客観的に見える状態にしておくと転職選びに失敗するリスクは減らせます。そして、転職を叶えたあと、「どういった事がマイナスになるだろうか」を明確化してみましょう。転職したとしても、現状の問題が全て改善するとは限りません。しかし、デメリットを受け入れる気持ちの整理があれば、転職の失敗は防ぐ事が容易になるはずです。
  • 今やっている転職する活動時、「かつて、こういう仕事を長く続けてきました」…

  • やっている転職する活動で「かつて、こういった仕事をしてきました」「過去の仕事によって、こういったスキルを身につけることができました」と過去の自分の成功体験やセールスポイントをしっかりアピールする人は多くいます。が、転職先となる1から始める会社で「こうありたい」「このような内容ならできれば貢献できるはず」と将来のプランを話して自分を売り込むほうがよっぽど効果があります。この点を覚えておくと、転職活動が楽になります。
  • 仕事のなかで心的にとても苦しくなってしまい、転職しなくてはいけない状況に追い込まれたのなら…

  • 会社で何かあって心的な負担がかなり増え、転職を考えざるを得ない状況に至ったなら、そのときは、相談するのは会社の人にするより家族などの近しい存在の人と相談しながら退職するかどうか判断した方が良いです。それは、仕事をするということはあなたのためでもあります。が、しかし同時に身内の問題でもあります。どんなに高い給料を得られたとしても、心的ダメージを負うほど、働くのは好ましい状況とはいえません。近年は、金銭的な豊かさよりも、働く本人が働きやすいことを重視する生き方も徐々に認められつつあります。あなたの家族、自身の心と体のケアを忘れないようにしましょう。
  • これまでは職探しをする場合は「転職サイト」より、「ハローワーク」に通っていました。

  • 以前は、職探しをする場合は「転職サイト」より、主に「ハローワーク」を利用していました。なぜなら、大手「転職サイト」は、特性上、都会や大手の求人がほとんどだからです。このため、求人情報をチェックする時は、「ハローワーク」のみ使っていました。やっぱり、いくらか企業数や給料などで若干の見劣りがあるものの、地域密着型なため、探しやすい魅力があります。「どんな求人があるかわからない」とイメージしている人も多数いるはずです。思いのほか、良い求人もそこそこ掲載されているのでもしも転職予定の方は、ハローワークに行って相談するもの良いかもしれません。有名な転職サイトみたいにたくさんのニュースレターが来ることもありません。
  • 再就職する時に行われる面接で着用する腕時計についてですが…

  • 再就職時の面接を受けるときにする腕時計についてですが、ビジネスの場らしからぬ目立つタイプの腕時計は着用しないほうが最善といえます。この場合の、目立つは高そうなデザインだったり、その反対で完全に安物である腕時計に見られてしまうとか、そういう目を惹くということで真逆の意味で目立つ、ということで考えておきましょう。再就職の面接のときに着用するべき腕時計においてもポジション的にはスーツやネクタイと同様にとらえビジネスの場にふさわしい無難なものをセレクトした方が賢明だと言えます。けれども、年相応であるということも外せない条件で、新卒の面接で買ったものよりは多少でも高いものにした方が年齢に見合っていると言えるでしょう。
  • 職を変えようとしようとしている時に注意を向ける募集内・・

  • 再就職をする際に気にかける求人内容に関しては、目安として、アバウトに載っている、ということもあり得ます。ですから、そこに掲載されている情報はすべて間違いのないものだと簡単に信頼しないほうが賢明でしょう。中でも特に報酬面に関しては、平均の値なのか?それとも最低限の金額なのか?最高の給料であるのか?といった見解ができない人はたくさんいて自分の判断で考えてしまうと、後からそのことを悔いる可能性も少なくなりません。という訳で、悔しい思いをしなくて済むように、仕事の情報というのは、おおまかなものだと思って、そういった内容は直に連絡を取るのがベストです。
  • 将来に目を向け、期待をもって再就職と付き合っていけ…

  • 将来に目を向け、楽しく再就職と付き合う事が出来れば、精神的に負担を感じることもないので、転職期間中の堕落も避けられるはずです。しかも精神的な部分が問題がなければ、すぐ、転職先も見つかるはずです。ベストな形は、休職期間をつくらず新しい職場を見付けることが重要です。今ある仕事をしながら、次の仕事を見付ける形が理想といえます。そのうえ、間をおかなければ仕事を辞めた後も直ぐに働けます。こうしていれば、働いていない期間はできませんから、履歴書にもキズがつかなくて済みます。つまり、転職の時に不利になることがないということです。将来を踏まえながら、転職活動を進めてみましょう。