少し前に転職をやっとしたばかりというのに、早期に退職してしまうケース…

ちょっと前に転職したばかりなのに、あっという間に退職届を提出する・・

  • 2ヶ月まえに、転職をやっとしたばかりであるにもかかわらず、すぐに退職してしまうケースが意外にも少なくないのです。何故そうかと考えてみると私の思うところをいうと心機一転、素晴らしい仕事を見つけたものの、「自分自身の想像していた職場と大きくかけ離れていた」「職場の雰囲気が受け入れられず・・」ということがワケで退職してしまうことが多いようです。可能ならこのような、転職における失敗を避けるためにはやはり、前もっての情報収集を徹底するほかありません。具体的な業務内容、通勤時間、などチェックしておくことで疑問点を早めに解消しておくのが正解です。
  • 再就職の時の面接などの際にもし名刺を渡された場合、同じように自分も名・・

  • 転職の時の面接などの際に面接担当者に名刺を渡された時、同じようにあなたも名刺を渡した方が良いのか?渡さないほうが良いのか?と悩んだ際は、おおむね差し出す必要のないもの、と理解しておいてください。面接というものは仕事の内ではなくて、職に就くための採用活動の一部です。ですから大方は名刺を交換する場とは異なります。それに加えて、あなたは会社の人間として出向いているのではなく、あなたのことでこの場にいるわけです。それゆえ、もし相手側から名刺を渡されても、こちら側は、ただ受け取るだけで大丈夫で、面接担当者に相手の方に渡す必要はないと言えるのです。
  • 現在のあなたの職場や業務内容に対して、不服に思っていることの中に、…

  • 今の自身の職場・仕事内容について多くの人は不満を感じていると思います。「自分の持っているスキルや仕事での能力を適正に評価されていない」あるいは、「年収は変わらないし、昇進も出来ない」といった点が多くを占めるでしょう。気持ちは理解できます。しかし、そのような不満が強すぎる人の場合、本人が自分自身の才能を実際よりも過大評価しているケースが多いものです。自分を過剰評価していることに気が付いていない人が転職活動をした場合、「この求人では、自分を活かせない」と転職するまでの空白がながくなるおそれがあります。という事態を招きかねません。なので転職活動をスムーズに行うためにも、本来の自分のキャパシティを冷静に客観視することから始めてみましょう。
  • 転職時の面接で着用するスーツの色味については、新卒の学生が就職活動の…

  • 転職の面接で着用するスーツのカラーは、新卒の就職活動の際に着用する色味が基本です。要するに、黒とか紺色といった暗めの色味、ということになります。それは再就職であっても、着用していくビジネススーツの色合いはこのようなダークカラーが大方を占めそれ以外の色の人は圧倒的に少ないです。あえて言えば、まれにグレーの人がいるくらいです。ほとんどが紺色や黒色が多いので、人事から見ても黒や紺のスーツが普通のように感じてしまいますから、身だしなみ、という点においてはおすすめしたいのです。
  • 転職を視野に入れているなら、資格を取るとステップアップします。

  • もし転職をするなら事前に資格を取得することでステップアップできます。とくに、仕事を続けながら資格取得しておくのがベストです。転職には有効活用することができますから、選べる企業がぐっと増えます。ですから、資格取得は、在職中であり、かつ転職活動前の段階がもっとも良いタイミングといえます。もしもあなたがキャリアアップを考えているなら、次の仕事に必要な資格を取得しておくと、今の会社を退職後も後悔することなく前に進めるはずです。また、資格取得後は転職先での面接時に即戦力になる人材だと判断され、これまでより待遇も良くなる可能性があります。
  • 20代の時点で転職を2回し、今現在はいくつか資格を取得するため、…

  • 私は20代の時点で転職を2回し、今現在は資格取得の勉強をしながら、「派遣社員」として働いています。フルタイム勤務とは異なるため、どうしても手取りは以前よりも少ないです。以前より心と時間に大きな余裕が出来ています。思い返すと、学生時代にいくつか取った資格を生かして仕事をできる人はとても少ないです。やはり、実際に、そういった人を見る度、かなり羨ましいと感じてしまいます。今まで私は、成功している人と自分との違いに悩んでしまうこともありました。現在では結婚を契機にがらりと生活自体が大きく変わり、そのなかで将来の進路も定まったのでしあわせな生活を送れるようになりました。
  • 再就職しようとしても万事うまく進行すると断言はできません。

