これから転職活動をするのなら、良いと思う求人(あるいは業・・

転職活動のさなか、良いと思う求人(OR 業種)があったら、…

  • 転職活動のとき、気になった求人(職種)があれば、きちんと「〇〇業、ブラック」とインターネットで検索を掛けてみましょう。求人票や担当してくれる転職エージェントの言葉からはまずその業界のマイナス要素について、知ることができる確率は低いです。もしも、ブラック企業体質な業種であれば、ネット検索を活用することでその実態を知ることができます。そうしたチェックを怠りながら入社した場合、あとになって痛い目にあいます。そもそもその求人が出されていた理由が「仕事内容がキツイから人の出入りが激しい」という場合がかなり多いため、目に留まった業種や案件に関しては、疑問点を確実に払拭した上で、応募しましょう。

  • 昔は看護婦ですが看護師は資格として歴史的背景から女性比率がかなり高・・

  • 以前は看護婦と呼ばれていた看護師というのは職業としてやはり女性比率が大きい職です。あまり知られていないかもしれませんが気力あるいは体力ともに大きく消耗が激しい特徴もあります。なので、職場での人間関係で行き詰まったり、結婚や出産といったそれまでの勤務が続けられなかったりして、仕事と私生活のバランスがかなり難しい仕事といえます。実際、上記のような問題に行き詰まり、転職される人が多いといいます。色々と過酷な環境であるために、看護師は、慢性的な人材不足に悩まされています。というワケで、それぞれの医療機関は看護師が足りない「売り手市場」となっていて、さらに転職に拍車を掛ける状況となっています。

  • 再就職の際の面接についてですが企業側からクールビズでお越しくださ・・

  • 転職時の面接に関してですがクールビズでお越しくださいと記載されているケースもあるようです。ですが、なかには、クールビズで面接を受けるのは本当は悪いのでは?と考える人がいます。クールビズに関する不安を懐に持っている人に関しては、クールビズで良いとされた面接は伝えられた内容をそのまま実行したほうが確かです。迷うことによって、猛暑の中スーツをびしっと着ると面接担当者に不自然なイメージを持たれてしまいますから、クールビズで来てくださいと言われたらクールビズで良いのです。

  • いい会社の社員になりたいと転職活動をしている中のとき・・

  • もっと良い会社につきたいと転職活動をしている場合、「ちょっとでもはやく内定が手にしたい」と考えがちです。でも、そのために良い知らせを欲しいばかりに、自身の能力について、嘘の申告をしたり、またその反対に自分を安売りしてしまうことは、できるだけ避けましょう。大事なのは焦燥感をグッとおしころして、冷静になりつつ、あなたに適した職場を探すことに専心しましょう。それまでの自分の経歴を生かしつつ、そして、自分のキャリアアップが期待できる場所を選択してみましょう。

  • もし再就職の前に、今の職場の同僚たちが、あなたの転職を知・・

  • もし再就職の前に、現在の会社の人たちがあなたの退職を知ると雰囲気が悪くなる可能性があります。普段から良好な場合であれば、これまで通りに行くこともありますが、意地悪、やっかみに悩まされるかもしれません。そればかりでなく、残業時間をわざと増やされてしまうことも考えられるので、安易に「転職します」と口にするのはお勧めしません。そういったトラブルを回避するため、仕事場では、真面目に仕事に取り組んでいましょう。転職が決まる前と同じ態度でいることで、良い空気のまま晴れやかに会社を辞めることが出来ます。さらに、円満退職となったなら、辞めた会社に相談できるはずです。業界や規模に関係なく、どこの企業も、人との縁はとても大事なので、辞める前のトラブルだけは、可能な限り起こさないようにしたいものです。

