新卒採用で入社した会社を退職し一歩踏み出して転職すると決めました。

新卒採用で入った会社に別れを告げて、転職すると決意しました。

新卒採用で入った会社にお別れをして、転職を決意しました。当初はしばらく悩んだように思います。でも、社会人となったあと数年経てから仕事を辞め、中途採用で働いている人ばかりであることを転職活動を通して学び、自然と将来の不安がなくなりました。また転職をすると何か、前向きに物事を考えるようになって、「自分の好きなこと」を考えることが毎日が充実したものになりました。なかには「仕事を途中でやめるなんてダメだ」というような転職に否定的な意見もありますが、それが正しいのかなと思いました。私の場合は転職してみるも大事だと思いました。

近いうちに転職活動を考えている人で次の仕事をはじめるまでにまだ期間がある場合は・・

年内中に転職活動を始める際、次の仕事をはじめるまでに期間がある場合は、できれば「失業手当」をもらっておいた方がお得です。失業手当は勤めている会社で「雇用保険」を払ってくれている場合は、手続きをすれば失業手当を誰でも受け取ることができます。ハローワークで手続きをしてくれます。自己都合での退職なら、失業手当を受け取るまでの待機期間(3ヶ月)がありますが、今の会社都合や残業時間によってはすぐに受け取れることもあります。このときの、受け取れる失業手当の金額は会社で最後の勤務月の近々の給料を基準にして割り出されるので会社に「閑散期」「繁忙期」が存在する業種の場合は、理想なのは「繁忙期」のあとに辞めた方が良いでしょう。

クールビズ(軽装)スタイルで転職の面接会場に行こうとするときに…

クールビズ(軽装)の格好で再就職の面接にチャレンジする際には、ジャケットにおいてはやはり着用しなくても安心であるとはっきりと言えます。ですが、ネクタイは着用しておいたほうが印象が良くなるのでお勧めです。ネクタイに関してもなくてもOKだと認めている企業も存在する可能性はありますが、ネクタイにおいてはクールビズが推奨されていても必ずつける必要があるとする企業があります。そんな訳で、例えクールビズ(軽装)で来るように言われていてもネクタイをしてから面接に行った方が安心であるということを知っておいてください。

新しい就業先ではすぐに「年間報酬」の高望みはしないほうが良いでしょう。

新しい職場(転職先)では、いきなり年間報酬に関して高望みはしないほうが無難です。特に、転職したはじめの年度は、大概「試用期間」を含んでいる企業もあるのです。自分の場合、労力を費やして転職したというのに、前いた会社での稼ぎとほとんど同じで変わりませんでした。それにプラスして、業務内容は多忙を極め、たいへん責任を伴い1年目を乗り越えるのにものすごく苦労しました。そうした経緯から転職1年目は、仕事を覚える時期として捉え、できるだけ転職以前の段階で貯蓄しておくことに尽きると思います。

転職を考えるとき、転職先となる職場における給与について気にしすぎる・・

転職を考えるとき、転職先での自分の年収について気にする人がどうも多いように思います。とうぜん大半の人は、仕事というのは収入を得るため、行うものです。だから生活費を給料として手に入れるために働くのでしょう。ですから自身がどのくらい評価してもらえるか、でもあるので大切なことは否定できません。しかし、必要以上に年収ばかりを気にかけすぎる人生というのも寂しいものです。収入面にそれほど期待ができない仕事であっても、精神的な成長を遂げられるチャンスは大いにあるものだからです。

前の求人誌に雇いたい人の「性別」まで当然のように書かれていました。

何年か前までは求人誌には、「性別」が記載されていました。ところが現在では、「男女雇用機会均等法」が施行された影響もあり、採用において、男女の差別がしてはいけないルールが決まり、募集要項に「性別」が記載されなくなりました。けれど、求人を出す雇い主としては、実際のところどちらが希望と言う想いがあるはずです。従って本当は男性を必要としている業種に、募集に女性がやってきたり、女性が必要な案件に男性が来てしまい、といったような問題が起こりうる可能性があります。たとえば、「女性が活躍できる仕事場です」と紹介されている求人募集の場合は、雇い主となる企業側が「女性」を必要としてる、と捉えておいたほうがべきです。

