もしも転職することが、今の会社の人たちがあなたの退職を知・・

転職する前には、今働いている会社の人たちがあなたが退職すると知ってしまう…

  • もし転職することが、現在の会社の人たちがあなたが退職すると知ってしまうと雰囲気が一変することがあります。あなたの置かれている環境によっては、問題はないこともありますが、意地悪、やっかみの対象になるおそれがあります。それだけでなく、意図的に残業を押し付けられたりすることもあるので、うっかり「転職します」と口にするのは考えものです。上記のような状態を回避するため、いまの職場では、真面目を装いましょう。そうしておけば、良い関係をギリギリまで維持したまま、最高の形で会社を去れます。しかも、何の問題もなく円満退職で終えられたなら、退職後であっても、あなたが困った際には相談できるような良好な関係性を持っておくことができます。業界や規模に関係なく、どんな企業でも、人とのつながりがとても大事なので、辞める前のトラブルは、可能な限り警戒しておきたいものです。

  • これから転職する場合、「派遣社員」として、転職を考えている・・

  • 転職の際、「派遣社員」として、転職を考えている人にぜひ注意してほしいことが数点あります。まずはじめに派遣社員というと、電話対応、その他雑用等をなどの業務内容を想像する人が少なくないでしょう。私自身もまさにそう思っていました。現在勤めている企業に入るまでは「派遣社員」の募集に応募したときに「主な業務は電話対応になります」と直接派遣会社からも説明も受けてました。しかし実際に仕事に就くと、「電話対応」以外に、辞めた正社員の業務の穴埋めを指示されました。とくに何をしていいのかもよくわからず、はじめの説明とは全く違うので毎日非常に参っています。今はただひたすら契約期間が終わるのを待つだけです。

  • はじめて「失業保険」をもらう場合、何もしなくてももらえると思っている…

  • 生まれて初めて失業保険をもらうときに、「期間内は何もしなくても自動的にもらえる」と考える人が極めて多いですが、それは誤りです。実は、希望通りに受け取り続けるためには、職探しを続けている必要があり、さらに、毎月1回、ハローワークに通わなくてはいけません。1ヶ月周期でハローワーク職員と面談をして、真摯に就職活動をしていることを信じてもらえれば翌月の保険給付が行われるシステムです。対称的に、真面目に就職活動をしていないとみなされたり、毎月のスタッフとの面談を欠席した場合は、ルールとして給付をストップされたり、場合によってはそれ以降の給付資格も消失するおそれがあるので、そうならないために注意してください。

  • 派遣として勤務しています。派遣法とか労働契約法の関連・・

  • 派遣で会社で働いています。派遣法や労働契約法の関連でやむを得ず、長くお世話になった会社での勤務を終了しなければなりません。同じ派遣の人の中には、派遣の勤務先で正規社員の条件を獲得した人もいるのですがそれは正直仕事ができるわけではなく派遣先の上司へのあしらいがうまい人でそのおかげでで採用された模様。職務を遂行するスキルよりも上司のおじさん転がしスキルが必要なのかなーと抜擢されなかった別の派遣の仲間と職場で愚痴を言ってます。

  • 転職活動を始めるとき、様々な手段で情報を得ることが多いと思います・・

  • 転職を行う場合、いろんな経路で情報を得るのが通常だと思いますが、転職系の口コミサイトは利用しないと損です。少し前に、会社に不都合な内容の口コミが掲載されたということで、運営サイトを相手に、損害賠償請求を起こしたケースもありました。会社の都合で退社した元社員の報復としてそのような口コミが投稿されていたと見るのが一般的ですが、別の角度から見ると、ウソばかりの投稿だったなら、やられた会社側が何も気にしなくても良いはずですよね。あるいは、本当は『クロ』で「マズイと考え一刻も早く火消ししたい」と考えている可能性もあります。「口コミサイト」も囃し立てることでアクセス数が増えたり、サイトを注目してもらえるチャンスがあるので黙認していますが、好ましくない内容の口コミが目立つのは、その分、入社してから不利益になる可能性も高いと思っていいでしょう。というか、本当に善良な企業であれば煙も立ちません。

