求人についての情報では、ほとんどの場合、大部分の会社で・・

求人広告には、大部分の場合は普通の会社では月収が記載されているはずです。

  • 求人関連の情報では、とうぜん普通の株式会社では月の給与が明記されています。でもこの箇所を見る際は、深く確認する事が必要です。額の多い少ないだけを見てわかってしまわないほうが無難です。何故かというと案件によっては、月収の内訳で月20時間残業の場合を前提に計算されている可能性もあります。そういうことは残業代を入れて魅力ある案件に見せて、人材を確保しようとしている場合もあります。このほか、「歩合給」をプラスする、といった案件も要注意です。歩合をかなり盛って月収を多く見せている可能性が考えられたりします。ですから、そうやって「不誠実」極まりない案件は、スルーしておくのが無難といえます。

  • 転職をスムーズなものにするには、前に意味のある情報を集めることをしておきましょう。

  • 転職することを成功させたいのなら、あらかじめ、情報を集めることを徹底してみましょう。ですから近年は会社の名前を知られていない小さな会社といえどもホームページに会社のことを書いているところが普通だから、ネットの機能を利用して色々と必要事項を手に入れるとそれとその会社について疑問を解消しておくと相手の会社を知るのが容易です。加えて公式ホームページの他に、「転職サイト」の情報に目を通しておくと意外な発見があるはずです。そのほか、インターネット以外の方法として何よりも転職の候補している職場を自分自身で見て判断するのも大事です。

  • 初めて転職する場合、心がけるべきことはなぜ今の仕事を去るのか…

  • 人生初の転職を行うのであれば、忘れてはならないのはどうして現在の仕事を辞めたいかを頭の中で整理しておくことだといえるでしょう。その理由こそが根本の問題になるので、必ずやっておくべきです。そして問題を解決できそうな会社を決めることになります。転職活動は、在学中の就職活動とは違って、現在の仕事を継続しながら就職活動をしていく必要があることから、時間と体力を消耗します。それゆえ明確な理由がないままに転職活動をすれば、途中で挫折したり、息切れしてしまいます。「どうしても転職したい!」「現状に変化を加えたい!」という強烈な気持ちがない場合は転職活動にゴーサインを出すことはやめておくのが無難です。

  • 時間に融通が効くはずの派遣社員だからといっても、契約期間を迎え・・

  • 比較的時間に融通が効くはずの派遣社員だからといって1年ごとに任意のタイミングで辞められるわけではないと、転職を経験して思い知らされました。私は新婚した後、生活が落ちついたあとすぐにでも子供が欲しかったので、その間までと思い1年半~2年だけ今の職場で仕事をしたいと思い、就職しました。派遣社員であったために、正規よりも年収は少なめでしたが、仕方ないので時間的な融通を優先するために、あえて選択しました。が、入社したあとで、一緒に働く人たちはほとんどが10年、15年と続けていらっしゃったのです。結論として派遣社員といえども、すぐに辞められるワケではないと、この先どうすべきか、とても困惑しています。

  • これから転職活動をされるなら、気になる求人(あるいは職・・

  • 転職活動中に、気になる求人(または業種)を見るたびにマメに「〇〇業、ブラック、デメリット」でネットで検索しておきましょう。求人票・転職エージェントからはその業界のマイナスとなる面は、教えてはもらえません。もしも、ブラック案件が蔓延している業種なら、ネット検索を通じてカンタンにおおまかな実態を理解できます。そういう現実を知らずに入社すると、あとになって入ったことを後悔してしまうおそれがあります。だいたいその求人募集が出ている理由が「内容がキツイから人が定着してくれない」というケースも多くあります。目に留まった業種について、きちんとチェックした上で応募しましょう。

