失業保険の給付に関して、職を見つけようとしていることの証明が必要になります…

現実に失業保険を給付してもらうためには、職を探していることが条件になります。

  • 実際に失業保険の給付を振り込んでもらうためには、職探しをしているという証明が必要となります。そうだとしても、実際は「久しぶりに仕事から解放されたし、とりあえずはゆっくりと過ごしたい」と考えるのが現実だと思います。ということで、真面目に仕事探しをしているように見せることができるので教えておきます。毎月ハローワークに行って担当職員と面談するのは必須ですが、求人票を閲覧することが最低限行わなければいけません。本腰を入れて探す気持ちがないときは、「求人票」をチェックするだけで、ハローワークスタッフとの面談にて、「納得できる条件の仕事や資格を生かせる仕事や、希望する求人が意に反して見つかりませんでした」と相手に言い、次の機会まで待つという方法もあります。
  • 転職する際、今働いている会社を退社する時に「失業保険」をもらうための手続きをしておく必要があるのですが、…

  • 転職する際、今務めている会社を退社する時に失業保険をもらうための手続きをしなければいけませんが、仮に自分の希望により退職願を出して退社する、いわゆる依頼退職においては直ちに実業保険を受け取れるわけではなく手続きにした後に失業が認定されてから3ヶ月経ないともらえないのです。よく勘違いして退社した日の翌日から3か月経過すれば給付されると思い込んでいる人がいますが、この規則を誤って理解している人が、本当はもらえるはずだと思い込んでその結果としてハローワークの職員さんとトラブルを起こしているのを見たことがあります。なお、リストラなど会社の都合で退職するときは、失業認定を受けて即座に失業保険をもらえます。
  • 3日ほど前転職活動の一環として人材紹介会社へ登録に向かいました。

  • 先日転職のために人材紹介会社へと登録に行きました。そのとき登録するときのカウンセリングを行うために出てきた担当の人の雰囲気がどうも入社間もない新入社員で、こちらが説明していることの3割も理解できてない感じでした。それなのに「キャリアデザインを考え直さなければいけません」とか「きちんと強みと弱みをはっきりさせておくことが大切でしょう」とか、一人前のことを横柄に話すからとても嫌な気持ちになりました。カウンセリングを担当する人は多少は仕事を経験している社員にするべきです。
  • 女性が再就職する場合、一昔前と今とで少し変化があるといいます。

  • 女性が転職するに当たり、一昔前と近年とでは少なからず、違いがあるようです。かつては面接の際に会社側から、既婚者なら出産の予定について普通に女性に質問していました。しかし、近年では、その手の内容は、セクハラに該当する恐れがあるとして、聞くのを避ける企業、が増加傾向にあります。また、世間に名の知れた大企業ほど、タブーとして露骨に避けるようになっています。ですが、会社側としては、YES・NO、といった形ではなく、その人の人生観、結婚後は退職するのか、「出産後はすぐに復帰するのか」などを把握しておきたいとは思っているものです。自身の将来設計を知っておいてもらうためにも、自己PRや志望の動機と併せて言い表すことで、相手側も考えがわかり、判断してもらいやすくなると思います。ですので、たとえ、質問されていない箇所についても、あなたの方から気遣いつつ、答えておくとよいでしょう。
  • 少し前に転職をやっとしたばかりというのに、早期に退職を決断する人…

  • 3ヶ月まえに、転職をやっとしたというのに、あっという間に退職を決意してしまう人がなんとなく多かったりします。何故そうなるのかと考えてみるとたぶん気持ちも新たに、転職先の会社に飛び込んだものの、「期待していた職場とけっこうかけ離れていた」「こんなはずが・・・」といったことで退職を決意することが珍しくないといいます。でもこのような、転職における失敗を後悔しないためには、初歩として、前もっての情報集めはまじめにやっておかなくてはなりません。手を抜くことなく、徹底して行うべきなのです。職場内の環境、職場内のルール、などいろいろ前もってチェックしておくことで疑問点を早めに解消しておくのが正解です。
  • 再就職の面接などの場面で名刺を渡してきた場合、こちらとしても名刺を相手側…

