これはシフト制のある仕事についての話なのですが、毎週、特定の曜日…

これはシフトの仕事に関する話なのですが、毎週、一定の・・

「シフト制」のある仕事についてです。毎週、決まった曜日に入れる人を募集している求人を頻繁に目にしますが、もし、応募しようと思っているなら休む方法やシフトの提出方法については面接時に確認しておいた方が良いです。それはなぜかというと、私は過去に、出産のため休む人の代わりに正社員として仕事に就いたのですが、「土日」固定となるシフトだったのですが、新人の私以外は、誰一人現場にいませんでした。前任者が土日は必ず出勤できる人だったので、私も必ず出勤できると思われていたみたいです・・・。「土日」に外せない用事が入った場合、シフトを変わってもらうときは、職場の先輩たちに「日曜日に休みたいのです」と自らお願いをしに行かなければいけませんでした。給料も立場もほぼ同じなのに土日は私だけなんて・・・。思い出す度、「本当によく耐えたな」と。

”石の上にも3年”という教訓があります。

日本には昔から”石の上にも3年”というコトワザがありますが、1998年に派遣法において対象業務が自由化したとともに「終身雇用制度」は衰退してきています。定年退職までを勤め上げるという感覚は薄れ、「転職」を経験するのがとても身近なものになってきました。しかしながら、「転職」が誰にとっても身近な存在になったからといっても、安易に仕事を選択し転職を繰り返して良いワケはありません。再就職したいなら、大切なのは適した時期を見計らうことです。とりあえず、現在の職場、仕事、自分の置かれている立場などに対して嫌だと感じいているポイントを、5~10個ほど、紙とペンを使い、リストにしてみましょう。そうしておくと、転職活動に良いヒントを与えてくれます。そして、将来の進路が自身で見いだせたら、できるだけ手早く、より良い仕事ができるように進めることが大切です。

転職活動をするとき、事前にハローワークの求人票を閲覧したり…

転職する場合は、予め、ハローワークの求人票や求人雑誌、あるいはインターネット上の求人情報を見たりしてその会社のことを調べると思います。しかし、当該会社が情報を掲載する際には、コンサルタントからアドバイスを受けていることが少なくありません。コンサルタントは、会社の利益にならない情報を隠すプロでもあります。たとえ公表する場合でも曖昧な表現を使ってうまくごまかそうとします。そういった会社情報や社員のインタビューについては、馬鹿正直に信じるのではなく、参考程度に聞いておいた方がいいでしょう。もしも鵜呑みにして会社に入ってしまった場合、「聞いていた話とまったく違う・・・」とあとで後悔するかもしれません。悪意ある会社は、素直な人間を効率的に集めて、その後、様々な文句をつけて辞めさせないようにするかを考えている。ブラック企業では、このようなことが多いです。

転職した場合には、だいたいの場合は前職での記憶は美化されます。

職を変えた際には、高い確率で以前の仕事での美化されるものです。そもそも今の仕事が合っていないと思ったから、そういった思いを解消するためにせっかく退職を決め、再就職したはずにもかかわらず、いつの間にかなぜか「前職のほうが心地良かった」と思うことが増えてきます。それというのは極めて当たり前のことで、前の職場では仕事をこなすことに慣れきっていて普通に毎日仕事がたやすくこなせていたのが、もっともというのもあります。けれども「やっぱり退職するんじゃなかった」と心底感じるほど、前の会社のほうが環境ややりがいがある事も考えられます。

万一現職からの転職を決定したなら、徹底して周りの人間・・

万一転身の決心を固めたなら、まったく会社にはその気持ちを知られないように、転職活動を進め、働いている間はあくまでも会社内の人に悟られないよう平常通りに仕事をするのが合理的です。現職中、これを徹底することで、たとえ転職先探しが簡単に見つからなくても、転身の予定を見合わせながら、現在の職をし続けてもトラブルの心配がありません。そうではなくて、軽はずみに口にしてしまったら周りの人は、その言葉を受けた応対をします。さらに「辞めるつもりです」と一言でもいえば、周囲には「あの人は退職する人」と受け止められます。そういったシチュエーションのあとで、転職したい思いが消えて、「やっぱり退職しないことにしました」となっても、「一度は仕事を辞めようとした人」とあなたを見るので、仕事中ずっと、肩身の狭い思いををするしてしまうことになるかもしれません。

