新卒採用で入社した会社を退職し転職することになりました。

新卒として入った会社を辞めて、転職することになりました。

  • 新卒で入社した会社を辞めて、転職すると決意しました。会社を退職する前は、相当に悩みました。しかし、社会人となって数年あとに仕事を辞め、中途採用で働いている人ばかりであると自らの転職活動で理解し、自然と悩みが消えて、気持ちが楽になりました。また1回転職したことでなんというか、肩の荷が下りるような気分になり、自分に合った仕事見つけることが出来て喜びになっていきました。いまだ「自分の仕事をコロコロと変えるのは問題だ」という転職を否定する意見もありますが、それが正しいのかなと感じました。私の場合は転職を決断してよかったと心の底から思っています。
  • 年内中に転職活動をしていく人で、次までの仕事にある程度期間がある方は…

  • これから転職活動を始める際に次の仕事を始めるまでにある程度期間がある場合は、ぜひ「失業手当」をもらっておきましょう。あなたが働いている会社側がきちんと「雇用保険」を払ってくれている場合は、手続きをすれば誰でも失業手当を手にできます。また、手続きに関しては「ハローワーク」で行います。もしも自己都合で会社を辞める形になったなら、失業手当を受け取るまでの待機期間が3ヶ月となりますが、企業の都合での退職、あるいは残業時間次第ではただちにもらえる場合があります。このときの、「失業手当」の金額は、会社で最後に働いた月の給料をもとに計算されるため、もし、「閑散期」「繁忙期」の波がある業種の人は、なるべく「繁忙期」のあとに辞めるのが失業手当的にはお得です。
  • クールビズ(軽装)のスタイルで転職の面接会場に行こうとする場合・・

  • クールビズをして再就職の面接会場に行こうとする際には、ジャケットは着込んでいく必要はないと間違いなく分かりますが、ネクタイはして行った方が良い印象を与えます。ネクタイもジャケットと一緒でなくても大丈夫だと思っている会社も存在する可能性はなくはないです。ですが、ことネクタイにおいては例えクールビズでも必ずつける必要があるとしている企業がある程度存在します。という事で、例えクールビズと言われていたとしてもネクタイは必ず着用していった方が悪い印象を与えることがないということを知っておいてほしいです。
  • 新しい仕事に就きたいと考えているのなら、すぐに「年収」の高望みはしないほうが良いです。

  • 転職する企業で、「年間報酬」の高望みはしないほうが良いでしょう。とりわけ入社した初年度は、大方研修期間が含まれることも可能性が高いです。自身の事例では、労力を費やして転職して悲しいことに前の会社での稼ぎとあんまりイコールで変わりませんでした。そして、業務はキツく、責任も重大だったために、初年度を乗り越えるのに非常に苦労しました。そういった経験をしたからこそ、1年目はいわば勉強の年と割り切って、可能なかぎり転職以前に貯金をして備えておくべき、と痛感します。
  • 転職というものを考えるとき、そこでの年収を気にしすぎる…

  • 転職しようと考えたとき、転職したあとの給料について気にしすぎる人がそこそこ多くいるでしょう。誰しもですから生活費を給料として稼ぐべく働くのでしょう。とうぜん年収がいくらかは自身がどのくらい評価してもらえるか、としての側面もありますから当然大切なことは当然なのですが、それにしても必要以上にもらっている年収の額ばかりを気にかけすぎるのも考え気がします。それより年収にあまり反映されない仕事であっても人間的な成長が遂げられる可能性がゼロではないからです。
  • 昔の求人誌では、雇用主が求める人材の「性別」までしっかりと記載されていました。

  • 以前は求人誌には、雇用側の希望する「性別」がはっきりと書かれていました。ですが、1985年に男女雇用機会均等法ができたことによって、雇用において、男女差別がしてはならないという決まりになり、応募条件の中身に男女の性別を記載しないようになりました。そんな変化があるものの、求人募集をしている企業は、性別に拘らず雇用するとは断言できないのです。従って実際は男手が必要な会社に募集に女性がやってきたり、逆に女性を希望している案件なのに男性がエントリーしてきたり、というようなトラブルに悩まされる場合もちらほら。例えば、「女性が活躍できる仕事場です」の記載がある場合、雇用主が「女性」を必要としている、と解釈しておいたほうが良いといえます。
  • 看護師という仕事の人のそれ以外の職に「転職しよう」と思う理…

