ついこの間、転職をやっとしたばかりというのに、何ヶ月もたっていないの・・

この前、転職したというのに、何ヶ月もたっていないの・・

  • ほんの3ヶ月まえに、転職をやっとしたばかりであるにもかかわらず、慣れもしないあいだに辞めてしまう人というのもずいぶん多いといいます。何故そうなるのかと思うと私見ですが心機一転、新しい仕事を見つけたというのに、「想像していた職場環境とかなりかけ離れていた」「こんなはずが・・・」ということがワケで去っていくことが多いといいます。でもこのような、転職における失敗を繰り返さないために、まずは前もっての情報収集を徹底する、に尽きます。具体的な業務内容、給与システム、などいろいろ調べておくことで転職後に後悔するリスクは大きく減らせるはずです。

    再就職の面接などにおいてもし面接担当者に名刺を手渡された…

  • 再就職での面接などの時に担当者に名刺を手渡されとしたら、あなたも同様に名刺を差し出すべきであるのか?差し出すべきではないのか?と悩んだ場合は、大体は渡さなくても良いと理解しておいてください。転職のための面接とは仕事ではなく、職に就くための採用活動の一部なので、基本的には名刺をやりとりする場ではないのです。さらに、会社の人間として出向いているのではなく、個人の問題でそこにいるわけです。という訳で、もしも相手から名刺を渡さても、こちらとしては名刺をもらうだけで大丈夫で、担当者に相手側にあげる責任はないと推測できます。

    今現在の自身の職場や業務に対する何かしらの不満に思うことがあるはずです。

  • 現在のあなたの職場や業務内容について大半の人は、少なからず何かしらの不満を感じているでしょう。「自分の資格やスキルを正しく評価してくれない」ゆえに、「報酬は増えず、出世も出来ない」と言う愚痴を漏らす人もいます。上記のような悩みを持っている人のなかには自分自身の本来の才能を実際よりも過剰評価しているケースが多いものです。もしも、過大評価していることに気が付いていない人が転職活動をすると、「自分を生かせる企業や職種がない」と仕事をしない期間が長くなるおそれがあります。のせ生活自体に支障をきたす可能性があります。転職活動をスムーズに行うためには、自分の能力を多少厳しい目で自己分析してみてください。

    転職の時の面接で着用するスーツのカラーにおいては、新卒の方が就活・・

  • 転職の時の面接で必要となるスーツのカラーにおいては、新卒の方が就活の時に準じた色が安全です。ですので、紺や黒のダークな色味になるわけです。それは転職の面接においても、スーツの色というのはこういう暗めの落ち着いた色がほとんどで、黒や紺以外の色の人はほとんど見ることはありません。他のカラーで言えば、まれにグレー系を着ている人がいるくらいです。ほとんどが黒や紺が多いのです。ですから、人事部から見てもそういった色が自然に見えますから、身だしなみ、という観点においてはおすすめです。

    もしもあなたが転職を予定しているのなら、転職前に資格を取得することで有利に事が運びます。

  • もし転職を視野に入れているなら、先に「資格」を取っておくと選択肢が増えます。とくに、転職活動を始める前の段階で、資格を取得するのがお勧めです。転職には有効活用することができますから、転職先を探すのが簡単になります。といったわけで、資格取得は、在職中であり、なおかつ転職活動前の段階が一番良い時期なのです。あなたが未来を考え、このあとに役立つであろう資格を取得しておけば、現在の会社を退職後も前向きに次に進めるはずです。加えて、資格を取ってからの転職活動の幅は資格が味方をしてくれるので、転職先の面接時に面接官に即戦力として扱われ今までより待遇が良くなる可能性が高くなります。

    私は20代で転職を2度行い、今現在は資格を取得したいの・・

  • 私は20代までに転職2回で、いまは資格をゲットするべく「派遣社員」で勤務しています。常勤の勤務ではないのでどうしても毎月の収入は安くなりました。以前より心と時間に余裕が生まれ、満足しています。もっと学生の頃に資格を取り、就職すればムダがないのに、と悔いはちょっとあります。また、実際に、そういった人を見る度、少し羨ましさを見えてしまいます。前は、自分に自身が持てず、気にしてしまい、落ち込むこともありました。結婚し、私の生活そのものが大きく変化し明確な目標ができてしあわせな生活を送れるようになりました。