  • 今からでも転職することをするのなら、現状の職場の何に不満があるのか…

  • 今から転職活動を希望しているのなら、今現在の職場・業務での納得いかない部分を洗い出しておく必要があります。これは当然できていると思われますが、意外とできてないです。不満なことがあるから転職しようと思われているはずです。しかし「ちゃんと会社の不満を挙げる」ことを多くの人はやっていません。不満点を明確化し、解消されるならば、他の条件が現状より悪化する事をどこまで許容するかも考えましょう。この点を徹底しておくと転職選びでの失敗は大きく減らせます。その次に仮に転職した場合、「今よりも不便になること」をしっかり想像してみましょう。転職できたとしても、転職すれば現在抱えている悩みが全て解消されるとは限らないからです。ですが、メリット・デメリットの両方を前もって理解しておけば、転職後の急激なモチベーションの低下は未然に防ぐことができると思います。

  • 今励んでいる転職する活動時、「かつて、このような種・・

  • がんばっている転職活動をしているときに、「私はかつて、こういう職場の仕事をしました」「今までにこのような技術に磨きを掛けました」と自分自身の実績を十分にアピールしなくちゃと考える人はときどき目にします。が、希望する1から始める環境下で「可能ならこういったことをしたい」「このような内容ならできれば貢献できるに違いない」と未来形として自身をアピールしていったほうが過去を語るよりも聞き手からの反応は良いものになります。この点を踏まえて転職活動をがんばってみましょう。

  • 職場環境が原因で回復が難しいほど心的なダメージがあり…

  • 会社が原因で回復が難しいほど心的な負担が増え、転職しなくてはいけない状況となったなら、職場の人と相談していくより自身の家族と相談しながら退職するかどうかの判断をしてみましょう。というのは、仕事をするのは自身のためでもあります。が、しかし同時に身内の問題でもあります。毎月、納得のいく報酬が良くてもメンタル面がボロボロになるまで我慢しながら無理して働くのは望ましいとは言えません。現在の社会では、働きやすさを重視していっても良いはずです。ですから気に病むことなく、あなたの家族、自身の心と体のケアを忘れないようにしましょう。

  • 今まで私は、求人情報は「転職サイト」ではなく、「ハローワーク」に通っていました。

  • 今までは、「転職サイト」ではなく、主に「ハローワーク」を利用していました。理由は、CMで有名な大手の転職サイトは、なぜか都心の求人しかないからです。そのため、求人情報を探す時は、「ハローワーク」ばかり使用していました。もちろん、有名な転職サイトに掲載されている求人よりも企業も、給料などの労働条件も若干見劣りはしますが、昔から地域に根ざした情報が都会以外での転職には役立ちます。ですが、「ハローワークってなんだか古臭いイメージがある」と思われている方も多いかと思います。でも、転職サイトとは違った求人もあるので、数年以内に今の会社を辞めて転職したいのならば、ハローワークに行って相談するもの良いかもしれません。有名な転職サイトみたいに多くのニュースレターが来ることもありません。

  • 再就職時の面接のときに着用していく腕時計については・・

  • 転職時の面接で着用する腕時計の事についてですが、どう見ても目立つような腕時計の着用は避けたほうが好ましいです。この目立つという意味はブランド物の腕時計であるとか、といったことだけではありません。それとは逆に安物の印象を与えるとか、そういった目を惹くという意味であって正反対の意味で目立つ、と認識しておいてください。再就職の面接のときにする腕時計についてもネクタイやスーツと同じようにとらえビジネスの場にふさわしい適切なものを選択した方が賢明だと言えます。しかしながら、自分の年齢にあっているということも不可欠なことで、新卒時に買った腕時計よりはほんのちょっとでも値を上げた方が好ましいということは言えます。

  • 再就職をする時に目を光らせることになる募集要項は、参考程度に…

  • 再就職をする際に目を光らせることになる募集要項に関しては、おおまかなものとして書かれている可能性も少なくはありません。なので、記載されていることはすべて正確であるとは安易に信頼しないほうが最適でしょう。なかでも報酬においては社員を平均した額なのか?最低保証の金額であるのか?一番高い給料なのか?というような読みができない転職者も多く、自分の勝手な判断でわかったつもりでいると、後から後悔することになる可能性もあります。そんな訳で、悔しい思いをしなくて済むように、募集事項に関しては、うのみにせずに、そういったたいへん重要な内容は会社に直接聞くのが好ましいでしょう。

