転職によって勤め先を一新するということは、自身に見合った…

転職して勤め先を一新するということは、自分自身に見…

再就職して仕事先を新しく替えるということは、自身に見合った自分の理想に近い、今よりもずっと心地良い場所に就職したいものです。自分に適した仕事に出会う可能性もあります。けれども、メリットだけがあるわけでななく、それ相応の労力やスキルがないと、転職自体が難しいです。別の表現をすると、あなたの力量次第で、天職に就くことができるチャンスも高くなる、ということ。近年は、「職業選択の自由」が社会通念上として当たり前になっているので、勤め先を変えても特にトラブルになることはないでしょう。事実、終身雇用がなくなりつつある今現在では「使える人材が欲しい」と感じている企業も増えているため、このチャンスに転職を考えてみるのもアリだと思います。

全くの初挑戦となる業種などに転職するときには、自分が前の会・・

全くの未経験の業界などに転身したいときには、以前の職場で、自分が身に付けた力や経験したことが生かせるという内容の訴えが必要です。勤務経験のないジャンルの場合、経験のない分その業種で経験してきた人たちよりも実際のところ、不公平な状態になりますが、自分の持っているスキルがそのジャンルでも十分に生きるということを相手に伝えれば、戦うことができる場合も出てきます。そういった訳で、未経験であるジャンルに飛び込む場合は、その業界とこれまで自分が働いてきた仕事内容とのつながりを必ず考えましょう。

就職活動において、必ず問題になるのが年収です。

就職活動において、年収は非常に大事な要素です。面接の際、大部分の企業で現在の年収と転職後の希望年収について質問されます。現実の年収を上回る額をもらっていると偽り、多額の年収を確保しようと試みても、無駄な努力でしょう。というのは、「源泉徴収票」が必要なため、たとえ一時的に騙せたとしても、そのあとで「源泉徴収票」の提出を求められるので、結局はウソはバレてしまうからです。ときにはトラブルを引き起こすこともあるので、現在の会社での年収を水増しせずに伝え、それに釣り合う希望年収額を設定するのが正解です。ちなみに、年収300万の人が転職して500万円となる可能性はほとんど場合ありえません。もし、今の年収が430万円だとすると、希望年収額は400~450万円と相手に伝えておくのが無難です。ウソの申告は転職活動後のトラブルだけでは済まないこともあり、一時的に入社できたとしても、退職しなければならないという事態になるおそれもあるので注意が必要です。

近い将来、徐々に短絡的な仕事は機械化によって当然のことな・・

近い将来、社会ではシンプルな労働は機械で対処されるようになり人手は少なからず削減されます。なぜかというと考えなくてもできる作業という観点では人以上に機械のほうが圧倒的に強いからです。例えば、数をカウントしたり、同じ動きをずっと繰り返すのは機械では当然何も不自由もありません。もちろん人間とは違って文句を言わず、疲れることもないし、不正をすることもないし、正確な作業をしてくれますし、それを均一化できます。そして、報酬が発生しないのも大きな違いといえます。わざわざ人間を使う意味が到底なさすぎます。ですから機械に移行していくのも自然の流れなのです。

転職活動を今の仕事と並立して進行させる人が多いです。

転職活動を今の仕事と同時に行っている人が多いです。でも、忙しく仕事をしながら求人をチェックして、その応募手続きをしたり、面接に行くのはスケジュール調整も含めて負担が大きいといえます。転職活動をしているあいだ、現在の会社の同僚や上司に気づかれないように気を遣わなければいけません。とりあえず応募するという方針の人もいますが、もしも、書類選考が通ってしまい、いざ面接というときに辞退すると面倒な事になるかもしれません。転職エージェントを介して応募していた場合は、エージェントに悪い印象を持たれてしまいますし、直接応募していたとしても、応募した会社からの電話・メールがしつこくやってくることもあります。どちらにしても貴重な時間を失う結果になるおそれもあるので、行く気のない案件は、最初から応募しないのが正解です。転職活動は新卒の就活とは全く異なる、と意識を持つことが大切です。

