これはシフトの業務についてです。

これはシフト制の勤務形態がある仕事についての話です。

これはシフトのある仕事についての話なのですが、特定の曜日に仕事できる人を募集している求人を頻繁に見るのですが、シフトの出し方、休み方については前もってチェックしておきましょう。以前わたしは産休で抜けた人の代役として、正社員の仕事をはじめたのですが、私のシフトがそこでは、「土日」固定のシフトだったのですが、新入社員の私以外は、誰も現場に出ないといった状況でした。産休に入った前任の女性が「土曜、日曜」に必ず出ることができたので、私自身もそう思われていたみたいです。なので「土日」に冠婚葬祭が入った場合、シフトを変えてもらう必要があり、同じ部署の上司に私の代わりに出勤してもらえるように、と自ら頭を下げなくてはいけませんでした。立場は同じなのに、土日は私だけなんて・・・。今思えば本当に異常な職場だったんだと思います。

日本には古来より「石の上にも三年」というコトワザがあるのです…

古来より日本には”石の上にも3年”というコトワザがあるのですが、大正末期から昭和初期にかけて原型がつくられた、「終身雇用制度」が過去の物となっている現在、定年退職までを勤め上げるという感覚は薄れ、「転職」は一般的な事柄となってきています。ただ、「転職」が一昔前よりも身近になってきたとはいえ、軽々しく転職を繰り返していてはいいことは決してありません。再就職したいなら、重要なのはタイミングを的確にとらえることです。その基本として、今やっている職場、仕事について全般的に、納得できていないと感じることを箇条書きにして多くて10項目、最低でも5項目は紙とペンを使い、リストにしてみましょう。この作業が、将来の再就職に役立ちます。そして、将来の進むべき道が見えてきたら、早めに今よりも良い仕事ができるよう、進めることが大切です。

転職活動を行うにあたっては、事前にウェブ上の求人サイトを閲覧したりし…

転職活動を行うにあたっては、予め、求人票を見たり、ネット上の公式サイトを見たりして転職したい会社をチェックするとは思います。ですが、その会社がサイトや求人票に情報を出す際は、コンサルタントから指導を受けていることが少なくありません。彼ら(コンサル)は、会社にとってマイナスになる情報を隠す能力に長けています。さらに、不都合な内容は、言い回しを変えて表現をマイルドにしようと試みます。そういったそのような会社の「社長インタビュー」または「社員情報」などは、それを鵜呑みにするのではなく、半信半疑で聞いていた方が間違いがありません。鵜呑みにして会社に入ってしまった場合、予想とは全く違うとあとで後悔するかもしれません。悪徳会社は、素直な人材を効率的に取り込んで、その後、いろんな言いがかりをつけて辞めさせないように考えています。この手のブラック企業には注意が必要です。

職を変えた場合には、高確率で前の仕事は多くの出来事は美化されます。

転職すると高い確率でそれまでの仕事での美化されます。現実には現在の職務に不満を覚えるから、それを解消するためにどうにか再就職を決意したはずなのに、気付けばどういうわけか「前の仕事のほうが良いのでは?」と感じることは多いです。至って自然のことで、前の職では日々の仕事に慣れ切っていて今よりもすんなりとやるべき業務もあっさりとできていたから、というのもあります。でも、「やっぱり退職などするべきでなかった」と悔やむほど、以前の職場の方が職場環境や全体的な雰囲気が良い可能性もあります。

現職からの転身の決断したのであれば、周りにその意思がばれないように、…

万が一、現職からの転職を決定したのであれば、完全に周りにこっそりとその意思を悟られないように、転職活動していき、転職先が決まらないうちは、あくまでも社内の人間に悟られないよういつもどおり振舞うのがたいへん正解です。転職先が決まっていない間、その状態を保っておくと、万一いい働き先が簡単に見付けることができなくても、転職時期を保留しながら、今の仕事を継続してもトラブルがありません。でも「転職するつもりでいる」としゃべってしまうと、周りの人は、その言葉に合わせて動き出します。会社内で「辞めるつもりです」と言ったが最後、周囲からは「あの人はもうすぐ転職する」と見なされます。その後で転職したい思いが薄れ、「やっぱり辞めないことにしました」となっても、会社内の人たちは、「一度は仕事を辞めようとした人」とあなたを見て、仕事中ずっと、肩身の狭いと感じることもあるでしょう。