    仮に転職を考えたとしても、万事順調にいくという確証はどこにもありません。

  • 仮に転職を考えたとしても、万事首尾よくいくという保証はどこにもありません。可能であれば、なにはともあれ若いうちにできるだけ早く行動に移すほうが良いでしょう。ほとんどの場合、20代のあいだは有利な展開を期待できますが、残念なことに、30代後半~40代に至ってからの転職はとても難しくなります。もしもあなたが、重要な役職に就いているのなら、転職に気持ちが傾いたとしても、思いとどまることも選択肢に入れておくべきです。つまり、退職後に転職活動を開始するよりも、今の会社での業務をこなしつつ、転職活動されるのが賢明といえます。

    雇用期間にあるときは、可能であれば、周りの人間にバレない…

  • 就労期間中は、出来るだけ悟られないよう、(自身の転職活動では)就労期間中に転職する意思表示のみをはじめのうちに社内の人間に知らせたことがありました。だが、その後に求人サイトを必死に探していたのですが、悲しいことに就職する仕事を変えるタイミングさえも計画も立てずに煮詰まっていないままいつの間にか時間だけが過ぎてしまいました。そして会社の方も仕事の引き継ぎ予定や手続き、私自身の退職の日程などが確定していき、結果的に、「退職予定日に沿う形で転職先を探していく」という、本末転倒な状況下で会社を辞める形になりました。実際には内定をもらったその会社を蹴り、失業期間を経験したのち、次の就職先を探す流れになりました。

    現代はインターネット上では、「就職斡旋エージェント」以外にも、…

  • 近年、ウェブ上では、「就職斡旋エージェント」以外にも、ビジネスの一環としてヘッドハンティングの請負を行う会社も増加しています。あなたに特許出願の経歴があるなら、彼ら(ヘッドハンティング会社)から電話が掛かってきやすいという話をご存知ですか?彼らは、特許を出願した人以外にも、研究開発で論文を書いた経験がある人や、「マスコミ」によって注目を浴びた人など、何かしらの「功績」を残した人に狙いを定めて、電話やメールで勧誘をして、ヘッドハンティングのネタにしようと画策しています。仮にあなたが、ヘッドハンティングの匂いがする誘いを受けた場合は、そうなったキッカケを思い出してみましょう。たまに、ヘッドハンディングのように見せかけて、「登録料」を要求してくる会社があったりしますが、そのような会社は当然ながら嘘なので、相手しないのが賢明です。報酬を支払うのは登録している会社であり、転職希望者が払う必要はありません。

    転職する際、とても重要となるのが「面接」なのは間違いありません。

  • 転職活動において、要となるのが「面接」になります。一般的な面接では、応募者に対して転職を決意した経緯などこれまでのキャリアといったことを尋ねてくると思います。そして、一通りの質問が終わると、次は、面接希望者側からの逆質問に切り替わります。担当者から、「なにか弊社について疑問に感じることはありませんか?」と尋ねてくれるわけです。と聞かれた際に緊張状態で、何も聞けずじまいになるかもしれません。こんな時の為に、面接の前に会社や仕事に対しての疑問点などの聞きたいことを考えておきましょう。よく考えてみればいくつも疑問点は浮かぶはずです。ぜひ、やってみてください。

    今、私は派遣の会社に入っています。

  • 派遣会社に入っています。インターネットサイト内で自分に向いていそうな仕事を見つけ出し問い合わせをしてみると「そのお仕事はもう別の人が採用されました」と断られてしまい一瞬サイト上からも仕事情報がなくなるのですが、なぜか次の日になると再掲載されています。これって結局は私だとダメだってことですよね。それであるならば初めからカドが立たない程で正直に教えてくれるといいのですが、なかなかそうはいかないのでしょうか。それともまたもしかして偽のお仕事なのでしょうか?