転職活動で面接において例外なく聞かれることとして志望動機と転職理由の2つがあげられます。

転職活動をしていると、ほぼ例外なく「志望動機」「転職理由」の2点を訊かれます。このうち志望動機に限っては、心で思っていることをそのまま話してもOKですが、これとは異なり転職理由について正直に話すのは問題です。例をあげれば給料に対する不満、上司と相性が悪いことなど、聞き手があなたに良い印象を持ってくれる可能性は少ないです。とはいっても、自分にとってマイナスになると予想されることをストレートに話す人は極めて稀だと思いますが、採用担当者はそのような部分に注目しがちなので、慎重に質問されることは避けられないでしょう。これに対して悪いイメージを与えずに答える方法としては、現職の仕事の内容以外には、触れないように心がけることです。それにプラスして、この会社に入社してこんなことをしたい、5年以内にこんなゴールを達成したい、「このような私の目標を達成できるのは御社のみです」、といった形で未来志向な志望動機に変えていきましょう。

転職において、まず今の会社を辞めてからと考える方もいます…

転職活動をスタートするときに、とにかく今働いているところを辞めてからという方もいますが、そういったときにはボーナスの支給日を気にしておきましょう。社員にボーナスを支給する会社は星の数ほどありますが、社員にボーナスを支給する会社の場合には、ボーナスをゲットできるのがあとわずかだったら、支給日を待って退職するという考えも良い手です。ボーナスだとそこそこ大きい額になると思うので、頂いておいた方が良いと考えることもできるので、退職をする際には会社がいつボーナスを支給するかについて知っておくほうが堅実です。

人からの紹介によって転職先を探す人もいるでしょう。

知っている人の紹介で転職先を見つける人もいます。しかし、転職をした先の労働環境、労働時間などの大切な部分を友人からの口コミ情報のみであんまり信用しすぎるとキケンです。というのはある特定の人の口コミは誤解・齟齬が多くなってしまいます。それ故に友人・知人の立場では良い職場環境に映っても、あなたにとってはストレスフルな可能性なのかもしれません。またその逆も然りです。良い・悪いの違いは人それぞれなので、口コミを過剰に信用しないように、自分の目で確かめておくことも大切です。

新卒で入社した会社を去り、転職することになりました。

新卒で入社した会社を退職し、一歩踏み出して転職をしました。会社を辞めたときは、毎日悩みました。しかし、社会人になって数年後には仕事を辞めて、沢山の人が転職を経験していることを自身の転職活動のなかで理解したことで、無意識のうちに不安な気持ちは解消されていきました。また1度、転職したことでなにか気持ちが楽になった気がして、「本当に自分のしたいこと」を探す手間が喜びになっていきました。やはり「仕事を変えるのは良いことじゃない」といった転職に否定的な考えがあるのは理解していますが、それが正しいとは限らないと思いました。私の場合は転職を決断して良かったです。

年内中に転職される人で次の仕事を始めるまでに時間があるのな・・

転職予定がある人で、次の仕事を始めるまでに時間が掛かりそうなら忘れずに「失業手当」をもらっておくことをお勧めします。この手当てはあなたが勤めている所属する会社が社員に「雇用保険」を払っていた場合は、手続きをすれば必ず誰でも失業手当を受け取ることができます。また、受け取り手続きについては「ハローワーク」にて行います。自己都合で会社を辞めたのなら、3か月の待機期間があるのですが、今の企業の都合や残業時間によってはすぐにもらえる場合もあります。このとき、支給される「失業手当」の額は、会社で最後となる勤務月の近々の給料をもとに失業手当の金額を算出されるため、企業に繁忙期や閑散期がある方は繁忙期の後に辞めたほうがいいです。

