退職・転職のコラム記事

転職活動を開始するにあたって、様々な手段で情報を収集することが多いと思いますが・・

転職を行うにあたっては、いろんな方法で情報を収集するのが通常だと思いますが、転職系の口コミサイトは本当に有益です。一時期、悪い口コミをサイトに載せられたということで、運営サイト側に損害賠償請求を起こした事例もありました。辞めた社員の腹いせによってその手の口コミが投稿されていると見るのが一般的ですが、別の見方をすれば、ウソの書き込みだったのなら、会社側が気にする必要すら無いともいえますよね。
退職・転職のコラム記事

転職の時に必ず用意する履歴書や職務経歴書などに関して・・

再就職する場合必ず書く履歴書や職務経歴書などに関しては、大体、自筆ではなく、パソコンを使って作るのが基本です。我が国においては履歴書についてはパソコンで書かれたものではなく自筆で作成するということが普通だと捉えられていることも多々あるようですが、それは新卒の人たちに関する就活やアルバイトやパートについてであって、実際のところ、転職をする時については履歴書や職務経歴書は絶対に手書きでないといけないとは言えないのです。
退職・転職のコラム記事

もしも転職をするなら資格を取るとステップアップします。

もし近い将来、転職するのなら、前もって「資格」の取得をしておいた方が良いかもしれません。また、仕事をしているあいだに資格取得をしておくのがベストです。転職活動の際にそれを生かせるので、選べる企業がぐっと増えます。といったわけで、在職中であり、かつ転職活動前の段階で資格取得をするのが一番最適です。
退職・転職のコラム記事

転職によって仕事先を一新するということは、自分自身に・・

再就職して仕事先を新しく替えるということは、自身に合う自身が納得できる転職先に就職したいものです。職場や勤務先を変えることで、自分向きの仕事に出会う可能性もあります。とはいうものの、デメリットもあって、雇用側が必要とするスキルが必須となります。表現を変えると、あなた自身が価値ある人材であれば、「天職」にありつく可能性も広がる、ということです。
退職・転職のコラム記事

もしもあなたが、とらばーゆの決定したなら、一緒に働く人に…

例えば、現職からの転職の決心を固めたなら、徹底して会社にはひそかにその意思を伝えずに、首尾よく活動を進めていき、現職期間中は、なるだけ同僚に悟られないよう普通に業務をこなしていくのがたいへん良い形といえます。転職先が決まっていない間、その点を自覚しておくと、希望通りに希望通りの働き先がうまくいかなくても、転職時期を延長しながら、今の職をし続けても容易にできます。
退職・転職のコラム記事

転職エージェントや転職サイトなどを利用して、転職活動する人は年々増えています。

転職サイトや転職エージェントを使って、転職活動を行うことは常識になりつつあります。そうとはいえ、同時に転職フェアに参加してみるのはいかがでしょうか?多くの企業が一堂に会し、参加されればいろんな企業の情報を得ることができ、さらに、説明を担当するスタッフから、企業の個性を伺えるはずです。
退職・転職のコラム記事

これまでの私は、「転職サイト」ではなく、「ハローワーク」に通っていました。

今までの私は、「転職サイト」を使うより、「ハローワーク」に通っていました。というのは、有名どころの「転職サイト」は、どうしても都心の求人情報だけだからです。そのために、求人情報をチェックする時は、「ハローワーク」に頼ってばかりでした。やはり、いくらか企業の知名度や給料は劣りますが、昔から地域密着という点では探しやすい魅力があります。
退職・転職のコラム記事

求人についての広告には、大部分の場合は多くの企業では…

求人関連の情報を見てみると、とうぜんまともな職場では月の給料の記載に目が行きますよね。ただしこの月収の欄を確認する時には、しっかり確認する事が必要です。その額の多い少ないだけを見て納得しないほうが良いです。というのは場合によっては、月収の額の内訳に月20時間残業の場合が含まれているおそれもあります。
退職・転職のコラム記事

近頃はウェブ上では、「就職斡旋エージェント」のほか・・

今日、ネット上では、「就職斡旋エージェント」だけでなく、ヘッドハンティングの会社もたくさんあります。もしもあなたが特許を出願したことがあるなら、ヘッドハンティングされる可能性が高くなります。彼ら(ヘッドハンティング会社)は、特許の他に、研究開発で論文を書いた経歴のある人や、テレビで紹介された人など、「業績」を残した人を対象に、電話やメールを使ってコンタクトを取り、ヘッドハンティングのネタにしようと画策しています。
退職・転職のコラム記事

転職活動を現在の仕事と同時進行させる人が多いです。

転職活動と現在の仕事の同時進行を行っている人が多いです。けれども、忙しく仕事を続けながら求人情報を見つけて、その応募手続きをしたり、面接に臨むのは精神も肉体も苦しいものがあります。転職活動を行っている間は、今の職場の同僚や上司にその動きを悟られないようにする必要があります。