  • 転職の時の面接などの際に面接担当者に名刺を渡された時、あなたも同様に名刺を差し出すべきであるのかどうかと対応の仕方に悩んだ際は、たいていの場合は差し出さないもの、と考えておきましょう。面接は仕事内のことではなくて、採用活動の一部なので、普通に考えれば名刺をやりとりする時間とは違います。それに、あなたは立場上会社の者としてその場にいるのではなく、あなたのことでそこにいるわけです。要するに、相手から名刺を渡されたとしても、こちらの方はもらうだけで大丈夫で、面接担当者に相手の方にあげる責任は必ずしもないと思います。
  • 今の自らの職場や業務について大半の人は少なからず不満を感じていると思います。

  • 現在の自身の職場や業務内容に対して、少なからず何かしらの不満点があるはずです。「自分のスキル・能力が真面目に評価してくれない」ゆえに、「賃金は上がらず、将来的なレベルアップもまったく期待できない」といった不満が多くを占めると思います。とはいうものの、そんな人の中には、自分の器量を実際よりも過大評価していないか、改めて確認する必要があります。仮に、過大評価していることに気が付いていない人が転職活動をした場合、「自分が活躍できる企業や職種なんてない」と中々転職先が見つからない可能性が高くなってしまいます。可能性が少なからずあります。ですから転職を効率的にしていくためにも、あなた自身のスキルや能力を客観的に見つめることから始めてみましょう。
  • 仕事の面接で着用するビジネススーツの色味は、新卒の就活・・

  • 転職の面接でいるビジネススーツの色合いについては、新卒の就活の時に着用しているカラーが安全です。ですので、紺や黒のダークな色、ということになります。再就職の場面でも、着用するスーツのカラーはこういった落ち着いた色が多数を占めていて、他の色を着用している方はほぼいません。あえて言うならば、グレーを着ている人がいるくらいで、ほぼ紺色や黒色とかのビジネススーツがほとんどなのです。ですから、面接を行う人事から見ても黒とか紺のスーツを着ている人が普通に見えてしまいますから、身だしなみ、という観点においてはぜひともそのようにしてくださいね。
  • もしもあなたが転職を予定しているのなら、あらかじめ資格を取得することで有利になります。

  • もしあなたが転職される場合は、転職前に資格を取得することで有利に事が運びます。とくに、仕事を続けているうちに、資格取得しておくのがお勧めです。転職活動の際に有利に働くので転職の幅がグッと拡がります。ですから、資格取得は、在職中であり、かつ転職活動前の段階がもっとも好ましいタイミングといえます。あなたが未来を考え、就きたいと考えている仕事に役立つ資格を取ると、今の会社を辞めたあとも前向きに次に進めるはずです。さらに、資格取得によって転職活動の幅は資格が味方をしてくれるので、面接時に面接担当者に「即戦力」と好意的に捉えられ、活躍しやすいのも特徴です。
  • 20代前半の時点で転職を2回し、現在はいくつか資格を取得するため・・

  • これまで20代前半に転職を数回行い、現在は資格をゲットするべく「派遣社員」を選択しました。フルタイムの勤務でないため、毎月の収入が以前よりも少なくなりました。ですが、前よりも心と時間的な余裕ができました。学生時にもっと資格を取得し、就職すればムダがないのに、と悔いはちょっとあります。やはり、身近にそういった人を見てしまうと羨ましく思ったりもします。以前まではうまくいってる人と自分とを比較して、劣等感を感じる日もありました。今では結婚を経験し、私の生活そのものが大きく変化しその中で将来の目標も定まったのでしあわせな生活を送れるようになりました。
  • 再就職を考えたとしても、あらゆることが順調に運ぶとは言えません。

  • 転職をしようと考えていても全部が順調に運ぶという保証はどこにもありません。それはそう遠くない将来、転職をしなくてはならないなら歳がいかないうちに出来るだけ早く転職を試みるべきです。平均的に見た場合、20代の若いうちは有利に働きますが、30代後半~40代に達してしまうと転職は相当に厳しいといえます。管理職など、重要な役職を担当している場合、転職の意思が強くなっていても現在の仕事を続けるということを結論として選ぶ答えの中から除外しないでおきましょう。退職後に転職活動を始めるよりも、現在の会社をやめないまま、時間をかけて注意深く行動したほうが失敗しなくて済みます。
  • 在職中は可能ならば、周囲に悟られないよう、(私の経験談です…

