あなたが転職活動中に、気になる求人(あるいは職種)があった…

転職活動中に、良いと思う求人(または業種)を見るたび・・

  • 転職活動中に、気になった求人(もしくは業界)を見つけたときに逐一、「〇〇業(気になる業界)、ブラック」でネットで調べておきましょう。求人票や転職エージェントの言葉からは業界に関するマイナス面について教えてはもらえません。仮にブラック案件が蔓延している業種であれば、ネット検索でカンタンに現実を知ることができます。そうした実態を理解しないまま、入社すると、後々に入ったことを後悔してしまうかもしれません。だいたい求人が出ている理由が、「仕事内容がキツイからなかなか人が定着しない」というケースがかなり多くあります。気になった案件について、きちんと調べたうえで応募することを心がけましょう。

  • 以前は看護婦という名前だった看護師といえば、歴史的に…

  • 以前は看護婦ですが看護師は職業としてやはり女性の割合がすごく高い職場です。あまり知られていないかもしれませんが気力それから体力へのかなり消耗する職場ともいえます。したがって対人関係がうまくいかなかったり、自身の結婚や出産の後にそれまでとは同等の勤務が続けられなかったりして、仕事と私生活のバランスが難しい仕事ともいえます。実際に、上記のような点に行き詰まり、職場を変える人が多いというのも事実です。色々と過酷な環境であるために、看護師は、人材不足な状態に陥っています。つねにそれぞれの医療機関は看護師を必要とする「売り手市場」な状態で、それが転職希望が後を絶たない原因の一つなのかもしれません。

  • 再就職の面接での身なりはクールビズでも大丈夫ですよと書いてある場合もあるようです。しかし・・

  • 転職時の面接での身なりはクールビズ可とと伝えられる場合もあるようですが、なかには、クールビズの格好で面接するのは本当は駄目なのでは?と疑ってしまうこともあります。クールビズについての迷いを心に抱え込んでしまっている方々に伝えたいのは、企業側からクールビズで来ても良いとされたのなら、書かれていることをそのまま守った方が大丈夫です。迷うことによってしまい、猛暑の中クールビズでないと相手に不自然に思われますから、企業側からクールビズでお越しくださいと書かれていたらクールビズで良いのです。

  • 違った会社につきたいと転職活動をしている中の大半・・

  • もっと良い会社につきたいと転職をする活動中のときの場合は「ほんの少しでもはやく、採用通知を手に入れたい」と思っているはずです。ただ、それで通知ほしさのあまり、自分のできないことまで「出来ますよ」と嘘をついたり、また反対に安売りしてしまう行動をするのはぜったいにしないでください。そうではなくて、焦る気持ちを抑え、冷静に客観視しつつ、自分の能力にあった職場を探すことに意識を向けましょう。これまでの経歴を生かしつつ、さらに、今後のキャリアアップが期待できる職場を賢く選んでみてください。

  • もし転職することが、今勤めている会社の同僚たちがあなたが会社を去ろうとしているのを知ると・・

  • 転職することが、今勤めている会社の同僚たちがあなたの転職を知ると職場の空気が一変することがあります。働いている会社の環境によっては、これまで通りに行くこともありますが、意地悪される可能性もあります。加えて、残業時間を増やされる仕打ちも考えられるので、うっかり「転職します」と口にするのは注意が必要です。上記トラブルを避けるために、現在の仕事場では、いたって真面目に誠実に振る舞いましょう。誠実な態度を見せることで、良い関係をギリギリまで残したまま、会社を去れます。そして、何の問題もなく円満退職で終えられたなら、退職後であっても、あなたが困ったときに相談できるはずです。規模や業種に関係なく、どんな企業でも、人とのつながりは大切であるため、仕事を辞める時のトラブルは、できるだけ警戒しておきたいものです。

