転職活動の最後の問題として、「今勤務している会社をいかにして辞めるか」という問題があります。

転職活動を行う際の最後にクリアしなければいけない難問として・・

転職活動の最後の壁として、「今の会社の退職」があげられると思います。転職先が採用の内定を出したとしても、現在働いている会社があなたを手放したくないとして慰留するというのも起こりがちなケースです。そういったケースでは、何があっても退職する、という強い気持ちを維持することが重要といえます。引き留められ、一時的に残ったとしても、一度辞めたいと思った会社には、結局は愛着もなくなってきます。スムーズに退職するためには、会社の規定をチェックしておき、退職までに必要な日数を超過する年月以降の退職日設定と、退職届をつくります。その後、決定権のある上司と談判し、退職を考え直すことは絶対にありませんと、堂々と伝えましょう。「円満退社」で現職を終えることも転職活動の大事なポイントです。

長いこと接客業でお勤めしてきましたが、加齢が原因か立ったまま行う仕事・・

長期間接客関係で仕事を行ってきましたが、加齢が原因か立ってする仕事は体力的にしんどく、座って仕事を続けられる事務系のお仕事への転職を頭に入れて活動しました。事務未経験の場合わりと難しくて、そうであれば接客の経験が役に立つ受付兼医療事務をしたいと資格も獲得し個人病院に転職することができました。周囲は超ベテランである先輩パートさんばかりで人間関係に関しても複雑。夜の勤務ばかり押し付けられて、接客業で働いていた頃より帰る時間が遅くなったのですが、初めはキャリア形成の時と思って仕事を続けます。

転職エージェントは大手に限って、様々な案件を持って…

大手の就職エージェントに限って、多数の案件を取り扱っているという魅力があるといえますが、それと同時に転職を希望するライバルも多いです。そのため気になる企業を見つけたとしても、転職エージェントの担当スタッフが「転職するのが難しい」と判断すれば応募してもらえない場合もありますし、会社から見て自分よりも評価の高い人がいれば、そのライバルを優先して売り込もうとするのです。つまり大規模な転職エージェントの場合、サイト未掲載の案件をデータ宝庫として扱っており応募しがたいので、考えを変更してもっと規模が小さいエージェントに対し、応募したい企業や案件について相談し、応募できないものでしょうか?と話しをすると自分の利益を考えて働きかけてくれることもあるので、そうした活用方法もあります。

現在は、株・不動産投資といった、不労所得のほかに独立、起業等、…

今のご時世では、株・不動産投資をはじめとした不労所得を得たり、個人事業・起業といった生き方も社会的に人気を集めています。そのような社会的変化もあり、「会社の下で働く以外は怖い」といった今までの常識も変わってきています。高度経済成長期には将来的に不安定な株式投資・個人事業より雇用されて働くほうが安定性にすぐれ、人生のもっとも正しい道としてまたそれが至極当然のことのように、世の中に認知されてはいました。しかし、そんな成長期は終わり、今現在は「成熟期」と言い表されています。将来的にはコンピューターの進化につれて、機械化や自動化が加速し、多くの仕事で人の手を必要としなくなる社会になる、とも言われています。

転職して勤め先を新しく替えるということは、自身に見合・・

転職によって勤め先を新しく替えるということは、自分自身に適する理想に近い場所に再就職したいものです。勤め先を変えれば、適した仕事に出会うかもしれません。とはいうものの、良い面ばかりでなく即戦力となりうるスキルが必要です。違う言い方をすると、あなた自身が価値ある人材であれば、天職に就くことができることも可能、ということです。現代は、職業選択の自由が社会的にも認知されているので、転職を決断したとしても偏見を持たれてしまうおそれもありません。人の流動性が高くなりつつある今現在では「スキルのある人材が欲しい」と希望する企業も増加傾向にあるので、この好機を有効に使ってみてください。

