新卒採用で入社した会社を辞め、一歩踏み出して転職をしました。

新卒で入社した会社を辞めて、転職することについて実際に行動する前は、…

新卒採用で入った会社に別れを告げて、心を改めて転職を決意しました。退職したときは、かなり悩みました。ですが、社会人となったあと数年経てから仕事を辞め、中途採用で働いている人ばかりであることを自身が転職活動をしたことで分かり、自然と気が楽になりました。転職をするとなんというか、考えも前向きになって、「本当に自分のしたいこと」を探す手間が楽しいものになりました。なかには「仕事を途中でやめるなんてダメだ」というような考えの方も、もちろんいますが、それが必ず正しいのかなと思いました。私は転職をやって良かったと思っています。

転職活動をする人のなかで、次の仕事を始めるまでにある程度時間が掛かりそうなら…

転職活動をする人のなかで、次の仕事を始めるまでにまだ時間があるのなら、「失業手当」をもらっておくことをお勧めします。失業手当はあなたが勤めている会社で社員に「雇用保険」を支払っていた場合は、誰でも失業手当を受け取れます。また、受け取り手続きについては「ハローワーク」にて行います。自己都合で仕事を辞めた場合は、失業手当を受け取るまでに3ヶ月掛かりますが、状況によっては会社都合での退職や、残業時間によっては、日数をおかずすぐもらえる場合があります。さらに支給される「失業手当」の金額は、最後の月の直近の給料を基準にして手当の額を計算するので働いている会社に繁忙期や閑散期がある方は理想なのは「繁忙期」のあとに辞めるのが失業手当的にはお得です。

クールビズをして転職の面接に行く際には、いくらなんでもジャケッ…

クールビズの格好をして再就職の面接を受けに行く場合、やっぱりジャケットは着込まなくても良いと断言できますが、ネクタイは着用して面接を受けたほうが無難です。タイなしで大丈夫だと認めている会社もあるケースもあるにはあります。ですが、ネクタイに関してだけは例えクールビズだろうと必ずつけなければならないとしているところがいくつかは存在するわけです。そのような訳で、クールビズ(軽装)で大丈夫だと言われていてもネクタイだけはしていく方が安全だということはわかっておいてください。

転職を考えているのならいきなり年間報酬に関して高望みはしないほうが無難です。

仕事を始めてすぐはすぐに「年間報酬」の高望みはしないほうが良いでしょう。ことさら、入社して1年目は試用期間が入っていることもほとんどで、私の場合、苦労して手にした職なのに、前の会社での稼ぎと見たところイコールでした。そのうえ、業務内容はきつくとても責任も重大だったために、1年目を乗り越えるのにたいへん苦労しました。そのような経験をしてみると、初年度は、仕事を学ぶ年と割り切り、十分に転職する前から貯金をしておくべき、と思います。

転職というものをする場合、転職したあとの年収を気にしすぎる・・

転職しようと考えたとき、転職先となる職場における給料を気にしすぎる人が意外と多いものです。もちろんたいていの人は仕事というのは収入を得るため、自分の生活を成り立たせるために行うものです。だから生活するために働いているのでしょう。だから年収の額は自身の評価という見方もできますから、とうぜん大切に思うのは無理もありません。ですが、必要である以上に年収の額ばかりを気にかけすぎるのも虚しい気がするでしょう。収入に直結しない仕事であっても精神的な充実を得られることが多々あるからです。

今までは求人情報には、雇用主が求める人材の「性別」ま…

数年前の求人誌には、募集条件の中に「性別」まで、書かれているのがほとんどでした。しかしながら最近では、1986年に施行された男女雇用機会均等法の影響によって、雇用時、男女差別がないようにしないといけない事が決まり、求人情報の中身に男女の文字を見ることはなくなりました。とはいえ、募集を出す側としては、男性・女性のどちらでも良い、とは本心では考えていません。ですので、男性を希望の会社に女性が募集にやってきたり、女性希望の会社に男性が来てしまい、といったトラブルも他人事ではありません。たとえば、「女性が活躍できる仕事場です」とアピールする案件では、雇用側が働き手は女性を必要としている、と考えたほうが確実でしょう。

看護師でありながらそれ以外の仕事に転職に至る理由は・・

看護師の他の職業に転職する理由は人それぞれです。さまざまな理由がありますが、看護師を辞めての転職には「職場の中に相性の悪い上司や同僚がいて困っている」「結婚してから配偶者のこともあって出産それと子育てそれに家族の介護など、仕事環境の種々の変化など、これまでと同じような働けなくなってしまった」「今の収入に大きな不満を感じている」など、さまざまな理由が考えられます。でも、それでも転職したいと、頭を冷やして静かに現在の状況を客観的に見つめ直すことも重要です。「実際に転職して現状が良くなるのだろうか?」と再考したうえで決断しておくと間違いありません。

転職先を探している期間は、自分の好きなことに時間を費やすことに加・・

転職先を探している間は、自分の趣味に時間を使ったり、体力の低下を招かないようにしておくと良いでしょう。いざ仕事を再始動したとき、趣味に興じていたことで気付かない間に集中する力が高まります。さらに体力づくりも同時にできているため、一緒に働く人たちと比較すると疲れにくい身体になっているということを認識します。なので、退職したら自分が興味のあることに没頭することと、体力を低下させないようにしておいて損することはありません。また、その職場で共通の趣味の人と知り合えたのなら、話が盛り上がります。ですから気になったことにとことん時間を費やすのも転職期間の自由な時間の使い方です。