看護師という職の人のそれ以外の職業に「転職しよう」と思う原因…

看護師のそれと違う職業に転職の原因はその人それぞれではないでしょうか。考えてみると「職場の人間関係にウンザリしている」「結婚でライフスタイルの変化によって出産・子育てなど、仕事環境の種々の変化など、これまでと同じようには働き方が厳しくなってしまった」「今の給与体系に不満を感じている」といったような理由が解消したいために転職されるのかもしれません。でも、転職を決める前に「なぜ、自分は転職する必要があるのか?」と、改めて冷静に、現在の状況を客観的に見つめ直すことも大切です。「本当に転職して状況が良くなるのか?」と再考してみて、決断されることを強くお勧めします。

転職先を探している間は、自分の好きなことに時間を費やすことに加え、…

転職期間中には、自分の好きなことに没頭したり、体力を損なわない生活を習慣化しておくと良いと思います。仕事が決まり、いざ仕事を再開したときに、趣味に夢中になっていたおかげで無意識のうちに集中する力が高まっているのです。さらに体力づくりも同時にできているため、その場の社員と比較すると疲れにくいということを認識することができます。そんなわけで、趣味に没頭することと、体力をアップさせる努力をしておくのがベストです。また、その職場にて同様の趣味の人と出会えれば、仲良くなるキッカケになるので、これまでしてこなかったことに挑戦してみるのも転職期間中の自由な時間の利用方法としてはおすすめです。

転職活動をする上での最後に残る厄介な難問として、「今勤務している企業をいかにして辞めるか」ということがあげられます。

転職活動を行う際の最後の難問として、現在勤務している企業からの退職があります。転職先の会社が採用の内定を出しても、現在勤務している企業があなたを慰留することも珍しくありません。もしそうなってしまったら、負けることなく退職する、という強固な意思を維持することが重要でしょう。もしも引き留められて、一時的にとどまったとしても、一時辞めたいと思った会社には、結局は長居はできないはずです。会社の規定を良く調べ、退職までに必要な日数を超過する年月以降に退職日を定め、退職届を作成しておきます。そうして、決定権を持つ上司と相談し、「退職については、いかなる交渉にも応じる気はありません」とハッキリと伝えましょう。「円満退社」をすることも転職活動のひとつです。

長年にわたり接客関係でお勤めしてきましたが、年のせいか…

ずっと接客業で働いていたのですが、年齢を重ねるにつれ立ち続けなければいけない仕事は体力的にハードで、座り仕事であるオフィスワークへ転職することを視野に入れて動きました。事務の経験がないとなるとけっこう厳しくて、それなら接客の経験も活かすことができる受付兼医療事務を目指そうと考え資格も取り個人医院に転職することができました。ベテランの先輩ばかりに囲まれて人間関係に関しても難しい。夜間のシフトばっかり押し付けられて、接客業をしていた時よりも帰る時間が遅くなったのですが、最初の頃はキャリアを形成しておかなければいけないと観念して頑張ります。

大手転職エージェントは豊富な案件があるという長所があるといえますが・・

大手転職エージェントに限って、多くの案件があるというメリットがあるといえますが、他方、競合する転職希望者も多くいます。あなたが、応募したい会社を探し出しても、転職エージェントの担当者が「転職の望みが薄い」と判断すれば応募してくれないこともありますし、企業から見て自分より高く評価されるライバルがいれば、その人を優先して売り込もうとするのです。このように大手エージェントの場合、サイトに掲載されない案件をデータ宝庫として扱っておりなかなか難しいので、発想を変えて中小規模のエージェントに対し、希望する企業や案件に関して相談し、応募できないか、と話しをしておくと自分のために行動してくれることもあるので、そういった感じで利用してみるのも良いと思います。

