転職先を選ぶにあたって、むろん仕事のやりがいアップも大切だけ・・

転職にあたっては、もちろん仕事のやりがいアップと一緒に…

転職先を選ぶとき、やりがいのある仕事をすることも大事だけどそれにとどまらず収入のアップも重要なポイントになりますから「年収サイト」というところに登録をして事前に調べています。全く同じ会社でそして全く同一の職種、社歴なのに人によって広い幅があることも数多くあって、正直に言うと面接の時質問したことがあります。面接をした人も一緒のサイトをチェックしていたみたいで「その高収入で書いているのは、書いた者について誰であるのかだいたい予測はついているんですけどね、多分見栄ををはっているのでしょう。低い方の給料だと覚悟しておいてください」とのことでした。

政治によって状況が変化しつつある転職事情ですが、今の安倍内閣によって・・

政治により状況が変化しつつある転職を取り囲む状況について、今の安倍内閣ではアベノミクスや三本の矢で新たな経済政策が矢継ぎ早に展開されています。内閣が打ち出した新たな経済政策共々日銀による金融政策と、たがいに作用しあって、財界や企業間でも新たな社会的な変化が増加傾向にあります。そのような変化の中で、民間企業サイドでも若い世代の減少と現役世代の大量退職による「人員不足」が社会問題として拡大しています。将来的に「外国人の労働者」の割合を増加させ人材確保に務めていくつもりでいると安倍政権は語っています。雇用や転職問題についてもかなり幅が広がりそうです。こういった政治の流れによって、国内の雇用や転職をとりまく事情も変わっていくのは間違いないでしょう。

転職のための面接では押さえておきたいポイントがあります。

転職する際には面接が必須となります。面接官から「転職の理由は何ですか?」という風に、訊かれるのは確実です。そのとき、どんなに正しい意見だと思っても、前の職場の人間関係や働く環境が悪かったという返答は、絶対に口にしないようにしましょう。なぜかというと、仮にそういった不満を回答すると、採用の可能性を台無しにしてしまいます。そのため面接では「ポジティブ」な返答に徹するのが正解です。まずは「新しい職場においては、自分の能力をより発揮し、さらにアップして自分および会社の戦力になるように努力します」、といったような未来形での話ぶりが担当者の心証はよくなります。

転職活動にあたって相応の準備はやらなくてはいけません。

転職を進めるには、相応の準備はしなければなりません。準備といってもたくさんあるのですが、なかでも、目に映る「服装」は、気になるところだと思います。…が、ここ数年の、企業面接に関しては私服が多い企業があるので、スーツを着込んで赴く必要がないケースもあります。とくに創業してすぐの歴史のない企業ほど、柔軟な考えをしていることが多く、私服で行ったほうが、良いイメージを持ってもらえます。加えて、堅いイメージを与えないのでフランクに会話できるメリットも。また、私服だと面接の際に、ファッションの話題に発展しやすいですから、もしかしたら面接担当者と打ち解けあえるチャンスがつくれます。というわけで、転職活動は会社の「創立した年」を確認し、(ベンチャー系企業の)面接の際は私服で勝負するのも良いかもしれません。

転職のため仕事探しをする際に注意して欲しい求人情報は・・

就職のため仕事探しをする際に注意が必要な求人は、そこまできつくなさそうな仕事なのに給料がよく、拘束される時間が長めというものです。このような募集の場合、給料に『みなし残業代』を入れて告知している場合が少なくありません。みなし残業代というのは、通称『みなし』とも表記し、30時間、45時間という感じで求人の記載内容に時間が書いてあります。毎月このぐらいの残業発生が想定されるので、給料に残業代を組み込んでおくというものです。(この仕組みは違法ではありません)もしも求人に『みなし残業代45時間込』と表記される求人であれば、「記載時間分の残業代を入れた場合は、この給料がもらえます」という意味になるわけです。しかし、悪質なブラック系の求人では告知しておくべき『みなし』を意図的に表記してない場合もあるので、注意をしておきましょう。

