もし再就職の前に、今働いている会社の同僚たちがあなたの転職を知ってしまうと・・

転職することを、今働いている会社の同僚たちがあなたが会社を去ろうとしているのを知ると、・・

  • もしも再就職の前に、今の会社にいる人たちがあなたが会社を去ろうとしているのを知ると、、雰囲気が一変するかもしれません。今までの周囲との関係によっては、問題はないこともありますが、意地悪や、やっかまれる可能性など様々です。また、残業時間を意図的に増やされてしまうこともあるので、軽はずみに「転職します」と周囲に言うのはあまり良いとは言えません。そういった状態を避けるために、仕事をしている現場では、真面目に誠実に振る舞いましょう。充分に警戒しておけば、良い状態を最後まで保ちつつ、仕事を辞めることが出来ます。加えて、何の問題もなく円満退職に至れば、辞めた会社に困った際には相談できるかもしれません。業界に関係なく、どういった企業であっても、人とのつながりは大切なので、辞める時のトラブルは、充分に注意しておきましょう。

  • 転職の際、「派遣社員」として、転職を考えている人にぜひ注意してほ…

  • 転職を、派遣社員という勤務形態を考えている方に覚えていただきたいポイントがあります。まず派遣社員に関しては、「電話対応」「データ入力」「その他雑用」といった仕事内容をなんとなく想像してしまう方がおそらく少なくないとは思います。実は私もかつてはそう思っていました。今の職場に入るまでは「派遣社員」の求人に応募したとき、「電話対応が主な業務」と直接派遣会社から伝えてもらっていました。しかしいざ仕事に就くと、なんと「電話対応」とともに、足りない正社員の業務の穴埋め役となるよう、やってくれと言われました。特別な知識もなく、はじめの説明とは異なる内容ばかりなのでとても困惑しています。今はただひたすら契約期間が終わるのを待つだけです。

  • はじめて「失業保険」をもらう際に、何もしなくても給付されると考えている…

  • 生涯初の失業保険の給付を受ける場合、じっとしていれば受け取れると考えている人がとても多いですが、それは正しくありません。実は、失業保険の給付をきちんと求職活動を行っている必要があり、それとは別に、毎月1回、ハローワークに通う必要もあるんです。1ヶ月スパンでハローワーク職員と面談をして、真摯に仕事を探していることを信じてもらえれば次の月の給付が行われるという仕組みです。因みに真剣に仕事を探そうとしていないという心証を与えたり、毎月の職員との面談に不参加な場合は、問答無用で給付が見送られたり、ときには以降の給付資格自体を失うおそれもあるので、十分気を付けましょう。

  • 派遣として勤務しています。派遣法とか労働契約法のからみ…

  • 派遣社員として働いています。派遣法とか労働契約法の関係で不本意ですが長くお世話になった会社での勤務が終了します。派遣の仲間の中には、派遣先から正社員のポジションをゲットした人もいるのですが採用された理由としてははっきり言って仕事の腕がよいというよりは派遣先上司の扱いが得意な人でそれが採用の決め手となった感じ。仕事の能力よりおじさん転がしスキルの方が大切なんだねーと抜擢されなかった派遣仲間達と派遣先の職場で愚痴を言う日々です。

  • 転職する場合、いろんな経路で情報を収集する人が大半だと思います・・

  • 転職活動をするにあたっては、いろいろな方向から情報収集されるとは思いますが、転職系の口コミサイトはとても役に立ちます。少し前に、会社に不都合な内容の口コミが掲載されたということで、運営サイトを相手に、損害賠償請求を起こしたケースもありました。会社の都合で退社させられた元社員の腹いせによってそういった口コミが投稿されたという見方が一般的ですが、異なる角度から見ると、ウソの書き込みなら、会社側が気にする必要すら無いともいえますよね。ですが、実態は『クロ』で「このままではいけないと考え、急いで炎上をしずめよう」と考えているのかもしれません。「口コミサイト」も囃し立てることでアクセス数が増えたり、サイトを注目してもらえるチャンスがあるので黙認していますが、悪い内容の口コミが多く目立つのは、その分関わったらトラブルに遭遇する心配のあると思っていいでしょう。人もそうですが、本当に善良な会社であれば煙すら立ちませんから。