今まで経験したことのない分野とかに転身する際には、前の業界で…

未経験の分野などに転業をしようとするときには、前職で身に付けた力やこれまで経験したことを発揮できるといった内容のアピールがいるようになります。その業種で経験をしたことがないという人はその分だけその業種を経験している人よりも損にはなりますが、自分自身の持っている力がその業界でも十分に発揮することができるということをうまく話すことができれば、戦うことができることも出てきます。ですので、未経験である業界に挑戦するときには、その業種と前の職場でやっていた仕事とのかかわりを発見しましょう。

就職活動において、必ず問題になるのが年収です。

就職活動において、年収は非常に大切な要素です。面接において、ほとんどのケースで現在の年収と転職後の希望年収について聞かれます。実際の年収より多く言って、多額の年収を獲得しようとしても、無駄な努力でしょう。なぜかといえば、最終的には源泉徴収を提出することになるので、一度は信じさせたとしても、あとで「源泉徴収票」が必要になるため、必ず虚偽の申告をしたことがバレていまいます。最悪、転職先とのトラブルにもなりかねないので、現在の年収を正直に伝え、それに釣り合った希望年収を設定することです。ちなみに、今の年収が300万円の人が急に年収500万になるようなことはほぼあり得ません。今、430万円の年収であるのなら、希望年収額は400~450万円と相手に伝えておくのが得策です。ウソの申告は転職活動後のトラブルだけでは済まないこともあり、一時的に採用されたとしても、その後、退職しなくてはいけなくなるおそれもあるので注意が必要です。

将来、ぐっと考えなくてもできる作業は機械に変換され…

私たちの社会的環境において、将来的に段々と簡単な労働は機械によってそれに伴い、稼働人口は減っていきます。というのは、短絡的な仕事という観点では人より機械で進めたほうが比べられないほどすぐれているからです。数量をカウントしたり、同じ動作を延々と繰り返すことは機械では当然何の苦もありません。もちろん人間とは違って文句を言わず、疲れることがありません。また、不正行為をすることもないし、正確な作業をしてくれますし、均一だし、付け加えて、「人件費」が発生しないのもメリットといえます。生身の人間を使う意味がなさすぎます。機械に移行していくのも必然といえるでしょう。

転職活動と現職の同時進行を行う人は少なくありません。

今の仕事と転職活動を並行する人は多いです。しかし、忙しく仕事を行いつつ求人を見て、応募の手続きをしたり、面接を受ける、というのは負担が大きいといえるでしょう。転職活動を行っている間は、今の職場の同僚や上司にもバレないようにやり過ごさなければいけません。とりあえず応募するという方針の人もいますが、もしも、そのまま書類選考が通り、面接の段になって辞退すれば厄介な事態となるかもしれません。エージェントを通している場合はそのエージェントに対しての印象が悪くなりますし、他方自分で直接、応募したとしても相手企業からの電話やメールでの勧誘がしつこくやってくることもあります。どちらにせよ自分の貴重な時間をドブに捨てることになりかねないので、行くつもりのない企業は、はじめから応募しないのが賢明です。転職活動は、新卒時の就活とは似て非なるもの、と認識しておく必要があります。

求人を見るとき、「オフィス系の仕事をしたい」と思う人ほ・・

求人に係る情報をチェックする時、例えば、「オフィス系の仕事をしたい」という人は、はなから製造業を見ようとしないものですが、そういったことをしている人は、「製造業は製造マンの求人だけだ」と勘違いしているケースもあります。現に、製造業の求人であったとしても、現場作業者だけでなく、経理、総務などの人材募集をはじめ、資材、購買、営業管理などの「事務系」に属する仕事も相当数あります。とはいえ、製造業の仕事場はオフィス街でないのでそういった点が受け入れられないと感じる人もいるでしょう。だとしても、自分のこだわりを捨てることによって意外な発見があったり、スキルアップのチャンスがあるかもしれません。

新しい仕事で、今までに身に付けた能力を発揮できれば、…

あたらしい職場で過去のキャリアやスキルを生かすことができたら即戦力として活躍でき、直ぐ仕事場にも馴染めるし、人を募集している雇い主側も即戦力は常に必要なので、雇い主側が判断しても即戦力となる転職は難なく事が運びやすいといえます。それに加えて以前の働いていた仕事と近い仕事内容なら転職は楽になります。でも、なかなかの能力があるといっても大手の事務系の仕事や、公務員などは、時代に関係なく、中々の競争率ですから、覚悟を決めておきましょう。