  • 転職活動をしたとしても、何もかもが首尾よくいくとは限りません、できればそのうちに転職するつもりなら若い間になるべく早く行動したほうが良いです。傾向としては、20代の若いうちは良い成果があがりやすいですが、30代後半~40代に達すると転職の場合は、たいへん厳しいものと考えておくべきです。もしも、管理職など、要職に就いているのなら、転職の意思が強くなっていても現在の仕事を続けるということを選択項目に含めておくべきです。ようするに、退社してから転職活動を行うよりも、今の会社には残ったまま慎重に未来を構築していったほうが失敗しなくて済みます。
  • 雇用中は出来るだけ周りの人にバレないように(私のとき…

  • 雇用中は出来るだけこっそりと、(私の場合)在職中に「転業するかも」という意思表示のみを早いタイミングで会社内で言ってみたことがありました。しかし、その後に転職サイトを必死にあれこれ見ていったものの、思いとは裏腹に就職先も転職するタイミングすら無計画なまま決まらず知らぬ間に時間がムダになるだけでした。そしてその一方で、当時所属していた会社の方は、業務の引き継ぎ、諸々の手続き、自らの退職の日程などが確定していき、その結果、「退職予定日に合う形で、転職先を見付ける」という、お粗末な展開を迎えました。ですが結局、理想とする結果が実らず、失業期間を経たのち、次の就業先を探すハメになりました。
  • 現代はインターネットの就職斡旋エージェントの中で「ヘッドハンティング」の専門業者も増えています。

  • 近頃、インターネット上では、「就職斡旋エージェント」のほかに、ヘッドハンティング会社も増加しています。あなたに特許を出した経歴があるなら、ヘッドハンティングされやすくなります。彼らは、特許権を獲得した人に加えて、研究開発で論文を提出した経験がある人や、マスコミによって注目を浴びている人など、何らかのインパクトがあった人を対象に、電話・メールで接触してきて、ヘッドハンティング用のネタにしています。会社に在籍中に、いかにもヘッドハンティングのような連絡をもらったのであれば、そういったことが無かったか思い出してみましょう。近年は「ヘッドハンティング」と称し、登録料を請求する会社もありますが、その手の会社は例外なく嘘なので、相手しないのが正解です。基本的に、ヘッドハンティングの世界は、企業側が報酬を支払う形になるので転職希望者が支払うものではありません。
  • 転職をするときに比較的要となるのが「面接」である。

  • 転職活動では、比較的重要視されるのが間違いなく「面接」になります。普通、面接の際は、面接担当者が応募してきた人に対し、転職を決めた理由や退職理由などさまざまな質問を投げかけるでしょう。そしてほぼ100%、面接が終盤を迎えるあたりで転職希望者から、面接担当の人へ不安や疑問に思うことを質問できるチャンスがやってきます。面接担当のスタッフから「弊社に関して何か聞いておきたいことはありませんか?」と尋ねてくれるわけです。と聞かれたときに緊張のあまり、何も聞けなくなったりするものです。こういった場面に備えて、面接の前には面接担当者からの問いに対する、(あなたからの質問を)いくつか考えておくのもいいかもしれません。実際に働く前の段階で、疑問や不安に思うことはいくつもあるはずです。ぜひ、やってみてください。
  • このところ私は派遣の会社に登録しています。

  • 今、私は派遣の会社に登録をしています。ウェブサイト上でふと自分にぴったりの仕事を探し出して聞いてみると「その仕事はもうすでに別の方が採用されました」と断られ一時的にウェブサイトからお仕事の情報が消えるのですが、なぜか翌日にチェックするともう一度載っています。これは要するに私ではダメって意味ですよね。それであれば初めからカドが立たないように正直に伝えてほしいのですが、なかなかそうもいかないでしょうか。あるいは客寄せのための存在しない仕事を掲載しているのでしょうか?
  • 転職を繰り返す日々を止めるためには、少しコツがいります。