  • 楽しみを見出しながら再就職に向けての転職活動と付き合っていけば・・

  • 楽しんで再就職と向き合えれば、精神的に重荷を感じることもないので、転職先が見つかるまでの間に堕落はしないですみます。しかも、メンタルが問題がなければ、あまり時間をかけることなく転職が出来るでしょう。理想的なのは、やはり、スムーズな隙間のない時間で新しい職場に飛び込むことが大事です。今の会社に勤務しながら、次の職場を探すのがもっとも良いです。そのうえ、隙間をつくらなければ退職後、直ぐに働けるので、経済的な心配もありません。このようにしておくと、仕事をしていない期間はできませんから、履歴への影響も回避できます。要するに、転職の際にマイナスの要因がなくなるということです。将来を踏まえながら、うまく転職活動を進めていきましょう。

  • 転職先を選ぶ際、言うまでもなく仕事のやりがいアップと共…

  • 転職先を決めるにあたって、むろん仕事のやりがいアップも大切だけどそれにとどまらず年収が増えることも大切なポイントになりますから「年収サイト」というサイトに登録をしてあらかじめ調査をしています。一緒の会社で加えて全く同じ職種、社歴なのにすごく人によって幅がある場合も数多くあって、ぶっちゃけ面接の時質問をしたことがあります。面接をした人も同じサイトを見たことがあるようで「ああ、高収入で書かれているのは、書いた人物について誰だろうとそこそこ予測できるのですが、多分格好をつけてるんですよ。低い方の給料で心の準備をしておいてください」とのことでした。

  • 昨今の転職事情は、政治によって左右されつつあります。

  • 最近の転職を取り囲む状況は、政治による影響が出始めています。安倍総理が主導する現内閣によって、「アベノミクス」「三本の矢」といった経済政策が続々打ち出されています。内閣が打ち出した新たな経済政策共々日銀による「金融政策」と相まって、財界・企業ともに今までにない変化が生じ始めています。そのような変化の中で、一般の企業では若者世代の減少と、現役世代の大量退職による人手不足が社会問題化しつつあります。ちなみに「外国人の労働者」の比率を高めていくと安倍政権は方針として掲げています。国内の雇用や転職問題についても大きく幅が広がりそうです。こうした社会情勢の変化のなかで、日本国内の雇用や転職をとりまく事情も変わっていくのは間違いないでしょう。

  • 転職する際には面接が必須となります。

  • 転職時の面接の際に担当者から「転職理由をお聞かせください」といった形で、必ずと言っていいほど質問されます。この時に、いくらあなたが間違っていなくとも、前の職場の人づきあいや働く環境についての返答などは、可能な限り口にするのは避けましょう。なぜなら、そのような内容をうかつに喋ってしまうと、印象が悪くなってしまい、チャンスを台無しにしてしまいかねません。面接では「前向き」な人柄をアピールするのが肝要です。本当の理由でなくとも、「新しい職場で、これまでのキャリアをしっかり生かして、会社の成長をサポートできればと思っています。」のような売り込みの形が必要とされます。

  • 再就職をスムーズに行いたい場合、準備は必要です。

  • 再就職にあたって然るべき準備は必須です。準備といってもたくさんあるのですが、特に目に映る「ファッション」は、重要だと感じてしまいます。けれど、ここ最近の、採用面接に関しては私服がOKな会社があるので、ビジネススーツでなくては、と考えて面接に臨まなくても良い場合があります。創業したての新規の企業などは、お堅いマニュアルもないことが多く、私服の方が良い印象を持ってもらえます。また、フランクに会話が出来るのも魅力です。さらに、私服を見せることで面接時に、洋服について、話題が広がることがあるので、担当者へのアピールにもなります。ということから、転職は企業の「設立した年」を確認し、(ベンチャー系の)面接の際は私服で勝負してみるのもアリかもしれません。