ついこの間、転職をやっとしたばかりだというのに、わずかしかたっていないの・・

3ヶ月まえに、転職したばかりだというのに、慣れもしないあい…

  • この前、転職をやっとしたというのに、何ヶ月もたっていないのに辞めてしまう選択してしまう人が意外にも多いといいます。何故そうなるのかと思うと転職先の仕事環境で勤務を始めてみたものの、「自分の理想としていた職場と堪えられほどギャップがあって幻滅した」「雰囲気が馴染めない」ということで別の仕事を探すみたいです。こういった、転職先選びで未然に防ぐためには、初歩として、情報収集を徹底する、に尽きます。手を抜くことなく、徹底して行うべきなのです。業務におけるルール、給与システム、など事前にチェックしておくことで転職における失敗は大きく減らせるはずです。
  • 転職の時の面接などの際に担当者が名刺を差し出してきた場合…

  • 転職での面接などの時に面接担当者が名刺を手渡してきたら、あなたも同じように相手の方に名刺を渡すべきであるのかどうかと対応の仕方に迷ったら、大体は差し出さないもの、と覚えておきましょう。面接においては仕事内ではなくて、仕事を得るための就職活動の一部であるわけですから、基本的には名刺をやりとりする時間とは異なります。それに加えて、会社の者としてではなく、個人的なことでこの場にいるわけです。なので、もし相手側から名刺を渡されても、あなた自身は名刺を受け取るだけで問題なくて、相手側に渡す責任は必ずしもないと言えるのです。
  • 今の自らの勤め先や仕事内容に対して、不服に思っていることの中…

  • 今現在のあなたの勤め先・仕事内容について少なからず何かしらの不満があるはずです。「自身の持っているスキルや能力をきちんと評価してくれない」それゆえに「賃金のアップも、昇進も出来ない」といった不満が多いように見受けられます。上記のような不満を持っている人のなかには自身の持っている実力を過大評価していないか、改めて確認する必要があります。万が一、そのような人が転職活動をした場合、「この求人では、自分を活かせない」と中々転職先が決まらないので生活費にしわ寄せが来るおそれもあります。という事態を招く可能性も少なくありません。なので転職で良い成果を出すためにも、「本来の自分の能力」を把握することが大切です。
  • 転職時の面接で着るビジネススーツのカラーについては・・

  • 転職の時の面接でいるスーツのカラーについては、新卒の就職活動の際に身に付けるカラーが安心です。言い換えると、紺色や黒色の暗い感じの色味、ということになります。それは転職のケースにおいても、ビジネススーツの色は黒系や紺系のカラーが大方を占め他の色のビジネススーツの人は少ないです。その他の色で言えば、グレーを着ている方がわずかにいるほどです。割合からしても黒や紺のスーツを着ている人が大多数なのです。ですから、人事部から見てもそういった色であるほうが普通に見えてしまいますから、第一印象という面では推奨したいわけです。
  • もしあなたが転職するのなら、資格を取得することで有利に事が運びます。

  • もし転職を視野に入れているなら、先に資格を取るのがおすすめです。とくに、在職中に資格を取っておくのがベストです。転職活動に有利に働くので転職先の候補が増えるのです。というワケで、在職期間中での資格取得が最も好ましいタイミングです。転職を目指しているなら、社会的にニーズの高い資格を取得しておけば、現在の仕事を辞めたとしても躊躇なく次に進められるはずです。加えて、資格取得によって転職活動では資格が味方をしてくれるので転職先の面接時に「即戦力」と判断され、待遇が良くなる可能性が高くなります。
  • 20代前半で転職を2回した為、現在、資格取得の勉強をしながら・・

  • 私は20代で転職を2回経験し、そして現在、いくつか資格を取得するため、「派遣社員」を選択しました。常勤での勤務ではないため、手取りが少なくなってしまいました。しかし、前よりも心と時間に大きな余裕が生まれ、満足しています。学生時代にいくつか資格を取得し、就職に活かせばよかったという後悔もあります。また、身近にそういった人を見てしまうと少し羨ましさを見えたりもします。これまで、自分と他人をどうしても比べてしまい、悩んでしまうこともありました。現在は結婚してから、過去と比べ生活環境も大きく変化し、以前よりも明確にやりたいことを見つけたので自分の人生に満足できるようになりました。
  • 転職を考える場合、あらゆることがうまくいく確証はありません。

