転職のため職探しをするときに気を付けて欲しい求人は、…

就職のため職探しをする際に特に注意すべき求人内容…

  • 就職活動に気を付けて欲しい求人は、そんなにきつくなさそうな仕事内容なのにも関わらず給料がよく、拘束される時間が長いものです。こういった募集では、記載されている給料に『みなし残業代』を含んでいることが少なくありません。みなし残業代は、『みなし』ともいわれ、例えばですが、30時間とか45時間といった形で求人の内容に時間が書いてあります。月の中で残業が発生することが想定されるので給料に残業代を入れておく、といった仕組みです。(なお、これは違法ではありません)例えば『みなし残業代35時間込』と表記されていれば、「記載時間分の残業代を入れると、この給料がもらえます」という話になるわけです。が、悪質なブラック系の求人ではこの『みなし』を意図的に表記してないことも少なくないのでしっかり注意をしておきましょう。

  • 昔務めていた会社で嫌な感じの上司に悩まされ、これ以上は無理だと思いその会社を辞め…

  • 就業していた会社で嫌な感じの上司の存在に嫌な目に合わされ、その結果やる気がなくなってその会社を辞め、同じフィールドの別の会社に転職しました。そこでは上との関係も良好で勤務することができきわめて満足の毎日でしたが、徐々に業績が落ち込み、結局はとある会社に経営統合されることとなったのです。奇遇にもその経営統合した会社が驚くなかれ前に働いていた会社で、しかも反りが合わない上司がもう一度私の上司となることに。こういう悪いめぐり合わせとは、どうしてこんな縁があるのでしょうか。言うまでもなくまた転職をしようと活動をやり始めています。

  • 再就職のための採用面接では、小企業クラスの場合そこの会社の「人事」担当者が面接官となります・・

  • 転職の際に必ず受けることになる面接では、零細企業だったら大体は「人事」が面接担当になりますが、別のケースもあるようです。例を挙げるとしたら、今後職場でかかわりの深くなる現場の一番偉い人、簡単に言えば中間管理職である課長や部長が面接を担当する可能性も考えられます。とくに営業職や事務職などのカテゴリでは、資格などで人の良し悪しを判断しづらいですから、やはり自分自身を売り込んでいくことがとても大事です。面接担当者から「この候補者はハッキリ自己主張できるし、良い結果を出してくれそう」と思わせ、自分という人間を印象付けることがとても大事になります。

  • 安定を求めるべく正規社員として働くことを念頭に置いている・・

  • 安定的な生活を手に入れるべく正規の社員として働くことを意識している人が多いのが現実だと思います。だが、かなり頑張っているのに中々正社員として採用されることが実現しないこともあります。非正規雇用者の求人情報はたくさんあるのに正社員の求人情報以外はそっちのけでエントリーしない人も多いでしょう。しかし、正社員として雇ってもらうのが厳しい場面に遭遇したのなら、契約社員の募集も選択肢に加えてみましょう。企業の一部は、実力次第で、2,3年で正社員へのキャリアアップができる可能性もあるからです。採用面接の際に、「正社員登用」の有無をヒアリングしておくと人生設計が立ちやすいはずです。

  • 失業したときにもらえる失業保険は、失業のあいだが給付条件ですが、…

  • 失業者が受け取れる失業保険は、もらうためには失業中であることが必要ですが、給付される期間が定められています。それまで勤務してきた期間によって変動し、90日とか120日とか設定されるのですが、中には知らないで失業中である限りもらえると勘違いして失業保険で生活すればいいと考えて仕事を探さずにブラブラしている人もいますが、失業保険はあと1ヶ月のみ、という段階で気づいてから焦りつつ就業先を探しても好条件のところを探すのは困難です。転職を希望する会社の面接担当もアホウではないので、「いつに失業したか」「どのくらい失業期間があるか」「その間、何をしてたか?」といったことくらいは大よその想像が付く。もしかすると、面接官からそのような質問を食らう可能性もあります。返答に窮したり、すぐバレるような嘘をついてしまうと、不合格となるおそれもあるので要注意です。

  • 転職サイトは、大手企業が運営しているものであるほど案件が多いので…

  • 転職サイトは大手サイトの方が掲載される企業も豊富なため、2~3社程度、ともかく転職者登録して、希望する勤務地や収入に対してチェックを入れて、あとは条件に合う求人情報が自動的に通知されるように設定しておくと簡単に転職情報を集めることができます。しかし、初めに限っては登録するのに少々手間がかかるので、サイト登録前に「履歴書」「職務経歴書」を作成しておき、それらをテキストファイル化し、コピー&ペーストしながら登録を進めていくと便利です。登録する初日は、少し時間がかかることから、案件の検索や応募だけでも意外と苦労しますが、次回以降は、は新着の求人情報のみチェックすれば大丈夫なので、最初の段階できちんと準備することを、心がけましょう。

