求人についての情報では、ほとんどの場合、たいていの株式会社では…

求人についての情報を見てみると、大部分の職場では月の給料が明記されています。

求人についての情報誌やサイトを見てみると、大部分の場合は普通の職場では月の給与等が記載されています。でもこの月収の項目を調べれる時には、額の多い少ないだけを見て判断しないほうが良いです。実は案件によっては、月収の額の中身に「毎月15時間分の残業」が条件になっているかもしれません。要するに残業代を入れることで好条件であるかのように見せ、人材を募集していることも珍しくありません。さらに「歩合給」を基本給以外に考える、という案件も要注意です。歩合をかなり盛って月収を多く見せている可能性も考えられます。ですから、その手の表記された数字どおりとなる見込みがない会社にはスルーしておくのが無難といえます。

良い転職する先を見つけるためには、前もって情報を集めることが必須です。

良い転職する先を見つけるためには、前に情報収集が必須です。それには昨今は名前を聞いたことのない小さな会社の意地でかホームページを開設しているケースが多いので、ネットの機能を使って自分の知りたい情報を調べておくとそれとその企業のよくわからない点を解消しておくと転職時に助かります。公式ホームページの他に、「転職サイト」を利用するのもお勧めです。実際に何よりその職場を自分の目で確かめてみるのも意味があります。

初めて転職をするとき、重要なのはどうして現職を辞めなければいけないのかを…

生まれてはじめて転職をする場合、なぜ現職を辞める必要があるのかをはっきりしておくことだといえます。その理由が根本問題なので、必ずやっておいた方がいいでしょう。その上で問題解決が可能な会社を選択していきましょう。社会人の転職活動は、大学等での就職活動とは異なり、働きながら就職活動を行っていく必要があることから、時間と体力が必要になります。ゆえに理由がはっきりとわからないまま転職しようとすると途中で息切れしてしまう場合があります。絶対に転職したい、現状を変えたいという強烈な気持ちがない場合は転職活動を本格的に始めることはやめておくことをおすすめします。

時間に融通が効くはずの派遣社員であっても、契約期間を迎えた…

比較的時間に融通が効くはずの派遣社員であっても、契約期間を迎えたら自身の好きなタイミングで退職できるワケではないと実際に転職活動で気付かされました。私は結婚して落ち着いたら早く子供を持ちたかったので、妊娠する時が訪れるまでのあいだ、数年だけ今の部署で継続で仕事したいと思ったので、就職することにしました。その為、正社員よりも月収は少なかったのですが、やはり「時間にが融通が効く」というメリットがあるので、そこはガマンしました。しかしながら、いざ入社したあと、一緒に働く人たちのほとんどの人が10年以上も続けて勤務していらっしゃったのです。結論として派遣社員といえども、契約が過ぎたらすぐに辞められる雰囲気もないと知り、ちょっと困っています。

これから転職活動をするという時は、気になった求人(OR 職…

転職活動の際に、気になる求人があったら、100%「〇〇業(気になる職業)、ブラック」とインターネットで検索しておきましょう。求人票や転職エージェントでは、まずその業界に関するマイナス点は教えてもらえない、と思っておくべきです。もしも、ブラック案件が多い業界であれば、簡易的なネット検索によって一発でおおまかな実態を理解できます。そういったチェックを怠りながら入社してしまうと、後々に落胆してしまう可能性もあります。その求人募集が出ている理由が「業務内容が厳しく、入っても続かない」ということも多いので気になる案件・業種については、しっかりチェックし疑問点を払拭した上で、応募しましょう。