  • そろそろ転職活動を予定しているのなら、今現在の職場・業・・

  • これから転職活動しようと考えるのなら、今の職場や仕事での納得いかない部分、不満に思う部分をリストアップしてみましょう。これは当然できていると思われますが、意外とそうでもないのです。もともと気に入らないことが大きいから転職しようと思っているはずです。が、「ちゃんと現在ある業務や業務の不満なことを明確化する」ことが出来ている人は少ないものです。不満点が明確化できれば、その不満が解消されるなら、他の条件が現状より悪化する事をどこまで許容するかも考えましょう。この点を徹底しておくと転職選びに失敗するリスクは減らせます。そのあとに、転職を叶えたとしたら、「現在の仕事よりもマイナスになりそうなこと」をしっかり想像してみましょう。転職がスムーズに叶えられたとしても、職場や仕事に全てに満足できるものは少ないからです。しかし、デメリットを受け入れる気持ちの整理があれば、転職してからのモチベーションの低下は高確率で防げますから、失敗しないのは可能なはずです。

  • 今がんばっている転職活動時、「今までにこのような内・・

  • いい転職をしようと転職する活動の際に「私は今までずっとこういった種類の仕事をがんばりました」「これまでにこういったスキルを身につけることができました」とそれまでの経歴を強調してアピールする人はよく目にします。ですが、転職先となるその場所で「機会があればこのようなことをしてみたい」「このような業務ならぜひ貢献したい」と未来の話をして自身をアピールしていったほうが効果的である場合は、意外と多いものなのです。この点に注意しつつ、転職活動をがんばってみましょう。

  • 仕事のなかで精神的に相当につらくなってしまい、職場を変えなくてはいけない状況となったなら・・

  • 会社が原因で回復が難しいほど心的なダメージがあり、職場を変えなくてはいけない状況に至ったなら、職場の人と相談するより自身の家族と相談しながら退職するか決めるといいでしょう。というのは、働くのはあなた自身のためでもあります。が、しかし身内の問題が第一にあるからです。どれだけ高給を得られたとしても精神的にボロボロになるほど我慢して働きつづけるのは、好ましいはずがありません。今の時代は、金銭的な豊かさよりも、仕事のしやすさを大事にする生き方も認知されつつあります。ですから、あなたの身内や、あなた自身の心と体の健康を考えていきましょう。

  • これまでの私は、「転職サイト」を使うより、「ハローワーク」に通っていました。

  • これまでは職探しをするときは「転職サイト」ではなく、「ハローワーク」を使っていました。その理由は、大抵の転職サイトは、いつも都心部にある会社の求人ばかりだからです。これまでの新しい職場を探す時は、「ハローワーク」しか利用していません。もちろん、企業や給料といった条件は見劣りしますが、地域密着タイプなので自分に適した職が探しやすくなります。ですが、「ハローワークは地味なイメージがある」というイメージがある方も少なからずいるかもしれません。でも、良い求人もそこそこ掲載されているのでもしも転職希望の方は、参考までにハローワークへ行って相談してみてください。大手転職サイトのようにこれでもかというくらいのお知らせやメールの心配も無用です。

  • 再就職時の面接のときにする腕時計の事についてですが、…

  • 再就職の面接のときにつける腕時計ですが、明らかに目を惹くようなタイプのものはやめた方が安全です。この場合の、目立つを詳しく言うと見るからに高そうに見える腕時計とか、というだけではありません。その反対で安物の印象を持たれてしまうとか、そういう目を惹くという意味であって真逆の目立つ、ととらえておきましょう。再就職の面接のときにつけていく腕時計というのはスーツやネクタイのようにとらえて、適切なものをするほうが良い印象を与えます。けれども、自分の歳にあっているということも必要な条件であり、新卒時に着用していた腕時計よりはわずかであっても高いものにした方が良いということははっきりと断言できます。