今のご時世では、株・不動産投資をはじめとした不労所得で収入を得た・・

今の時代は株式・不動産投資の不労所得で儲けたり、個人経営 や起業で頑張っている人も増えています。そのような社会的変化もあるせいか、「起業はキケンだ」といった今までの考えも変わりつつあります。1960年代ごろの高度経済成長時代においては、どうなるかわからない株式投資や個人事業よりも組織の一員として働くほうが賢明であり、人生のもっとも正しい道としてまたそれが至極当然のことのように、世の中に認識されていた。そういった成長期は終わり、今は、「成熟期」とも表現されています。今後は、機械化、自動化が進んで多くの仕事で人の手を必要としなくなる時代がやってくる、とも言われています。

再就職で仕事先を一新するということは、自分に合う…

再就職することで仕事先を一新するということは、自分自身に合う職場を選んだほうが好ましいということです。仕事を変えれば、適職に就く可能性もあります。が、デメリットもあって、相応の努力やスキルが必要不可欠です。逆をいうと、あなたの才能次第で、「天職」に巡り会える可能性も広がる、ということです。今のご時世では、「職業選択の自由」が権利として受け入れられているので、転職して転職を選んでも特に困難なことはないでしょう。人の流動性が高くなりつつある今現在では「スキルのある人材が欲しい」が願っている企業もますます増えているので、今の良い時期を狙って転職を考えてみましょう。

未経験の業界などに転職するときには、前職で、自分が培ってきたスキル・・

初挑戦となる分野などに転職したいと考えている場合には、以前の職場で身に付けた腕前やこれまでの経験を発揮することができるという内容の自己アピールが必要です。勤務経験のない分野の場合、その分そのジャンルを経験している人よりも足りない部分はありますが、自分自身が保持している能力がその場でも発揮することができるということをしっかりと相手に話せれば、戦うことができるケースも考えられます。ですから、経験が全くないジャンルに挑戦する際には、その業種と自分が今までやってきた職務内容とのつながりを徹底的に探しましょう。

就職活動において、年収は非常に重要なポイントです。

就職活動において、年収はかなり大切なポイントです。面接において、大部分の企業で現在の年収と転職後の希望年収について聞かれます。ここで本当の年収を偽って、多く申告し、高額な年収を獲得しようと試みても、無駄な努力でしょう。なぜかといえば、結局は源泉徴収を提出することになるので、仮に一度は信じてもらえたとしても、そのあとで「源泉徴収票」の提出を求められるので、遅かれ早かれウソはバレてしまうからです。ヘタをすると、トラブルに発展する事態にもなりかねないので、現在の会社での年収を正直に申告し、それに釣り合った希望年収を設定するのが一番良いです。なお、今の年収が300万円の方が転職して500万円となる可能性は通常あり得ません。もし、年収が400万なのであれば、希望額は400~450万円であると伝えておくことをおすすめします。ウソの申告は転職活動後のトラブルだけでは済まないこともあり、せっかく入社したのにその後、退職しなくてはいけなくなるおそれもあるので注意が必要です。

近い将来、労働力という観点においてより一層短絡的な労・・

私たちの労働環境は、将来徐々に単純労働は機械化が進歩していきそれに伴い、人員はどうしても減少させられてしまいます。その理由は、思考を必要としない仕事は人以上に機械のほうが圧倒的にすぐれているからです。数を数えたり同一の動作をリピートしたりすることは機械には何の苦もないのです。当たり前のことながら人と違って文句も言わない、疲れ知らず、ズルもしないし、正確にこなしてくれますし、均一化できるのも魅力です。さらには、報酬が発生しないのもメリットといえます。わざわざ生身の人間を使う意味が無いことが明白で、機械化の流れは無理もありません。