  • 看護師でありながらそれと違う職に転職を決断するキッカケは、一人ひとり違います。さまざまな理由がありますが、転職するには「職場環境に関わりたくない人がいる」「結婚することで自分勝手にできなくなって出産さらに子育ておまけに親の介護など、変化によって今までのようには今の仕事を続けられなくなっている」「給与とキャリアとのバランスに不満を感じている」など多種多様の理由が考えられます。でも、実際に転職される前に「どうして自分は転職しなくてはいけないのか?」と、今一度時間を掛けて現状を見つめ直すこともやっておきましょう。「本当に転職して状況が良くなるのか?」と再考したのち、決断されることを強くお勧めします。
  • 転職期間では、自分の趣味に時間を使ったり、体力を損なわない生活をしてお…

  • 転職期間では、趣味に打ち込むほか、体力を低下させないようにしておくとベストです。仕事が決まり、いざ仕事復帰した時に、趣味に夢中になっていたおかげでいつの間にか集中する力が養われているのです。また体力アップしていることで他の社員さんたちと比較すると疲れない身体になっている、と自覚します。なので、休職中は自分の趣味に力を入れることと、体力アップをしておくことをするのが何より良い事なのです。もしも、その職場であなたと同じ趣味を持つ人とめぐりあうことができれば、友達になれるキッカケにもなります。ですから、趣味を極めることが転職期間の自由な時間の使い方です。
  • 転職活動における最後に残る厄介な難問として、現在勤務している会社の退職があげられます。

  • 転職活動を行う上での最後にクリアしなければいけない問題として、現在勤めている会社の退職があげられます。転職先の企業から採用の内定を得たとしても、現在所属している企業があなたを放出したくないとして引き留めるというのもよくあることです。そういったケースでは、「何が何でも退職する」という強固な意思を持つことが重要といえます。たとえ会社に残るように説得されて、一時的に収まったとしても、一度辞めたい、と思った会社は長続きしないでしょう。会社の規定をチェックし、退職までに必要となる日数を超過する年月以降で退職日を決め、退職届を記入しておきましょう。そうして、決定権を持つ上司と面と向かって話し合い、「退職については、いかなる交渉にも応じる気はありません」と堂々と伝えましょう。「円満退社」で現職を終えることも転職活動において必要不可欠といえるでしょう。
  • ずっと接客関係で勤め続けてきましたが、歳をとるにつれて…

  • 長年接客関係で務めていたのですが、年齢を重ねると共に立ったままの仕事は体力的にしんどくて、座って仕事を続けられるオフィスワークへの転職を考えて活動しました。事務が未経験となるとけっこう厳しくて、そこで接客経験も活かすことができる受付兼医療事務をやろうと考え資格も合格し個人病院に転職をしました。周りはベテランの先輩パートさんだらけで人間関係においても複雑。夜間のシフトばかり押し付けられ、接客業をしていた時より帰る時間も遅いのですが、まずはキャリアの形成時と思って仕事に励みます。
  • 転職エージェントは大手に限って、いろんな案件を取り扱っている…

  • 転職エージェントは大規模であるほど、多くの案件を取り扱っているという強みがありますが、しかし、同時に転職を希望するライバルも多い可能性が高いです。それゆえにあなたが、気になる案件を見つけたとしても、転職エージェントの担当スタッフが「転職の望みが薄い」と判断すれば応募してもらえない場合もありますし、企業から見てあなたよりも有能だと評価されるライバルがいると、そのライバルを優先しやすいのです。大手エージェントの場合は、サイト未掲載の案件データを宝庫として扱い案外応募できないので、考えを変更して中小規模のエージェントに希望する会社や案件について相談し、応募できませんか?と尋ねてみると転職希望者の利益を考えて行動してくれることもあるので、そうした活用方法もあります。
  • 現在では、株式・不動産投資などの不労所得、もしくは起業といった生き方も増えています。

