もしもあなたが、転職の決意したなら、あくまで周囲に内密…

もしもあなたが、転身を決意したなら、まったく周囲…

  • 仮にあなたが、転業を思い立ったのなら、徹底して周囲にひそかにそれを告げずに首尾よく転職活動していき、転職先が決定していないのなら、可能ならば会社内の人に知られないようにいつもどおり仕事をする方が無難です。その状態をキープしておくと、希望に沿った働き先が行き詰ったとしても、転職の予定を引き伸ばしながら、現職に継続してもトラブルの心配がありません。でも後先考えず「転職するつもりでいる」と話してしまうと、会社の人は、その言葉に合わせて対応し出します。それに周囲に「辞めるつもりです」と口にしたら、「あいつは辞める人」という位置づけになります。ですがもしも、転職したい思いが薄れ、「やっぱり辞めないことにしました」と釈明しても、周囲の人たちには、「一度は仕事を辞めようとした人」とあなたを見て、在籍中ずっと、肩身の狭いと感じることもあるでしょう。

  • 転職活動をしていて面接時にほぼ例外なく「志望動機」「転職理由」の2点を訊かれます。

  • 転職活動をやっていると、面接のときに高い確率で聞かれることとして志望動機と転職理由の2つがあげられます。志望動機については、心で思っていることをそのまま話しても差し支えないですが、これとは異なり転職理由について率直に伝えるのは得策ではありません。たとえば給料に関する不満、上司と相性が悪いことなど、聞き手があなたに良い印象を持ってくれる可能性は少ないです。もっとも、自分が不利益を被ると予想できることを何も考えずに話す人はほとんどいないと思いますが、転職先となる企業は、往々にしてそういったマイナス点に関心を払う傾向があるため、慎重に質問されることを覚悟しなければいけません。不満を言わずにうまく答える方法として、現職の仕事内容以外のことは話さないことです。そしてさらに、この会社に入社してこんなことを実現したい、「5年後にはこうなっているだろう」、「このような私の目標達成のためには、御社が必要なんです」、といった形で話をすり替えてポジティブな印象を与えるのです。

  • 転職活動を行うのに、まず勤務先の会社の退社手続きをしてから…

  • 新しい仕事を探すのに、とにかく勤務先の会社に退社の意向を伝えてからと思っている人もいるようですが、そういった場合会社がいつボーナスを支給するかを前もって調べておきましょう。ボーナスのある会社はそこら中にありますが、ボーナスがあるのであれば、ボーナスをもらえる日までもう少し待てば来るのであれば、その日を待ってから会社を去るというのもうまいやり方です。ボーナスってある程度大きな額なので、もらっておかないと損をすると言えますから、退職の時にはボーナスの支給日について確認するのを怠らないようにするのが良いです。

  • 友人・知人からの紹介によって転職する先を見つける人もいます。

  • 友人の紹介をキッカケにして転職の先を見つけている最中の人もいるでしょう。ですが、転職をした先の労働環境、その他の労働条件に関する情報について、友人からの口コミを判断するのは後々キケンです。そういうのはそういう口コミ情報は性質上、主観が入りすぎてしまい、客観性に乏しくなります。紹介者にとって、良い働く場所だったとしても、あなた自身にとっては、イマイチな環境があります。またその逆も然りです。なので、職場環境をはじめ、気になる点は口コミを過剰に信用しないように、最後は自身の目でチェックしておくようにしましょう。

  • 新卒として入った会社を辞めて、一歩踏み出して転職すると決めました。

  • 新卒採用で入った会社を辞めて、思い切って転職しました。最初は相当に不安で悩みました。ですが、新卒採用で入社した会社を退職し、多くの人が中途採用で働いていることを自身の転職活動中に思い知らされ、自然と不安な気持ちは解消されていきました。なにより1回転職をすれば、何か、精神的に楽になり、自分に適した仕事を探すことが出来て楽しいものになりました。やはり「仕事を途中で投げ出すようなことではダメだ」といったような転職に対するマイナスイメージもありますが、それが全て正しいとは思いません。私の場合、転職してみるも大事だと思いました。