勤めていた会社で性格が合わない上司に悩みを抱え、最後…

昔働いていた会社でのことですが性格のきつい上司に心をすり減らし、ついにはやる気がなくなってその会社を退職し、別の同業の企業に職を移しました。その会社では上司で悩むこともなく満足していましたが、ゆっくりと会社の財務が悪くなり、結局はとある会社に経営統合されることになったのです。ところが経営統合の相手は驚くなかれ前勤務していた会社で、加えて転職のきっかけとなった上司がまた私の上司となることになりました。まったく困ったことになりましたが、どうしてこんな縁があるのでしょうか。もちろん新たな転職活動をスタートしています。

転職時の採用面接では、小企業であれば、おおよそは「人事」が面接担当ですが・・

再就職のときに行われる面接というのは、中堅企業クラスの場合、概ねその社内の「人事」担当が面接官になりますが、場合によっては違うこともあるようです。直接、これから一緒に仕事をする作業部署の一番偉い人、わかりやすく言うと部長や課長などの管理職クラスが担当することになるでしょう。その中でも事務・営業に転職する際は、資格による見極めが難しいので、きちっと自身を売り込んでいくことが必要であります。面接担当者たちから「この男はしっかり主張するし、頼りになりそうだ」と思わせ、自分という人間を記憶に残すことがとても大切です。

より安定した暮らしを手にするべく正社員として働こうと思っている人は…

より安定した人生を求めるべく正社員を狙っている人は多いと思います。だが、いくら努力しても、中々正社員として雇用されることが難しいこともあります。契約社員や派遣社員の求人情報があるのに正社員の求人以外はスルーして時間を空費している人が多いといいます。万一あなたが正社員として希望する仕事に転職できない場合は、契約社員や派遣社員に応募することも視野に入れてみてください。企業のなかには、働きぶりによって2,3年で契約社員から正社員への転換ができる可能性もあるからです。採用面接の際に、正社員として働けるチャンスがあるかどうかを尋ねておくと人生設計が立ちやすいはずです。

失業者がもらえる失業保険は、失業のあいだが給付条件ですが、…

失業によって得られる失業保険は、失業していることが給付の必要条件ですが、給付される期間について規定があります。離職時までに働いていた期間によって変動し、3ヶ月とか、1年と設定されるのですが、中には知らないで期間の制限ががないと思い込んで「失業保険をもらえるギリギリまで遊んでいよう」という人がいますが、後々あと1か月しかもらえないと分かってから急に仕事を見つけようとしても好条件のところを見つけるのは至難の業です。会社の面接官もバカでは無いので、失業中に何をしていたかといった部分はだいたい相手(面接担当者)にバレてしまいます。状況次第では、面接官から失業中の求職活動についてことごとく聞かれることもあります。答えに困ってバレバレの嘘をついたりしていると、採用は極めて困難になります。

転職サイトは有名なサイトであるほど掲載される転職情報がたくさんあるた・・

「転職サイト」は、大手が運営していたほうが掲載される求人情報がたくさんあるため、興味のある2~3社を、とりあえずはウェブサイトに登録した上で、勤務地・年収などの条件にあらかじめを入れておき、あとは条件に適合する案件が出てきたら自動的に通知されるように設定しておくと容易に情報収集を行うことが可能になります。しかしながら、最初だけは登録しなくてはならないのでサイトに登録する前に、「履歴書」「職務経歴書」を忘れずに準備しておき、それらをテキストアプリに記録しておき、コピー・アンド・ペーストしながら、登録を進めると楽になります。登録を行う初日は、少々時間がかかることから、案件の検索・応募をするだけでも苦労しますが、その後は、新規案件を確認するだけでOKなので、次回以降の応募を楽にするめにも、最初の準備をきちんと行うことを心がけましょう。

自分の得意なことや大好きなジャンルの仕事に就きたいという風に思っている方は注意した方が良いです。

自分自身の大好きなジャンルの仕事に就きたいという風に思っている方は注意した方が良いです。これは、私が実際に体験したことなるのですが、私は、食べることが大好きだったのですが、それが理由で、過去には、料理店で勤務していた期間があります。そのお店での業務内容は、そのお店で私が担当していた業務は、盛り付けやホール業務です。この業務内容に関しては、不満もなく楽しみながら仕事ができていました。ですが、人間関係のいざこざでとても嫌になってしまったのです。ということが原因で、職場を去ったのですが、その影響からか、あんなに大好きだった食べることやそのレストランで扱っていた食べ物も苦手になり、同ジャンルの店には現在も行く勇気がありません。当時の店のにおいを思い出すだけで不快な記憶が蘇ります。仕事に就いた頃は、大好きだったものが苦手になるとは思ってませんでした。大好きな分野の仕事に就きたいと夢をみるのは本当にステキだと思います。ですが、「好き」はどのくらい本気なものなのか、冷静に問いただした上で行動するべきです。