  • 仮に再就職を考えたとしても、理想通りの成果があがる確証はありません。どうせするなら、いつか転職するつもりなら若い間に出来るだけ早く変えるべきです。平均として見た場合、20代のうちは希望を見出しやすいですが、残念なことに、30代後半~40代に突入すると転職そのものがかなり難しくなります。管理職などの重要なポジションに就いているのなら、転職を意識していても今の仕事を続けるということを結論として選ぶ答えの中に入れておくべきです。ようするに、退職届を出したあとに転職活動するよりも、現在の会社をやめないまま、堅実な未来を模索しておいた方が失敗することもありません。
  • 雇用中は可能なかぎり同僚に悟られないよう、(私のとき…

  • 在職中はできたら、会社内の人にバレないように(自身の場合)雇用期間中に転業の考えだけを早いタイミングで周りの人間に話したことがあります。しかしながら、それから、転職情報を探していたのですが、思いとは裏腹に就職のあても時期などすら何も煮詰まっていないままダラダラと時が過ぎてしまい、その傍ら、社内では仕事の引き継ぎや手続き、自らの退職日などが確定していき、最終的に「退職予定日に合わせて転職先を決める」という、お粗末な展開を迎えました。予定は噛み合うこともなく、失業期間を経験したあとで、次の就業先を見付けなくてはなりませんでした。
  • 今日、インターネットの就職斡旋エージェントの中でヘッドハンティングを専門に取り仕切る会社も増えてきました。

  • 近頃はインターネット上では、「就職斡旋エージェント」や、ヘッドハンティングを専門に取り仕切る会社をよく見かけるようになりました。特許出願の経験がある人は、直後に彼らから電話が掛かってくる可能性が高くなるといいます。ヘッドハンティングを行う会社は、特許権を獲得した人だけでなく、研究開発で論文を発表したことのある人や、マスコミで紹介された人など、何かで有名な人に狙いを定めて、電話・メールで接触し、ヘッドハンティングのネタにしようと考えています。万が一、あなたがヘッドハンディングのような話が出てきた場合は、そういったことが無かったか考えてみましょう。かなりレアなケースでは、ヘッドハンディングだと思わせて、「登録料」を要求しようとする業作がいますが、たぶんイカサマですから騙されてはいけません。報酬を支払うのは登録している会社であり、転職希望者が支払うものではありません。
  • 転職活動では、とても要となるのが「面接」というものです。

  • 転職活動において、とても重視されるのが「面接」なのは間違いありません。大半、面接の際は、面接官が応募者に対して転職の動機や退職理由などさまざまな内容を尋ねる形になります。そして、面接が終盤を迎えるあたりで転職希望者から面接担当の人に不安や疑問に思うことを質問できるチャンスがやってきます。面接担当のスタッフから「なにか弊社についての質問しておきたいことはありませんか?」と尋ねてくれるわけです。と聞かれた際に面接者本人が緊張しすぎて慌ててしまうと思います。後で後悔しないためにも、面接の前に疑問点などの(あなたからの質問を)準備しておくのもいいかもしれません。よく考えてみればよく考えておけばいくつも疑問点は見つかるはずです。ぜひ、試してみてください。
  • 今、私は派遣会社を通じて働いています。

  • このところ私は派遣会社を通じて働いています。インターネットサイト内で気の向くままに気になる仕事を見つけ出して尋ねてみると「そのお仕事はもう別の人の採用が内定しています」と答えられ一時的にウェブサイトからお仕事情報が消えるのですが、翌日に再度見ると元に戻っています。ということは結局私ではよくないのっていうことですよね。そうであるならばカドが立たない程度に正直に言ってくれるといいのですが、それを行うのは困難なのでしょう。それとももしかすると偽りのお仕事なのでしょうか?
  • 退職と転職を繰り返す日々を止めるためには、少しコツがいります。