看護婦と言った看護師という職業は、どうしてか女性の割合がすごく…

看護婦という名前だった看護師という仕事は、歴史的にも女性比率がたいへん大きい職種です。そして、気力あるいは体力をかなり消耗がきついことが日常茶飯事です。とうぜんのように職場環境での対人関係にトラブルを抱えやすく、自分の結婚や出産によってそれまでとは同等の勤務が続けられなかったりして、仕事とプライベートとの両立がかなり取りづらい仕事でもあります。実際に、人付き合いや公私のバランスに悩み、転職する人が多い傾向にあります。色々と過酷な環境であるために、人手不足の状況に陥っています。つねに各病院は、看護師を求めている「売り手市場」な状態で、さらに転職に拍車を掛けるスパイラルになっています。

再就職をする際の面接で会社側からクールビズで来てくださいと…

転職の時に行われる面接時に会社側からクールビズで来てくださいとと書かれている場合もありますが、クールビズの格好は印象が悪いのではないか?と感じてしまう人もいます。クールビズに関する不安を懐に抱いている人に進言したいのは、クールビズでも大丈夫だと言われているのなら、書かれている内容をそのまま実行したほうが堅いです。迷ってしまい、汗がでる時期にしっかりとスーツを着用すると不自然な印象を持たれてしまいます。ですから、クールビズでも大丈夫ですよと伝えられたらクールビズで良いのです。

違った職場につきたいと転職をする活動をする人とは「ちょっとでも・・

いい会社に入りたいと転職活動中の場合、「少しでもはやく内定をものにしたい」と思ってしまうはずです。ただ、そういう気持ちで採用通知を得たいばかり、自身をより大きく見せたり、また逆に自分を安売りしてしまう言動はできるだけ避けましょう。大事なのは焦る感情に抑え、落ちついて自分にピッタリな職場を探すことに専心しましょう。これまでの経験が活かせるように、そして、今後のキャリアアップが図れる場所を賢く探していきましょう。

転職する前には、今働いている会社の人たちがあなたが会社を去ろうとしているのを知ると・・

転職前、現在の会社の人たちがあなたが退職すると知ってしまうと状況が一変するおそれがあります。今までの周囲との関係によっては、これまで通りに行くこともありますが、意地悪や、やっかまれたりも想定しておいたほうが賢明です。ひどいケースでは、残業時間を意図的に増やされるキケンもあるので、うかつに「転職します」と周囲に伝えるのはお勧めしません。なので、上記のトラブルを避けるためにも、仕事をしている現場では、真面目に仕事をしておきましょう。注意をしておくことで、良い雰囲気のまま晴れやかに会社を退職することができます。しかも、円満に退職できたなら、転職後にも、相談できる機会にも恵まれるでしょう。どのような企業であっても、人とのつながりが重視されるので、退職前のトラブルは、なるべく回避しておきましょう。

転職する場合、正社員ではなく「派遣社員」で考えている人に…

転職する場合、正社員ではなく「派遣社員」を選択しようと考えている人に覚えていてほしい箇所が数点あります。なんとなく派遣社員に関しては、電話対応、データの入力などの雑務、雑用等をといった仕事をぼんやりと考えた方が多いかと思います。最初は私も今の会社に入社するまでは「派遣社員」の求人に応募したときに「メインの業務は電話対応になります」と入社前に説明を受けてもいたので安心しきっていました。しかし、実際に業務に掛かると、「電話対応」にプラスして、欠員した正社員の穴埋め役を要求されました。とくに何をしていいのかもよくわからず、面接のときの説明と大きな食い違いがあるので日々かなりきついです。とにかく、「はやく契約期間が終わってほしい」と願うばかりです。

生まれて初めて失業保険の給付を受けるときに、給付されるのを待っているだけでいいと思っている・・

生涯初の失業保険を受けるケースでは、「何もしなくても自動的にもらい続けられる」と考える人が多数派ですが、それは正しくありません。実際は、きちんと受け取るためには、求職活動を行わなければならず、その上、毎月1回、ハローワークに通わなくてはいけません。1ヶ月スパンで職員に就職活動の状況を報告して真面目に就職活動をしていることを理解してもらえれば翌月、保険が給付されるという仕組みになっています。これに対し、真面目に就職活動に取り組んでいないと思われたり、毎月のスタッフとの面談に顔を出さないときは、問答無用で給付が見送られたり、酷い場合は以降の給付資格を失うことになるのでそれを防ぐために注意しておきましょう。