転職先を探している間は、知らず知らずのうちに時間に余裕がある…

再就職先を探している間は、そういう風にしたいわけではないのに時間に余裕があるため、緊張感のない、ダラダラとした生活になりやすいですよね。でも、そういった過ごし方はおすすめしません。なぜかというと、ダラけた生活が当たり前になると、「心」にも問題が出てくるからです。だんだんと、仕事をしようとする意欲を失い、生活が苦しくなり困る状況にも・・・。そんな状態になると、すべてが悪い方向に進んでしまい、次の勤め先が見つからなくなります。次の仕事を決められなくなるのは、お金を一番に考えるためです。お金を最優先に考えざるを得ない状況ではキャリアアップのために転職しようと思っていたとしても思い通りの仕事ができるかわかりません。ですので、お金に縛られない生活を続けるためにも、ダラけるような生活は転職活動中には必要ないのです。

転職サイトあるいは転職エージェントを活用して、転職活動するといった方法は最近人気です。

転職エージェントと転職サイトを活用して、転職活動する人は年々増加しています。だとしても、転職先を確実に見つけたいのであれば、それと同時に転職フェアに行くことがおすすめです。多くの企業が一度に集まるので、参加すればいろんな企業について知ることができますし、加えて、その場にいるスタッフ(説明員)から、企業の雰囲気を肌で感じることができます。これから、近い将来転職フェアに参加するつもりなら、面接に臨むつもりで自分をアピールする準備をしておきましょう。その結果フェア中に、企業側から欲しい人材と思われれば、それからあとの採用面接で大きなアドバンテージになるでしょう。

昔は何社かの人材紹介会社に登録していました。

求職中のころかなりいくつかの人材紹介会社に登録していのだが、その際に思ったこと、それは転職のアドバイザーの質に関しても色々で大体の場合、いまいちなアドバイザーばっかりでした。私とっては大切なことなのにもっと誠意を込めて臨んでほしいという想いが募りました。それが引き金となって自分がキャリアカウンセラーになろうと考えたのです。その資格取得のためには支出が増えましたし資格取得のための勉強もかなりヘビーでしたが、求職中の人に信頼される存在になるべく頑張っています。

とある古物商の求人にて、書類選考に合格しました。2、3日して…

とある古物商のお店で、書類審査を通過しました。その後先方から面接の日時を指定してもらいました。しかし、当日、指定場所へ行ってみると、手違いがあったのか相手の面接の準備が全くできていない状況でした。しばらく待っていると、所長らしき人が面接に応じてくれましたが、終始たいへんに面倒くさそうな態度を見せてグダグダな状態で面接は終わりました。しかし、予定日を過ぎているのに、合否結果すらなく、待っていられず、こちらから問い合わせると「面接結果に関しては、郵送で本日送付しました」と返答されました。しばらく待ちましたが、結局届かず、そんなわけでふたたび、連絡をした結果、驚くことに、「残念ですが不採用とさせてもらいました」、と勝手に電話を切られてしまいました。私は呆れ果てて言葉も見つかりませんでしたが、正直なところ、不採用で良かったと感じています。

再就職したいなら、いろんな企業の採用情報を定期的にチェックすること…

再就職しようと思っているならまめに色々な企業を日常的に調べたり比較したりしておくと転業先を大いに選びやすくなります。現在の仕事にやりがいを感じていないケースでは、本格的に転職活動を開始した時に、どの会社も魅力的です。そういった状態になってしまうと、どの企業を選択するべきか、困ってしまいかねず、判断を間違えてしまいかねません。結果、一瞬で退職の道へまっしぐら、なんてことになるかもしれないので、どんな会社か見極める目を養っておくのがベストです。会社の雇用面だけを見るのではなく、その転職したい会社の「取引先」も気にしてみましょう。透明性を重んじる会社は取引先情報を開示していますし、逆にそうでない企業は、宣伝ばかりなのでよく見ておきましょう。また、会社によっては、個人グループに入っているものもあったりするので、グループ名をチェックして内容を把握しておくのも良いと思います。