  • 転職する場合、正社員ではなく「派遣社員」を選択しようと思っている人に…

  • 転職で、派遣社員という勤務形態を考えている方にチェックしてもらいたいことがあります。なんとなく派遣という言葉を聞くと、電話対応、お茶出しなどの雑務、雑用等をなどの仕事内容を思い浮かべる人がおそらくいるはずです。最初はかく言う私自身もそう勘違いしていました。今、勤めている職場に入るまでは「派遣社員」の求人に応募したときに「主な業務は電話対応になります」と面接で説明を受けました。ですが、実際に入社したとたん、なんと「電話対応」とともに、足りない正社員の業務の穴埋め役となるよう、要求されました。いつも毎回、あれこれ要求されますし、当初の説明とはかなり違っていたので非常に参っています。今はただ「一刻もはやく契約終了日が来てほしい」と願うばかりです。

  • 失業保険の給付を受けたことがない人は、ただ給付されるのを待っていればいいと思っている人…

  • 生まれて初めて失業保険を受けるときに、「何もしなくても自動的にもらえる」と考えている人が少なくありませんが、それは間違いです。実のところ、失業保険を希望通りに受け取り続けるためには、職探しを続けている必要があり、さらに、毎月1回、ハローワークに通う必要もあるんです。1ヶ月ごとに担当者に就職活動の状況を報告して真面目に仕事を探していることを理解してもらえれば翌月、保険が給付されるシステムです。一方、「この人は就職活動を本気でしていないぞ」と見なされたり、毎月一回の職員との面談にも顔を出さない場合は、決まりとして給付が見送られたり、酷い場合は以降の給付資格自体を失うおそれもあるので、そうならないために充分に注意しましょう。

  • 派遣というかたちで働いています。

  • 派遣社員として働いています。派遣法とかの関係で残念ながらずっと働いていた就業先での仕事を終わらせなければなりません。いっしょに働いている派遣の仲間の中には派遣の勤務先から正規社員のポストをゲットした方もいるのですが選ばれた理由としてははっきり言って仕事の実力とは関係なく派遣先の上司へのあしらい方が上手な方でそれが採用の決め手となったみたい。仕事を行う能力よりも上司にゴマをするスキルの方が大切なのかなーと別の派遣仲間と職場で愚痴を言ってます。

  • 転職活動を開始するとき、いろんな方法で情報を得ることが多いと思いますが、…

  • 転職活動を始めるにあたって、いろんな経路で情報を収集する人が大半だと思いますが、転職についての口コミサイトは絶対に利用すべきです。過去に、会社の損失につながる悪い口コミが掲載されたという理由で、損害賠償を、その掲載会社に請求した事例がありましたが、辞めさせられた社員の腹いせとしてその種の口コミが投稿されていると見るのが一般的ですが、解釈を変えると、ウソの書き込みなら、会社側が対処しなくても良いはず、ともいえます。あるいは、本当のことが書いてあるので会社側としては、「本当のことを書かれてしまったので、一刻も早く火消ししたい」と考えているのかもしれません。「口コミサイト」も炎上ネタが増えることでアクセス数が増えたり、サイトを注目してもらえるチャンスがあるので黙認していますが、悪い口コミが目立つということは、その分トラブルに遭遇する覚悟をする必要があると判断するのが妥当だと思います。人もそうですが、いい会社だったらトラブルなんて起こりません。

  • 今からでも転職を予定しているのなら、今の業務や仕事の何に対して不満を感じているのか…

  • 来週からでも転職活動をするに当たっては、現在の職場の何が気に入らないのかを明確化する事が良いです。不満な点があるからこそ、転職しようと思っているはずです。が、「よく考えて存在する職場・業務の不満な点を書き出す」ことが出来る人は意外なほど少ないのです。不満点が明確化できれば、その不満が解消されるなら、他の条件が現状より悪化する事をどこまで許容するかも考えましょう。自身の不満を客観的に見える状態にしておくと転職選びでの失敗を防げます。それを終えたあと、仮に転職した場合、「現在の仕事よりもマイナスになりそうなこと」を明確化してみましょう。職場や仕事に全てに満足できるものは少ないからです。こうした整理をする事で、転職後の急激なモチベーションのダウンを未然に防ぐことが容易になるはずです。