転職活動における最後の問題として、「今勤めている会社をいかにして辞めるか」ということがあげられます。

転職活動における最後に残る厄介な問題として、現在勤務している企業からの退職があります。転職先の会社が決定したとしても、今いる企業があなたを放出したくないとして慰留することも少なくありません。仮にそうなったとしても、困難に負けずに退職する、という強い意思を持つことが重要といえます。仮に引き留められて留まった人でも、一時辞めたいと思った会社には、結局は長居はできないはずです。退職をスムーズに行うためには、まず会社の規定をチェックしておき、退職までに必要となる日数を超過する年月以降で退職日を決め、退職届をつくっておきましょう。そして、決定権のある上司と直接話し、「退職に関しての交渉はご遠慮ください」と(毅然とした態度で)伝えましょう。円満退職をすること、これも転職活動において必要不可欠です。

ずっと接客関係で勤務してきましたが、年齢を重ねるにつ…

長年接客関係で仕事をしてきましたが、年をとったせいか立った仕事は体力的にしんどくて、座って仕事を続けられるオフィスワークへお仕事を変えることを頭に入れて活動をしました。事務未経験となるとわりと難しく、接客経験も活かせる受付兼医療事務を目指そうと思い資格も取り個人病院に転職をしました。周りはベテランの先輩パートさんばかりで人間関係に関しても難しい。夜のシフトばかりさせられ、接客業をしていた時より帰宅時間も遅いわけですが、初めの頃はキャリアの形成時期だと諦め頑張ります。

大規模な転職エージェントほど、たくさんの案件を扱ってい…

転職エージェントは大規模であるほど、多数の案件を扱っているという魅力がありますが、しかし、同時に転職希望登録者も多くいます。それゆえあなたが、気になる案件を見つけたとしても、転職エージェント側が無理だと判断すると応募してもらえないことも少なくありませんし、企業から見て自分より高く評価される人がいれば、そちらの人を優先することもあります。大規模なエージェントは、サイトに掲載していない案件をデータ宝庫として扱っておりけっこう難しいので、発想を変えて中小規模のエージェントたちに対し、候補としてる会社や案件を伝えてみて、応募できないか相談すると自分のために働いてくれることもあるので、試してみるのも良いと思います。

今の時代は株・不動産投資などの不労所得で稼いだり、自営業や起業を目指す人も増えています。

この頃では、株式・不動産投資などといった不労所得、もしくは個人経営 や起業を目指す人も増えています。そのような世の中の変化もあり、「会社員以外の道はキケンだ」といったこれまでの見解も変わってきています。高度経済成長期の際には株式投資・自営業よりも雇用されて働くほうがはるかに安定性がありました。人が生きていくうえで正しい道として、またそれが決まり切ったことであるかのように一般の人々に広まっていました。しかし、そんな社会全体が等しく成長する時代は終わり、いまの社会は「成熟期」とも言い表されています。近い将来ではコンピューターの進化につれて、機械化や自動化が加速し、仕事でも人を不要とする社会になっていく、と言われています。

再就職することで職場を新しく換えるということは、自分自身に見…

転職することで職場を一新するということは、自身に合う職場を選んだほうが好ましいということです。勤め先を変えれば、あなたにうってつけの仕事に出会う可能性もあります。しかしながら、現実に行動に移すとなると、相応の努力が必要です。別の言い方をすると、あなたのスキル次第で「天職」に近い転職に巡り会えることも可能、ということです。現在の社会では「職業選択の自由」が一般敵に広く受け入れられているので、転職を選択してもトラブルも生じないでしょう。この様な情勢下では、今現在、「スキルのある人材が欲しい」が願っている企業も多くなっているので、この好機に転職を考えてみるのもアリだと思います。

全くの初挑戦の業界などに転職するときには、前の会・・

経験のない業種などに転職をしようとするときには、前の職場で、自分が養われた腕前や今までの経験を発揮することができるという内容のアピールがいるようになります。その業種に勤務したことがない人は経験のない分その分野の経験者よりも事実、不公平な状態になりますが、自らの持っている能力がその分野でも発揮することができるということをしっかりと相手に話すことができれば、戦うことができるケースも十分にあります。そのような訳で、未経験である業界に挑む場合は、その分野と自分が今までやってきた仕事との関連を可能な限り見付けましょう。

就職活動において、カギになるのは年収です。

就職活動において、年収はとても大切なポイントです。ほとんどの場合現在の年収と転職後の希望年収について聞かれます。現実にもらっている年収よりも多めに申告し多額の年収を確保しようとしても、無駄な努力でしょう。なぜかといえば、最終的には源泉徴収を提出することになるので、もし一時的に信じさせたとしても、あとで「源泉徴収票」が必要になるため、そこでウソがバレてしまいます。最悪の場合、トラブルに発展することもあるので、現職年収は正確に伝え、それに釣り合う希望年収額を設定しておくのが無難です。例をあげれば、年収300万の人が転職後に500万円となる可能性はよほどのことがない限りありません。仮に、今の年収が430万円だとすると、希望年収額は400~450万円と相手に伝えておくのが良いです。完全なウソは、転職活動でのトラブルだけでなく、入社後のトラブルとなって、せっかく入社したのに直後に退職しなくてはいけなくなるおそれもあるので注意が必要です。

私たちの社会的環境において、将来的に確実に簡単な仕事は…

私たちの労働環境は、今後ぐんぐんと思考を必要としない仕事は機械に変換されてその移り変わりによって必要な労働人口は縮小していきます。そのワケは、単純労働に関しては人間以上に機械で進めたほうが圧倒的にすぐれているからです。数を数えたり同一の動きをずっと繰り返すのは機械では当然何も不自由もありません。人間とは違って不平不満を言わないし、肉体的な疲れもないし、ズルもしないし、正確に作業してくれますし、均一化できるのも魅力です。おまけに人と違って賃金も発生しません。こういった点から、労働力として人を使う理由が無いので機械化の流れは自然の流れなのです。