  • 今の時代は株式・不動産投資をはじめとした不労所得で生活資金を得たり、個人経営 といった生き方も社会的に人気を集めています。そういったような世の中の変化に伴い、「雇用されて働く道こそが正義」といった今までの常識も変わりつつあります。1960年代ごろの高度経済成長の頃には、個人事業という生き方よりも会社勤めの方が将来が安定していて、人生の花形として、またそれが至極当然のことのように、一般の人々に認知されてはいました。しかし、そんな時代は終わり、現代は「成熟期」と言われています。将来は、機械化、自動化が進んで仕事でも人がいらなくなっていく時代です。
  • 再就職することで勤め先を新しく替えるということは、自分自身に見合…

  • 転職することで勤め先を一新するということは、自分に合う理想に近い場所を選択したいものです。職場を変えれば自分にもってこいの仕事に、有りつけることも可能です。とはいえ、プラスの面だけではなく、転職先にふさわしいスキルがないと、転職自体がままなりません。逆説的に表現すると、自分自身が価値ある人材になれば、天職に就くことができる、というだけの話です。今のご時世では、職業選択の自由が社会通念上として認められていて、転職しても偏見を持たれるなどのリスクも殆どありません。終身雇用制度がなくなりつつある現在は「優秀な人材が欲しい」と希望する企業もどんどん増加していますので、今の良い時期を狙って転職を考えてみましょう。
  • 全く経験したことがない業界などに転身をしようとするときには…

  • 全くの初挑戦の分野などに転職するときには、自分が前の業界で育んできた力や経験値が生かせるという内容の自己アピールが必要になります。働いたことのないジャンルの場合、その分そのジャンルで今まで働いてきた人たちよりも事実、不公平な状態になりますが、自分自身が保持しているスキルがその場でも生かすことができるということをうまく相手に伝えれば、戦えることも十分に考えられるのです。ですから、経験が全くないジャンルに挑む際には、その業種と今まで自分が経験してきた職務との関係をできる限り考えましょう。
  • 転職活動をしていれば、必ず「年収」の話題が上がってきます。

  • 就職活動は、年収抜きに考えることはできません。面接時には、必ず現在の年収と転職後の希望年収について聞かれます。このとき現実の年収より多く言って、多額の年収を確保しようとしても、無駄な努力でしょう。なぜなら、「源泉徴収票」が必要となり、たとえ一時的に信じ込ませたとしても、その証拠となる「源泉徴収票」を提出しなくてはいけないので、最終的にはウソがバレてしまいます。最悪の場合、トラブルに発展することもあるので、現在の年収を正確に伝え、それに釣り合う希望年収を設定するのが一番良いです。ちなみに、今の年収が300万円の人が転職後に500万円となる可能性は普通はありません。たとえば、現在が430万円の年収であれば、希望年収額は、400~450万円と転職先に伝えておくべきでしょう。完全なウソは、転職活動でのトラブルだけでなく、入社後のトラブルとなり、一時的に転職先に合格をもらったとしても、退職を余儀なくされることもあるので、注意しましょう
  • 私たちの労働環境は、今後どんどん簡単な作業は機械に変更されてい…

  • 将来、着実に短絡的な仕事は機械で対処されるようになりその切り替えによって必要な人手は少なからずカットされていきます。その理由は、シンプルな作業という観点では人間の手を借りるよりも機械でやったほうが比べられないほど作業量をこなせるからです。数をカウントしたり、同じ動きをずっと反復したりすることは機械にとってはへっちゃらです。当たり前のことながら人と違って愚痴も言わない、ペースが変わらないし、ズルもしないし、正確に作業してくれますし、均一にこなせます。また、人と違って「人件費」も発生しません。なので、人間を使う意味がまったく無いことが明白で、機械に移行していくのも当然の結果といえます。