    転職を繰り返す日々を止めるための対策は、とてもシンプルです。

  • 退職と転職を繰り返す日々を止めるためには、コツが要ります。仕事面のスキルアップもそうですが、精神的なスキルを磨くとそう簡単に転職を繰り返さなくなります。現在はインターネットもあるので、メンタル面を強くするヒントはいつでも知ることができます。また、不思議に感じるかもしれませんが、転職とは関連性のないことでも、メンタル面を鍛えることができます。その典型例がズバリ「外国に行くこと」です。海外は、はじめて目にする光景もたくさんあったりと、大きな刺激を得られます。ですから、心の成長を成し遂げるにはぴったりの策といえます。日本に戻ってくると、自分のこれまでの視野の狭さに驚き、こんなにも世間は狭かったのだということをしみじみと実感することができます。その気持ちのまま面接に行けば、今までとは格段に違い自信満々に自己アピールができるはず。でも、退職して間もない頃は精神的に弱くなりがちなので、今後のために休みも必要です。

    あなたが転職を考える場合に「Uターン」「Jターン」におい…

  • もしもあなたが転職しようと考えた場合、「Uターン」「Jターン」において都市部から地方に移って再就職したいと考える方も少なくありません。一昔前とは違い転職サイトを使用することで郊外・地方での求人情報にも容易にアクセスできます。しかし、郊外や地方での求人情報は、大都市では当たり前に見るような条件や待遇のある企業が少ないのがデメリットといえます。ですから、求人サイトのみに執着するのも考えものです。転職サイトにプラスして、その地方の自治体や商工会議所の情報サイトも頻繁に確認してみてください。「地方自治体・商工会議所」などの行政が開催している転職サポートの有無も見ておくと、良い出会いが期待できます。

    今の自分のスキルを武器に就職活動する場合、再就職がしやすい業界と、…

  • あなたが持つ現在のスキルを有効活用しつつ、再就職したいと思っているなら、再就職し易い業界とそのスキルが不必要な、転職が難しい業界がある事を知っておくことは大切です。すんなりと転職がかなう業種としては、慢性的な人手不足に陥ってる医療や介護系の業種がその最たる例です。医療や介護では、看護師や介護士の資格保有者でなければ働くことができないので、ハードルが高めの業種ともいえます。今現在、医療従事者として働いている人が、仕事に対しての不満によって、異業種へ再就職したいと思っているのなら、要注意です。「医療」「介護」以外の流動性は「医療」「介護」よりも低いものと捉えておくべきです。というわけで、簡単に考えない事が必要です。異業種への再就職をされるのであれば、異業種では「医療」「介護」の仕事探しよりも厳しいものとなることを気をつけましょう。

    現在、いわゆるブラック企業が大きな問題となり、労働条件に関する取り締まりが厳しくなったり…

  • 現在、「ブラック企業」が社会問題としてしっかり扱われるようになり、労働条件違反の取り締まりが強化されたり、悪質な企業の場合は公開されるなど、罰則も強化されていますが、完璧とは言い難いというのが現状です。なので、面接時に「ブラック企業」かどうかを自身で確認してみましょう。求人票などに記載されている労働条件を見ておき、ひとつひとつの項目について、あれこれ質問してみましょう。「ブラック企業」が相手の場合、記載情報に「ウソ」だったら返答が曖昧になります。「その場では答えられない」みたいな逃げの姿勢に入ります。特に「給与」「残業」「休日」の3つについては、質問していくうちに、困った表情をする可能性が高いです。それでもめげずに尋ねていくと、ふてくされたような態度を見せ始めるため、そこで相手のウソを確信できます。このような会社は、嘘をつく体質であるといえるので、「何か引っかかる」と思ったなら、入社はキャンセルするのが無難でしょう。

    一般的に見て一流企業は、「定期採用」で人材確保することが多くを占めるため…

  • 大企業では、「定期採用」で人材募集することが普通なので、転職希望で入りたい場合は、時期を考慮しておく必要があります。おまけに、都市近郊部~地方となると転職のチャンスはずっと厳しくなるでしょう。けれども「製造業」関連の場合であれば、地方の工業団地周辺に運営していることがとても多いです。そういう工場なら、事業分野の拡大と並行して「人員募集」を積極的に行うので、そのチャンスに転職を検討してもいいかもしれません。そのためには、地方の工場に転職しようと思うなら、その地方の工業団地の会社をまえもって得ておきましょう。ホームページにアクセスして、人員募集の有無など、頻繁にチェックすると良いでしょう。