転職とは、希望する企業そのもの、というよりもある意味、「担当面接官」との…

最短で転職したい場合は希望している企業そのものより、人事や採用担当の面接係員とのやり取りが重要です。其のためには、初歩として面接が始まるときに冷静に対応しましょう。例えれば女性とお見合いをするような意識で望むと問題はありません。更に大事なことは面接官に対してはまず第一に自分の人間性を判断されるのでマイナスな印象につながる身なりは気をつけて避けましょう。また社会人らしいきちんと整った服装を意識してください。あなたの個性を表現できるといいでしょう。企業にとって魅力的な人材と感じてもらえれば、かならず自ずと良い結果を出せるはずです。

失業保険の給付については、客観的な意味で、職探しをしている姿勢を見せる必要があります。

現実に失業保険の給付を受けるためには、客観的な意味で、職を見つけようとしている姿勢を見せる必要があります。が、現実的には「久しぶりに仕事から解放されたし、とりあえずは働かずにゆっくりしたい」と思うのが現実だと思います。というワケで、真剣に次の仕事を探しているとハローワークのスタッフに思わせる方法があるので紹介します。毎月ハローワークに行って担当職員と面談するのは当然ながら必要として、求人票を見ることは最低限やらなければいけません。真剣に探したくないときは、「求人票」をチェックするだけで、面談の際に、「納得できる条件の仕事や自分がやっていけそうな仕事が意に反して確認できませんでした」と告げて次の機会を探すという手もあります。

転職をするために現在勤めている会社を退社する時に「失業保険」を受け取るための手続きをしておく必要がありますが・・

転職するにあたって、現在勤務している会社を辞める時に失業保険についての手続きを行う必要がありますが、自分のほうから退職届を提出して退社する、いわゆる「依願退職」であった場合は即座に失業保険が給付されるわけではなく手続きが終わった後で失業したことが認定されてから3か月経ってやっともらえるのです。であるため、会社を辞めた翌日から3か月経てば給付されると思い込んでいる人がいますが、この規則を間違って理解している人が、それが原因でハローワークの担当者と大声でやりあっているのを見たことがあります。因みにリストラなど会社都合で解雇された場合は、失業認定が下ったのちすぐさま失業保険が給付されます。

この前転職活動の一環として人材会社へ登録に向かいました。

3日ほど前新しい仕事先を探すために人材バンクに登録をしに足を運びました。そのとき登録カウンセリングを行いに出てきた担当者が見た感じ経験不足の社員のようで、私が伝えたいことの2分の1も彼はわかってはいない感じです!しかも「キャリアデザインが物足りないですね」とか「もっと強みを明確化しいていくことが必要です」等、一人前のように偉そうに言うのでとっても不愉快でした。カウンセリング担当者はそれなりに能力のある社員に、してほしいものです。

女性が再就職するに当たって、一昔前と現在とでは少し違いがあるようです。

女性が転職する際、数年前と近年とでは若干の変化があるといいます。前までは、「結婚観」や「出産後の予定」などのことに関して、質問されることがほとんどでした。ところが、最近では、そういったデリケートな内容はセクハラと会社側が捉え、質問を避ける企業、が増加傾向にあります。そしてまた、世間に名の知れた大企業ほど、NG質問として神経質になっているといいます。ただ実際、会社側としては、YES・NO、の2択ではなく、その女性の価値観、結婚したあとどうするか、「出産後はすぐに復帰するのか」などを当然、把握しておきたいとは思っているものです。あなたの価値観を伝えるためにも、志望動機・自己PRと併せて表現することで、企業側にも認識してもらえ、また、モヤモヤも解消できると思うわけです。なので、たとえ、聞かれていない箇所についても、あなたが先んじて気遣って話をしておくのが良いでしょう。