転職活動中に、面接のときに「志望動機」「転職理由」の2点は高い確率で質問されます。

転職活動をやっていると、面接のときに例外なく聞かれる質問は志望動機と転職理由の2つです。このうち志望動機に限っては、思っていることをそのまま話しても問題ありませんが、これとは違い転職理由についてストレートに伝えるのは問題です。収入面の不満、同僚や上司との人間関係の軋轢など、面接担当者に悪い印象を持たれるものです。もっとも、自分の得にならないことをそのまま話す人は非常に少ないと思いますが、採用担当者はそういった点を注視しがちなので、かなり慎重に質問してきます。これに対して現職の不満を伝えないようにするには、現職の仕事内容以外を話さないことに尽きます。そのあと、「御社に入ってから〇〇したいです」、「5年後にはこうなっているだろう」、「このような私の目標を達成できるのは御社のみです」、といった形で志望動機に話をすり替えるのが正解です。

仕事を変えようとするときに、まずは今働いている会社をきちんと退社してか・・

転職において、まずは今の会社を退職してからという人もいますが、そうならばボーナスの支給日を前もって調べておきましょう。社員にボーナスを出す会社は多く存在しますが、ボーナスもらえる場合は、ボーナスが手に入るのがあとわずかだったら、ボーナスが振り込まれた後で退職するという手も賢明といえます。ボーナスだとそこそこ額が大きいので、手に入れなければ損ということも考えることもできるので、退職をする際にはボーナスの時期をまず第一に確かめておくともったいない思いをしません。

人からの紹介を通じて転職する先を探す人もいるでしょう。

友人や知人の紹介で転職の先を見つける人もいます。しかしながら、転職した先の労働環境やそれから労働条件といったポイントを知人の口コミをあまり信用しすぎると後々キケンです。口コミである以上、そういう口コミというのは、客観的な要素が排除されやすく、主観が入ってしまうからです。つまり紹介者的には、居心地の良い職場だったとしても、自身には、まったくそう思えない可能性だってあるのです。またその逆も然りです。ということで、職場環境については口コミだけで判断せず、自分自身の目でしっかり確認しておきましょう。

新卒採用で入社した会社を辞め、転職することについて最初・・

新卒採用で入社した会社を退職し思い切って転職しました。退職したときは、しばらくの間悩んだりもしました。社会人になって数年後には仕事を辞めて、中途採用の形式で働いている人が大半であると転職活動を通して知り、いつの間にか不安な気持ちが無くなりました。また1回転職をすれば、不思議と肩の荷が下りたような感覚になり、「自分のやりたいこと」を見つけることが毎日が見違えるように変化しました。いまだに「仕事を途中でやめるなんてダメだ」といったような意見も多々ありますが、それが必ず正しいとは限らないと思いました。私の場合、転職をやって良かったと思っています。

今から転職活動をする人のなかで、次の仕事をする前に期間があるのなら…

今から転職される人で次の仕事を始めるまでに時間が掛かりそうなら可能ならば「失業手当」を受け取っておきましょう。勤めている会社側がきちんと「雇用保険」を払ってくれている場合は、手続きをすれば誰でも失業手当を受け取れます。また、受け取り手続きについては「ハローワーク」にて行います。もしも自己都合で仕事を辞めた場合は、失業手当を受け取るまでの待機期間が3ヶ月となりますが、今の企業の都合の退職、残業時間の内容次第で即、受け取ることが出来たりもします。このとき、もらえる「失業手当」の額は、会社で最後に受け取った月の給料を基に失業手当の金額を割り出されるので会社に「閑散期」「繁忙期」が存在する業種の方は、理想的なのは繁忙期の後に辞めたほうがいいです。