  • 転職する場合、「派遣社員」を選択予定の方にぜひチェックしていただき…

  • 転職する場合、派遣社員」で考えている人にぜひ注意してもらいたいポイントが何点かあります。一般的に派遣社員に関しては、「データ入力」「電話対応」「お茶出し」「その他雑用」といった業務内容をぼんやりと考える人がおそらく多いかと思います。はじめは私自身もそう思ってました。現在勤めている職場に入るまでは「業務は電話対応になります」と面接で派遣会社の担当者からも聞いていました。ですが、いざ仕事に就くと、まさか「電話対応」にプラスして、退職した正社員の穴埋め役を指示されました。何をしていいのかもよくわからず、当初の説明とは全く違うので日々全くわからないような内容でしたので、現在は、ひたすら契約期間が終わるのを待つだけです。

  • 生まれて初めて失業保険の給付を受ける際に、「自動的にもらえる社会保障」と考えている人・・

  • 生まれて初めて失業保険の給付を受ける際に、「自動的にもらえる社会保障」と考えている人が極めて多いですが、それは間違いです。本当は、失業保険の給付をもらい続けるためには、仕事探しを行っていなければならず、月に一回以上はハローワークに行かなければいけません。1ヶ月ごとに職員に求職活動の状況を報告してきちんと就職活動をしていることを理解してもらえれば翌月、保険が給付されるシステムです。残念ながら、きちんと仕事を探そうとしていないとみなされたり、毎月の職員との面談欠席した場合は、情け無用で給付が一時停止となったり、場合によってはそれ以降の給付資格も消失するおそれがあるので、そうならないよう気をつけておきましょう。

  • 派遣社員として勤務しています。

  • 派遣で勤務しています。派遣法や労働契約法のからみでやむを得ず、長期間勤務していた勤め先での仕事がもうすぐ終わります。仲間の派遣社員の中には派遣の勤務先で正規社員の条件をつかみ取った方もいるのですがはっきり言って仕事の能力というよりは派遣先の上司へのあしらい方が上手でお引き立てがあった模様。仕事の能力よりおじさん転がしの能力が必要なんじゃないのと選考に漏れた他の派遣の仲間と派遣先の会社で愚痴を言う日々です。

  • 転職時は、いろんな手段で情報を得る人が大半だと思いますが、…

  • 転職活動を行う場合、いろんな方法で情報を集めるのが通常だと思いますが、転職についての口コミサイトは本当におすすめです。過去に、会社の損失につながる悪い口コミが掲載されたという理由で、損害賠償を、その掲載会社に請求した事例がありましたが、辞めた社員の報復としてそういった口コミが投稿された、と見るのが一般的ですが、異なる角度から見れば、投稿の内容が真実でなければ、書かれた会社側が何ら気にする必要もないはずです。とはいっても、現実は『クロ』で「このままではマズイと考え、急いで炎上をしずめよう」と思っているのかもしれません。口コミサイトも炎上によって有名になるメリットもあるので黙認していますが、悪い口コミが多いのは、それだけ入社してからトラブルに遭遇する確率が高い、と判断して良いはずです。そもそも、善良な会社にはトラブルなど起こりません。

  • 今から転職することを希望しているのなら、直近の職場での不満に思う部分…

  • そのうちでも転職することを予定しているのなら、直近の職場・業務の何に不満があるのかをハッキリとさせておく必要があります。できていて当然と思われますが、意外とそうでもないのです。元々不平が大きいから転職しようと思われているはずです。しかし「よく考えて現在ある職場や仕事の客観的に考えた不満点を列挙する」ことが出来る人は意外なほど少ないのです。不満点を明確化し、解消されるならば、現状より悪化する事をあるでしょうがどこまで許せるかも考えましょう。自身の問題を見える化しておくと、転職選びでの失敗を防げます。そして、仮に転職した場合、「現在の仕事よりもマイナスになりそうなこと」をしっかり想像してみましょう。転職をしたらすべてが今よりも良くなるとは限らないからです。しかし、メリット・デメリットの両方をあらかじめ理解しておけば、転職後のモチベーションの低下を防ぐ事が可能です。

  • 今励んでいる転職活動の際、「自分は今まで、このよ・・

  • いい転職をしようと転職活動の際に「自分はかつて、このような種類の仕事を長く続けました」「過去の会社の仕事によって、このようなスキルに磨きを掛けました」と過去の自身の成功体験などをがっしりアピールしようと考える人はときどき目にします。ただし、転職先の新しい場所で「させてもらえるのならばこういったことに挑戦したい」「こういうような事なら積極的に貢献できると思う」と将来のプランを話して自身をアピールしていったほうが過去をメインにしながら語るより採用チャンスに恵まれます。この点を覚えておくと、転職活動が楽になります。