  • 看護師という仕事は、どうしてか女性の割合がすごく高・・

  • その昔は看護婦ですが看護師は仕事としてやはり女性のかなり多い職場です。あまり知られていないかもしれませんが気力・体力の大きく消耗する職場ともいえます。なので、職場環境での対人関係のいざこざや、自身の結婚・出産などによってそれまでの勤務が続けられなかったりして、仕事と私生活との両立がかなり取りづらい業種ともいえます。実際、上記のような問題に行き詰まり、転職される人が多いのが現状です。色々と過酷な環境であるために、看護師は、国内のあらゆる場所で人材不足に変わらず継続しています。常に医療業界は、看護師を欲する「売り手市場」であるため、それが転職増加の要因になっているのでしょう。

  • 再就職をする際の面接での身なりはクールビズで良いとと事前に連絡が来る場合もあります。ですが、…

  • 再就職の時に行われる面接時の身なりは企業側からクールビズでお越しくださいと事前に言われる場合もあります。ですが、クールビズの格好は本当は良くないのでは?と考えてしまいます。クールビズに関する不安を懐に抱え込んでしまっている人たちに関しては、企業側からクールビズでも大丈夫だと言われている面接なら、伝えられていることを素直に聞き入れたほうが大丈夫です。色々悩みすぎてしまい、夏にしっかりとスーツを着ると相手側に暑苦しいと思われますから、クールビズでも大丈夫ですよと記載されていたらクールビズの格好をおすすめします。

  • 新しい会社につきたいと転職で活動しているときの場合は…

  • いい職場につきたいと転職をする活動中のときの場合は「早く、内定が欲しい」と思ってしまうものです。しかしながら、そういう気持ちで良い知らせを得たいばかり、自分をより大きく見せたり、その反対に安売りするようなマネはぜったいにしないでください。そうではなくて、焦る感情にガマンして、冷静になりつつ、自分にピッタリな職場を探すことに専念することが重要なのです。これまでのキャリアを活かせるように、そして、自分のキャリアアップが期待できる場所を賢く選択してみましょう。

  • 転職することを、今の会社にいる人たちがあなたが会社を去ろうとしているのを知ると、、…

  • もしも転職することを、今働いている会社の同僚たちがあなたが退職すると知ってしまうと職場の雰囲気が一変することがあります。あなたの置かれている立場によっては、問題はないこともありますが、意地悪されるかもしれないと想定しておいたほうが賢明です。時には、残業を押し付けられたりすることもあるので、軽率に転職のことを口にするのは考えものです。上記トラブルを避けるために、いまの職場では、真面目に仕事に取り組んでいましょう。充分に警戒しておけば、良い空気をギリギリまで維持したまま、晴れやかに会社を退職できます。加えて、何の問題もなく円満退職できれば、辞めた会社に相談できるような良好な関係性を持っておくことができます。業種や規模に関係なく、どんな企業でも、人とのつながりはとても大事なので、転職前のトラブルは、できるだけ回避しておきましょう。

  • 転職の際、派遣社員」で考えている人にぜひ注意してもらいた・・

  • 転職の際、正社員ではなく「派遣社員」として、転職を考えている人に覚えていてほしいポイントが複数あります。一般的に派遣社員というと、電話対応、データの入力などの雑務、雑用等をのような仕事をなんとなく連想する人がおそらく多々ありますよね。実は私もそう思ってました。現在勤めている会社に入社するまでは「派遣社員」の求人に応募したときに「電話対応が主な業務」と採用の際に説明を受けてもいたので安心しきっていました。しかしいざ業務に掛かると、なんと抜けた正社員さんの穴埋め業務を任されてしまいました。何をしていいのかもよくわからず、面接のときの説明とは全く違うので全くわからないような内容でしたので、今はただひたすら「はやく契約期間が終わってほしい」と願うばかりです。

  • 生まれて初めて失業保険をもらう場合、「期間内は自動的に受け取れる」と考える人…

  • 生まれて初めて失業保険をもらう場合、何もしなくても受け取れると思っている人が大多数なんですが、それは誤解です。実際には、きちんと受け続けるためには、「就職活動」をしていないと駄目で、さらに、月に一回以上はハローワークに行かなければいけません。1ヶ月周期で担当者に就職活動の状況をきちんと説明してきちんと仕事を探していることを理解してもらえれば次の月の給付を受けとることができるという仕組みです。また、きちんと就職活動をしていないという心証を与えたり、毎月の職員との面談を欠席している場合は、ルールとして給付が一時停止となったり、ときにはそれ以降の給付資格も消失するおそれがあるので、そうならないために気をつけてください。

