シフトがある仕事についての話です。

「シフト制」のある仕事についての話なのですが、毎週、特定の曜日…

  • これはシフトのある仕事についてです。一定の曜日に仕事できる人を募集している求人をよく見るのですが、もしも応募しようと思っているならシフトの出し方、休み方については面接の際に尋ねておいたほうが良いです。私は以前産休で抜けた人の代理として正社員として仕事をすることになったのですが、そこでは「土日」固定のシフトで、新入社員の私以外、誰も現場にいませんでした。前任の女性が「土曜、日曜」に必ず出ることができたので、私も出勤できると思われていたようです。ですから「土日」に冠婚葬祭が入ったりした場合、シフトを変わってもらうときは、上司に「代わりに出勤していただけませんか?」と私が依頼しなくてはいけませんでした。立場も給料もほぼ同じなのに土日を私1人だけに任せるって、どういうことなのでしょう?今思うと「本当によく耐えた」と自分でも驚きです。
  • 日本には「石の上にも三年」といわれる諺もありますが、…

  • 昔から”石の上にも3年”という諺もありますが、「終身雇用制度」は死語になりつつあります。定年退職までを勤め上げるという感覚は薄れ、「転職」を経験する人が増え、自然なこと、としてとらえている人が多くなってきています。でも、「仕事を変えること」が一昔前よりも身近になってきたとはいえ、軽はずみな気持ちで転職を繰り返すのは大変な問題となります。実際に再就職したいなら、時期を捉える必要があります。基本として、今やっている職場、全般的に、例えば仕事内容や待遇面について不服を強く感じていることを10個程度、紙とペンを使い、リストにしてみましょう。其れによって将来の再就職に役立ちます。そして、将来の進むべき道が見えてきたら、できるだけ早々に、良い職を手に入れられるように努力することも大切です。
  • 転職を行うとき、まず、求人票を見たり、ネット上の公式サイトを見たり・・

  • 転職活動を始めるとき、まず、求人票を見たり、ウェブ上の公式サイトを見たりして関心のある会社を調べるでしょう。ですが、その会社が情報を公開する際には、コンサルタントが主導している可能性が高いです。彼ら(コンサル)は、会社に不利益となる情報を隠す傾向があります。仮に公表したとしても遠回しな表現に徹します。そういった類の会社や社員に関連する情報については、額面通りに捉えるのではなく、話半分で捉えておいた方が良いでしょう。もしも額面通りに受け止めて会社に入ってしまった場合、予想とは全く違うと後々、後悔したり、場合によってはトラブルに遭遇するおそれもあります。悪意ある会社は、素直な人材を効率的に取り込んで、その後は、あれこれ言いがかりをつけて辞めさせないように画策しています。ブラック企業では、この手のことがかなりあります。
  • 転職するとだいたいの場合はそれまでの会社の仕事はほとんどの記憶は美化されます。

  • 職を変えた際には、高確率で前職での大方は美化された記憶となります。現在の仕事内容に合意できないから、良い方向に進もうとやっと退職を決め、転職を決意したはずなのに、過去を振り返るとなぜか「前の仕事のほうが良いのでは?」と思い始めるのです。それというのは至って普通で、前の職では仕事をこなすことに慣れていてきちんとまいにちの業務をできていたからというのが大きい理由ですが、とはいえ「退職なんてしないほうが良かった」と本気で後悔するほど、以前の仕事の方が報酬も環境がいい事も考えられます。
  • 万が一あなたが、現職からの転業の意思を固めたなら、完・・

  • 万一あなたが、転身を決めたのなら、同僚にはこっそりとその意思を伝えずに、うまく活動を進めていき、現職期間中には、あくまで会社内の人に気づかれないように通常通りに仕事をする方がもっとも堅実です。現職中、その状態を保っておくと、最悪希望に沿う転職先をすんなり見付けることができなくても、転職時期を保留しながら、現職にそのままし続けても容易にできます。でもうっかり、「転職するつもりでいる」と話してしまうと、周囲はその言葉に合わせた応対を取るようになります。また周囲に「辞めるつもりです」と言ったが最後、周囲からは「あの人は辞める人」という位置付けになります。そうなってしまってから転職の気持ちが冷めて、「やっぱり仕事は辞めないことにしました」となっても、「一度は辞めようとした人」とあなたを冷ややかに見るので、仕事を続けている間、立場が悪くなる思いををするおそれもあります。
  • 転職活動を行っていて間違いなく聞かれることとして志望動機と転職理由の2つがあげられます。