  • 再就職を考えている際に目を光らせることになる求人というの…

  • 再就職を考えている際に見ることになる募集要項は、基準的なものとして掲載されている、という事も少なくありません。ですから、書いてある内容は100%正しい情報だとは安易に信頼しないほうが好ましいと言えます。中でも特に生活に大きくかかわってくる給与の金額などに関しては、全社員を平均した値なのか?最低額なのか?最高値なのか?という読みができる人は少なく、独断で決め込んでしまうと、今後、悔しい思いをする可能性も少なくなりません。そのような訳で、そんな風にならないためにも、募集内容については基準だと思って、そういったようなとても大事な事は会社に直接問い合わせた方がよろしいです。

  • 将来に目を向け、楽しく過ごしつつ、再就職をすることができた・・

  • 期待をもって転職活動と付き合う事が出来れば、精神的な負担が減少するので、転職先が見つかるまでの間の堕落も回避できます。精神的な部分が良好であれば、割と早く転職先も見つかるはずです。オススメなのは、スムーズな隙間のない時間で新しい職場を見付けることが大事です。現在の会社に勤めながら、次の勤め先を見つけるのが良いでしょう。さらに、ブランクをつくらなければ退職後もすぐに働けます。このようにしておくと、仕事をしていない空白の期間がなく、将来に響くこともありません。要するに、転職の際にマイナスの要因がなくなるということです。先を見据えて、うまく転職活動を進めてみましょう。

  • 転職を行うなら、当然仕事のやりがいアップと共に加え・・

  • 転職先を探す際、むろんやりがいのある仕事か考えるとも大事だけど年収アップも大切なポイントですから「年収サイト」というサイトに登録して事前に調べています。同じ会社で同じ職種、社歴であるのに人によって非常に違いがあることも多くて、正直なところ面接の際質問したことがあります。面接官も同じサイトを見ていたみたいで「その高収入で書いているのは、書いた者も誰なのかそこそこは見通しはついているんですけどね、おろらく格好をつけているのでしょう。低い方の収入で心の準備をしておいてください」とのことでした。

  • 近頃の転職事情については、政治による変化の兆しが出始めています。

  • 政治による影響がでつつある転職事情ですが、安倍総理が舵取りを行う現政権下では、アベノミクスや「三本の矢」などの新たな経済に関係する政策が打ち出されています。内閣が打ち出した新たな経済政策共々日銀主導の金融政策との相乗効果によって、財界や民間企業間でも今までとは異なった変化が顕在化しつつあります。その余波を受け、企業のあいだでも若者世代の減少と、現役世代の大量退職による「人材不足」が社会的な問題として取り上げられています。なお、「外国人労働者」の総数を今よりも増やしていく、であると現内閣は宣言しています。外国人労働者の増加に伴い、雇用や転職問題もかなり幅が広がりそうです。こういった変化のなかで国内の雇用や転職状況にも、大きな影響を及ぼす事になるでしょう。

  • 転職をするためには、大半の場合は面接をしなくてはいけません。

  • 転職する際には面接が必須となります。面接担当から「転職の理由は何ですか?」といった形で、かなりの確率で質問されます。その場合、いくらあなたが間違っていなくとも、前の仕事場での労働環境や人づきあいについての愚痴とも受け止められる回答は、極力控えましょう。なぜなら、そのような不満を口にすると、採用のチャンスを逃してしまうことになりかねません。面接時には前向きな発言がとても大切です。、本心とは違っていても、「新しい職場で、より一層キャリアを生かせられるように、また、さらなるキャリアアップを図りたいと思っています。」のように仕事に対して前向きな受け答えが重要です。

  • 転職にあたって相応の準備が必要となります。

  • 転職活動を進めるには、相応の準備が必要となります。一言で準備といってもたくさんありますが、なかでも、目に映る「服装」は、大事な部分だと感じてしまいます。けれども、今の採用面接については形式ばらない服装が良い会社もあるので、スーツを着て面接に赴く必要がない場合もあります。とくに会社の設立してすぐの企業などは、お堅いルールもないことが多く、私服の方が相手に良い印象を与えられます。正装でないので、ざっくばらんに会話がしやすくなります。また、私服を見せるたことで面接中に、服装について、話もしやすいですから、うまくいけば面接担当者と打ち解けあえるチャンスがつくれます。ということで、転職活動をする際は、企業の「設立した年」をチェックしてみて、(ベンチャー系などの)面接時には私服で勝負してみるのも悪くないかもしれません。