クールビズで転職の面接を受けに行く際には、ジャケットにおいてはや…

クールビズ(軽装)スタイルで再就職の面接会場に行こうとする際には、いくらなんでジャケットまでは着なくても良いとはっきりと言えるのですが、ネクタイはして行った方が無難です。ネクタイの着用はなくてもOKだと認めている会社も存在するとは思いますが、ネクタイだけは例えクールビズであろうと着用しなければならないと決めている会社がある程度あります。なので、例えクールビズ(軽装)で大丈夫だと言われていてもネクタイだけは絶対に着用いく方が良いというのは知っておいてください。

転職の予定があるのなら、いきなり年収に関して高望みはしないほうが無難です。

転職の予定があるのなら、「年収」を高望みしないほうが無難です。とりわけ転職した初年度は、ほとんどの場合「研修期間」を含んでいる企業も多かったりもします。私自身のときは、どうにかして転職したのに、悲しいかな前職での稼ぎと年収と大方同じで変わりませんでした。そのうえ、仕事内容はかなりキツく、重大な責任が伴うものでもあったので、1年目は、たいへん苦労しました。そのような実体験から初年度はいわば勉強の期間と割り切って、可能ならば転職以前から貯金をして備えておくべき、と痛感します。

転職というものについて考えた場合、その職場の給料ばかりに気を取られる人…

転職というものについて考えた場合、その職場の自身の給与を過剰に気にする人がわりと多くいます。大多数はですから生活費を手に入れるべく精を出すのだとは思います。年収がどれだけかは自身がどのくらい評価してもらえるか、という面もありますから当然大切なのは否定できません。とはいえ、必要である以上に年収に固執しすぎる生き方というのも人生を損してしまう気がしませんか?この世には収入面にそれほど期待ができない仕事であっても、精神的な充実を得られることが普通に転がっているからです。

かつては求人誌に雇用側が求める人材の「性別」がハッキリと記載されていました。

何年か前までの求人情報には、募集要項の中に「性別」まで、当たり前のように書かれていました。しかしながら、1985年に制定された男女雇用機会均等法によって男女差別が採用時にあってはならないとして、求人情報の条件に「性別」が記載されなくなりました。しかしながら、求人情報を出す側は、性別関係なく等しく雇用のチャンスを与えてくれるとは限りません。現実に、実は男手が必要なのに、女性が応募してきたり、逆に女性を希望している案件なのに男性が来てしまったり、といったトラブルもひとごとではないのです。求人情報で女性活躍等と記載される案件の場合は、雇い主となる企業側が「女性」を必要としてる、と考えたほうが無難です。

看護師でありながら他の仕事に「転職しよう」と思う理由…

それと違う職業に転職に至る原因は、人それぞれではないでしょうか。ちょっとみると看護師が他の職業への転職には「職場に付き合いづらい同僚や上司がいる」「結婚で家事のことがいろいろとあって出産それから子育ておまけに家族の介護など、いくつかの身近な家庭環境の変化によって今までのようには働き方ができなくなった」「今の収入面で不満がある」など多種多様の理由が解消したいために転職されるのかもしれません。ですが、実際に転職される前に「なぜ、自分は転職する必要があるのか?」と、今一度じっくりとそして客観的に見つめ直すことも重要です。「本当に転職を叶えたら、状況が上向くのか?」と再考してみて、決断されることを強くお勧めします。

転職期間中には、自分の好きなことに没頭するほか、体力の低下を招かないようにしてお…

転職期間では、趣味に打ち込むほか、体力を低下させないようにしておくと良いです。勤め口が見つかり、いざ仕事復帰した際に、趣味に集中していたことによって気付かないうちに集中力が養われます。そしてまた、体力アップしていることでその場の社員さんよりも体力が持続するということを認識します。なので、退職して次の仕事を始めるまでは自分が興味のあるなこと趣味に時間を充てることと、体力を落とさないようにすることをしておいて損することはありません。今後、働き出した会社であなたと同じ趣味の方と知り合えたなら、すぐに仲良くなれるので、これまでやってみたかった物事に挑戦してみるのも転職期間中の時間の有効活用となります。