  • 自分の趣味に通じることや大好きなジャンルの仕事に就きたい…

  • 自分の趣味に通じることや大好きな分野の仕事に就きたいと考えている人は要注意です。私が実際に体験したことなのですが、私は、食べることが大好きだったのですが、それが高じて、過去には、レストランで仕事をしていた時期がありました。その飲食店での仕事内容は、そのレストランで任されていた仕事内容は、簡単な盛り付けやホール業務でした。この業務内容に関しては、嫌なこともありませんでしたし楽しみながら仕事ができていました。しかし、人間関係でとても嫌になりました。ということが原因で、職場を離れたのですが、そのせいで、好きだった食べること、そしてその店でメニューとして提供していた食べ物さえも嫌になり、よく似た飲食店は避けるようになりました。当時の店の匂いを思い出すだけで辛くなります。この仕事を始めたばかりの頃は、大好きだったものが苦手になるとは思ってませんでした。自分の趣味に通じることや大好きなジャンルの仕事に就きたいと思うのは本当に素敵なことですが、ですが、あなたの「好き」はどのくらい本気なものなのか、じっくり冷静に自分自身と向き合ってから行動するべきです。

  • 転職活動中は、どうしても、時間があるため、気が緩んでしまい、…

  • 転職の間は、そんな風に過ごすつもりもないのに時間に余裕があるため、気が緩んでしまい、ダラケタ生活になってしまいます。が、そうした過ごし方を常習化させるのは危険です。なぜならば、緊張感のない、ダラけた生活を習慣化してしまうと、肉体的にだけでなく、「精神的」にも問題が出てくるからです。いつの間にか働く気力がなくなり、経済的に困ってしまうかもしれません。そのまま、仕事も生活も悪いほうに進んでしまい、次の勤め先をうまく見つけられなくなります。転職先をハッキリ決められないのは、もらえるお金を最優先に考えてしまうためです。もらえるお金を最優先に考えざるを得ない状況ではやりがいを求めて転職を決意していたとしても結果はあまりいいものとは言えません。ですので、お金に縛られない生活をするためにも、だらけきった生活は、意識して避けるようにしてください。

  • 転職エージェント、そして転職サイトを通じて、転職活動を行う人は大勢います。

  • 転職サイトあるいは転職エージェントを活用し、転職活動を行う人はかなりいるはずです。しかしながら、条件のよい転職先を確実に見つけたいなら、それと同時に転職フェアを利用してみるのもありだと思います。転職フェアでは、多くの企業が一堂に会しており、そこに足を運ぶことによって気になる希望の情報に直に触れられますし、さらに、常駐するスタッフ(説明員など)から、企業の雰囲気を肌で感じることができます。もしも、転職フェアに参加される場合は、1次面接を受けにいくつもりで準備することを怠らないようにしましょう。仮にフェアを通して企業側から魅力的な人材、と思われれば、後に応募して面接に進む際に良い手応えを期待できます。

  • 自分が仕事を探していた時期にかなり何個かの人材紹介会社に登録していのだが・・

  • 私は昔いくつかの人材紹介会社に登録していました。その時に特に感じたのは転職のアドバイザーの質も本当に多様で大方は満足できない感じる方でした。私にとってはとても重要なことなのにもっと一生懸命に向かい合ってほしいという願いがこみあげていてその事がきっかけで自分自身がキャリアカウンセラーになろうと思い立ちました。キャリアカウンセラーとして働くための資格取得はコストも必要でしたし資格取得のための勉強面においてもかなり大変ですが、求職中の人に信頼される存在になるべく頑張っています。

  • ある古物商の社員募集にて、書類審査に受かったので、相手方から面接の日時を指定してもらいました。

  • ある古物商の社員募集に応募したところ、書類選考に合格しました。2、3日して面接の日時について先方から連絡をもらい、けれども、当日、時間通りに指定された場所へ行ってみると、どういうわけか相手が面接準備を一切していないことがわかりました。しばらく待たされたのち、責任者らしき人が面接中も半ば聞きというか、たいへんにだらしない態度を見せられ、かろうじて面接を終えました。ところが、約束の日を過ぎても、採用結果は告げられず、待っていられず、私から問い合わせてみたところ、「郵送で今日、送付しました」と告げられました。しばらく待っていましたが、しかし、これも未着でまた連絡をしたところ、なんと、「残念ですが不採用とします」、と勝手に電話を切られてしまったのです。私は呆れ返ってしまい何も言えませんでしたが、とりあえず採用されなくて良かったと感じています。

