以前の私は、転職サイトを利用するよりも、いつも「ハローワーク」を利用していました。

今までは、「転職サイト」に頼るより「ハローワーク」を活用していました。

  • 前は「転職サイト」よりも「ハローワーク」を使っていました。どうしてかというと、有名どころの「転職サイト」は、特性上、都心の求人しかないからです。であったので、求人情報を探す時は、「ハローワーク」に頼ってばかりでした。やはり、掲載されるどうしても知名度は低くなってしまいますが、地域に寄り添った企業が多く、探しやすい魅力があります。しかし、「ハローワークを利用したことがないから不安」とイメージしている方も多数いるかもしれません。ですが、思いがけず理想の企業もあるかもしれないのでもしも転職について不安がある方は、ハローワークへ行って相談してみてください。転職サイトのように大量の電話やメールが送られてくる心配もありません。

  • 再就職をする際の面接を受けるときにする腕時計に関しては・・

  • 転職する時に行われる面接のときにする腕時計についてですが、ビジネスの場らしからぬ目立つようなタイプのものはつけて行かない方が良いです。この場合の、目立つ意味は明らかに高価なものだったり、というだけではありません。それとは反対に安物の腕時計の印象を与えるとか、そういう意味であって真逆の目立つ、と頭に入れておきましょう。再就職の面接のときに着用するべき腕時計においてはネクタイやスーツと一緒で、ビジネスの場にふさわしい平凡なものをつけるほうが確実です。けれども、自身の歳に適しているということも大切なことで、新卒の頃にしていたものよりは少しでも高い腕時計にした方が転職の面接においてははっきりといえます。

  • 職を変えようと考えている時に見る募集要項に関しては…

  • 仕事を探しているときに注視する募集要項は、基準的なものとして、アバウトに載せている、ということもあり得ますので、載っている情報は正確な情報だとは信じない方が良いでしょう。とりわけ生活に大きくかかわってくる報酬の額などにおいては、一般的なのか?最低金額であるのか?最高額の給料なのか?といった見解ができない人のほうが多く自らの勝手な判断で決め込んでしまうと、後から悔しい思いをする可能性もあり得ます。という事で、悔しい思いをしなくて済むように、求人に掲載されている情報は目安だと思って、そういったような情報は会社に直に確かめるのが適切でしょう。

  • たのしい気持ちでいながら再就職をすることができた・・

  • 将来に目を向け、楽しく転職と向き合っていけば、精神的に負担を感じることもないので、転職期間中の堕落も避けられるはずです。しかもメンタル面が健全であれば、転職先も早くに見つかるはずです。理想的なのは、やはり、休職期間をつくることなく新たな勤め先を見付けることです。現在の会社に勤務しながら、次の仕事を見つけるのが理想といえます。しかも、隙間をつくらなければ仕事を辞めたあとすぐに、働けます。そうすると、職歴にも空白期間が無いので今後に響きません。すなわち、再就職の際に不利になることがないということです。今後のことを考えつつ、うまく転職活動を考えていきましょう。

  • 転職ならば、むろんやりがいのある仕事をすることも大切だ・・

  • 転職を行うなら、当然仕事におけるやりがいのアップと共に加えて給料のアップも大切なポイントになりますから「年収比較サイト」に登録して今いろいろ研究をしています。同じ会社でその上全く一緒の職種、経歴なのにすごく人によって違いがある場合も多く、正直に言えば面接の際質問をしたことがあります。面接をした人もそのサイトをよく見ていたみたいで「その高収入で書いているのは、書いた人も誰だろうとだいたい察しがつくのですが、おろらく格好をつけているのでしょう。低い方の収入で心づもりしといてください」とのことでした。

  • 転職を取り囲む状況は、政治による変化の兆しが出始めています。

  • 政治によって状況が変化しつつある転職事情ですが、安倍総理が舵取りを行う現政権下では、アベノミクス「三本の矢」など、新たな経済政策を次々に打ち出し、内閣が打ち出した新たな経済政策ともに日銀の金融政策と、たがいに作用しあって、財界・民間企業ともに次の世代の社会的な変化が増加傾向にあります。その変化が加わり、民間企業の側でも若者世代の減少と、現役世代の大量退職による「働き手が足りないこと」が社会問題として拡大しています。ここ何年かの間で「外国人の労働者」の割合を高めていくと現内閣は方針として掲げています。外国人労働者の増加に伴い、こうした社会的変化によって日本国内の雇用や転職をとりまく状況も変化していくのは確実です。

