ついこの間、転職したばかりだというのに、慣れもしないあいだ…

2,3ヶ月まえに、転職したばかりであるにもかかわら…

ほんの3ヶ月まえに、転職をやっとしたばかりであるにも関わらず、わずかしかたっていないのに退職届を提出する人が意外と多かったりします。何故そうなるのかと考えてみるとおそらく新たな気持で自分自身に合った職場で勤務を始めてみたものの、「期待していた職場環境と堪えられほどギャップがあって幻滅した」「ルールに慣れなかった」という理由で別の仕事を探すみたいです。でもこのような、転職に関しての失敗を未然に防ぐためには、やはり、前もっての情報集めは徹底するほかありません。手を抜くことなく、徹底して行うべきなのです。職場環境、昇給システム、などいろいろ前もって調べておくことで転職後に後悔するリスクは大きく減らせるはずです。

再就職における面接などに関して担当者が名刺を手渡してきた場合、…

再就職での面接などの時に名刺を手渡してきた場合、こちらも名刺を相手に差し出す方が良いのか?差し出さなくてよいのか?と対応の仕方に迷った場合は、大体の場合は差し出すことはないと知っておいてください。転職のための面接に関して言えば仕事の内ではなくて、仕事を得るための就職活動の一部であるわけですから、一般的に名刺をやりとりする場とは違います。また、会社の人間としてではなく、個人の問題でこの場にいるわけです。という訳で、もし相手側から名刺を差し出されても、こちら側は、ただ受け取るだけでよくて、担当者に相手の方にあげる必要性は少しもないと考えます。

現在の自分の職場や仕事の中身について少なからず何かしらの不満があるはずです。

現在のあなたの職場・業務内容について大半の人は少なからず不満を感じていると思います。「自分の持っている能力(スキル)を正当に評価してもらえない」ゆえに、「給料はアップしないし、出世する可能性も見いだせない」といった不満を挙げる人がほとんどだと思います。ですが、気持ちは分かりますが、そういった悩みを持った人のなかには自身の実力を過大評価していることもあります。仮に、過剰評価していることに気が付いていない人が転職活動をした場合、「自分が活躍できる求人なんてない」と無駄にブランク期間ができることになりかねません。という事態を招きかねません。転職で良い成果をあげるためにも、あなた自身の能力を客観的に分析することからはじめて見てください。

職を変える際にいるスーツの色味は、新卒の就活に準じたカラー・・

転職の時の面接で着用するビジネススーツの色合いに関しては、新卒の就職活動に身に付けている色合いが暗黙の了解となっています。言い換えると、紺色や黒色といった感じのようなダークな色、ということになります。それは転職であっても、着ていくスーツの色に関しては黒系や紺系のカラーが大多数で、黒色や紺色以外の色の転職者はほぼ見ることはありません。あえて言うならば、たまにグレーのスーツを着用している方が若干いるくらいで、一般的には黒や紺色とかのスーツがほとんどなので、面接担当者も黒とか紺のスーツを着ている人が普通であるように感じるので、見た目の印象という面ではぜひともそのようにしてくださいね。

もしも転職を視野に入れているなら、あらかじめ「資格」を取得しておくと有利になります。

もしあなたが転職をするなら転職前に考えておいて損をしないのが資格の取得です。とくに、仕事を続けているうちに、資格を取っておけば、転職に有効に使えるので、転職先を探すのが簡単になります。そのため、在職中であり、なおかつ転職活動前の段階の資格取得がベストなタイミングです。もしもあなたが将来を見据え、このあと役立つ資格を持っておくと、退職後も悔やむことなく次に進めます。そして、資格を取ってからの転職活動の幅は資格が味方をしてくれるので、面接で面接担当者に即戦力として扱われ今までより待遇アップも期待できます。

私は20代の時点で転職を2回し、現在、資格を取る目…

これまで20代前半の時点で転職を数回し、そして現在、資格取得のために派遣社員として企業に採用されました。フルタイム勤務でないため、やはり給料は過去の仕事よりも少ないです。ですが、心と時間に余裕ができました。学生時代にもっと資格を取得し、就職できたら良かったのに、と多少の後悔はあります。やはり、きちんと資格を活かしている人を見ると私もこうなりたかったと見えたりもします。前までは、今の自分と他人をどうしても比べてしまい、肩を落とす日もありました。しかし今は、結婚を経験し、生活自体が大きく変化し、明確にやりたいことを見つけたので楽しい毎日を過ごしています。