求人に関する情報を見る場合、デスクワークが希望だからと、…

求人に係る情報をチェックする時、例えば、オフィス系の仕事がしたいからと、はなから製造業に目を通さない人がいますが、そういった人の多くは「製造業での求人募集は、現場の製造マンだけ募集している」と誤解しているケースもあります。事実、製造業での求人であっても経理、総務、人事といったスタッフ募集に加え、購買や営業管理等の事務系の部門もたくさんあります。ただ、製造業の職場自体、オフィス街のような環境とは違います。ですから、アフターファイブを楽しみたいと考えている人にはそういった点が受け入れられないと思う人もいるでしょう。とはいえ、自分のこだわりを捨てることで将来の可能性を高めてくれる機会になるかもしれません。

新しく就いた職場で自身のこれまでの能力を活用できれば…

転職した会社で今までのスキルを活かせられれば、即戦力と見られて仕事場での信頼を勝ち得ることができるはずです。それはつまり会社側も大いに助かると言うものです。タイミングがうまく合えば難なく採用されるでしょう。加えて今までの仕事内容と同業であれば、転職は非常にカンタンになるでしょう。そういっても、即戦力となる能力があったとしても一流企業の事務仕事や、公務員の募集については、時代や景気に関係なくかなりの難関となることを覚悟しておきましょう。

転職のための活動は企業とのやりとりよりも人事や採用担当の面接官との…

転職は、最初の第一歩は希望する企業そのもの、というよりも正確には「担当面接官」とのやり取りが大事といってもいいでしょう。其のためには、はじめに面接の時間になる前に焦る気持ちを抑え、平常心を意識しましょう。素敵な女性とお見合いするかのような姿勢でいる望むと面接への余計な緊張が解けるかもしれません。面接係員は第一にあなたの「人間性」を判定してもらうのでマイナスな印象につながる行動は注意し控えましょう。なおかつモラルある社会人らしいきちんと整った服装で向かいましょう。あなたの個性を表現できるといいでしょう。魅力的な人物として、面接官に認めてもらえたなら、かならず良い結果で転職活動を終えることができるでしょう。

失業保険の給付においては、職を見つけようとしていることが条件になります。

現実に失業保険を給付してもらうためには、「就職活動」していることが必要なのです。けれども、現実は「会社に行かなくてもいいし、しばらくはのんびりと過ごしたい」と思うのが正直なところでしょう。というワケで、真面目に就職活動しているように見せる方法は、あります。月に一度のハローワークスタッフとの面談はパスできませんが、その場にて、求人票のチェックは最低限やっておきましょう。真摯に探すモチベーションがわかないときは、求人票を熱心に見ているふりをして、ハローワークスタッフとの面談の際に、「納得できる条件の仕事や自分の属性にあう仕事や、希望していた求人が今月はゼロ件でした」と話して、次の機会を狙っておけば大丈夫です。

転職するにあたって、今働いている会社を辞める時に失業保険についての手続きを行う必要があります・・

転職するにあたり、現在勤務している会社を辞める時に失業保険に関する手続きをしなければいけませんが、仮に自分の希望により退職願を出して退職する、いわゆる自己都合退職においてはすぐさま失業保険が出るのではなく手続きをした後に失業が確認されてから3か月経たないともらえない。よく勘違いして会社を辞めた翌日からちょうど3ヶ月で受け取れる、と誤解しないようにしましょう。この規則に無理解な人が、ハローワーク側に落ち度があると主張してそれが原因でハローワークの保険担当者と口喧嘩をしているのを見たことがあります。例外として、リストラみたいな「会社都合」での解雇に遭遇した場合は、失業が認定されればすぐに失業保険が給付されます。

数日前新しい仕事を見つけるために人材紹介会社へ登録に出向きました。

先週転職のために人材紹介会社へと登録に出向きました。そのとき登録カウンセリングに出てきた担当の人の雰囲気が見たところ入社間もない新入社員のようで、私が説明していることの50%も理解ができていない様子です。それに加えて「キャリアデザインを考え直した方がいいですね」とか「もっと強みを明確にしていくべきでしょう」とか、一丁前のことを横柄にのたまうので大変不快でした。カウンセリングを担当させるのはそこそこ社会人を経験している方にするべきです。