  • 転職を繰り返す日々を止めるための対策は、シンプルです。スキルを向上させることもそうですが、メンタル面を鍛えると、そう簡単に転職を繰り返すことがなくなります。ネット社会の今では精神面を強くする自己啓発系の情報はとてもたくさんあります。そして、転職とは関連性のないことでも、メンタル面を鍛えることができます。オススメは、「海外に行くこと」です。海外旅行に行くと、日本とは違う様々な文化があり、逐一、勉強になります。ですから、精神的な成長は、予想以上に得られるはずです。日本に帰ってくると、「自分の視野の狭さ」に気づき、「世間の小ささ」というものを思い知らされることになります。こういった気持ちの状態で、面接に向かうと、今までとは違って自信満々に自己アピールができるはず。しかしながら、退職して間もない頃は精神的に弱くなりがちなので、しっかり休みましょう。
  • 仮にあなたが転職しようと考えた場合に、U・J・Iター…

  • 再就職を視野に入れた場合、「Uターン」「Jターン」「Iターン」など、大都会から地方へと移住したうえで転職してみたいと考える方も少なくありません。ネット社会の今では転職サイトを使えば、地方の求人もカンタンにアクセスできるようになりました。しかしながら、地方や郊外での求人は都市部のそれよりも内容が薄く、数も少ないのが難点でもあります。といった性質上の問題があるので、求人サイトだけを頼りにし過ぎてしまうのは考え物です。求人情報サイトに加え、「地方自治体・商工会議所」といった情報サイトもよくチェックしておかれることをお勧めします。「地方自治体・商工会議所」といった役所が主催する転職サポートに関する情報も見ておくと間違いがありません。
  • 今ある自分のスキルや資格を活かして就職活動を考える際は…

  • 今あるスキルをふまえて転職を検討する場合は、比較的、再就職しやすい業界とそのスキルが不必要な、転職が難しい業界がある事を知っておくと仕事選びに役立ちます。転職の難易度が低めの業界では、たえず人手不足になっている医療・介護業界がとても有名ですね。医療や介護の業種ではそれぞれ看護師・介護士の資格保有者でなければ働くことができないので、ハードルの高いジャンルといえます。こうした業界で働く人が、理由あって異業種に再就職しようと思う場合は、すこし踏みとどまった方が良いです。「医療」「介護」以外の業界は、スタッフの流動性は少ないもの、と理解しておきましょう。ですから、簡単に考えないことが重要です。異業種への再就職をされるのであれば、異業種では医療や介護系の業界の仕事探しよりも厳しいものとなることを理解しておきましょう。
  • 今日では、「ブラック企業」が社会問題としてしっかり扱われるようになり、…

  • 近頃は、「ブラック企業」に厳しい世間の目が向けられるようになり、労働条件に対する取り締まりが強化されたり、悪質な会社が公開されるなど、厳罰に処せられる傾向にありますが、完全には程遠いと考えられます。したがって、面接で見破る必要が出てきます。ともかく、求人票に書かれている労働条件に目を通し、怪しい点について聞いてみることです。「ブラック企業」が相手の場合、質問したことが嘘であった場合、明確に返答できなかったり、「その場ではハッキリとは答えられない」と逃げようとします。とりわけ「給与」「休日」「残業」の箇所については、この場合はどうなりますか?と質問をしていくと渋い表情を見せることが多いです。それでもめげずに尋ねていくと、ブラック企業によくある高圧的な態度や、ふてくされたような態度になってくるので、ブラック企業だと見破ることができます。このような会社は入社してからもこのような態度であることが多いので、変だと思ったら、他の会社をあたったほうが良いと思います。
  • 大きな会社では、「定期採用」で人材募集することが普通なので・・

  • たいていの場合は大きな会社は、「定期採用」で人材確保することが多くを占めるため、転職希望者には向いていません。そればかりか、市外地でとなるとその見込みがとても厳しくなるでしょう。ただ、「製造業」の企業の場合あれば、地方の工業団地等に工場展開している事も多々あります。また、そういった工場に的を絞れば、事業拡大などの節目に「中途採用」を行っているので、その機会を利用するのが無難です。そのためには、地方の工場に転職したいと考えているなら、転職を希望する会社の情報をはじめましょう。その会社のホームページをチェックし、求人がないかこまめにチェックされることをお勧めします。