転職をしようと考えていても全部が首尾よくいくという確証はどこにもありません。

転職を考えたとしても、何もかもが首尾よく運ぶと断言はできません。もしも転職するのなら、どのみち転職をしなくてはならないなら歳の若いうちに出来るだけ早く変えるべきです。傾向としては、30代前半までは希望を見出しやすいですが、残念なことに、30代後半~40代に達すると転職そのものがかなり厳しいものと考えておくべきです。もしもあなたが、管理職など、要職を担当している場合、転職を考えていても今の会社に残ることも選択肢の一つには入れておくべきです。ようするに、退職届を出してから転職活動するよりも、現在の会社に残りつつ、じっくり探すほうが後悔することもありません。

在職中であるのなら、状況が許す限り、同僚に悟られないよう、…

雇用期間中は、可能であれば、悟られないよう、(ちなみに私自身のときは)在職期間中に転職したいという意思表示だけをはじめのうちに同僚にほのめかしたことがありました。ですが、その後に求人を散々探していたのですが、結局は転職先も転職時期すら無鉄砲に進めていたので、ダラダラと時が過ぎてしまい、会社の側は、退職に関わる諸々の手続き、私自身の退職予定日などが段々と確定していき、結果的に、「退職予定日に沿う形で就職先を探していく」という、本末転倒な展開を迎えました。ですが実際には内定をもらったその会社を蹴り、失職期間を経たのち、次の就業先を探すハメになりました。

今日はネット上では、「就職斡旋エージェント」以外にも、…

最近はネット上では、「就職斡旋エージェント」だけでなく、「ヘッドハンティング」の専門会社も増えています。特許を出した経歴がある人は、電話が来る可能性が高くなります。彼らは、特許を取った人だけでなく、研究開発で論文を提出したことのある人や、マスコミによって注目を浴びている人など、何らかのインパクトがあった人に狙いを定めて、電話やメールを用いてコンタクトを図り、ヘッドハンティングのネタにしようと腐心しています。もしも、あなたがヘッドハンティングと疑われる話が出てきたときには、自身の過去を振り返って、「キッカケ」を考えてみましょう。ときとして、ヘッドハンティングと称して、「登録料」を要求してくる会社があるのですが、その手の会社はほとんどはイカサマであるので注意しておきましょう。ヘッドハンティングは通常、企業が仲介業者に報酬を支払う形となるため、転職希望者がお金を出すことはまずありません。

再就職において、とても重要視されるのが間違いなく「面接」です。

転職時、とても重視されるのが「面接」です。ふつうの面接では応募者に対し、転職事由や退職理由などまずは、こちらが質問される側となります。そして必ず、面接の終了間際に今度は、転職希望者から、面接担当者へ疑問に感じていることを質問できるチャンスがあります。例えば、「なにか弊社についての疑問に思うことはありませんか?」と言ってくれるわけです。と聞かれた際に緊張しすぎて何も聞けなくなったりするものです。こんな時の為に、予め面接官からの問いに対し、答えを準備しておくことをお勧めします。すべてを把握していない職場ですし、疑問や不安に思うことはいくつもあるはずです。ぜひ、試してみてください。

このところ私は派遣会社に登録をしています。

今、私は派遣会社に登録して仕事をしています。ウェブサイトを見ていて自分にぴったりの仕事を発見し確認したところ「そのお仕事はすでに他の方で話が進んでいます」という答えられ一時的にサイトからもお仕事情報がなくなるのですが、その次の日になると再掲載されています。ということは要するに私ではダメっていう意味ですよね。それならプライドを傷つけない程度にはっきりと教えてくれるといいのですが、なかなかそうもいかないのでしょうか。あるいはまたもしかしてダミーの仕事なのでしょうか?