クールビズで転職の面接を受けに行く場合、ジャケットにおいてはやは・・

クールビズスタイルで転職の面接会場に行こうとする際には、さすがにジャケットまでは着込まなくても安心であると間違いなく分かるわけです。ですが、ネクタイに関してはつけて行った方が好印象を与えてくれます。タイの着用はなくてもOKだとしている企業もあるとは思います。ですが、ネクタイだけはクールビズが推奨されていても身だしなみとしてしなければならないと考える会社がいくつかは存在するわけです。それゆえに、クールビズの恰好でもネクタイだけは絶対に着用して面接した方が安全であるということを知っておいてほしいです。

新しい就業先ではすぐに「年収」の高望みはしないほうが良いです。

新しい職場(転職先)では、「年収」を高望みしないほうが無難です。中でも、入社して1年目はおおむね「試用期間」を含んでいる場合が多く、自身のときは、なんとか手にした仕事なのに、予想と異なり前いた会社での年収とほとんど変わりませんでした。そればかりでなく、業務はとてもキツく、責任が伴うものだったので、1年目をクリアするのにものすごく苦労しました。そういった経験をしたからこそ、1年目は、仕事を覚える年と割り切り、なるべく転職前の段階で貯金しておくことに尽きると思います。

転職する場合、転職先となる職場における年収について気にしすぎる人…

転職というものを考える際、転職先となる職場における給料について気にしすぎる人がとてもいるようです。誰もが仕事というのは収入を得るため、行うものです。ですから生活費を給料として得るべく働いているのはずです。とうぜん年収がどれだけかは自分自身の仕事に対する評価という面もあるからとうぜん大切なものであることは当然ともいえます。ですが、愚かにも年収の額に気にかけすぎる生き方というのも人生を損してしまうものです。それより年収に反映されない仕事であっても精神的な成長を遂げられるチャンスはあるからです。

数年前の求人情報では、募集要項の中に「性別」につい・・

以前は求人誌に雇用主が必要とする人材の「性別」まで記載されているのがほとんどでした。しかしながら今では、1985年に制定された男女雇用機会均等法によって採用において、男女の差別がないようにしないといけないルールとなり、募集要項の概要に「性別」を明記できなくなりました。そうはいうものの、募集側は、男性・女性どちらでも等しく採用するとは限らないのです。そんなわけで、実際は男性を必要な案件に女性の応募が殺到したり、女手が必要なのに男性が応募してくる、といったトラブルも他人事ではありません。仮に、「女性が活躍できる職場です」といった内容なら、女性を希望しているのだと認識しておくできます。

看護師という仕事の人のそれ以外の職に「転職しよう」と思う原…

看護師という職業の人のほかの職業に転職を決断する原因は、一人ひとり違います。考えてみると看護師からの転職には「職場の中に関わりたくない人がいる」「結婚してから家庭環境の変化によって出産それから子育てさらに家族の介護など、仕事環境のいくつかの変化など、今までのようには今の仕事を続けられなくなっている」「現在の稼ぎに不満がある」など多種多様の理由があり決して他人ごとではないはずです。環境を変えたい気持ちは分かりますが、転職を決める前に「どうして自分は転職しなくてはいけないのか?」と、今一度時間を掛けて現状を客観視することもしてみてください。「本当に転職する意味があるのか?」と再考したのち、決断しておくと間違いありません。

転職期間中は、自分の好きなことに没頭するほか、体力を損なわない生活を習慣化してお…

転職期間中は、自分の好きなことに没頭するほか、体力の向上を意識しておくと良いでしょう。仕事が決まり、いざ仕事を再開したときに、趣味に集中していたことで無意識の間に集中力が高まっているのです。さらに体力づくりも同時にできているため、他の社員さんたちに比べるとスタミナがあると認識します。なので、休職中は興味のあるなことに力を入れることと、体力アップを図ることをしておくのがおすすめです。今後、その職場にてあなたと共通の趣味の方と知り合えたのなら、友達になれるキッカケにもなります。ですから、趣味を極めることが転職期間中の自由な時間の利用方法としてはおすすめです。