  • 雇用中は状況が許す限り、同僚にバレないよう(自身の経験談ですが)雇用期間中に「転業するかも」という考えだけを早い時期に周りの人にほのめかしたことがありました。にもかかわらず、その後に転職情報を色々と探してみたのですが、結局転職先も転職するタイミングすら何一つ決まらずズルズル時間を空費する結果に。そしてその一方で、当時所属していた会社の方は、退職に関わる引継ぎや手続き、自らの退職日などが続々と確定していき、さいごは「退職予定日に合わせてとりあえず転職(できる)先を決める」という、なんとも本末転倒な結果になってしまいました。結局、理想とする結果が実らず、失業期間を経て次の就職先を探すハメになりました。
  • 近年はインターネット上では、「就職斡旋エージェント」のほかに、…

  • 現代はネット上の就職斡旋エージェントの中で「ヘッドハンティング」を専門に取り仕切る会社も増えています。「特許」を出した人などは、電話が掛かってくる可能性が高くなるといいます。ヘッドハンティングを行う会社は、特許申請を行った人のほかに、研究開発で論文を出した経歴のある人や、「マスコミ」によって注目を浴びた人など、何らかの業績を残したと思われる人を対象に、電話やメールを使ってコンタクトを図り、ヘッドハンティングのネタにしようと腐心しています。仮にあなたが、ヘッドハンティングと推測される話をされたなら、自身の過去を振り返って、「キッカケ」を考えてみましょう。近年はヘッドハンティングと称して、「そのために登録料を払ってほしい」と依頼してくる業者もあるようですが、そういったものは高い確率で嘘なので、引っかからないように注意しましょう。ヘッドハンティングは、企業が仲介業者に報酬を支払うので転職希望者が払う必要などありません。
  • 転職活動において、かなり重要となるのが「面接」というものです。

  • 再就職をするときにとても重要となるのが「面接」になります。通常の面接では、面接官が応募者に転職の経緯や仕事の意気込みなどこれまでのキャリアといったことを尋ねてくると思います。そしてほぼ100%、面接が終盤を迎えるあたりで転職希望をする人からの不安・疑問に感じることを質問できるチャンスがやってきます。面接官側が、「なにか弊社について疑問に思うことはありませんか?」と尋ねてくれるわけです。と聞かれたときに気持ちの準備ができず、何も聞けずじまいになる可能性もあります。後で後悔しないためにも、面接を受ける前に面接官からの質問に際し、質問の内容をいくつか考えておくのもいいかもしれません。具体的に知っているわけではありませんから、いくつも疑問点は浮かぶはずです。ぜひ、やってみてください。
  • 今、私は派遣で働いています。サイト上でふと自分に合っていそうな仕…

  • このところ私は派遣会社に登録して働いています。インターネットサイトで気の向くままに自分に向いていそうな仕事を見つけ出し応募したい旨を伝えたところ「その仕事はすでに別の人でお話が進んでいます」と断られ瞬間的にウェブサイト内から仕事の情報が消滅するのですが、翌日に閲覧すれば情報が閲覧可能になっています。これって要するに私ではよくないのって意味ですよね。それであれば初めからカドが立たない程度にはっきりと言ってくれるといいのですが、なかなかそういうことにもいかないでしょうか。あるいは客寄せのためのダミーのお仕事なのでしょうか?
  • 転職を度々しないためには、少しコツがいります。

  • 退職と転職を繰り返さないための方法が一つだけあります。仕事面のスキルアップもそうですが、それとは別に精神的なスキルを磨くとそう簡単に転職を繰り返すことがなくなります。現在はインターネットもあるので、メンタル面を鍛えるコツは誰でも知ることができます。また、意外とも思えるでしょうが、転職とは全く異なる行動によっても、メンタルを鍛えられます。たとえばズバリ「海外に行くこと」です。海外は、言語、文化、生活様式など、違うことばかりなので、大きな刺激を常に得られます。なので、帰国後変化があるのです。帰国してみると、自分のこれまでの視野の狭さに気づき、世間はこんなにも狭かったのだということをしみじみと感じることができます。その気持ちを携え面接に向かえば、これまでとは格段に違い自信に溢れた態度で相手にアピールできるはずです。でも、退職後はメンタルが弱気になりやすいので、これからのために休みも必要です。