転職することで仕事先を一新するということは、自分に…

転職することで仕事先を一新するということは、自身に合う…

  • 再就職して仕事先を一新するということは、自身に見合った理想に近い場所を探したいものです。勤め先を変えれば、あなたに適した仕事に出会う可能性もあります。ただ、苦しいことも少なからずあって、転職先にふさわしい能力が必須となります。表現を変えると、あなたの人材的な価値が上がるほど、「天職」に近い転職に巡り会える、というだけの話です。最近では職業選択の自由が一般敵に広く認められていて、退職し転職を選択しても特に面倒なことはないでしょう。終身雇用制度がなくなりつつある今は、「役に立つ人材が欲しい」が願っている企業も増えているので、この好機を有効活用してみてください。

    初挑戦となる業界などに転身したいと考えているときに…

  • 経験のない業界などに転業する際には、自分が前の業界で身に付けた腕前やこれまで経験したことが生かせるといった内容の自己アピールがいるようになります。勤務経験のない業界の場合、経験していない分だけその業界で働いたことがある人よりも事実、不利な状態になりますけど、自分自身の持っている能力がそのジャンルでも発揮することができるということをうまく話すことができれば、勝負になることも十分に考えられるのです。以上のことを踏まえ未経験である業種に挑む場合は、その分野と自分が今までやってきた職務との関係を必ず探し出してみましょう。

    就職活動において、だれもが気にするのが年収です。

  • 就職活動において、年収はとても大切なポイントです。面接では、大部分の企業で現在の年収と転職後の希望年収について質問されます。このとき年収を現実にもらっている額よりも大きく申告し、転職先の年収アップを狙うのはハッキリ言ってムダな努力です。なぜかといえば、結局は源泉徴収を提出しなければいけないので、もし一度は騙せたとしても、そのあとで「源泉徴収票」の提出を求められるので、必ずウソがバレてしまうのです。最悪の場合、トラブルに発展することもあるので、現職の年収を水増しせずに申告し、それに釣り合う希望年収額を設定するのが正解です。年収300万の人が転職後すぐに500万円となる見込みは通常あり得ません。仮に、現在の年収が430万円であれば、希望額は400~450万円であると伝えておくのが得策です。露骨な嘘は、転職活動時のトラブルだけでなく、入社後のトラブルとなって、一時的に入社できたとしても、退職を余儀なくされるおそれもあるので、注意しましょう。

    将来的に、私たちの社会的環境において段々と考えなくてもできる労…

  • この先、私たちの社会的環境において今以上に思考を必要としない労働は機械化によってその結果、必要な労働人口はどう考えても減少していきます。その理由は、思考を必要としない労働は機械を稼働させたほうが数段に分があるからです。数をカウントしたり、同じ動作をずっとリピートしたりすることは機械にとっては何の苦もありません。もちろん人間とは違って泣き言を言わないし、疲れることもないし、不正をすることもないし、何より正確ですし、均一化できる強みもあります。さらに、人と違って賃金が発生しないのも大きな違いといえます。このような観点から人間を使う意味が到底なさすぎます。機械に置き代わるのも自然の結果といえます。

    転職活動と現在の仕事の同時進行を行っている人が多いです。

  • 転職活動を現職と並行する人は少なくありません。ですが、仕事を続けつつ求人情報を見つけて、その応募手続きをしたり、面接を受けるのは精神も肉体もハードです。転職活動中は、今の職場の同僚や上司にその動きを悟られないようにする必要があります。このようなとき、「とりあえず応募しておこう」という人がいるのですが、もしも、そうした場合に書類選考が通り面接に呼ばれてから辞退すると今後の転職がうまくいかなくなるおそれがあります。転職エージェントを間に入れて応募していた場合は、エージェントに悪いイメージを与えてしまいますし、自身でダイレクトに応募した場合も相手企業から電話・メールで繰り返ししつこく連絡が入ってしまいます。いずれにしても自分の貴重な時間をドブに捨てることになるので、行くつもりのない企業は、はじめから応募しないのが賢明です。新卒の就活とは全くことなることを認識しなければいけません。

