就職活動時に気を付けるすべき求人の募集内容は、そんなにきつくなさそうな仕事なのに給料がよ・・

転職活動する場合に注意したほうがよい求人内容は、そこまできつそうな仕事ではないのにも関わらず給料が高く・・

就職活動時に注意すべき求人は、そこまできつくなさそうな仕事なのに給料が高く、拘束される時間が長いというものです。こういった募集の場合、給料に『みなし残業代』を含んで計算していることがたいへん多いのです。みなし残業代というのは、『みなし』とも言い、30時間とか45時間といった感じで求人の記載内容に時間が併記してあります。これは、毎月このぐらいの残業発生が想定されるので、事前に給料形態に残業代を含んでおく、といった仕組みになります。(この仕組みは違法ではありません)もし『みなし残業代45時間込』とあれば、「書かれた時間分の残業代を入れた場合、これだけの給料です」という話になるわけです。しかし、悪質な求人には『みなし』という言葉自体がことも少なくないのでしっかり気を付けてください。

新卒後最初に働いた会社で反りが合わない上司に困惑してしま…

昔務めていた会社で反りが合わない上司に嫌な目に合わされ、結局耐えきれずに退職し、同業者の別の企業に職を移しました。そこではパワハラもなくとても満足していましたが、だんだんと会社の業績が悪化して、結局はとある会社に経営統合されることになりました。ところが経営統合したのは驚くなかれ以前働いていた会社で、それどころかものすごく嫌いだった上司が再び私の上司となることになりました。いったいこれはどれだけご縁があるのでしょう。言うまでもありませんがまた転職をしようと活動を開始しています。

再就職時の面接では、零細企業だったら大体、そこの会社の「人事」担当者が面接官です・・

再就職の際の採用面接では、小企業だったらおおよそ「人事」が面接官ですが、別のケースもあるようです。たとえば、共に仕事をする作業部署の責任者、わかりやすく言うと部長や課長などの管理職クラスが面接をすることもあります。とりわけ、営業系や事務系に再就職する場合は資格などという具体的なイメージがないので、なんといっても自分自身を売り込んでいくようにしたいものです。面接担当者から「この人は、堂々と自己発言してるし、それに戦力になりそうだ」と思わせ、覚えていてもらうことが大切です。

より安定した暮らしを願い正規の社員になりたいと考えている人・・

安定的な人生を願い正規社員を狙っている人は結構多いと思います。とはいえ、努力しても、中々正社員のためのキャリアアップが叶えられないこともあるでしょう。非正社員の求人募集は結構あるのに正規雇用の求人情報に固執し、悶々とした日々を過ごしている人は意外と多いようです。もしもあなたが、中々正社員として希望する仕事に転職できない場合は、派遣社員に応募することも視野に入れてみてください。契約社員や派遣社員募集の会社の中にはその人の頑張りにより、数年で正社員へのキャリアアップができる可能性もあるからです。ですので採用面接時に、「正社員登用」の可能性がどのくらいあるかをヒアリングしておくと将来設計にも役立ちます。

失業者に給付される失業保険は、失業していることが給付の必要条件ですが、…

失業時に受け取れる「失業保険」は、もらうためには失業中であることが必要ですが、延々と受け取れるワケではなく、「期間」があります。離職時までに勤務していた期間に応じて異なり、90日とか120日とかが決まるのですが、世の中にはこのような現実を全く知らない人が一定数いらっしゃいます。失業を続ける限り給付されると勘違いして「失業保険をもらえるあいだは遊んでいよう」という人をたまに見かけますが、給付の残りが1ヶ月という段階でようやく気づいてから焦りながら転職活動を始めても好条件の仕事を見つけるのは困難です。転職先の面接官もバカではないので、失業中にきちんと求職活動をしていたかといった部分はだいたい相手(面接担当者)にバレてしまいます。場合によっては、面接担当者から失業中の求職活動についてことごとく聞かれます。答えに困ってとんでもないことを言ってしまったりすると、不合格となるおそれもあるので要注意です。