  • 派遣として勤務しています。派遣法や労働契約法の関連…

  • 派遣で就業しています。派遣法や労働契約法のからみでずっと働いた就業先での仕事があと数か月で終わります。いっしょに働いている派遣の仲間の中には派遣先の会社で正社員の位置を手に入れた人もいるのですが採用された理由としてはぶっちゃけ仕事がどうというのではなく派遣先の上司への媚びへつらいがうまい方でお引き立てがあった気配。業務上の能力よりも上司のおじさん転がしスキルが大事なんだねーと抜擢されなかった別の派遣の仲間と職場で毎日愚痴を言ってます。

  • 転職を行う場合、いろんな経路で情報を集めることが多いと思いますが…

  • 転職するときには、様々な経路で情報を収集することが多いと思いますが、転職系の口コミサイトは利用しなければもったいないです。一時期、悪い口コミをサイトに載せられたということで、運営サイト側に損害賠償請求を起こし、話題になったことがありました。辞めた(辞めさせられた)社員の腹いせによってそのような口コミが投稿されているとみるのが一般的ですが、別の角度から見れば、ウソの書き込みなら、会社としては気にする必要はないはずです。あるいは、実際は『クロ』で「このままではマズイと考え、火消ししなくては!」としていると考えることも出来ます。「口コミサイト」も炎上するネタが出来ることでアクセス数が増えるメリットもあるので黙認している側面もあるのですが、好ましくない口コミが多いというのは、それだけトラブルに遭遇する心配をしなければいけないと判断するのが妥当だと思います。というか、善良な会社だったら煙は立ちませんから。

  • 来週からでも転職を予定しているのなら、今いる仕事・…

  • 今からでも転職活動を考えているのなら、今いる仕事や業務での不満に思う部分をリストアップしてみましょう。当然できていると思うと、意外とそうでないのです。もともと気に入らないことにガマンできないから転職したいと考えているのは分かります。が、「きちんといまの仕事の問題を挙げる」ことが出来る人は意外なほど少ないのです。不満点が明確化できれば、その不満が解消されるなら、他の条件が現状より悪化する事をどこまで許容するかも考えましょう。この点を徹底しておくと転職選びでのミスを防げます。そして、もしも転職した場合、「今の仕事よりも不便になりそうなこと」を明確にイメージしてみましょう。転職がスムーズに叶えられたとしても、現状の問題が全て改善するとは限りません。ですが、デメリットとメリットのバランスをあらかじめ理解しておけば転職してからのモチベーションの低下は防ぐ事ができると思います。

  • 今がんばっている転職活動で「私は今まで、このような内容の…

  • 今やっている転職活動中に、「自分は今まで、こういった価値のあるの仕事をしてきました」「これまでにこのような経験に磨きを掛けました」と過去の自身の実績をがっしりアピールする人は少なくありません。ただし、転職希望する再スタートを狙う会社で「させてもらえるのならばこういった仕事をしたい」「私が話したような内容の事なら積極的に貢献したい」と未来の話をして自分自身をアピールしていくほうがよっぽど効果があります。この点を意識して、転職活動をがんばってみてください。

  • 働いていることで回復が難しいほど精神的なダメージがあ…

  • 働く中で精神的にかなり厳しくなり、転職せざるを得ない状況に追い込まれたのなら、そんな時は、職場の人と相談していくより身内などの近しい存在の人と話して、退職するか決めるといいでしょう。なぜそのほうが良いのかというと、働くのは当事者である自分ですが、身内の問題が第一にあるからです。どれだけ高い給料を手にしたとしても、精神的ダメージを負うほど仕事をすることは好ましいとは思えません。現在では、物質的なことよりも、働く本人が働きやすいことを大事にする生き方も徐々に認められつつあります。ですからあまり気にせず、あなた自身の身内や、あなたの心と体のケアを忘れないようにしましょう。