  • 近いうちに転職活動をする人のなかで、次の仕事を始めるまでにある程度時間があるのな・・

  • 転職される人で次の仕事を始めるまでにまだ時間があるのなら、忘れずに「失業手当」を受け取っておきましょう。この手当てはあなたが働いている会社側がきちんと「雇用保険」を払っているのなら、申請をすれば失業手当を誰でも受け取ることができます。詳細の手続きは「ハローワーク」で行います。しかし自己都合で会社を辞める形になったなら、3か月の待機期間があるのですが、現在の企業の都合の退職、または残業時間次第で日数をおかずすぐにもらえる場合もあります。このときの、「失業手当」の額は、最後に働いた月の給料を軸に支給する額を計算するので勤めている会社に繁忙期や閑散期がある方は理想的なのは「繁忙期」のあとに辞めるのが失業手当を受け取る上ではお勧めです。

  • クールビズのスタイルで転職の面接にチャレンジする場合…

  • クールビズ(軽装)の服装で再就職の面接を受けに行く際には、ジャケットはさすがに着用していくことはないとわかるのですが、ネクタイはした方が好印象です。タイに関してもなくてもOKだと考える企業も存在する場合もあるにはありますが、ネクタイに関してだけはクールビズであってもしなければならないとしている会社が一定数存在します。そんな訳で、クールビズの恰好ではネクタイはしていった方が悪い印象を与えることがないということを伝えておきます。

  • 職場を変えたいと思っているのなら、すぐに年収に関して高望みはしないほうが無難です。

  • 転職しようと思うなら、「年収」の理想を高くしないようにしましょう。ことさら、転職1年目の段階では、大概「研修期間」が含まれているというのが多く、私の転職して新たな仕事をした時は、なんとか手にした仕事なのに、年間報酬が前職とほぼイコールでした。そして、業務内容はきつくとても責任のあるもので、1年目を越すのも厳しかったです。そうした実体験から転職1年目は、勉強する期間と割り切ってしまい、可能ならば転職するよりも前からお金をためておくべき、と思います。

  • 転職をする場合、そこでの給与を気にしすぎる人がどう…

  • 転職というものを考えるとき、転職先での給料について気にしすぎる人がわりと少なくありません。多くの人は仕事というのは収入を得るため、行うものです。だから生活費を給与として手に入れるべく励んでいるのだとは思います。したがって年収というのは自身がどのくらい評価してもらえるか、という見方もできるから、大切なものとして扱うのは当然ともいえます。それにしても年収というものばかりを気にかけすぎる人生というのもさみしいものです。収入面にそれほど期待ができない仕事であっても、精神的に満たされる可能性が多々あるからです。

  • 以前は求人情報に性別がきちんと明記されていました。

  • 数年前は求人誌では、求める人材の「性別」までもれなく記載されていました。しかし最近では、1985年に男女雇用機会均等法が成立したことによって、雇用時、男女差別がしてはいけない事が決まり、応募条件のなかに「性別」が無記載となりました。そのような変化があったのですが、求人する会社側には実際はどちらが希望と言う想いがあるはずです。なので、男性を希望の企業に女性が募集にやってきたり、女性が必要なのに男性がエントリーしてきたり、といった感じのトラブルが多々発生しています。もし、「女性が活躍している仕事場です」と記載があれば、雇い主となる企業側が「女性」を必要としてる、と解釈しておいたほうが良いといえます。

  • 看護師という職の人の他の職に転職を決断する理由は、その人によって違うはずです。

  • 看護師のそれと違う職に転職の理由はその人それぞれではないでしょうか。ちょっとみると看護師でありながらの転職には「職場環境に関わりたくない人がいる」「結婚してから配偶者のこともあって出産・子育てそのうえに親の介護など、いろいろな仕事環境の変化など、働き方が厳しくなってしまった」「給料に不満を感じている」といったような悩みがあり決して他人ごとではないはずです。不満があるほど、急いで行動を起こしたくなりますが、転職を決断する前に、「なぜ、転職しなくてはいけないのか?」と、今一度静かに現在の状況を客観的に見つめ直すこともしてみてください。「本当に転職して状況が良くなるのか?」と再考してみて、決断すれば間違いが減らせます。