転職サイトは大きなサイトの方が掲載され案件の量も多くなるの・・

転職サイトは大きなサイトの方が多くの会社が掲載されているため、関心のある2~3社を、とりあえずサイトに登録して、希望する勤務地や年収に対して条件を設定しておき、さらに条件に合う求人情報が掲載されたら自動的に通知されるように設定しておくと楽に転職情報を集めることができます。最初だけは登録するのに本当に時間がかかるので、サイトに登録する前に、「履歴書」「職務経歴書」をしっかり準備しておき、さらにそれらをテキストファイル化して、コピー&ペーストする形で登録しておくと手間が減って便利です。登録をする初回時は時間がやや必要ですし、案件の検索・応募をするだけでも苦労しますが、次回以降は新規案件のみチェックするだけでよいので、後のことを考えれば、最初の準備を抜かりなく行うことを心がけてください。

自分の好き、を仕事にしたいという風に考えている人は注意です。

自分の趣味に通じることや大好きな分野の仕事に就きたいと思っている方は注意です。これは、私の経験に基づいたことなるのですが、私自身、もともと食べることが本当に大好きだったのですが、それが高じて、かつては、料理店で働いていました。その飲食店での業務内容は、そのお店で私が担当していた仕事内容は、簡単な盛り付け作業やホール業務でした。この業務内容については、不満もありませんでしたし楽しんで仕事ができていました。けれども、人間関係のいざこざでとても嫌になってしまいました。ということが引き金となって職場を離れることになったのですが、その影響からか、あんなに好きだった食べることやそのレストランで提供していた食べ物も嫌になってしまい、似たような店には今も行けていません。当時の店の匂いを思い出すのも苦手です。この仕事を始めたばかりの頃は、大好きだったことがキライになるとは思いませんでした。自分自身の趣味に通じることや好きなことを仕事にしたいと夢見て、実現できるのは本当に素敵なことだとは思います。しかし、「好き」のレベルはどの程度のものなのか、改めて自分に問いただした上で行動するべきです。

転職の間は、無意識のうちに時間があるため、気が緩んでしま・・

転職するための期間中は、ついだれた生活になりやすいですよね。ですが、そんな過ごし方はおすすめしません。不思議なもので、気の緩んだ、だれた生活が普通になると、肉体的にだけでなく、「心」にも悪影響が出やすいためです。時間がたつにつれて、仕事をしようとする気力がなくなり、お金に困ることにもなるでしょう。そうして、悪いサイクルができてしまい、転職先がきちんと見つけられなくなります。再就職先を決められなくなるのは、お金を第一に考えるからです。もらえるお金を最優先事項に考えざるを得ない状況では仕事内容を重視して転職に踏み出したとしても思い通りの仕事ができるかわかりません。ですから、お金に縛られない生活を目指すためにも、ダラけるような生活はしないように気を引き締めましょう。

転職サイトおよび転職エージェントを用いて、転職活動される人は今では普通になってきました。

転職エージェントと転職サイトを用いて、転職活動を行うことは現在では常識といえるかもしれません。だとしても、より転職の可能性を高めたいなら、それに加えて転職フェアに行くのがよいでしょう。転職フェアは、多くの企業は一堂に会しており、参加することによって多くの企業の情報が得られ、さらに、そこで説明してくれるスタッフから、企業の個性を伺えるはずです。仮に、転職フェアに参加する場合には、面接に臨む覚悟で良い印象を相手に伝えられるように意識しておきましょう。それによってフェアの中で、企業側から欲しい人材と思われれば、正式に応募して本格的な面接時にとても有利になると期待できます。

自分が仕事を探していた時期にかなり複数の人材紹介会社に登録していました。

かなり何個かの人材紹介会社に登録していたことがあります。その時に特に感じたのは転職のアドバイザーのレベルも本当に色々あって大体の場合、十分だと感じる対応をしてくれない方ばっかり。私にとっては人生かかっているのにもっと熱心に向かい合ってほしいという落胆した気持ちが高まってきてそれが理由でキャリアカウンセラーの資格を取得することにしました。その資格取得は支出が増えました。それに加えて資格取得のための勉強面においてもとてもハードではありますが、就職活動中の人たちに頼みとされる存在になるために頑張っています。

とある古物商のお店で、書類選考をクリアしました。その…

とある古物商のお店で、書類選考をパスし、担当者から面接の日時を教えてもらいました。だが、当日行ってみるとなぜなのか相手が面接の用意を一切していないことに気づきました。しばらく待つと、責任者らしき人が面接担当をしてくれたのですが、始終非常にやる気のなさそうな態度を見せて、グダグダな状態で面接は終わりました。しかしながら、予定日を過ぎても結果連絡がまったくなく、もどかしくなり、私から問い合わせると、「郵送で本日送付してあります」と返答されました。しばらく待っていましたが、しかし、これも未達なのでそんなわけでもう一度電話した結果、なんと、「残念ですが不採用になりました」、と勝手に電話を切られてしまったのです。あまりの対応に呆れ果てて何も言えませんでしたが、素直に、採用されなくて良かったと思っています。