女性が再就職する際、一昔前と現在とでは多少の、違ってきている点があります。

女性の再就職に関しては、一昔前と今とで少なからず、変化があるといいます。以前は会社側から既婚者なら出産の予定などに関して、ごく当たり前に女性たちに質問していました。ところが、今では結婚などについては、セクハラと会社側が捉え、質問されないこと、が増加傾向にあります。そしてまた、名の知れた大きな会社の場合は、神経を尖らせているようです。しかしながら、企業側は、YES・NO、だけでなく、その人の姿勢結婚後・育休の取得が必要なのかどうかなどを知っておきたいと思うはずです。自らの価値観をわかってもらうためにも、志望動機や自己ピーアールと並行して表現することで、面接官にも考えが伝わり、また、モヤモヤも解消できると考えます。ということで、たとえ、質問されていない箇所も先にあなたから率先して話していくことを考えてみてください。

2ヶ月まえに、転職をやっとしたばかりであるにもかかわら…

2ヶ月まえに、転職をやっとしたばかりであるにも関わらず、少ししか仕事もしてないのに退職してしまう人というのも意外と少なくないのです。私見ですが新たな気持で新しい環境を見つけたというのに、「理想としていたものとギャップがあって幻滅した」「職場環境が受け入れられなかった」という理由で退職してしまうことが多いようです。可能ならばこういった、転職先選びでしないためには、とにかく前もっての情報収集を徹底する、に尽きます。徹底して行うべきなのです。職場内の環境、業務におけるルール、昇給システム、などいろいろチェックしておくことで気になる点は職に就く前の段階でチェックしておきましょう。

再就職の面接などの場面で名刺を渡された場合、同じように自分も名刺・・

再就職の面接などの場面でもし面接担当者に名刺を渡された時、あなたも同様に名刺を渡す必要があるのかどうかと対応の仕方に迷ったときは、基本的には渡すことはないと知っておくと良いですね。面接に関して言えば仕事の内ではなくて、仕事を得るための就職活動の一部です。ですからほとんどの場合は名刺をやりとりする時間とは違います。加えて、あなたは会社の者としてではなく、あなたのことでこの場にいるわけです。そういった訳で、もしも相手の方から名刺を渡された場合であっても、こちらとしては、ただもらうだけでよくて、担当者に相手側に渡す義務は少しもないと言えます。

今現在の勤め先や仕事の中身について何かしらの不満を感じることがあるはずです。

現在の自身の勤め先や仕事の中身について何かしらの不満点があるはずです。「自身の持っている資格やスキルを正しく評価してくれない」さらには、「給与は増えないし、昇進の見込みもない」といった点を挙げる人がほとんどだと思います。しかしながら、気持ちは理解できます。しかし、そのような不満が強すぎる人の場合、本人が自分自身の本来の技量を実際よりも「過大評価」し過ぎていないか、改めて確認することが大切です。仮に、そういった人が転職活動をした場合、「自分が活躍するための求人がない」と転職するまでの空白がながくなる可能性が高くなってしまいます。のせ生活自体に支障をきたす可能性があります。転職活動で成果を上げるためには、実際の自身の能力を厳しい目で客観的に評価してみてください。

転職の面接で着るスーツのカラーは、新卒の方が就活の時…

仕事の面接でいるビジネススーツの色は、新卒の就職活動に着る色が一般的なルールとなっています。ですから、黒や紺色などのような落ち着いた色合い、ということになります。再就職の場面においても、着用するビジネススーツの色味は黒系や紺系のダークカラーが多く、そうでない色のスーツの人はほぼいません。あえて言うならば、まれにグレー系を着用している方が若干いるくらいで、ほとんどが黒系や紺系が多数派なので、採用担当の人もそういった色が普通のように感じます。ですから、第一印象という面では推奨したいわけです。