  • 転職活動をやっていると、必ず尋ねられるのは志望動機と転職理由の2つです。このうち志望動機に限っては、率直に話してもかまいませんが、転職理由についてそのまま伝えるのは問題です。給与が納得できないことや、上司とそりが合わないことなど、面接担当者に悪いイメージを与えやすいものです。たぶん、自分が不利益を被ると予想できることをそのまま話す人は非常に少ないと思いますが、採用担当者はそういった点に関心を持つことが多いので、慎重に質問をしてきます。これに対して不満を言わずにうまく答える方法として、現職の仕事内容以外のことは話さないことです。それにプラスして、「入社後、〇〇をしていくつもりです」、「いついつまでに〇〇は叶えるつもりです」、そのために御社に応募しました、と話をすり替えてポジティブな印象を与えるのです。
  • 転職をしようとするときに、まずは会社を辞めてからといった方法もあります・・

  • 転職活動をスタートするときに、まずは今の会社を退職してからという考えを持っている人もいるようですが、そういった場合には会社がいつボーナスを支給するかを確かめておきましょう。社員にボーナスを支給する企業は山ほど存在しますが、ボーナスの支給がある会社のケースだと、ボーナスをもらえる日が目前に迫っているのであれば、ボーナスが支給されてから会社を去るという考えもおすすめです。ボーナスはってかなり多くもらえるはずなので、手に入れなければ損ということも断言することができますから、転職しようと思ったらいつまで待てばボーナスが入ってくるのかを知っておくほうがボーナスをもらうのを忘れないと思います。
  • 友人・知人による紹介で転職先を探す人もいるでしょう。

  • 人の紹介をキッカケにして転職の先を見つけている最中の人もいるでしょう。ですが、転職した先の労働環境や労働条件に関する情報について、友人知人からの口コミだけを鵜呑みに判断するのは後々キケンです。言うまでもなく、個人による口コミ情報はどうしても伝える側の主観が入ってしまうから客観性に乏しくなります。紹介した人から見たら良い職場だったとしても、あなた自身には、ストレスだらけの環境、、、という可能性だってあるのです。またその逆も然りです。なので、職場環境をはじめ、気になる点は口コミだけで判断せず、しっかり自分自身の目でしっかり確認しておきましょう。
  • 新卒採用で入社した会社に別れを告げ、一歩踏み出して転職をしました。

  • 新卒で入社した会社に別れを告げ、転職に踏み切りました。実際にやめる前後は、しばらく不安で辛い時期もありました。ですが、会社を辞めて、大半の人が中途採用で働いていることを自身の転職を通じて理解し、自然と悩みが消えて、気持ちが楽になりました。また転職をするとなにか気持ちが前向きになって、「自分のやりたいこと」を優先できて毎日が充実したものになりました。やはり「辞めることが悪」といったような転職する行為を咎める意見もありますが、必ずしも正しいとは限らないと感じました。私は転職を決断して良かったです。
  • 今から転職活動を考えている人で、次の仕事を始めるまでにまだ時間が掛かりそう・・

  • これから転職活動を考えている人で、次の仕事をする前に期間があるのなら、必ず「失業手当」をもらっておきましょう。会社側で社員に雇用保険を払っているところであれば、必ず誰でも失業手当を手にできます。手続きについては、「ハローワーク」で行う必要があります。しかし自己都合で会社を辞める形になったなら、失業手当を受け取るまでの待機期間(3ヶ月)がありますが、現在の会社都合の退職、または残業時間次第で日数をおかずすぐもらえる場合があります。さらに支給される「失業手当」の金額については、最後に働いた月の直近の給料を基準に失業手当の支給する額を計算するので会社に「閑散期」「繁忙期」の波がある業種の人は、理想なのは「繁忙期」後に辞めるのが無難です。
  • クールビズで転職の面接を受けに行くときには、ジャケットに関し・・