  • 転職時の面接の時に人事担当から「転職理由をお聞かせください」…

  • 転職時の面接で面接担当者から「転職理由を聞かせて頂けますか?」という風に、ほぼ訊かれます。この場合、どれだけあなたが正しくとも、以前の職場の人間関係や労働環境に関しての愚痴ともとれる返しは、できる限りやめておきましょう。なぜなら、此の様な内容の話は、採用条件としてマイナスに傾き、チャンスをダメにしてしまいかねません。そのため面接時は、「ポジティブ」な姿勢を見せつづけることが大切で、とにかく「新しい職場においては、自分のキャリアを十分生かし、会社の成長をサポートできればと思っています。」のような売り込みの形が求められます。

  • 転職にあたってそれなりの準備は必要不可欠です。

  • 転職活動では、相応の準備は必須です。一言で準備といってもたくさんありますが、そんな中でも目に映る「ファッション」は、誰しも気を遣う部分ではないでしょうか。しかしながら、昨今の、企業面接に関しては形式ばらない服装で大丈夫な会社があるので、しっかりビジネススーツを着て面接に出向かなくても良い場合があります。会社の創立してすぐの歴史のない会社ほど、厳格な規則もないことが多く、私服で面接をしたほうが、印象が良くなります。さらに、フランクに会話がしやすいのもメリットといえます。そして私服だと、面接時に、ファッションの話題で盛り上がる可能性もあるので、もしかしたら面接担当者へのアピールにもなります。ということから、これから転職は会社の「創立した年」に注目してみて、(ベンチャー系などの)面接の際はスーツは着ずに私服で勝負してみるのも悪くないかもしれません。

  • 就職活動する場合に注意して欲しい求人は、そこまできつそうな仕事ではないのにも関わらず給料が高く…

  • 転職するため職探しをする際に気を付けるすべき求人は、そこまできつそうな仕事ではないのにも関わらず給料が高く、拘束される時間が長いものです。こういった案件は、給料に『みなし残業代』を入れて告知していることがとても多いです。みなし残業代というのは、別名『みなし』とも言われ、30時間、45時間といった形で求人の内容に時間の併記がされています。毎月これくらいの残業が発生するため、前もって給料形態に残業代を入れて計算しておく、といったシステムです。(違法ではありません)もしも求人に『みなし残業代50時間込』と表記されていれば、「記載時間分の残業代を入れた場合は、これだけの給料です」という話になるわけです。ですが、悪質な求人は、この『みなし』という言葉自体が場合もあるので、注意をしておきましょう。

  • 就職した会社で怒りっぽい上司に神経を削られ、ついに我慢ができなくなりその会社は辞め・・

  • 勤務していた会社で意地の悪い上司に嫌な目に合わされ、とうとうやっていくのは難しいと判断してその会社を辞め、同じフィールドの別の会社に転職しました。その会社ではいやらしい上司もおらずきわめて満足した日々でしたが、少しずつ会社の売り上げが減少し最後には経営統合されました。偶然にも経営統合の相手は驚くなかれ前にいた会社で、加えてすごく嫌いだった上司が再度私の上司になることに。いったいこれは本当に縁があります。もちろんまた転職活動をスタートしています。

  • 転職のための採用面接では、中小企業であればほとんどが「人事」が面接官となります・・

  • 転職の際の面接は、中小企業だったらほとんど、その社内の「人事」担当者が面接官になりますが、その他にも実際、今後仕事をすることになる作業部署の一番偉い人、一言でいえば役職クラスである部長や課長が面接をしてくれることもあります。中でも営業職や事務職などのカテゴリでは、資格などで判断がしづらいですから、きちっと自身を売り込んでいくことがとても必要であり大事なことです。担当者から「この候補者はしっかり自己アピールできるし、頼りになりそうだ」と思わせ、記憶に残すことが大事です。