転職したいなら、労を惜しまずに様々な企業の募集案内を調べてお・・

転身を考えているなら、まめに多種多様な企業の情報の詳細を日常的に調べておくと転業先の選択をするときにかなり役立ちます。今の職場に満足していない場合、本格的に転職活動をする際に、どこの企業も魅力的に思えてしまいます。そういった状態だと、どの会社に決めればよいのか選ぶ会社に迷いが出てしまう結果になり、会社選びに失敗してしまいます。そうすると、最終的には早々に退職の道に進んでしまうので、前もって会社を見る目を養っておくべきなのです。方法としては、転職したい会社の雇用に関する情報だけ見るのではなく、その会社の「取引している会社」も気にしておきましょう。良い企業は、取引している会社を公表していますし、そういった会社でない場合、宣伝ばかりに力を入れる傾向があるので、その点もチェックしてみましょう。また、企業によっては、個人グループに入っている場合もあるので、グループの名前で調べ、確認しておくのも手です。

『今すぐ転職したい!』という願望があって、自分の意志が本当に強いものであるなら、…

『なるべく早く転職をしたい!』と思っている人のなかで、自分の意志が強いのであれば、退職したいということを即、上司に伝えておきましょう。相談という形で話せば上司に言いくるめられるおそれがあるので要注意です。そして、実際に私もそういった経験があり、退職するタイミングを伸ばされてしまい、最終的に、退職するまでに半年くらい掛かりました。辞職することをはじめて直属の上司に話した時は年度末、数ヶ月働くことになり、退職が認められたのは同年の11月です。本来、ちょうど年度末いっぱいで辞めたかったです。色々と理由をつけられ、予定が狂ってしまいました。やっぱり企業サイドとしても、人事の都合があるのかもしれませんが、スタッフの希望を聞かずに、会社ぐるみで私の都合を無視する形で引き伸ばされたので非常に前の会社に対しての信頼はなくなりました。

どうもPCやスマホを見ればネット上では、「転職のためのサイト」と呼ばれるもの…

今ではPCを使えばネットのエリアには、今では「転職サイト」に類するものが多数点在しています。その数限りないサイトから自身の目的に合った転職先を見付けるためには、まずは情報を収集することから始めましょう。このようなサイトをうまく利用することでスムーズな転職先探しが可能です。客観的なデータもしっかり掲載される優良なサイトがある一方で、優良とはとても呼べない粗悪なサイトもあるので、注意が必要です。利用して間もない頃は、信用に足るサイトかどうかを同ジャンルのサイトと比較しながらしっかり確かめてみましょう。

転職候補に挙がっている会社の会社見学は、すごく勉強になります。

転職候補に挙がっている会社で見学しておけば、すごく勉強になります。とりわけ、職人さんのいる会社ではスキルを間近で見られるので楽しくなります。でも、残念なことに「職人」がいる会社見学は、ほとんど見学者には、いつも通りの働き方を見せてはくれないものです。典型的な例を挙げると、ブルーワーカー(肉体労働)などの業種です。個人のクセが反映されやすい業種なので、働きだしてからでないと、実際の姿はわかりません。ですから、会社見学で見たものを仕事内容だと決めつけないことがたいへん重要なのです。さらに、会社見学時に実際に仕事を体験させてくれる会社は、かなり問題なので選択肢に入れるのはおすすめしません。入社していない段階では万が一何かトラブルが発生しても、保障が無いので、仕事体験ができる、と言われてもていねいに断ることが大事です。

再就職をする際でかなり高確率で投げかけられるのは職場を辞めた…

再就職をする際でほとんど投げかけられる質問が前に働いていた会社を辞職した理由なわけですが、このような質問になった時には話題を前の職場にしない方がベストです。辞めるに至った経緯にスポットを当てると言うまでもなく悪い面を含んだ話になってしまいますから。この話の良い進め方は、どうして前職を辞めたのかという事をこちらの会社に必ず入りたい理由があったからといった話にしたら良いということで、自己アピールもかねて入社したい会社に話の方向を向けていくべきなのです。そのような話ならば、好印象の前の職場を去った事情にすることが可能です。