退職と転職を繰り返す日々を止めるためにすることはただ一つです。

退職と転職を繰り返す日々を止めるための術が一つだけあります。スキルアップもそうですが、精神的なスキルを磨くと転職を繰り返さなくなります。現在は、インターネットを使ってメンタル面を鍛えるのには良い情報は誰でもカンタンに拾えます。さらには、転職とは全く異なる行動によっても、メンタル面を鍛えることができます。たとえばズバリ「海外旅行」です。海外に行くと、文化も言葉も日本のそれとは全く異なるので、どんな瞬間も勉強になります。ですから、精神的な成長を遂げるにはピッタリの方法といえます。日本に戻ってくると、己の視野の狭さを実感し、世間はこんなにも狭かったのだということをしみじみと感じることができます。その気持ちのまま、面接に向かうと、これまでとは格段に違い胸を張った面接になるので良い方法です。でも、退職後しばらくの間は精神的に弱くなりがちなので、その後のために休暇も必要です。

あなたが転職を考えたとき、「Uターン」「Iターン」におい・・

もしもあなたが再就職しようと考えた場合に、「Uターン」「Jターン」「Iターン」において都市部から地方に移り住んだ上で再就職したい、と検討している人、実践している人が増えています。一昔前とは違い求人情報サイトを使えば、国内のどの地域の求人も容易に得ることができますが、ただ残念なことに、地方や郊外での求人は募集してる企業や会社の数自体が少ないので、その点がマイナスといえます。ですから、求人サイトを利用するのは当然ですが、転職サイトと併せて、「地方自治体・商工会議所」などのサイトもマメに確認しておくと良いでしょう。「地方自治体・商工会議所」などの行政が主催している転職サポート系のイベントについても確認しておくとよいでしょう。

自身のスキルを武器に転職活動を考える場合に、そのスキルがプラスになる転職しやすい職・・

自分のスキルを活かしつつ、再就職する際は、そのスキルがプラスになる転職しやすい業界とそうでないものを知っておくと仕事選びに役立ちます。再就職がしやすい業界としては、たえず人材が不足している「医療・介護」系がとても有名ですね。医療・介護系の仕事はそれぞれ看護師・介護士の「資格」が必須なため、容易に応募することができない事がかなり大きく影響しています。ですが、現在「医療・介護」の仕事をしていて何かしらの理由によって異業種に再就職する事を考える場合、すぐに決めないほうがいいです。「医療」「介護」以外のほとんどの業界は、スタッフの流動性は決して高くないということを理解しておきましょう。ですから、容易に考えない事が必要です。転職を希望するなら、他の業界では「医療」「介護」ほど売り手市場とはいかないので覚悟しておいたほうがよさそうです。

近時は、「ブラック企業」が社会問題としてしっかり扱われるようになり…

現在、「ブラック企業」が社会問題として扱われるようになり、労働条件関係の取り締まりが強化されたり、悪質な経営をしていると社名を公開されたりと、厳罰化の流れが続いていますが、まだまだパーフェクトとは言えません。実は、面接で見破ることができます。求人票などに記載されている労働条件を見ておき、それらの項目を一点ずつあれこれ質問してみましょう。おおよそブラック企業であれば、記載情報に「ウソ」だったら返答が曖昧になります。回答を避けるなど逃げ腰になります。とりわけ「給与」「残業」「休日」の3つについては、詳細について聞くと、後ろめたさを感じる表情を見せる可能性が高いです。それでも食い下がっていくと、ブラック企業特有の高圧的な態度や、ふてくされた態度を見せるので、そこで相手がウソをついていると確信できます。このような会社は入社してからもこのような態度であることが多いので、何か違和感を感じたら、入社を止めるのが無難でしょう。

一般的に見て一流企業では、「定期採用」で人材募集することが普通です。ですから、…

一般的観点からすると大企業の採用は、「定期採用」であることがほとんどなので、転職希望で入りたい場合は、タイミングを考慮しておく必要があります。おまけに、都心を離れると転職の見込みはさらに小さくなります。ただ、製造業の企業においては、地方の工業団地の近所に工場を置いている少なくありません。そのような地方の工場の場合、事業分野の拡大などの節目に「途中採用」をしていることが多々あるので、この機会に転職を検討してみるのも有りです。そのためには、地方の工場での転職をされる場合は、希望する会社についての予備知識を収集しておきましょう。公式サイトをチェックし、スタッフの募集予定はないか、マメにチェックすると良いでしょう。