  • より安定した生活基盤を欲しがって正規の雇用社員として働くことを念頭に置いている人・・

  • 安定的な暮らしを手にするべく正規社員として働こうと考えている人は相当います。が、役立つスキルを身に着けたりしてかなり努力していても、中々正社員としての転身が現実化しない可能性もあります。契約社員や派遣社員の求人はかなり目に付くのに正規雇用の求人情報以外には目もくれず時間を浪費している人が少なくないと言います。なかなか、正規雇用での雇い入れが難しい場合は、契約社員の求人募集も見てみましょう。契約社員や派遣社員を募集している会社であっても、成果次第で2,3年で非正規雇用から正規雇用へのキャリアアップを図れるようにしている所があるからです。ですから採用面接時に、「正社員登用」のチャンスがあるかどうかを聞いておくようにすれば人生設計が立ちやすいはずです。

  • 失業したときに受け取ることができる失業保険は、失業中でなければ給付されません…

  • 失業者がもらえる失業保険は、失業しているあいだは給付条件になりますが、「期間」が定められています。離職時までに働いていた期間に応じて変わり、3ヶ月とか1年と決められるのですが、このような現実を全く知らない人が一定数いらっしゃいます。失業中である限り給付されると思い込んで「失業保険をもらえるギリギリまで遊んでいよう」という人がいますが、給付期間の終わり際にやっと自分の誤りに気付き急いで仕事探しを始めてもろくなところが見つからない確率が高いです。転職を希望している会社の面接官もバカではないので、「いつに失業したか」「どのくらい失業期間があるか」「その間、何をしてたか?」位はそこそこわかるはずです。運が悪ければ、それらを根掘り葉掘り訊かれることもあります。答えに詰まったり、不自然な嘘をついたりしていると、まず受からないでしょう。

  • 「転職サイト」は、大手のほうが掲載される転職情報が多いた・・

  • 転職サイトはよく知られたサイトであるほど掲載される転職情報が豊富なため、2社か3社くらいとりあえずはサイトに登録し、希望する勤務地や収入についてチェックを入れて、条件に合う求人情報が自動的に通知されるように設定しておくと情報を収集しやすくなります。だとしても、初めだけは登録するのに本当に手間がかかるので、登録前に履歴書と職務経歴書をしっかり準備し、さらにそれらをテキストファイル化して、コピー&ペーストする形で登録しておくと手間が減って便利です。登録をする第一回目は時間がやや必要ですし、案件の検索・応募をするだけでも苦労しますが、次回以降は、新着案件のみ確認するだけで大丈夫なので、次回以降の応募を楽にするめにも、初めの段階できちんと準備することを心がけましょう。

  • 自分自身の大好き、を仕事にしたいという風に考えている人は気をつけた方が良いです。

  • 自分自身の趣味に通じることや好きな分野の仕事に就きたいという風に思っている方は注意した方が良いです。これは、私の経験に基づいたことなのですが、私は、食べることが本当に好きでそれが高じて、前に、飲食店(レストラン)で働いていた時期がありました。そのレストランでの仕事内容は、その飲食店で任されていた仕事内容は、シンプルな盛り付けやホール業務です。この業務内容に関しては、嫌なこともありませんでしたし楽しんで働いていました。しかし、職場の人間関係ですごく嫌になりました。そのことが原因で、職場を去ったのですが、それと同時に、大好きだった食べること、そしてその店でメニューとして扱われていた食べ物も嫌になってしまい、類似の飲食店にはしばらく経った現在も行けません。当時の匂いを思い出すだけで辛くなります。仕事を始めたばかりの頃は、好きだったものを嫌いになるなんて、自分でも驚いています。自分の好きなことを仕事にしたいと夢をみるのは素敵だとは思います。しかし、あなたの「好き」はどのレベルのものなのか、じっくり冷静に自分と向き合う必要があります。

  • 転職の間は、知らず知らずのうちに時間が有り余っているた・・

  • 再就職先を探している間は、ついつい時間が有り余っている分、緊張感のない、ダラケタ生活になってしまいます。ですが、そんな過ごし方はおすすめしません。それは、気の緩んだ、だれた生活が普通になると、「精神的」にも問題が出てくるからです。時間がたつにつれて、働く気力がなくなり、お金に困る未来がやってきます。そのまま、悪いサイクルがさらにつづき、転職をしたい会社を見付けることが困難になってしまいます。再就職先を決められなくなるのは、お金を一番に考えるためです。もらえるお金を一番に転職先を探すことになるとやりたかった仕事を求めて転職に踏み出したとしても思い通りの仕事ができるかわかりません。ということで、お金に縛られない生活を続けるためにも、だれた生活は、(転職活動中には)不必要です。