    求人に関係する情報を見る場合、デスクワークがしたいから・・

  • 求人情報を見る際、例えば、「オフィス系の仕事をしたい」という人は、製造業をあまりチェックしていません。そうした人には「製造業って、現場で製造する仕事しか求人募集しない」と勝手な思い込みで認識している場合もあります。現に、製造業であっても、製造マンだけでなく経理、総務などの人材募集をはじめ、資材・購買や営業管理等のオフィス系のお仕事もかなり存在します。製造業の職場自体、ビジネス街でないので嫌だと感じる人もいるかもしれませんが、そうであったとしても、自身のこだわりを捨ててみることで素敵な出会いや意外な発見があるかもしれないので、選択肢に入れてみてください。

    新たな勤め先で過去のスキル・キャリア生かせたら、即戦力として周囲から扱われ…

  • 再就職先でこれまでに培われてきた実力を最大限に活用できれば、即戦力として周囲から評価されて、早々に職場での信頼を勝ち得ることができるはずです。いい人を求人している会社としても、即戦力は常に必要なので、タイミングさえあえば、うまく事が運びやすいといえます。しかも、過去の仕事と似たジャンルなら見込みは十分にあります。とはいえ、それなりにスキルがあるといっても一流企業の事務系、公務員といったジャンルは、今も昔もかなりの難関だと覚悟しておきましょう。

    転職活動といえば、企業とのやりとりというよりどっちかというと「担当面接官」と…

  • 転職活動で重要なことは企業そのものというより、採用担当の面接係員との勝負といってもいいでしょう。採用担当の面接官に良い印象を与えるために、ゼッタイに肩の力を抜いて焦る気持ちを抑えて平常心を強く意識しましょう。例を挙げるとお見合いをする心構えで望むのも大事でしょう。とくに面接がはじまるとまず第一にあなたの人柄や人間性を判断されるので悪い印象を与える言動は注意しゼッタイに避けましょう。常識的な社会人らしく面接に適した服装を意識しましょう。あなたらしさを表現できるといいでしょう。面接官に健康的で魅力がある人物と認識されれば、きっと良い転職先に巡り会える可能性も高くなります。

    現実に失業保険を給付してもらうためには、「就職活動」しているという証明が必要となります。

  • 現実に失業保険の給付を振り込んでもらうためには、職を見つけようとしているという証明が必要となります。そうだとしても、現実的には「会社に行かなくて良いし、しばらくはゆっくりしたい」のが本音でしょう。そこで、本当に次の仕事先を探しているように見せる方法は、あります。月一回のハローワーク職員との面談は必須ですが、その場にて、求人票の閲覧は最低限やらなければいけません。真剣に探す気が無い時には、求人票で職探しをしているフリをして、ハローワークスタッフとの面談にて、「納得できる条件の仕事や自分にあう仕事や、希望していた仕事が確認できませんでした」と、相手に告げて、次の機会を狙えば良いです。

    転職に先立ち今勤務している会社辞める時に「失業保険」給付手続きをしておく必要がありますが、…

  • 転職をするために今勤務している会社辞める時に失業保険に関する手続きを行う必要がありますが、仮にあなたの都合で退職願を書いて退職する、いわゆる自己都合退職の場合は、失業保険をすぐさま受け取れません。手続きにした後に失業が認定されてから3ヶ月経ないともらえないのです。よく勘違いして退職日の翌日から3か月経てば給付されると誤解している人がいますが、この規則に無理解な人が、3か月経ったのにもらえないのはおかしいと主張してその結果ハローワークの担当者とトラブルを起こしているのを見たことがあります。加えて、労働者側の都合ではなくリストラのように、「会社都合」での解雇の場合は、失業認定を受けてからすぐに失業保険をもらえます。