  • 今励んでいる転職する活動の際、「自分は経験としてこのような価値のあ・・

  • 今やっている転職する活動で「私はこれまでこういった価値のあるの仕事をがんばってきました」「今までにこういったスキルを得られました」と実績・セールスポイントを十分にアピールする人はしばしば目にします。しかし、転職希望する再スタートを図る組織で「可能ならばこのようなことをしてみたい」「私が経験したような内容の事なら貢献したい」と未来の姿を通して自己を売り込むほうが過去を語るよりも聞き手からの反応は良いものになります。この点をしっかり意識しておくと、転職活動が効率的なものとなります。

  • 仕事をするにあたって回復が難しいほど心的なダメージが増・・

  • 働くにあたって心的に自分が苦しくなって転職せざるを得ない状況になったのなら、そんな時は、会社と相談ではなく自身の家族に相談したうえで、退職するか判断した方が良いです。仕事をするということは当事者であるあなたのためでもありますが、同時に家族の問題でもあるのです。毎月、どんなに高い報酬を得られたとしても、精神が追い込まれるまで我慢して仕事を続けることは良くありません。今の社会では、物質的なことよりも、働きやすいことを優先したって良いはずです。あなたの家族とともに、自身の心身を大切にしていきましょう。

  • これまでは求人情報は「転職サイト」よりも、「ハローワーク」を優先していました。

  • 以前の私は、新しい職場を探すときは「ハローワーク」を活用していました。というのは、CMで有名な大手の転職サイトは、特性上、都会や大手の求人がほとんどだからです。そのために、求人を探す時は、「ハローワーク」のみ使っていました。もちろん、掲載されているいくらか企業数や給料などで若干の見劣りがあるものの、昔から地域密着タイプなので安心して面接に進むことができます。また、「ハローワークはなんとなく地味なイメージがある」というイメージがある人が多いかもしれません。ですが、良い求人情報もしっかり掲載されていたりするので、もし転職したい場合は、お近くのハローワークに1度行って、確認してみるのもアリだと思います。転職サイトのようにたくさんの電話・メールに悩まされる心配もありません。

  • 再就職時の面接のときにする腕時計についてですが、明らかに目を惹くようなタイ…

  • 再就職をする際の面接のときに着用していく腕時計は、ビジネスの場らしからぬ目立つタイプのものはしないほうが悪い印象にはなりません。この場合の目立つ腕時計とは高価なものとか、といった意味合いだけではなく反対に安っぽいものに見られてしまうとか、そのような意味であって正反対で目立つ、ととらえておきましょう。面接のときの腕時計においてはポジション的にはスーツやネクタイと同じで、面接に適切なものを選ぶのが賢明です。とはいっても、自身の歳に見合ったものであるということも肝心であって、新卒の面接で準備した腕時計よりは多少なりとも高い腕時計にした方が転職の面接においては言えます。

  • 転職をする時に目を光らせることになる募集事項について・・

  • 仕事を変えようとしようとしている時に見る募集要項については、参考程度に、アバウトに掲載されている、という事も少なくありません。ですから、情報として記載されていることを全部正しい情報だとは信頼しない方が最適でしょう。その中でもとりわけ報酬の金額などにおいては、全社員を平均した値なのか?それとも最低限の金額なのか?最高額なのか?といったジャッジができない時が多く、自分で適当に理解したつもりでいると、後になって嫌な思いをする事もあるでしょう。そのような訳で、そうならないためにも、募集事項は、基準だと思って、そのようなとても大事な事は会社の方に直接連絡を取ってみた方が良いです。

  • 楽しい気持ちを持ちながら再就職と付き合っていけば、メンタルに重荷を感じることもないの・・

  • 楽しみながら再就職と向き合っていけば、メンタルへの重荷を抑えられるので、転職期間中の堕落も避けられるでしょう。メンタルにも元気なままでいれば、割と早く転職先も見つけられるはずです。そうするには、スムーズな隙間のない時間で転職先を見付けることです。今の会社を退職せずに次を見付ける形が良いと思います。それに、隙間のない探し方をすることで、仕事を辞めた後も直ぐに働けます。こうしていれば、働いていない空白の期間がなく、将来に響くこともありません。要するに、再就職の際に不利になることがないということです。先のことを考えながら、転職活動を進めていきましょう。