派遣社員として働いています。派遣法とか労働契約法のからみ…

派遣社員として勤務しています。労働契約法の関連で残念ながら長い期間働いた就業先での勤務があと数か月で終了します。同じ派遣である人の中には、派遣先の企業で正規社員の地位をつかみ取った方もいるのですが選ばれた理由としては正直に言うと仕事の腕とは関係なく派遣先上司へのあしらいが得意な方でそれが採用の決め手となった模様。業務上のスキルよりおじさん転がしスキルの方が大事なのだろうと別の派遣仲間といつも文句を言っています。

転職する際は、様々な方法で情報を集めることが多いと思います・・

転職を始める際、様々な経路で情報を収集するのが通常だと思いますが、転職に関する口コミサイトは利用しなければもったいないです。過去に、会社に不利益となる悪い口コミが書かれたということで、運営サイト側に損害賠償請求を起こしたケースもありました。会社の都合で退社した元社員の報復としてそういった口コミが投稿された、と見るのが一般的ですが、異なる角度から見れば、ウソばかりの投稿だったなら、会社としては気にしなくていいようにも思えます。でも、現実は『クロ』で「周囲に気づかれたら恥になるから、なんとか火消ししたい」と思っているかもしれません。「口コミサイト」も炎上することでアクセス数が増えるメリットもあるので黙認している側面もあるのですが、よくない内容の口コミが目立つのは、その分トラブルが発生する可能性も高いと判断して良いでしょう。というか、善良な会社だったら煙も立ちません。

そのうち転職することを希望しているのなら、現状の…

これから転職活動を予定しているのなら、今現在の職場や仕事の何に不満を感じているのかを明確にしておいた方が良いです。できていて当然と思われますが、意外とそうでもないのです。不満な点にガマンできないから転職したい、と考えるのは分かります。しかし「現状である仕事や業務の客観的にみた満足できないことを挙げる」ことが出来ている人は少ないものです。不満点を明確化し、解消されるならば、他の条件が現状より悪化する事をどこまで許容するかも考えましょう。自分の問題をしっかり見える化しておくと、転職選びに失敗するリスクは減らせます。その次に転職を叶えたあと、「今より何が不便になるか」を明確にイメージしてみましょう。転職したとしても、現状の問題が全て解消されるとは限りません。こうした整理をする事で、転職後の急激なモチベーションのダウンを防ぐ事ができます。

今がんばっている転職活動をしているときに、「私はかつ・・

いい転職をしようと転職活動中に、「私はこれまでこのような価値のあるの仕事をがんばってきました」「過去の仕事では、こういった技術を手に入れました」とそれまでの実績などを十分にアピールする人はとても多いです。しかし、転職先の再スタートを狙う会社で「可能ならばこういった仕事をしたい」「こういった内容なら参加したい」と未来の姿を通して自己をアピールする方が効果的である場合は、意外と多いものなのです。この点をしっかり意識しておくと、転職活動が効率的なものとなります。

働く中で心的なダメージがあり、転職を考えざるを得ない状況にまで悪化したなら、…

働くにあたって回復が難しいほど精神的に自分が苦しくなって職場を変えなくてはいけない状況に追い込まれたのなら、そのときは、会社(の関係者)と相談していくより自分の家族と話し合い、会社を辞めるか決めるといいでしょう。なぜそうしたほうが良いかというと、仕事をするのは自分のためでもあります。が、しかし同時に身内の問題でもあります。毎月、どんなに報酬が良いからといって、精神が追い込まれるまで仕事を続けることは健全とはいえません。近年は、仕事のしやすさを重視する生き方も認知されつつあります。ですからあまり気にせず、あなたの家族、あなた自身の心のケアを忘れないようにしましょう。