  • 転職を繰り返さないためにすることは一つだけです。スキルアップもそうですが、精神的に成長すると、そう簡単に転職を繰り返しません。現在はインターネットもあるので、精神面を鍛えるコツは直ぐに拾うことができます。さらには、転職とは全く異なる行動によっても、メンタル面を強くすることが可能です。何かと言うとズバリ「海外旅行」です。海外旅行に行くと、生活様式・文化・言語など、違うことばかりなので、どんな瞬間も勉強になります。なので、心の成長を成し遂げるにはぴったりの方法といえます。日本に戻ってくると、自分が小さな世界しか見えていないことに気づかされ、「世間の小ささ」というものを実感することができます。この状態で(転職のための)面接を行えば、これまでの面接とは違い自信満々に自己アピールができるはずです。しかしながら、退職後しばらくの間は精神面がもろくなっている人も多いので適度に休みましょう。
  • 転職を考える場合に「Uターン」「Jターン」「Iターン」など・・

  • 転職しようと考えた場合、「Uターン」「Iターン」において都会から郊外・地方に移住したうえで再就職したい、と考える人が増加傾向にあります。最近では求人情報サイトを見れば、国内のどの地域の求人も閲覧できるようになっています。ただ、地方での求人に関しては、どうしても都市部よりも少ないので、それがマイナスといえます。ですので、転職サイトのみに固執するとガッカリしてしまうかもしれません。求人情報サイトにプラスして、その地方の自治体や商工会議所の情報サイトもこまめに確認しておくと良いでしょう。「地方自治体・商工会議所」などの行政が開催している転職サポートに関する情報も確認しておくとよいでしょう。
  • 自分のスキルが有利にはたらくように転職活動する場合・・

  • 自身のスキルを活かして転職を考える場合に、そのスキルがプラスになる転職しやすい職種と難しいものとを知っておくと仕事選びに役立ちます。転職が容易な業界としては、慢性的に人材が不足している医療や介護系のジャンルが代表でしょう。医療・介護系の仕事は看護師、介護士は看護師や介護士といった国家資格が必要で、ハードルが高く、売り手市場となっています。現在、看護師や介護士として勤務している人が、ワケあって、異業種に転職したいと考えているのなら、すぐに動いてしまうのは危険です。「医療」「介護」以外の大半の業界は、人材の流動性は現業界よりも少なく、したがって、簡単に考えないことが大切です。異業種への転職される場合は、「売り手市場」な前提で軽率な行動を取らないように覚悟しておきましょう。
  • 今日では、「ブラック企業」に厳しい目が向けられるようにな…

  • 今日では、ブラック企業がメディアで取り上げられたりして、労働条件に対する取り締まりが厳しくなったり、悪質な企業は公表されたりと、不利益を被るシステムができてきましたが、まだまだパーフェクトではありません。だから、面接で見破る必要が生じます。まずは求人票などに記載されている労働条件を見ておき、怪しい点について質問をぶつけてみることです。「ブラック企業」が相手の場合、記載内容にウソがあったときには、返事が不自然なものとなります。「その場では答えられない」というような逃げ腰になります。中でも「給与」「残業」「休日」の3つに関しては、質問を続けていく中で、困った表情をする可能性が高いです。それでもめげずに尋ねていくと、ブラック企業特有の高圧的な態度や、ふてくされた態度を見せるので、そこで相手のウソを確信できます。この手の企業は、約束を守らない上に、入社してからもふてぶてしい態度であることが多いので、変だと思ったら、入社を止めるのが無難でしょう。
  • たいてい大企業は、「定期採用」で人材確保することが多くを占めるた・・

  • 多くの場合大企業の採用は、「定期採用」であることがほとんどなので、転職で入りたい場合は、時期を考慮しなくてはいけません。おまけに、都会以外だと転職の可能性が低くなるでしょう。しかし製造業の場合においては、都市部でない地方の工業団地等に製造工場を構えていることが多々あります。さらに、そういう地方の工場なら、事業分野の拡大などの節目に中途採用することも珍しいことではありません。その機会に転職を検討してもいいかもしれません。地方の工場での転職を希望される場合は、その地方の工業団地の会社を得ておきましょう。その企業のホームページを覗いて、人員募集の予定がないかしっかりと確認しておくと間違いがありません。