  • 転業を近いうちにするつもりなら、頻繁にたくさんの企業の採用情報…

  • 転職を近いうちにするつもりなら、まめに多様な企業を普段から調べたり比較したりしておくと再就職先の選択をするときにかなり役立ちます。あなたが今の仕事にやりがいを感じていない場合、転職活動を開始したとき、どの企業も魅力的に映ってしまいます。そうなると、どこを選択すべきかわからなくなり、判断を大きく間違えてしまう可能性もあります。ヘタをすると、最終的にはあっという間に退職しなくてはならなくなるので、会社の良しあしを見極める目を養っておくのがベストです。方法としては、会社の雇用面だけを見るのではなく、その会社の「取引先」を見るのがオススメです。透明性を重んじる会社は取引している会社の情報を公開していますし、反対にそういった企業ではない場合、傾向としては宣伝に力を入れてるといえますからその点もチェックしてみましょう。また、会社によっては、個人グループに入っている場合もあるので、グループの名前でチェックし、確認しておくのも手です。

  • 『今すぐ転職をしたい!』と思っている人のなかで、自身の意志が抑えられないくらい強いものであるなら・・

  • 『なるべく早く転職をしたい!』と思っている人で自分の意志が本当に強いものであるなら、退職したいということを速やかに上司に伝えるべきです。ただし、このときに相談といった形で話を持ちかけると、上司に言いくるめられる可能性が非常に高いので気をつけましょう。そして、実際に私も上司へ転職の相談をしたのですが、退職を引き伸ばされてしまい、最終的に、半年以上にわたり辞められませんでした。辞職することをはじめ、直属の上司に相談したのが年度末だったのに、結果的には数ヶ月延びて退職が受理されたのが同年の11月です。本音を言うと、年度末いっぱいで辞めたかったのに、思うようにはいきませんでした。やっぱり企業としても人事的な都合もあるとは思いますが、スタッフの要望を聞かずに、上司を含め組織として予定を引き伸ばしてきたので、その会社に対してのなんだか愛想が尽きました。

  • いわゆるPCは便利でネットで見られる世界ではいわゆ…

  • 近頃はスマートフォンを見ればネット上では、今では「転職のためのサイト」と呼ばれるものがかなりの数点在しています。その多くのサイトから自分にあった転職先というのを探すためにも、まず、情報が大事ですから収集から始めましょう。転職サイトをしっかり使うことで、効率的に転職先を探せます。客観性と正確性を持ち合わせた優良なサイトがある一方で、それとは真逆なメリットが皆無なサイトもあるので、注意しておきましょう。とりあえずは、本当に信用していいサイトかどうかを見極めることが大切ですからよそと比較しながら厳しくチェックしてみてください。

  • 転職候補先の会社見学ができれば、たいへん勉強になります。

  • 転職候補先での会社見学に参加するとたいへん勉強になります。また、「職人」がいる会社は、職人技を近い距離で見られるので楽しいものです。ですが、残念なことに「職人」がいる会社見学では見学者には絶対、本来の現場を見せることがまずありません。典型的な例を挙げると、ずばり、ブルーワーカーといわれる肉体労働などのジャンルです。このジャンルでは、個人のプライドが強いので入社しないと、実際の姿はみえません。なので、仕事=見学で知った内容と解釈しないことがとても良いです。加えて、会社見学時に実際に仕事を体験させる会社は、かなり問題なので正直言って、選択肢に入れるのはオススメできません。雇用契約を結んでいない人間には、万が一問題が発生したとしても、それに対する保証が一切ないので、進められてもていねいに断ることが大事です。

  • 転職時の面接で高い確率で質問されるのが辞職したのかという話ですが…

  • 転職をする場合でかなり高い確率で尋ねられることが辞めた原因なわけです。このような質問に回答する場合には辞めた会社を話題にしないほうが安心です。退職した経緯が中心となり話が進むとどうしてもマイナス要素を含んだ面接になってしまいます。どうこの点に関して話せば良いかと言うと、どうして以前働いていた会社を退職したのかという事をこの職場にどうしても入社したい理由があったからといった内容に進めるべきであり、自己アピールもかねて今、自分が面接に来ている会社に話の内容をもっていくべきなのです。今面接をしている会社のことであればマイナスではなく好印象の前職を辞めた理由にすることができます。