  • 仕事をするにあたり、心的にとても苦しくなってしまい、…

  • 仕事のために精神的に自分が苦しくなって転職しなくてはいけない状況に追い込まれたのなら、そのときは、会社(の関係者)に相談するよりも家族などの近しい存在の人と話し合い、退職するかどうか判断した方が良いです。なぜなら、働くことは自分のためでもあります。が、しかし身内の問題でもあります。毎月、どれだけ高給をとっていても精神的にボロボロになるほど我慢して仕事をすることは良い状態とは言えません。今の時代は金銭的なことよりも、働きやすさを大事にする生き方も徐々に増えつつあります。家族や、あなた自身の心と体も大切にしましょう。

  • かつての私は、転職サイトを利用するよりも、いつも「ハローワーク」に相談していました。

  • 前は新たな仕事を探す時は私はハローワーク派でした。どうしてかというと、有名どころの「転職サイト」は、特性上、都心の求人情報しか掲載していないからです。なので、転職をする際は、「ハローワーク」に頼ってばかりでした。もちろん、大手転職サイトに掲載されている求人よりいくらか知名度は低くなりますが、昔から地域に根ざした情報がピンポイントで見えるのはありがたいです。ですが、「ハローワークって地味な雰囲気がある」と感じている方も多いかと思います。ですが、転職サイトとは違った求人もあるので、もし転職を検討しているのなら、参考までにハローワークへ1度は行ってみるのも良いと思います。「転職サイト」みたくこれでもかというくらいのお知らせやメールが送られてくることもありません。

  • 再就職する時に行われる面接でつける腕時計についてですが…

  • 転職する時に行われる面接で着用する腕時計に関しては、目を惹くようなタイプの時計はしていかないほうが安心といえます。目立つ腕時計と言うのは高そうに見えるデザインだったり、といった意味合いだけではなく反対に、明らかにチープなものに見られてしまうとか、そういった真逆の意味で目立つのだと覚えておきましょう。転職の面接のときに着用する腕時計においてはスーツやネクタイと同じで、面接にふさわしい堅実なものをセレクトした方がベストだと言えます。ただ、自分の年齢に見合った腕時計であるということも必要な条件であり、新卒時にしていた腕時計よりはほんの少しでも値が張るものにした方が好ましいとはっきりといえます。

  • 再就職を考えている時に見ることになる募集要項は、参考程度に、アバウト・・

  • 転職をする時に目を光らせる求人内容については一般的なものとして載っている、という可能性もあり得ます。そのため、掲載内容が何もかもが正しいものだと迂闊に信じないほうが好ましいと言えます。中でも特に生活に大きくかかわってくる報酬面に関しては、平均の金額なのか?最低金額であるのか?最も高く見込んだ給料であるのか?というような見極めができない場合が多く、自分判断で理解したつもりでいると、後から後悔することになることになりかねません。という訳で、悔しい思いをしなくて済むように、募集要項に書かれていることはうのみにせずに、そういったようなたいへん大切な事は会社に直接問い合わせた方が好ましいです。

  • 楽しく転職活動と付き合う事が出来れば、精神的な負担が減少するので、…

  • 将来に目を向け、楽しく過ごしつつ、転職と向き合っていけば、精神的な負担も少ないので、転職活動の間の堕落も避けられるでしょう。しかも精神的な箇所が元気なままでいれば、じきに転職先も見つかるはずです。お勧めなのは、スムーズな隙間のない時間で転職先を見付けることです。現在の会社に勤めながら、次の仕事を見つけるのが理想的です。しかも、ブランクをなくせば今現在の仕事を辞めても、すぐに始動できます。そうすると、職歴に空白期間ができないので、履歴にもキズがつきません。すなわち、転職の際に不利になることがないということです。先を見据えて、転職活動を進めてみましょう。