  • クールビズ(軽装)スタイルで転職の面接会場に行こうとするときには、やっぱりジャケットは着て行かなくても安心であるとはっきりと分かりますが、ネクタイはした方が好印象を与えてくれます。ネクタイもジャケットと一緒でなくても大丈夫だと考えている会社もあるケースもなくはないです。ですが、ことネクタイについてはクールビズであろうと身だしなみとしてつける必要があると思っている企業がいくつか存在するわけです。それゆえに、例えクールビズのスタイルであってもネクタイだけは必ず着用して面接した方が印象が良いというのは知っておいてください。
  • 転職する企業で、年収に関して高望みはしないほうが無難です。

  • 転職の予定があるのなら、すぐに「年間報酬」を高望みしないほうが無難です。ことさら、入社1年目の段階では、ほぼほぼ「試用期間」を含んでいる企業も多く、私のときは、やっと新しい職を見つけることができたのに、なんと以前の会社での年収とあまりイコールで変わりませんでした。また、仕事は多忙を極め、たいへん責任のある立場で初年度を乗り切るのに非常に苦労しました。そういった経験を踏まえると、転職1年目は、仕事を学ぶ期間と割り切り、可能なかぎり転職以前の段階で貯金をしておくべき、と思います。
  • 転職をする場合、転職後の自身の年収を過剰に気にする・・

  • 転職というものを考えるとき、そこでの給料を気にしすぎる人がそこそこ多いものです。たいていの人は仕事というのは収入を得るため、行うものです。だから生活費を手に入れるべく仕事を選択するはず。だから年収の額は自分自身の仕事に対する評価という見方もできますから、とうぜん大切と感じるのは無理もありません。でも、年収に固執しすぎる生き方というのもさみしい気がします。年収が期待できない業種でったも精神的な充実を得られることがゼロではないからです。
  • 今までは求人誌では、性別が当然のように記載されていました。

  • 何年か前までの求人情報には、雇用側が求める人材の「性別」がきちんと明記されていました。けれど今では、「男女雇用機会均等法」の影響によって、男女の求人・採用差別をしてはいけないという決まりになり、募集要項の詳細に「性別」の表記ができなくなりました。そんな変化があるものの、求人側は、実はどちらが希望と言う想いがあるはずです。実際に、本当は男性希望の案件に女性の採用希望者がやってきたり、その反対に女性が必要な案件なのに、男性が来てしまったり、といったトラブルもひとごとではないのです。もし、「女性が活躍している職場です」と記載のある求人募集の場合は、これは女性を望んでいると解釈しておいた方が良いでしょう。
  • 看護師という仕事の人のほかの仕事に「転職しよう」と思う理由…

  • 看護師という職の人の他の職に転職する原因は人によりけりです。さまざまな理由がありますが、看護師の転職するには「職場の人間関係にウンザリしている」「結婚することで家事のことがいろいろとあって出産、子育て加えて家族の介護など、環境のいくつかの変化など、これまでのような今の仕事を続けられなくなっている」「今の収入に大きな不満を感じている」など多種多様の理由が解消したいために転職されるのかもしれません。しかし、実際に転職される前に「どうして自分は転職しなくてはいけないのか?」と、落ちついて冷静に、現在の状況を客観的に見つめ直すことも重要です。「本当に転職を叶えたら、状況が上向くのか?」と再考したうえで決断してみてください。
  • 転職先を探している期間中は、趣味に没頭する他、体力づくりを意識しておく・・

  • 転職期間中は、趣味に打ち込むほか、体力の向上を意識しておくと良いと思います。勤め口が見つかり、いざ仕事を始めた際に、趣味に打ち込んでいたことによって気付かない間に集中力が高まります。また体力アップしていることで他の社員と比較するとスタミナがあると自覚します。ということで、退職したら自分が興味のあるなことに集中することと、体力を落とさないようにすることをするのが何より良い事なのです。今後、同じ会社内で同じ趣味の方と知り合えたのなら、会話が盛り上がります。ですから、気になったことにとことん時間を費やすのも転職期間の自由な時間の使い方です。