    先週人材バンクへ登録に向かいました。

  • 一昨日転職の準備をしようと人材紹介会社へ登録に出向きました。そのとき登録するときのカウンセリングの際に出てきた担当の方が見たところ入社してから間もない新入社員のようで、私の話の2分の1も理解できてない感じでした。しかも「キャリアデザインが甘すぎますね」とか「もっと自分の強みを明確にしていくことが大事でしょう」とか、専門家のように横柄にしゃべるので非常に不快な気分になりました。カウンセラーはそこそこカウンセリングの経験がある社員にしてほしいものです。

    女性が再就職するに当たって、一昔前と現在と少し状況に違いがあったりします。

  • 女性の再就職において、今現在とセクハラが問題視される前では少なからず、変化が見受けられます。前までは面接の際に、結婚の予定や結婚後の予定などのことに関して、ごく普通に質問されることがありました。でも、今現在の流れとしては、その手の内容は、セクハラとして質問しない企業、が増加傾向にあります。とりわけ大企業ほど、この手の質問に神経質になっています。が、面接する側としては、YES・NO、だけでなく、その人が、結婚したあとどうするか、出産後は仕事にすぐに復帰するつもりかなどを当然、知っておきたいと思っているはずです。自分の人生設計をわかっておいてもらうためにも、自己PRや志望の動機と併せて言い表すことで、面接担当官も考えがわかり、安心できると考えます。というワケで、たとえ、聞かれていないことでも、先にあなたの方から気遣いつつ、答えておくとよいでしょう。

    ほんの2ヶ月まえに、転職したばかりなのに、あっという…

  • このあいだ転職をやっとしたばかりなのに、すぐに辞めてしまう選択してしまう人が意外にも多かったりします。それは私見ですが心機一転、新しい環境を見つけたものの、「想像していたものとおかしいと思うほどかけ離れていた」「職場環境が受け入れられなかった」といったことで別の仕事を探すみたいです。可能ならばこういった、転職先選びで未然に防ぐためには、とにかく事前の情報収集を徹底するほかありません。職場環境、通勤時間、など多角的に前もって調べておくことで転職後に後悔するリスクは大きく減らせるはずです。

    再就職の時の面接などの際にもし名刺を手渡されたら、自分も相手の方に名…

  • 再就職の時の面接などの際に名刺を差し出されたとしたら、こちらも名刺を相手に渡す必要があるのか?と迷った場合は、大体は差し出す必要はないと頭に入れておきましょう。転職のための面接というものは仕事の一環ではなく、仕事を得るための採用活動内のことです。ですからほとんどは名刺をやりとりする時間とは異なります。そのうえ、あなたは会社の人間としてその場にいるのではなく、個人の問題でそこにいるわけです。そのため、もし相手の方から名刺を渡された場合であっても、こちら側は、ただもらうだけで大丈夫で、担当者に相手に渡すことは少しもないと推測できます。

    今現在の自らの勤め先や業務内容について大半の人は、何かしらの不満を感じているでしょう。

  • 現在の自らの職場や仕事に対する少なからず何かしらの不満があるはずです。「自分のスキルや能力を真摯に評価してもらえない」あるいは、「月給はアップしないし、昇格の見込みもない」といった不満を挙げる人が少なくありません。けれど、その手の不満を持っている人の一部には、自身の技量を「過大評価」していることもあります。もしも、自分を過大評価していることに気が付いていない人が転職活動をすると、「この求人では、自分を活かせない」と転職するまでの空白がながくなるおそれがあります。という事態を招きかねません。なので転職で成果をだすためには、実際の自身のスキルや能力を客観的に見つめることから始めてみましょう。

    転職の時の面接で必要となるスーツのカラーについて・・

  • 転職の時の面接で着るビジネススーツの色味は、新卒の方が就活の際にに着る色味が基本的です。ですから、黒や紺色といったようなダークな色になるわけです。それは転職のケースであっても、ビジネススーツの色合いというのはこういう暗めの色が多数を占めていて、黒や紺以外の色の人は圧倒的に少ないです。他のカラーで言えば、まれにグレー系のビジネススーツを着用している方が若干いるくらいで、割合からしても黒や紺のスーツ派がほとんどを占めているので、会社側から見ても黒や紺色であるほうが自然です。ですから、見た目の印象という点ではぜひおすすめします。