  • 転職期間中には、自分の好きなことに没頭することに加・・

  • 転職先を探している間は、自分の好きなことに没頭したり、体力を損なわない生活をしておくと良いと思います。会社が決まり、仕事を再開した際に、趣味に興じていたことで無意識の間に集中する力が身に付きます。さらに体力アップが図れていることで、その場の社員さんたちと比較するとスタミナがあるということを自覚します。というワケで、退職して次の仕事を始めるまでは運動なども取り入れて体力アップをしておくことをするのが何より良い事なのです。仕事が決まり、その職場であなたと同様の趣味の方とめぐりあうことができれば、親しくなれるきっかけになります。ですから、これまで挑戦してなかった事に手を出すのも転職期間の自由な時間の使い方です。

  • 転職活動をする上での最後の難問として、今勤めている企業からの退職があります。

  • 転職活動をする上での最後に残る壁として、「今勤務している企業をいかにして辞めるか」という問題があります。転職先の会社を見つけても、現在勤務中の会社が退職を慰留するというのも起こりがちなことです。もしそうなってしまったら、「何が何でも退職する」という強固な信念を保つことが大事でしょう。もしも引き留められ、一時的に残ったとしても、一度辞めたい、と思った会社は、結局は長続きしないでしょう。会社の規定をチェックし、退職に必要な日数を超過する年月以降の退職日設定と、退職届を用意しましょう。そして、決定権を持つ上司と相談し、「退職に関する交渉は、一切拒否します」とキッパリと伝えましょう。「円満退社」で去ることも転職活動において必要不可欠といえるでしょう。

  • ずっと接客関係で勤めてきましたが、歳をとるにつれて立ち続けなければいけない仕・・

  • ずっと接客業で仕事をしてきましたが、歳をとるにつれて立ち仕事は体力的に耐えられないため、事務系のお仕事へ転職することを視野に入れて行動にうつりました。事務の経験がないとなるとけっこう難しく、そこで接客経験も活かすことができる受付兼医療事務をしようと思い資格を取得して個人の病院に転職しました。周囲は超ベテランである先輩パートさんばかりで人間関係を築くのに手間がかかる。夜間のシフトばかり押し付けられ、接客業時代よりも帰る時間も遅いのですが、初めはキャリアの形成時と考えて我慢します。

  • 「就職エージェント」の大手ほど、潤沢な案件があるという強みがあります・・

  • 転職エージェントは大手に限って、潤沢な案件を持っているというメリットがあるといえますが、それと同時に転職希望登録者も多くいる可能性が高いです。それがためにあなたが、気になる企業を探し出しても、そのエージェント担当者が「転職が難しい」と判断すると応募してくれない可能性もありますし、企業から見てあなたより高く評価されるライバルがいると、そのライバルを優先しやすいのです。このように大手エージェントの場合、サイトへ未掲載の案件をデータ庫として扱い非常に難しいので、方針を変更して規模が大きくないエージェントに対し、応募したい会社や案件に関して相談し、応募できませんか?と話しをしてみると、自分のために働きかけてくれることもあるので、そのような感じで利用してみるのも良いと思います。

  • 近頃、株式・不動産投資の不労所得のほかに個人経営 を目指す人も増えています。

  • 今の時代は株式・不動産投資をはじめとした不労所得で収入を得たり、個人事業・起業といった生き方も社会的に人気を集めています。そういった変化に伴い、「会社員は安定がない」といったこれまでの考えも変わりつつあるようです。1960年代ごろの高度経済成長時代には、どう転ぶかわからない個人事業で生きるよりも雇用されて働くほうが賢明でした。そのため人生の正しい道として、またそれが決まり切ったことであるかのように世の中に認識されていた。しかし、そんな社会全体が等しく成長する時代は過ぎ去り、いまの社会は「成熟期」とも表現します。近い将来ではコンピューターの進化につれて、機械化や自動化が加速し、社会においては人手が必要なくなると言われています。